アルバム-12/Lucky Strike TZ250/



  1988 LS TZ250

チームロバーツは1988年のイタリアそして西ドイツGPにTEAM独自で開発中のスペシャルTZ−250を持ち込んで来た。
ライダーはJ.KOCINSKI
     








 
250とはとても思えないような大型シート    そして、大きくそして特異な形状を持つカウル 






 
カウリングのデザインはイギリス人のデザイナー、ジョン・モケット氏、当時でもこんな、大柄で特異な形状を持ったカウリングを装備するTEAMはなかった、しかし、TEAM ROBERTSは常に新しい物にトライし続けていた。(カウルのデザイナーのモケット氏は最近はモーターサイクルニュース紙に風刺漫画を書いていて最近ではそちらの方が有名か?)


フレームの設計はナイジェル・リーパー氏によるもので、その当時としてはまだまだ、珍しいカーボン材を使用し、将来的には500ccの開発の足がかりとしての可能性を秘めた特殊プロジェクトであった。    



戻る