二式大型飛行艇12型(H8K2)


二式大型飛行艇は、昭和15年(1940)に初飛行した、当時世界一の高性能を誇った大型飛行艇です。
昭和17年に旧日本海軍に正式採用され、偵察、哨戒、輸送など多方面に活躍しました。

東京はお台場の船の科学館にあったものを鹿児島鹿屋市の自衛隊基地へ移動したものです。










比較のため、US−1A救難飛行艇を掲載。






→飛行機と飛行場 

→歴史資料館 目次へ戻る

→みに・ミーの部屋に戻る