スカンク一考察



スカンクのガスの臭いをかいだことはあるか?
たぶん、日本に住んでいたら 生涯 そんな臭いを嗅ぐ機会はなかっただろう。
アメリカにいても、時々、轢かれて 道路に死んでいるスカンクを見ること、その時にスカンクの臭いをかぐことはあっても、 家の軒下にスカンクが住んでいて、スカンクのガスの臭いで安眠を妨害される経験をするなど あまりないことなのではなかろうか。
我が家は2004年2月に続いて、2005年もスカンクに悩まされた。
スカンクを捕獲するために調べたことをここに記録しておこうと思う。


スカンクってこんなん、知ってた? 私もこの写真で初めてしっかりスカンクの顔を把握したわ〜、それまでのスカンクのイメージはディズニー バンビにに出てくる スカンクが私の中のスカンクのイメージでしたから・・・。
                                                                   
スカンクについて調べたこと、わかったこと、聞いたこと等。
食肉目イタチ科
 学名Mephitis Mephitis
分類イタチ科キヌスカンク属
分布カナダ南部〜メキシコ北部 (オリジンはシカゴと言われる説もあるらしい。)
尻尾まで含めると60センチ〜80センチ。
夜行性。 
目はよくない。見える範囲が狭い。
においを元に進むとも。
大食漢。 =うんちも相当の量をして、もちろん うんちもかなり臭うらしい。

雑食。
メインには虫を食す。カブトムシ、こおろぎ、バッタ、毛虫等。
好物は 卵(卵の殻)、マシュマロ、レーズン。
時に小動物、ねずみ、かえる、ハムスター、小鳥なども食すそうだ。
アンデス地方でではへびをも食すらしい。毒蛇の毒にも免疫があり、毒蛇でもなんのその。

近年、ゴミ箱あらしの深刻な犯人の中のひとつ。

また、ある動物図鑑には捕食が許されている唯一の動物・・・とあった。
例えば、ライオンが倒した獲物の残りにたかる・・・のに許されているそうだ。

天敵は野生ではほとんどいない・・・らしい?
熊?犬?という話もあるが・・・。図鑑によると、ピューマとボブキャットには食べられるそうだ・・・。
静かな場所を好む。低音の大音量は大嫌いだそうだ。
明るいライトが嫌い。ハロゲンのサーモスタットライト(人の気配で電気がつく電気)は特に嫌うそうだ。              
SPRAY(おなら・臭い)について。 臭いの正体は「ブチルメルカブタン」という黄色い分泌液。
まともに浴びると失明の危険性もあるらしい。
正確に敵(の顔をねらうそう)に向かってスプレーできるそう。最大4フィートまで届くそう。
よく、スカンクを轢いた車、轢きたてのスカンクの上を通った車は廃車処分・・・中古では売れない・・・と言う話も聞くが。
まともにスプレーを浴びた場合、洋服は廃棄処分、まともに浴びてなくとも、臭いは4ヶ月はとれないという話もある。
また、トマトケチャップで洗うと良い・・・と言う話も。
鋭い爪を持つ前足で穴を掘って、古いビルの軒下などが最高の巣となるらしい。(うちやん!まさしく!)
冬の間は特に巣にこもることが多くなるらしく、 スカンクはきつねやラクーン、コヨーテなどと巣を共有、共存できるそうだ。
2月が交尾時期。
妊娠期間は62日から66日。
出産時期は5月から6月、一度に3匹から9匹(4〜5匹から15匹という説もある)を産むそうだ。
成人(?)するまで1年間。
寿命は10年から12年。
また、スカンクは最大の狂犬病の媒体動物であるらしい。
アメリカ内、特にテキサスやカリフォルニアではスカンクによる人への媒体源の中心動物だとされている。
泣き声は キッキッキッっていう鳥のような声、捕まえた時にはキーキーキーうるさく泣く。声は基本的に2匹以上の時にしかださないともある。


参考文献
* Encyclopedia of MAMMALS
introduction by Dr.L.Harrison Hatthews FRS
* SMITHSONIAN INSTITUTION ANIMAL
EDITORS−in−chief David Burnied & Don E.Wilson
* LAPOUSSE ENCYCLOPEDIA of ANIMAL LIFE
Paul Hamly
* The Simon & Schuster Encyclopedia of Animals
Dr.Philipwhitfield


スプレーされるのはかなわんから、スプレーされる以前にスカンクを認識するために このような派手な目立つ黒と白のコントラストの装いが 他の動物達には助かっているという説もある。

まだまだ疑問がいっぱい、こんな疑問、あんな疑問。
* 現実的な天敵は本当にないのか?  もっと嫌うことは何や!
*天敵がいないんやったら、車にはねられる以外では減ることはないなら、増える一方? (生育率はいいのか?)
* もっと詳しいスカンクの住み方(生態)が知りたい。
* 体の大きさとスプレーの強さは比例するのか?
* 出すスプレーの量はコントロールできるのか?
* スプレーは永遠に出続けるものなのか?(限りがあるのか?)
* こんなにブチルメルカブタンとかいう液体の成分が含まれる気体(空気)を吸う事に人体への影響はないのか?






 
スカンク捕獲への道  2005年の記録
(詳しくは’05の2月の日記を見てちょ。)
去年の騒動以来、軒下へ入る柵の下の穴掘り防御のブロックを埋めたりはしたが、またまた 軒下に何かがいるのは、 雪が積もって出入りする足跡で確認していた矢先・・・。
2/11 悪臭発生、悪夢再来?!安眠妨害。
2/12アニマルコントロールに連絡。
わなを2箇所に張る。
えさはマシュマロ。主人が追加でチキンを入れたが・・・。(このコスコのローストチキンはお気に召さないだろうと、私は思っていた。)
2/13軒下の柵の間を網でふさぎ、出入り口と思われる場所を1箇所に絞り、そこをすぐでたら わなに入るように わなを設置。
(あまりにも見え見えちゃうの〜って思ったが・・・ちょろい?!手強い?!)
2/14静かを好む、大音量を嫌う〜との情報に主人が軒下の階上で思いっきり暴れてうるさくしたら、かまされた〜。
絶対 捕獲するぞーーと、卵の殻を追加。
2/161匹捕獲成功。
(もうひとつのわなは入り口が閉まっているのに、何も捕獲できず失敗。)
捕獲されたわなの周りを何者かが思いっきり掘った跡が。
まだ いるよ、少なくとも1匹は。
また 新たに 2個のわなを仕掛ける。 

すっごい見にくいねんけど、スカンク。
びびって(スプレーされるから。)そばに寄れないから
 ちゃんとスカンクの顔の写真が撮れなかったんだよな〜。

2/17ひとつのわなを出入り口に直結、ひとつのわなは来る方に向けて設置。
2/18オポッサム捕獲。やはり、オポッサムも軒下に住んでいっらしゃったってこと。



2/19オポッサムをえさ(?!)に、あっさり スカンク1匹 確保。
また、このスカンク、立派なスカンクで。
写真を撮るまでもなくアニマルコントロールが持って行っちゃって・・・写真なしなのが残念。
まだいるぞ、というのを聞かない主人は最後の出入り口まで網でふさいじゃった・・・。
吉とでるか、凶とでるか・・・。
しかももうアニマルコントロールの権利はない。
2/20凶とでた、スカンクから宣戦布告。 安眠妨害。
・・・・少なくとも あと2匹はいるっちゅうこと・・・。こうなれば徹底抗戦の構えだ。
再び、アニマルコントロールと契約。
ブロックを入れ込み穴が掘れないようにして、また出入り口を1箇所に絞る。


コンクリートまで掘ってる!のと、新たに穴を掘った跡。



このようにブロックを埋めて、穴を掘れないようにする。

2/22前日 雪が積もって、今朝 無数の足跡が雪に残っている。一体、何匹 おんねん!

見える?この無数の足跡。


2/23ふふふ、スカンク3匹目捕獲成功。



主人が撮影したもの(向って左)と私が撮影したもの。
このスカンクはほとんど白い毛がない・・・。

2/26ふふふ、スカンク4匹目捕獲成功。



顔をとらえることができましたねぇ〜。わかるかな?

2/27 なんだか、臭いも消えて、もうスカンク戦争もおしまいね。もう一度綺麗にブロックを埋めて、消毒の意味でもシダーをまいた。



ところがっ!




2/28くやしいぃっ!
また、掘られてるねんっ!
まだ、いる!
まだ続く〜〜〜のか、戦いは。
でも、もうアニマルコントロールの権利はないのですが・・・。
どうする?! 
根負け?!


3/6ビデオにて 1匹のボスキャラ スカンクが また掘ろうとしていたが、出て行くのを確認後 絶対 もう 掘れないように 網を強化。 
これで、高らかに 勝利宣言?!
3/26白昼堂々と となりとの 境界を ウロウロ徘徊する ボスキャラ スカンクを目撃。
きっと、住処がなくなって、昼までも あせって、住処を探していらっしゃるのでしょう。
その後、軒下は 必死で 掘っている跡も、柵を噛んでる跡はありますが、主人の功は奏して、穴は貫通せず徒労に終わっております。







スカンク捕獲への道  2004年の記録
(詳しくは’04の2月の日記を見てちょ。
ビデオはあるけど、写真がないのが残念です。)
2/4 悪臭発生、初の安眠妨害。
〜2/10 どうするか、悩む。
でも まず、スカンクが本当にいるかどうかを確認のため、 好んで食すと言わているらしい(主人の会社の同僚のパットからの情報)卵の殻を庭に置く。
2/11 次の朝には綺麗さっぱりなくなっていた。
夜中に確認に行った主人が幸か不幸かスカンクをはっきり目撃。
2/12  アニマルコントロールに連絡。
わなを3箇所に張る。
えさはマシュマロ。
2/13  卵の殻も追加で入れる。
2/14  わなにはかからないように卵の殻だけ盗られる、スパムハムを入れる。
2/15  2匹、つがいで捕獲成功。
2/18  引き続き置いていたわなにオポッサム(!)がかかる。
  わな張り終了。








臭い対策
〜臭いを消すためわざわざ購入したものの中からおススメ・スグレモノ〜
おススメ空気清浄機
Shaper ImageIonic Breeze QUADRA silent air purifier
たぶん他社のものより価格は高いが5年の補償があり、フィルター交換の必要がない。フィルターの部分を水洗い、拭き掃除ができて結果的には経済的か。性能も申し分ない。2個目購入は半額になり、中古もある。HPで確認を。
スグレモノ!速攻臭い消し・清浄スプレー
manufactued for Medo Industiries, IncOZIUM Air Sanitizer
どういう経路でパットが知っていたかは不明だが、そのパットから教えてもらったもの。
Reduces Airborne Bacteriaと表示にはあるので、空気中のバクテリアも取るのかな?確かに1秒の噴射で部屋の中はリフレッシュする。
スカンクの臭いは1回では無理だが継続するうち(1日〜2日で)になくなった。これはすごいことだと思う。
店頭販売ではない様。日本には未入、個人輸入で取り扱っているみたいだ。





ブラウザの”戻る”で戻ってください。