無ガイ車一覧(トム編)

トム5000

製造輌数 約5000輌

15t積の無ガイ車で自動連結器以前の車輌で、当時を代表する貨車であった。

製造初年:大正6年

トム16000

製造輌数 約1700輌

15t積の無ガイ車で自動連結器になってからの貨車でトム5000とは台枠が異なる。

製造初年:大正13年

トム19000

製造輌数 約3900輌

15t積の無ガイ車でト20000と同じ鋼製の車体であった。後に木体化されトム39000となった。

製造初年:昭和14年

トム50000

製造輌数 約6800輌

15t積の無ガイ車でトム11000の足廻りを溶接構造になった車輛。後に2段リンクに改造された。

製造初年:昭和15年

トム60000

製造輌数 約600輌

最後の15t積の無ガイ車で当初から2段リンクで製作された。

製造初年:昭和31年

 戦前までの無ガイ車はトラよりトムが主流でかなりの輌数が製造されていました。特に戦前の車輌は形式が同じでも細かい部分的な変更は製造年度によってかなり種類がありました。昭和45年末でもトム5000は66輌が観音扉のまま残ってたそうです。


ホームページ前のページ次のページ