詳細な活動

1. 部室

駒場とお茶大に一つずつ。

○駒場

学生会館003、共装置き場。漫画や廃棄された教科書などが豊富で、食事昼寝勉強着替え物の受け渡し部会物置駒祭準備など、開館時間目一杯使用可能。人がいないときはたとえ20分でもきちんとカギをかけること。

○お茶大

新サークル棟二階真ん中ギター部の奥。鍵は必要なく、使用目的は駒場と同じ。多少は装備・記録がある。

○部室ノート

MLが無かったころは事務連絡にも使われていたが現在はネタや落書きの場。暇なときは昔の部室ノートを読んでみると面白いかもしれない。

○部室の共装

雷鳥では部費で購入した共同装備なるものがあり、一部雪山装備を除いてタダで使用できる。ただし、使用目的は雷鳥での山行のみ。共装にはテント一式、ペグ、ヘッド、ランタン、コッヘル、まな板、救急セット、ピッケル、ワカン、アイゼン、プラ靴、ザイル、メット、スコップ、竹竿など。山行の前に装備ノートに必要事項を記入、部室から持ち出して、山行が終わったら即刻返す事。

○部会

毎週水曜日にお茶大の部室(まれに駒場の部室)で開かれる。山行計画の話し合い、詰め、どうでもいい話などで8時過ぎまで居残り、そのあと暇な人で食事に行くのがいつものコース。毎週参加の義務は無く、山に行きたい週か前の週に部会へ出席すれば、大抵山には参加できる。

2. 山

活動の核心部。

○山行の流れ

  1. 企画段階
    まずリーダーが行き先、メンバーを決める。誰かの希望で行き先が決まることもあるし、リーダーが行き先を決めてからメンバーを募ることもある。在京責任者、共装の割り振り、集合時間などを決めて作成した計画書をリーダーがMLに流す。
  2. 実行
    装備の確認をしたら学割・保険証コピーなどを忘れずに集合場所へ。下山後に乗る電車の終電時間確認もあれば安心確実。
  3. 実行後
    装備の手入れ、服の洗濯を忘れないこと。山装備はすぐに臭くなる。共装はすぐに部室に返却し、装備ノートに書き込むこと。リーダーは山行記録をMLに流し、山行記をメンバーの一人が書いて流す。記録・山行記は印刷して部室のファイルに保存する。

3. 御殿下

平日がとっても暇な雷鳥人にはクライミングウォール愛好者が多い。また、雷鳥は御殿下クライミングウォール委員会認定団体なので、認定者を育てることが出来る。ちなみに東大本郷の御殿下記念体育館のクライミングウォールは、東大運動会員(学部生)と認定証所持者の同伴があって300円が出せれば誰でも使用可能。初心者のみの使用は厳禁。詳しくは御殿下HPへ。

4. ML (メーリングリスト)

雷鳥専用のMLが存在し、事務連絡・近況報告、計画書・記録、ネタなどを流す。OB/OGも加入しているのでハメをはずしすぎないこと。

戻る / ホームへ