NYダウ先物 日中足

 

日経先物 日中足

 

NYダウ先物 日足

 

半導体 株価指数

米国債 長期金利

不動産

非鉄金属

石油株 株価指数

BRIC総合指数

CRB商品先物指数

VIX 恐怖指数

ダウ平均株価 長期チャート

 

ドル円 (日中足)

 

ユーロ円 (日中足)

 

CBOT NYダウ 先物 (日中足)

 

CME日経平均先物 日中足 ドル建て

 

ドル円 (日足)

 

ユーロ円 (日足)

 

CBOT NYダウ 先物 (日足)

 

CME日経平均先物 日足 ドル建て

 

日経225先物チャートリアルタイム

日経225先物チャートリアルタイム日中足

日経225先物チャートリアルタイム

日経225先物チャートリアルタイム表示

日経225先物リアルタイム

日経225先物リアルタイム情報速報更新

CME日経225先物

cme日経225先物チャート日中足/日足をnyダウ先物と比較

SGX日経225先物

SGX日経225先物チャート日中足とアジア株価指数を比較

シカゴ日経225先物

シカゴ日経225先物とnyダウ先物,為替ドル円相場比較

日経225先物とは

日経225先物について説明していきます。

日経225先物とは大阪証券取引所・シンガポール証券取引所・シカゴ商品取引所で取引の取引システムで取引が行われている日経平均株価連動型の金融商品です。

日経225先物はアジア市場取引時間では日経平均株価に先行・連動し、為替相場や長期国債先物、世界の株価指数や指数先物相場と影響しあいながら価格変動します。

日経225先物は大証の日経平均先物イブニングセッション取引時間に225取り扱いの3市場が同時に開いていますが、シカゴ市場は価格がわずかにずれるようです。

日経225先物 日経225先物チャート 日経225先物リアルタイム

日経225先物チャート

日経225先物チャートは1分足チャートです。東証15分前の8時45分にリアルタイムで動き出します。

日経平均株価でもいいですが、ザラ場中も日経先物データをリアルタイムの株価指数として眺めていれば市況はわかります。

sgx日経225先物はイブニングセッションの大阪証券取引所価格とほぼ同じ株価で推移し、価格がリアルタイムで一致していると言えます。

cme日経225先物が夕方17時から取引開始されますがイブニングセッションより株価が乖離してることが多いため、取引時間終了の20時まではシンガポールリアルタイム値の変動推移データを見た方が速報性を考えても具合がいいです。

日経225先物リアルタイム

日経225先物リアルタイム現在値は右のメモリに色つきで表示されます。

cme日経225先物とnyダウ先物のローソク日足にはテクニカル指標の5日移動平均線と20日移動平均線を設定してあります。

ダウ先物リアルタイムの横にはダウ平均とナスダックのリアルタイム現在価格と騰落率と上下幅の数値を表示されています。

cme日経225先物チャートやナスダックなどリアルタイム米国株価指数とリアルタイム世界の株価指数や先物とリアルタイム為替は75秒で自動更新されます。

日経225とは

日経とは日本経済新聞社が選んだ225種の代表的な日本企業225社の株式(日経225採用銘柄)の株価から成る株価平均指数です。

225銘柄における輸出企業の割合が多く、指数への寄与率も輸出企業の比重が大きくなります。国内海外の景気動向指標として見ることができます。

シカゴ日経225先物とnyダウリアルタイム

シカゴ日経225先物はNYダウ平均株価や為替の影響の下で取引され株価は変動します。ニューヨーク・ダウの売買が引けた後もcme日経平均は短時間ですがCBOTダウ先物(取引時間9:15~翌7:00)などと共にニューヨーク市場取引時間外で売買は行われます。

nyダウ先物CBOTやcme日経平均は決算発表・適時開示など、株価に影響がある事柄があると、時間外取引の米国株の株価や為替と連動して大きく動くことがあります。

CBOTダウ先物が上がればcme日経平均も上がるのが普通です。sgx

リアルタイムチャートについて(リアルタイムとディレイのものがあります)

リアルタイムチャート日足が速報のニュース記事と切り替わって数秒だけ見えます。アメリカの業種別株価指数とリート(REIT)指数です。

nyダウなど株価指数4本値ローソク値の日足が表示されていますが、ニューヨークダウとナスダック、為替レート(ドル/円)、cmeナスダック100指数のローソク日足はリアルタイム情報になります。

世界の株価指数(日経平均など)やリンク先のnyダウ工業30種銘柄株価チャートやナスダック100指数銘柄株価、日本株ADR銘柄情報も10分~20分ほどのディレイになります。

株価指数先物リアルタイム-nyダウ先物

株価指数先物リアルタイムチャートはnyダウ先物やシカゴcmeナスダック先物、ヨーロッパのcac40指数やdax指数先物、ftse先物などがあります。

nyダウ先物リアルタイム日中足は夕方から表示の更新が始まり、朝に一旦停止します。

商品先物市況情報

商品先物チャートはny金先物相場とwti原油先物取引の市況情報になります。

商品市況の大チャートはメニュー欄から確認してください。

sgx日経225先物とイブニングセッション夕方大証日経225、シカゴcme日経225

sgx日経225先物とcme日経225(シカゴ証券取引所グローベックス)ですが、基本的に夕場ではsgx日経平均はイブニングセッション日経平均(夕方の日経平均)と同じ株価であり、リアルタイムで一致。

cme日経平均225はsgx日経平均や大証イブニングセッション日経平均より乖離してることが多いです。よってsgx日経平均のリアルタイム株価を見た方が具合がいいです。

cme日経平均取引開始時間は夕方17時ですが、cmeの日経平均の方がsgx225や大証の日経平均より株価が若干高いことが多いかもしれません。

cme日経225の方がsgx日経225より取引規模は上ですが、cme225はリアルではなく10分遅れのデータなのでsgxが開いているうちはsgx日経平均リアル株価を目安とするべきでしょう。

日経225先物や世界の株価指数と外国為替相場

日経225先物や世界の株価指数と外国為替相場との関係

日経225はドル円相場での円の下落とともに上昇するというのが2007年まで続いた世界的な金融バブルでの傾向でした。、為替レートでドルが円に対して上昇すると、世界に商品を輸出をしてる業種の株価が上がり、ホンダの株価やトヨタの株価が上がります。nyダウやナスダックもドル購買力上昇であがります。

ドル相場は対主要通貨において世界の株価指数やnyダウの上昇時も株価下落時も長期下落が続きました。特にユーロ登場後は下落が続きました。

ドル対主要通貨指数のUSドルインデックスチャート(FRB-FED・FINEX-NYBOT)を見れば推移がよくわかります。

ユーロ円相場についてもドル円と同じように円に対して上昇すると世界の株価も上昇している傾向が強いです。

円相場が重要なのは、円キャリートレードの規模が非常に大きいからです。世界の投資資金・投機資金が円の貸し出しに依存しています。

為替変動を見ていると良いニュース・悪い指標など材料が出ると共に短期で投機的に大きく動くのをよく目にしますが、仕掛け的なものもあり、失敗して元に戻ること多いです。

日経225先物と世界の株価指数チャート一覧を利用してできること

世界の株価は為替と違い、ダウ平均株価の影響下で綺麗に連動しています。短期売買では海外の株価指数の多くがボリンジャーバンドに到達したり、移動平均線に到達したところも一つのポイントになります。

インド株や上海株など新興国もNYダウとの連動性が強くなってきました。好況時の長期上昇相場ではファンド決算による手仕舞いによる世界同時株安で外国の株価に連動しているETF(株価指数連動型上場投資信託)に長期投資をすれば簡単そうにも見えます(楽天証券やSBI証券などでetf株価指数連動型上場投資信託は購入できます)。

世界金融危機、世界不況など株価指数の暴落がいずれ見込まれるときは、下落がすでに始まっていても大きなリバウンドが続くのを待って売り取引を行う戦法を行うのも一つの戦法です。

株価指数連動型上場投信(ETF)は、買いにしろ空売りにしろ、個別の株式のような適時開示による急激な株価変動も無く取引がしやすくなっています。

株取引初心者、特に新米トレーダーは株価デリバティブ(株価指数ETFや株価指数先物)でシュミレーションゲームのようにバーチャル取引(または少ない資金で低レバレッジ取引)でトレーニングを積むべきでしょう。

株価指数と外国為替相場

世界の株価指数と外国為替相場との関係

日経平均が世界に商品を輸出をしてる業種の株価が値上がりと共に上昇するのは為替レートでドルが円に対して上昇する時です。ホンダの株価やトヨタの株価が上がります。

海外株式市場においても、nyダウやナスダックがドル購買力上昇と共にあがります。

ドル相場は対主要通貨において世界の株価指数やnyダウの上昇時も株価下落時も長期下落が続きました。特にユーロ登場後は下落が続きました。

ドル不足が信用収縮から生じた2008年金融危機ではヘッジファンドによる株式投資や資源投資の手仕舞いと重なり、ドルはユーロや新興国通貨に対して急激な暴騰を見せます。

ドル対主要通貨指数のUSドルインデックスチャート(FRB-FED・FINEX-NYBOT)を見れば推移がよくわかります。

ユーロ円相場についてもドル円と同じように円に対して上昇すると世界の株価も上昇している傾向が強いです。

円相場が重要なのは、円キャリートレードの規模が非常に大きいからです。世界の投資資金・投機資金が円の貸し出しに依存しています。

為替変動を見ていると良いニュース・悪い指標など材料が出ると共に短期で投機的に大きく動くのをよく目にしますが、仕掛け的なものもあり、失敗して元に戻ること多いです。

世界の株価指数チャートを利用してできること

世界の株価は為替と違い、ダウ平均株価の影響下で綺麗に連動しています。短期売買では海外の株価指数の多くがボリンジャーバンドに到達したり、移動平均線に到達したところも一つのポイントになります。

インド株や上海株など新興国もNYダウとの連動性が強くなってきました。好況時の長期上昇相場ではファンド決算による手仕舞いによる世界同時株安で外国の株価に連動しているETF(株価指数連動型上場投資信託)に長期投資をすれば簡単そうにも見えます(楽天証券やSBI証券などでetf株価指数連動型上場投資信託は購入できます)。

世界金融危機、世界不況など株価指数の暴落がいずれ見込まれるときは、下落がすでに始まっていても大きなリバウンドが続くのを待って売り取引を行う戦法を行うのも一つの戦法です。

株価指数連動型上場投信(ETF)は、買いにしろ空売りにしろ、個別の株式のような適時開示による急激な株価変動も無く取引がしやすくなっています。

株取引初心者、特に新米トレーダーは株価デリバティブ(株価指数ETFや株価指数先物)でシュミレーションゲームのようにバーチャル取引(または少ない資金で低レバレッジ取引)でトレーニングを積むべきでしょう。

株価指数と長期国債

長期国債先物は日本国債も米国債も先物価格が株価の逆指数になることが普通(米国債チャート参考)。

長期国債へお金が流れる現象が株価暴落時に良く見られます。株価指数が上がると長期国債が下がり、株価指数が下がると長期国債が上がる関係。

長期国債(米国債)は為替の指数である円インデックスに推移が似ている他、長期金利の変動推移は為替(ドル/円)に近いようです。CBOE VIX指数(恐怖指)はただの株価逆指数です。