装備とお金

装備

一般に山登りをするにはお金がかかると言われますが、工夫次第でかなり安くあげることができます。山で泊まるのに最低限必要なのは以下のものです。

登山靴15000円
ザック20000円
シュラフ(寝袋)10000円
雨具15000円
ヘッドランプ2000円
食器800円

これだけのものを最初に揃えてしまえば、雷鳥の一般山行には全て参加できます。高いと思うかもしれませんが山の道具は非常に丈夫に作られており、3年しないうちに壊れて買い換えるということもほとんどありません。服装も化繊のものであれば山専用の物でなくても大丈夫です。

登山の装備には用途や目的に応じて様々な種類のものがあります。これから登山を始めよう、という人がその中から自分に合ったものを選ぶのは大変なことです。装備は上級生に借りることもできるので、まずは山に行ってみてください。 それから必要なものを揃えていくというのも一つの手です。

交通費など

さらに実際に山に行く際には、交通費や食費がかかります。日帰りハイキングで1500〜3000円、泊まりの山では5000円+(1000円×泊数)前後です。

これらすべてを合わせるとけして安いとは言えませんが、それをつぎ込むだけの魅力が山にはあります。大学生にもなればバイトをする時間もありますから、それほど苦しいものでもありません。

戻る / ホームへ