トップ 茶ノビ のび名鑑 掲示板 SS掲示板 アンテナ
 魅力 | 楽しさ | 苦労 |
茶ノビの魅力
ノービス
すべての人の物語の始まりとなる、無限の可能性をもつ存在
誰もが例外なくそこから歩みをはじめ、旅立っていく。

ROがαテストだったはるか昔から、彼らは存在していました。
まさに規格外であるといえる破天荒なプレイスタイル。
それがスーパーノービススパノビと呼ばれる人たちでした。

いったい何が彼らをそうさせたのか。
そう、全てはノービスの醸し出す魅力がそうさせるです。
ノービスの魅力。そう、それは・・・

愛らしさ可愛らしさ。」

この一点に尽きるのであります。
え、違う?そんなんじゃないって?

ノービスとして生涯を貫く人が一体何を思ってその道を選ぶことになったのか。
人と違う道を進みたい」「目立ちたい」「ネタ」etc...
それこそ十人十色。人それぞれの理由があるのでしょう。
単純な力のみを求めないことに価値を見出した人、とも言い換えられるかもしれません。

ノービスであることはそれだけで、周囲の注目を惹きます
つまりそれだけコミュニケーションを取るきっかけが得やすいのです。
これもまたノービスの魅力でしょう。

私には、あの愛らしい茶ノビが束になって敵を叩く姿には胸キュンを禁じえません。

職業スーパーノービスが実装されてなお、彼らはその歩みを止めることはありません。
一般的にはそんな彼らをエターナルノービスエタノビと呼ぶようです。
TYR鯖では、ノービスの基本色となっている茶色をとり、茶ノビと呼んでいます。
というか、呼んでもらおうと思ってます。

大変でしんどい、でも、なんだかわからないけど、ノービスが好きだ
そんなあなたは立派な茶ノビジャンキーです。
さぁ、共に手を取り、奈落の底へと堕ちていきましょう。

茶ノビの楽しさ

茶ノビの楽しさ。
力のみを求めない生き方だからこそ、どこに楽しみを見出すか。
それもまた十人十色です。

茶ノビのままどこまでいけるのか。その限界を知りたい
・可愛いナリを利用して、ウハウハ
・強さなんてどうでもいいから、またーりしたい。 etc...

高Lvダンジョンを茶ノビの軍勢で押し進む
そしてすれ違う人たちからの溢れんばかりのショックエモ
これもまた楽しみの一つかもしれません。

そしてなにより、志を同じくする仲間たちとの交流と冒険

茶ノビに限らず趣味職、珍ステと呼ばれる人たちの中には、これを楽しみにしている人たちも少なくないのではないのでしょうか。

茶ノビの苦労
ただ、どう考えても楽しみより、苦労のほうが多いのは間違いないでしょう。

・HP,SP係数が低いことにより、能力不足
・ステータスのjob補正がないというハンデ。
・果てしなく限られた装備
・これらの原因による、同一狩場での単調な狩りの連続。

恐らく4つ目の事由で挫折する人が多いかもしれません。
そう、同じLvでも有職者はもっと上へ先へと進むことができてしまいます。
淡々と続く同じ景色、同じ敵。。。

マゾプレイと呼ばれるのは仕方がないかもしれません。
ただ、苦労が多い分、キャラへの愛着は人一倍強くなるでしょう。多分。

これを見て、少しでも興味が出た、そんな人は是非一度「茶ノビ集会」にお越しください。
そしてできるなら、彼らの戦う姿を見てください。何か感じる所があるかもしれません。
もしビビッときたなら、今一度初心者修練場へ足を踏み入れてはいかがでしょう。