らんま1/2  お姫様の結婚の条 件


2005年03月29日


婚約者に選ばれる

らんま1/2 01.01 らんまが来た 
高橋留美子 小学館

らんま1/2 01.01 らんまが来た 高橋留美子 小学館

「かすみ」「なびき」「あかね」の三姉妹の中から、三女の「あかね」が乱馬の婚約者になります。
「一番年下の娘が、嫁として選ばれる」というの は、昔話などではお約束となっていることです。

結婚の条件

らんま1/2 01.04 断じて認めん 高橋留美子 小学館
らんま1/2 01.04 断じて認めん 高橋留美子 小学館
「あかね」と交際するには、あかねに勝たねばならない。という条件があるのですが、これは、「お姫様の結婚の条件」の典型です。「うる星やつら」の「か けめぐる青春」の類型といえます。

しかし、実際には、「あかね」には誰も勝っていません。(例外として女のらんまだけが勝つ)

実はこの「あかねに勝たねばならない」という条件はダミーであって、本当の条件は「九能帯刀に勝たねばならない」というものなのです。

その前提には、「本当は、九能はあかねよりも強い」しかし、九能は絶対にあかねには勝たない。というものがあります。

ですから、乱馬は九能を倒したことにより、はじめて、あかねの許婚として、皆に認められたのです。

らんま1/2 01.08 好きな女がいるんだから 高橋留美子 小学館
らんま1/2 01.08 好きな女がいるんだから 高橋留美子 小学館

実はこの九能の役どころは、昔話などでは、「父親」が荷うものです。

花婿候補は、花嫁の父親の出す難題をクリアする。あるいは、花嫁の父を倒さなければならない。というのが、典型です。類話としては、古事記の「オオクニヌ シがスサノオの娘を嫁にする話」などが有名です。

では、なぜ「あかね」の父親が、その役を果たさないのか? というと・・・現代社会における、「父親の権威の喪失」などというような理由が考えられると思 いますが・・・・まあ、でもそんな安易な理由よりも、「それは高橋留美子のギャグマンがだから」だと僕は思います。


らんま/考 犬 研