鉄製有ガイ車一覧

テ1000 

製造輌数 50両

12t積の鉄製有ガイ車。当初は1段リンクで製造されたが、後に2段リンク化されテ1200に編入されている。
製造初年:昭和30年

テ1200 

製造輌数 100両

12t積の鉄製有ガイ車。当初から2段リンクで製造され、テ1000の編入車とで150となった。
製造初年:昭和31年

テム100 

製造輌数 200両

15t積の鉄製有ガイ車。当初は1段リンクで製造されたが、後に2段リンク化されテム300に編入されている。
製造初年:昭和28年

テム300 

製造輌数 850両

15t積の鉄製有ガイ車。当初から2段リンクで製造され、テム100の編入車とで1050輌となった。
製造初年:昭和32年

テラ 1 

製造輌数 180両

テム300に代わり製造された17t積の鉄製有ガイ車。足廻りはワラ1と同じで、テムより軽量化された。

製造初年:昭和39年

 鉄製有ガイ車は雨にぬれてはいけないものを運ぶために製造された貨車で、戦前はかなり変わった形のもあったようです。CADとして描きやすそうなので描いてみましたが、やっぱり描きやすかったです。


ホームページ前のページ次のページ