〜国鉄型車両 Japan Railway Company〜


かつては国有鉄道として全国に路線を持っていた「国鉄」。
安定した技術で製造された車両を多くこの世に送り出してきました。
現在、路線はJRとして分割民営化されましたが、車両は引き継がれ各社で多くが活躍しています。



国鉄103系 103系
走行音
収録区間:大阪環状線 野田〜福島
制御方式 抵抗制御(CR20A型)
主電動機 110kw×4(MT55型)

103系は、大都市通勤路線用に1963年以降長期間導入されました。
当時安定した技術のもとで作られており、北は仙台、南は福岡まで見ることができました。
現在では、JR西日本とJR九州で活躍しています。

国鉄169系 169系
走行音
収録区間:しなの鉄道線 屋代〜千曲
制御方式 抵抗制御(CS15型)
主電動機 120kw×4(MT54型) ギア比 4.21

169系は、急行型車両の165系の後継系列として製造されました。
現在ではしなの鉄道で若干数が活躍しています。

国鉄115系 115系
走行音
収録区間:中央本線 鳥沢〜梁川
制御方式 抵抗制御(CS15型)
主電動機 120kw×4(MT54型) ギア比 4.82

115系は、勾配を抱える路線用に113系をマイナーチェンジした車両として1963年から製造されたものです。
3扉ボックスシートということもあり、現在も多くの会社の直流電化路線で活躍しています。

国鉄485系 485系
走行音(1000番台/直流区間)
収録区間:信越本線 東三条〜見附
制御方式 抵抗制御(CS15型)
主電動機 120kw×4(MT54型) ギア比 3.50

485系は、交直流区間を跨いで運転される特急用車両として1968年から製造されたものです。
183・189系と同様の車体構造を持ち、481系・483系・489系とともに全国各地で幅広く運用されました。
現在、定期運用については東北地方の「白鳥」と新潟〜糸魚川での快速列車でわずかに残るのみとなっています。

国鉄117系 117系
走行音
収録区間:東海道本線 醒ヶ井〜近江長岡
制御方式 抵抗制御(CS43A型)
主電動機 120kw×4(MT54D型) ギア比 4.82

117系は、並行民鉄との競争にさらされる関西地区・東海地区での快速系列車として1979年から製造されたものです。
2扉転換クロスシートとされ、並行民鉄の車両と遜色ない居住性を兼ね備えています。
なお、JR東海に引き継がれた車は平成23年度末で全車引退の予定です。

国鉄201系 201系
走行音(量産後期車)
収録区間:中央本線 鳥沢〜猿橋
制御方式 制御方式 サイリスタチョッパ制御(CH1B型)
主電動機 150kw×4(MT60型) ギア比 5.60

走行音(量産後期車/異音車)
収録区間:青梅線 小作〜河辺
制御方式 制御方式 サイリスタチョッパ制御(CH1B型)
主電動機 150kw×4(MT60型) ギア比 5.60

201系は、オイルショック後の当時としては省エネ通勤型車両として製造されました。
サイリスタチョッパ制御で、当時の国鉄としては画期的でした。
現在では、大阪環状線や関西本線(大和路線)で活躍しています。

国鉄203系 203系(全廃)
走行音(0番台)
収録区間:常磐線各駅停車 天王台〜我孫子
制御方式 サイリスタチョッパ制御(CH1A型)
主電動機 150kw×4(MT60型) ギア比 6.07

走行音(0番台/異音車その1)
収録区間:常磐線各駅停車 天王台〜我孫子
制御方式 サイリスタチョッパ制御(CH1A型)
主電動機 150kw×4(MT60型) ギア比 6.07

走行音(0番台/異音車その2)
収録区間:常磐線各駅停車 天王台〜我孫子
制御方式 サイリスタチョッパ制御(CH1A型)
主電動機 150kw×4(MT60型) ギア比 6.07

走行音(100番台)
収録区間:常磐線各駅停車 我孫子〜天王台
制御方式 サイリスタチョッパ制御(CH1A型)
主電動機 150kw×4(MT60型) ギア比 6.07

203系は、当時地下鉄線内で排熱が問題となっていた常磐線各駅停車用の車両として製造されました。
201系の流れをくんだチョッパ制御車で、加速度は地下鉄線直通のため3.3km/h/sになっています。

国鉄205系 205系
走行音(0番台/内扇型)
収録区間:東京臨海高速鉄道りんかい線 東雲〜国際展示場
制御方式 界磁添加励磁制御(CS57型)
主電動機 120kw×4(MT61型) ギア比 6.07

205系は、201系の後継車両として省エネを重視した車両です。
201系では制御装置のコストがかかるため、低コスト化も目指された車両となっています。 現在では、VVVFインバータ制御車に改造された編成も存在します。

国鉄207系 207系900番台
走行音
収録区間:東京地下鉄千代田線 根津〜湯島
制御方式 VVVFインバータ制御(日立GTO初期型・SC20型)
主電動機 150kw×4(MT63型) ギア比 7.07

207系は、VVVFインバータ制御車の試作車として製造されました。
空転など試験結果が思わしくなく、結果的に国鉄唯一のVVVFインバータ車となりました。

JR・国鉄のページに戻る

トップに戻る