宇宙船パネルマニアックス Spaceship Panelmaniaccs
SOYUZ (ロシア)
ロシアの多彩な機能を搭載した宇宙船です。何十年も改良を重ね、現在でも現役で使われています。SOYUZはApolloとのドッキングや、Mir、国際宇宙ステーションでも活躍しており、長い間の改良で安全性と信頼性を取りいえることができたのではないでしょうか。カプセル自体はそれほどの変更はなくても、パネルはやはり時代とともに進化をしています。VOSTOKで紹介したパネルは、非常に簡素なつくりでしたが、SOYUZも同じです。小さな場所に多彩な機能をとりいれるため、パネルはコンパクトにまとめられており、アメリカとの考えたかたの違いか、パネルは全体が平面で、全てのパイロットが目を通せる方式をとっております。

It is a spaceship equipped with a variegated function of Russia. The improvement is done repeatedly for tens of years, and it is used still in the active service. It takes an active part, and safety and reliability are taken by an improvement of long time and SOYUZ might have been able to be able to be said even with docking with Apollo, Mir, and the International Space Station. The panel has evolved still in the age though in the capsule, there is no change like it. SOYUZ is also the same though the panel introduces with VOSTOK was a very simple making. As for the panel, to take a variegated function to a small place, it is compactly brought together, and the person with the United States who thought is different or the whole adopts the method that all pilots can look over in the panel by the plane.

第一世代のパネルと思われる画像です。上の画像はトレーニングシュミレーターの写真だと思われます。パネルもVOSTOKぱねるから、若干の追加があっただけのような簡素なつくりになっています。

It is an image that seems that it panels about the first generation it. The image above seems the photograph of the training simulator. The panel becomes a simple making only like there are VOSTOK and some additions, too.

たぶん第一世代のパネルだと思われます。

真中

SOYUZ TMのパネルです。大地世代と比べると、かなりパネルが多彩になっている事が解ると思います。中央のメインパネルでさまざまな情報を掲示することが可能だったらしいです。

多分新しいタイプのパネルだと思われます。ボタンや計器は大きな2つのディスプレイに収められています。

On

Maybe, it seems that it is a panel of the first generation.

Center

It is a panel of SOYUZ TM. I think that the thing with a considerably variegated panel is understood compared with the large ground generation. When various information can be posted with the main panel at the center, doing is done by being.

The under

It seems that it is a panel of a perhaps new type. The button and the meter are put on two big displays.

SOYUZ TMパネルを例にとって解説してみる事にします。

1:オンボードクロック。

ミッションタイマーや現在時刻等を制御、表示します。

2:コンピューターキーボード。

コンピューターに数値を入力するためのボタン。

3:コンピューターディスプレイ。

コンピューターの表示モニター。

4:グローバス計器。

軌道や位置確認用の計器。

5:コントロールパネル、警告灯。

右側が62、左が81個。

6:システムステータスライト。

宇宙船のシステムの状況をライトにより表示。

7:オプティカルバイザー。

光学表示されるモニター。

8:コンピューターメインコマンド。

コンピューターのあらかじめ必要だと思われるコマンド。

9:キーボードインフォメーション。

キーボード操作の確認用ライト。

10:Ergolインジケーター。

すいません・・・・これ私にはわかりませんでした。

It makes it to the thing that is taken as an example of the SOYUZ TM panel and explains.

1:Onboard clock.

The mission timer and time, etc. now are controlled, and displayed.

2:Computer keyboard.

Button to input numerical value to computer.

3:Computer display.

Display monitor of computer.

4:Gros bus meter.

Meter for orbit and positional confirmation.

5:Control panel and warning light.

62 and the left are 81 pieces. the right side

6:System status light.

The situation of the system of the spaceship is displayed with the light.

7:Optical visor.

Monitor to whom optics is displayed.

8:Computer main command.

Command that seems to be necessary beforehand computer it.

9:Keyboard information.

Light for confirmation of keyboard operation.

10:Ergol indicator.

I'm sorry being possible ・・・・ to come I have not understood.

オプティカルバイザーの画像です。SOYUZは光学式のスコープを搭載しています。ロシアの素晴らしい技術が伺えますね。

It is an image of an optical visor. Optical scope is installed in SOYUZ. It is possible to visit a wonderful technology of Russia.

右上

シュミレーターでの訓練の様子ですが、パイロットはこのようにステッキのような棒を使用してボタンを押していたのでしょう。

警告灯はもちろんロシア語でかかれています。

コントローラーの形状です。変わった形の形状ですね。

Upper right

The pilot might have been pushing the button with a stick like the walking stick like this though it was an appearance of training with the simulator.

The right

It hangs in Russian to say nothing of the warning light.

The under

It is controller's shape. It is shape changing.