無蓋車一覧(トラ戦後編2)

トラ55000(木製車)

昭和45年末 60両

トラ45000を一回り大型にした無蓋車。木製車は60両のみで大半が鋼製車で製作された。

製造初年:昭和37年

トラ55000(鋼製車)

昭和45年末 3,143両

トラ45000を一回り大型にした無蓋車。アオリ戸もプレス鋼板になった。

製造初年:昭和37年

トラ70000

昭和45年末 5,098両

トラ30000を鋼製にした最後の無蓋車。

製造初年:昭和42年

トラ70000(平板車)

昭和45年末 ?両

トキ25000と同様に後年はプレス鋼板から平板にした車両があった。

製造初年:昭和42年

 鋼製の無ガイ車が本格的に製造されたのが昭和37年のトラ55000以降なのですが、この車輌にしても現在でははとんど走っていない状態です。さらに2軸の無ガイ車の新製車はトラ70000が最後で、コンテナの時代に移行していきました。

ホームページ前のページ貨車のページ