『宮沢賢治研究』基礎文献リスト



<基本テキスト>

・ 宮沢賢治 『新校本宮沢賢治全集』 筑摩書房 第1巻〜第16巻(上)

         『文庫版 宮沢賢治全集』 筑摩書房 全10巻


<辞典>

・ 原子朗 『新宮沢賢治語彙辞典』 東京書籍 1999年7月
   やはり便利!!研究する上では必須アイテムといえます。


<作品論・テクスト論>

・ 続橋達雄 『宮沢賢治・童話の世界』 桜楓社 1969年10月
   児童文学の立場からの精緻な読みがあります。『注文の多い料理店』等

・ 吉本隆明 『悲劇の解読』 筑摩書房 1979年12月
   賢治作品における視点の問題、犠牲のあり方等、鋭い指摘があります。

・ 中村稔 『宮沢賢治』 筑摩書房 1981年6月
   社会、農業と賢治作品についての考察。拙論にて引用しました。 

・ 恩田逸夫 『宮沢賢治論』 1〜3 東京書籍 1981年10月
   詳細な資料をもとにした作家・作品論。いぶし銀の魅力。

・ 天沢退二郎 『<宮沢賢治>鑑』 筑摩書房 1986年9月
・ 天沢退二郎 『≪宮沢賢治≫注』 筑摩書房 1997年7月
   賢治研究におけるテクスト論の先駆け。童話『光車よまわれ』も魅力的。財布は持ちません。

・ 栗原敦 『宮沢賢治 透明な軌道の上から』新宿書房 19928
   非常に丁寧かつ実証的な作品論です。


<宗教>

・ 上田哲 『宮沢賢治 その理想世界への道程』 明治書院 1985年1月
   実証的研究。特に国柱会との関係においては必須の書。

・ マロリ・フロム 『宮沢賢治の理想』 晶文社 1984年11月
   宗教的・社会的側面からわかりやすく「農民芸術概論綱要」を読み解いています。


<天文学>

・ 萩原昌好 『宮沢賢治「銀河鉄道」への旅』 河出書房新社 2000年10月
   実証的研究の鬼であります。


<地質学の視点から>

・ 亀井茂 「宮沢賢治と盛岡高等農林学校断片(六)―宮沢賢治江刺郡地質調査の動機と目的をめぐって―」(『早池峰』 21号 1995年3月)
・ 亀井茂 「宮沢賢治と盛岡高等農林学校断片(八)―賢治らの盛岡附近地質調査の動機と経過―」(『早池峰』 25号 1999年3月)
   盛岡高等農林学校時代を中心として、農業と賢治・賢治作品についての考察があります。


・ 宮城一男 『農民の地学者 宮沢賢治』、築地書館、1975年1月
・ 宮城一男 「『グスコーブドリの伝記』―自然改造へのねがい」(『文藝読本 宮沢賢治』 1977年11月)
   地質学の立場から賢治・賢治作品を捉えた代表的論考。


<科学技術の視点から>

・  矢幡洋『宮沢賢治の教育論』 朝文社 1998年3月
   科学技術の現代的問題と賢治作品について


<農業>

・ 真壁仁 『修羅の渚 宮沢賢治拾遺』 秋田書房 1985年8月
   山形における賢治研究の祖。松田甚次郎とも関係があります。『真壁仁研究』なる雑誌も存在します。

・ 多田幸正 『宮沢賢治 : 愛と信仰と実践 』 有精堂 1987年7月
   中村稔の研究成果を発展させています。拙論で引用させていただきました。論考の後半は、「銀河鉄道の夜」に関する考察。最近は後半の方に力を入れられているようです。


<鉱物>

・ 白木 健一 「 賢治さんと人造宝石」 (宮沢賢治学会イーハトーブセンター第8回研究発表記録集 宮沢 賢治学会イーハトーブセンター、1999年3月) 
   賢治の人造宝石を作って商売しようという夢は実現させなくてよっかったとのことです。

・ 伊藤良治『宮澤賢治と東北砕石工場の人々』国文社 2005年3月 
   東北砕石工場の鈴木東蔵の立場から、賢治の技師時代を読み直したもの。

 

<テクスト論>

・中村三春『係争中の主体 漱石・太宰・賢治』翰林書房 2006年2月 
   賢治のテクストをパラドックスのテクストとして解明したもの。

<受容史> 

・ 米村みゆき『宮沢賢治を創った男たち』青弓社 200312

  同時代の教育・文化状況などから作品に迫るとともに、偉人賢治像の生成過程を検証した指摘は斬新。

 


<雑誌・特集号>

・ 『宮沢賢治研究 annual』 (宮沢賢治学会イーハトーブセンター 1991年−)
   宮沢賢治に関する書籍・論文・新聞記事等が一年ごとにまとめられた「宮沢賢治ビブリオグラフィー」は、宮沢賢治にかかわる研究全般の情報源として有効です。

・ 『別冊国文学 No.6 宮沢賢治必携』 佐藤泰正編 学燈社 1980年5月
   散文作品全般に対する概略とレジュメがあり概説書として便利です。

・ 『国文学 解釈と教材の研究 特集 宮沢賢治を読むための研究事典』  学燈社 1989年12月
   各作品の研究史の概略・評価・今後の問題点が簡潔に述べられています。

・ 『国文学 解釈と教材の研究 2月臨時増刊号 宮沢賢治の全童話を読む』 学燈社 2003年2月
   各作品の論争点、課題点が述べられています。

<県史>

・ 『岩手県史 第9巻 近代篇』 岩手県 1972年12月(復刻版)。
  資料が多く時代背景をつかむのに便利です。ただし、誤ったデータも多いです。  

 

 戻る