宇宙船パネルマニアックス Spaceship Panelmaniaccs
APOLLO LEM(アメリカ)
LEM(月着陸船)に求められた事は、軽量でコンパクト。パネルもこのコンセプトによって作られたといっても良いでしょう。LEMには重量問題の為に座席は在りません。立って2人のパイロットが月までの着陸、そして離陸をしなければいけません。パネルは視覚性の問題で、縦長になっており、沢山の情報量をコンパクトにまとめようとしている事が伺えます。

The thing requested from LEM (lunar module) is light and compact. It might be acceptable because this ..panel.. concept ..making... The seat doesn't break out in LEM due to the weight problem. Two pilots should do landing and the take off to the moon standing. The panel is a portrait of a sight problem, and it is possible to visit trying the compact summary of a lot of volume of information.

左上

Apollo12号のシュミレーターの様子です。ピートコンラッドとアルビーンが写っています。

右上

LEMのイラストです。コクピットはお世辞にも大きいとは言えませんが、パイロットが月面で何日か滞在する事を考慮に入れ、座席が無い分奥行きはあるように思えます。

右下

LEMのパネルイラストです。メインパネルは中央に位置しており、両パイロットがアクセスしやすいように考えられています。中央のメインパネルは、中央で区切られていて、パイロットの担当の計器が其処に収められています。

On the left

It is an appearance of Apollo12 simulator.

Upper right

It is an illustration of LEM. It is taken into consideration to stay how many days in the surface of the moon the pilot, and there seems to be a depth to the extent that there is no seat though the cockpit cannot be said also to the compliment that it is large.

Lower right

It is a panel illustration of LEM. As for the main panel, it is located at the center, and both pilots are regarded to be accessible. The main panel at the center has been delimited at the center, and the meter of the charge of the pilot is put there.

右の画像を見ても解る通り、ほぼ中心のメインパネルに計器が集中している事が見て取れます。右と左の端にある部分は、大半がブレーカー装置となっています。

The thing that the meter has almost concentrated on the main panel at the center as understood even if a right image is seen can be perceived.
In the part on a right, left edge, the majority are breaker devices.

LEM MAIN PANEL
LEMのメインパネルについて簡単に説明していきます。アルファベットのA−Kまでありますが、見たい場所を上の画像のアルファベット部分をクリックするとその場所の解説を見る事が出来ます。また、もう少し大きな画像を見たい方はここをクリックしてください。

It easily explains the main panel of LEM. The place that wants to see is seen and the explanation of the place can be seen by clicking an alphabetic part of the image on though it is to A-K of the alphabet. Moreover, please click here to wanting see a big a little more image.

(A)

船長が確認出来る位置にある、LUNAR CONTACTライトです。LEMの着陸脚にセンサーがついており、センサーが月面にあたるとライトが光る仕組みになっています。

(B)

LEMの動きをメーターで表しています。縦の目盛りは前方、後方を表しており、横の目盛りは左右の動きを表しています。+の知るしが真中にあるときには、LEMは真っ直ぐ月面と並行になっている事が解ります。

(C)

LEMは燃料を沢山積んでいないため、燃料の管理は船長が見えるポジションに大きく表示されています。

(A)

It is LUNAR CONTACT light at the position that the captain can confirm. The sensor attaches to the landing leg of LEM, and the mechanism that the light shines when the sensor hits the surface of the moon.

(B)

The movement of LEM is shown with the meter. The scale of length shows forward and the rear side, and the scale on side shows right and left movement.The thing that is going side by side with the surface of the moon straight ..LEM.. is understood at the ..knowing.. center of + at a certain time.

(C)

Because LEM doesn't pile up a lot of fuels, the management of the fuel is greatly displayed at the position where the captain is seen.

(D)

ミッション中止ボタンです。ボタンは2つあり、リセットと実行の動作をします。実際のApolloのMissionでこのボタンを実行させたことはありません。

(E)

加速度と高度計。この部分も船長が確認出来る位置に存在します。月面着陸時には非常に重要なポイントだからです。

(F)

LEMのエンジンを手動で噴射、又は停止を行なう部分です。船長の真正面に位置しており、非常に大きく、黒と黄色で解りやすく重要であるボタンだと言うことを示しています。

(D)

It is a mission discontinuance button. As for the button, there are two, and reset and execution are operated. This button has not been executed with Mission of actual Apollo.

(E)

Acceleration and altimeter. This part exists at the position that the captain can confirm, too. It is because it is a very important point when landing on the moon.

(F)

The part where the engine of LEM is jetted or is stopped by hand power. It is located in front of of the captain, and it is shown to understand easily from the black and yellow very greatly and to say that it is an important button.

(G)

LEMの姿勢制御用の噴射機の状態を示すメーターです。これはLEMパイロット側に位置し、重要な場所でもあります。

(H)

姿勢制御用とラスターの切り替えスイッチです。船長は着陸手順をし、LEMパイロットはこのような場所を管理し、LEMの正常に保つ役割を行ないます。

(G)

It is a meter that shows the state of the jet machine for the posture control of LEM. This is located on the LEM pilot side, and an important place.

(H)

It is a switch switch of the lusterware for the posture control. The captain does the landing procedure, and the LEM pilot manages such a place, and does the role that LEM keeps normal.

(I)

この部分はLEMの環境をモニターしている場所です。Apollo13の映画でもこの部分のCO2警告灯が点灯していました。

(J)

メインパネルの下側に位置します。レーダー通信を制御しています。

(K)

メインパネルの下側に位置し、LEMパイロット側にあるもう一つのコンタクトライトです。

(I)

This part is a place where the environment of LEM is monitored. The CO2 warning light in this part lit to the movie of Apollo13.

(J)

It is located under the main panel. The radar communication is controlled.

(K)

It is another contacting light that is located under the main panel, and exists on the LEM pilot side.

他のコンポーネント  Other components
LPD ( Landing point designator )着陸ポイント指示表
LPDは船長側の窓に装備されています。着陸のあるポイントだけに使用し、他では使用はされませんでしたが、着陸を目的に作られたLEMには非常に重要なポイントでした。船長が窓からLPDを読み取る場合には、LPDは真っ直ぐに表示されます。画像によってLPDは重なってみえたり、二重に見えることがありますが、これはLEMの窓が何層にも重ねられ、それを真っ直ぐに見ずに斜めの角度から見ていることを示します。左上の写真は映画等に出てくるLPDですが、この写真に見えるLPDも2重に見えます。LPDの色は灰色に塗られていましたが、光のあたり具合により、緑や赤に見えたのではないのでしょうか。右の画像はLPDの正しい写真です。

LPD is equipped with the window of the captain side. It was a very important point for LEM made to land though it used only for the point with landing, and use was not done in another. When the captain reads LPD from the window, LPD is displayed straight. LPD comes in succession by the image, and the window of LEM is piled up to the layer, and this shows seeing from a diagonal angle without seeing it straight though this might look double it. Seen LPD looks double as shown in this photograph though the photograph on the left is LPD that comes out in the movie etc.Was not the hit condition of light seen green and red though the color of LPD was colored to the gray?A right image is a photograph where LPD is correct.

右の画像はLPDの使用例を掲載しています。ピッチオーバー(LEMの傾きを地表に並行にする事)から着陸前までに使われました。

A right image publishes the example of using LPD. It was used before it landed from PitchOver (It is a thing that went side by side with surface of the earth as for the inclination of LEM).

LEM Proglam
CMのページで紹介したように、LEMにもコンピューターとDSKYが装備されています。機能的には同じですが、パネルは若干CMのDSKYとは違います。また、プログラムコードもCMとは別に、LEM専用のものが用意されていました。プログラムはDAP(digital autopilot)により、マルチタスクを提供していました。

LEM is equipped with the computer and DSKY as introduced on the page of CM. Some panels are different from DSKY of CM though it is functionally the same. Moreover, the one only for LEM was prepared besides CM as for the program code. The program offered the multitask by DAP(digital autopilot).

LEMの代表的なプログラムコード

P63:Braking Phase Program (ブレーキング)

LEMがHigh Gate(着陸フェーズ開始ポイント)に達するまでをサポートします。

P64:Approach Phase Program (アプローチ)

P64はP63を実行後に自動的に実行されます。P64はpitch over を提供し、LPDの表示をDSKYに表示させ、パイロットに着陸サイトの確認を取ります。パイロットはP64作動時にDSKYに数値を打ち込む事により、着陸サイトの位置を変更する事が可能です。

P65:Automatic Landing Program (Velocity Nulling) (自動着陸プログラム)

Guidanceコンピュータによって着陸の最終段階を完全に実行することができます

P66:Final Landing Program (最終着陸プログラム)

コンピューターに着陸への減速、適切な角度を自動で行なわせたり、又は一部分だけをオートモードで制御する事が出来ます。

P67:Complete Manual Landing Program  (全マニュアルプログラム)

通常は使用されませんが、パイロットが全ての着陸動作をさせるためにP67でマニュアルに変える事が出来ます。

Typical program code of LEM

P63:Braking Phase Program

It is supported that LEM reaches High Gate (landing phase beginning point).

P64:Approach Phase Program

After P63 is executed, P64 is automatically executed. P64 offers pitch over, makes the display of LPD displayed in DSKY, and takes the confirmation of the landing site in the pilot. As for the pilot, it is possible to change the position of the landing site by inputting the numerical value to DSKY when P64 operates.

P65:Automatic Landing Program (Velocity Nulling)

The Guidance computer can completely execute the closing phase of landing.

P66:Final Landing Program

The computer is made to decelerate to landing, and to do an appropriate angle by the automatic operation or only a part can be controlled in an auto mode.

P67:Complete Manual Landing Program

It is possible to change it into the manual with P67 though it is not usually used so that the pilot may have all the landing operation done.

LRV ルナローバー
LRVの画像です。真中の写真はLRVのシュミレーターです。車のようにペダルで前進、ブレーキを操作せず、ハンドルにて操作をしていました。パネルは小さいですが、小さいスペースに沢山のボタンや計器を見る事が出来ます。

It is an image of LRV. The photograph at the center is a simulator of LRV. It advanced with the pedal like the car, the brake was not operated, and it operated it with the steering wheel. A lot of buttons and meters can ..small space.. be seen though the panel is small.

パネル画像です。パネルのボタン等の解説は、ApolloManiacsさんで解説なされているようなのでここではしません。パネルは黒をベースにしています。これは月面からの跳ね返りの光があっても見やすいように、黒のつや消しで塗られています。やはり位置やLEMからどれくらい離れているかの距離や位置の計器を大きくしています。

It is a panel image. The explanation such as buttons of the panel is not done here by performing of the explanation by Mr. ApolloManiacs. The panel makes the black a base. This is painted in black frosting as seen easily even if there is light of the repercussion from the surface of the moon. Still..position..how..apart..provide..distance..position..meter..enlarge.

最後に  At the end
最後に、LEMパネルも大変情報量の多いパネルです。今回の解説では詳しい所まで解説しませんでしたが、これから情報量を少しづつ増やしていこうと考えています。月着陸のためだけに設計されたLEMパネルはいかがだったでしょうか?LEMは短い期間で作られましたが、大変考えられた素晴らしい出来野パネルではないでしょうか?

Finally, it is a panel that the LEM panel is very a lot of volume of information. It is thought that volume of information will be increased little by little in the future though it did not explain to a detailed place in this explanation. How about the LEM panel designed only because of the landfall on the moon?Isn't LEM a wonderful field panel thought about very much it is possible to do though was made in the short span of time?

現在私はORBITERと言うフリーのスペースSIMでApolloを完全再現しようと思い、プロジェクトチームで働いています。Apolloパネルに興味を持った、又はApolloを操作してみたい方はAFPP(Apollo Full Panel Project)の完成を楽しみにしていてください。

I will completely reproduce Apollo in free space SIM called ORBITER, and am working in the project team now. It is necessary to look forward to the completion of AFPP(Apollo Full Panel Project) of interesting in the Apollo panel or wanting the operation of Apollo.

Apolloについての詳しい情報は、ApolloManiacsのホームページでどうぞ。ApolloManiacsのホームページは、日本語と英語の両方でApolloの詳しい情報を得れる事が出来ます。大変貴重な資料もそろっており、Apollo好きにはたまらない内容です

Detailed information on Apollo : please on the homepage of ApolloManiacs. The homepage of ApolloManiacs can be able to obtain detailed information on Apollo by both Japanese and English. Very valuable material also becomes complete, and the favorite Apollo content not collected.