宇宙船パネルマニアックス Spaceship Panelmaniaccs
APOLLO CM (アメリカ)
CMパネルは膨大な数のパネル数とボタン、計器等がありますが、今回はある程度重点をおいて、メインパネル付近を紹介していこうと思っております。メインパネルには環境、通信、制御、噴射、コンピューター等の装置が装備され、膨大な数のボタンや計器を見る事が出来ます。Apolloのカプセルは楕円形をしており、その為にメインパネルも半円のような形をしています。上左の写真みると、半円の形をしており、パネルは3分割されている事がわかると思います。

It is thought that it introduces the vicinity of the main panel giving priority to some degree this time though CM panel has a great number of numbers of panels, buttons, and meters, etc.The main panel is equipped with devices such as the environment, the communication, the control, the jets, and computers, and a great number of button and meter can be seen. The capsule of Apollo is the oval, and, therefore, has shape like the semicircle by the main panel. Left the above photograph is had, semicircle shape is had, and I think that the panel understands the thing divided into three.

メインパネルの位置は上のイメージ画像の位置にあります。3人のパイロットが自分の正面のパネルに対しての担当となります。左側には船長、中央にはCMパイロット、右側にはLEMパイロットが座り、自分の担当パネルを操作します。しかし例外も有り、再突入時にはCMパイロットは船長の席にすわり操作します。

The position of the main panel is at the position of the image image on. Three pilots become charge to the panel in front of of me. The captain sits on the left side, CM pilot sits on the center, the LEM pilot sits on the right side, and my charge panel is operated. There is an exception, too and however, when rushing into again, CM pilot sits on captain's seat and operates it.

メインパネルだけでもボタンの数や計器の数は多数あるため、代表的なものを揚げて紹介したいと思います。A−Mまでを解説していきます。アルファベットをクリックすると解説にジャンプする事が出来ます。また、上のパネル全体を拡大したい方はここをクリックしてください。

It wants to deep-fry the typical one because even only a lot of main panels have the number of buttons and the number of meters and to introduce it. It explains A-M.It is possible to jump to the explanation by clicking the alphabet. Moreover, please click here if you want to expand the entire panel above.

(A)

Aで見られるのは、主警告(マスターアラーム)とGメーター等です。マスターアラーム警告灯は、警告灯灯火時には押すことにより解除できるようになっています。また、Gメーターは宇宙船の加速度をあらわしており、15Gまで目盛りがあることを確認出来ます。

(B)

Bで見られるのは、ABORT警告灯、LV ENGINES等。ABORT警告灯は緊急時や異常時にMissionを中止し、速やかに脱出する時にランプが点灯します。また、LV ENGINESのランプは、番号はエンジンの番号。噴射の時はランプは点灯する仕組みです。また、LV RATE、SII SEP、LV GUIDはエンジン点火や分離、DAPモード等に使われます。

(A)

It is a main warning (mastering alarm) and G meter, etc. that seen in A. The mastering alarm warning light can be released by pushing. Moreover, G meter shows the acceleration of the spaceship, and can confirm there is a scale up to 15G.

(B)

It is ABORT warning light, and LV ENGINES, etc. to be seen in B. The lamp lights when the ABORT warning light discontinues Mission in the emergency and abnormal circumstances, and escapes promptly. Moreover, the number is a number of the engine in the lamp of LV ENGINES. The lamp is a mechanism lighting at the jet. Moreover, LV RATE, SII SEP, and LV GUID are used for the engine ignition, the separation, and the DAP mode, etc.

(C)

中央パネルの右側にあるこの部分では、酸素と窒素タンクの容量が確認できます。又、極低温タンクを攪拌させるFanやヒーターを制御する場所でもあります。Apollo13は極低温酸素タンクのFanを回した所、コイルがショートし爆発を起してしまいました。

(D)

ここでは分離やABORTシステムの制御が出来ます。例えばCMとLEMとの分離、やCMをSMから分離する時などに使用します。この部分は特に不用意に動かすと問題があるので、カバー付きスイッチとなっています。

(E)

ここでは温度、圧力、二酸化炭素濃度を示すメーターがあります。

(C)

The capacity of oxygen and the nitrogen tank can be confirmed in this part at the right of a central panel.Moreover, it is a place where Fan and the heater that stirs the extremely low temperature tank are controlled. When Fan of the extremely low temperature oxygen tank was turned, Apollo13 is short-circuited of the coil and has caused the explosion.

(D)

The separation and the ABORT system can be controlled here. For instance, when CM and separation and CM with LEM are separated from SM, it uses it. It is a cover addition switch because in this part, there is a problem when moving it especially carelessly.

(E)

The meter that shows the temperature, pressure, and the carbon dioxide concentration is here.

(F)

この部分はSMに搭載されているハイゲインアンテナを制御します。ハイゲインアンテナは自動で地球のポイントへ動くように設定されていますが、手動で作動させる事も可能です。

(G)

各種警告灯。システムの状態や警告をここに表示します。この部分が点灯する数がおおいほど、システムは深刻なダメージを受けていることを表します。

(F)

This part controls the high gain antenna installed in SM.The high gain antenna is set to move to the point of the earth by the automatic operation, and the thing operated by hand power is possible.

(G)

Various warning lights. The state and warning of the system are displayed here. It is shown that the system has received serious damage by there are a lot of numbers to which this part lights.

(H)

この部分はLEMパイロットの前面に位置しています。燃料電池のインジケーターやマスターアラーム、DC AMPとVOLTSメーターがあります。

(I)

AC VOLTSメーターやバッテリーや燃料電池の回路接続を制御できる所です。宇宙船の電力を制御する重要な場所でもあります。

(H)

This part is located in front of of the LEM pilot. There are an indicator, a mastering alarm, DC AMP, and VOLTS meter of the fuel cell.

(I)

It is a place where the circuit connection of the AC VOLTS meter, the battery, and the fuel cell can be controlled. It is an important place where the electric power of the spaceship is controlled.

(J)

この部分は船長の左側に位置します。船内のライトの調整等の機能をします。

(K)

沢山並んでいる黒いボタンはブレーカーです。かなり多くのブレーカーが装備されている事がわかります。この部分ではリアクションコントロール等の姿勢制御に関するシステムのブレーカーが装備されています。

(J)

This part is located at the left of of the captain. The function of the adjustment of the light inboard etc. is done.

(K)

A lot of black buttons that queue up are breakers. The thing being equipped with quite a lot of breakers is understood. It is equipped with the breaker of the system concerning the posture control of the reaction control etc. in this part.

(L)

この部分はLEMパイロットの右側に位置しています。燃料電池ポンプ制御する所です。主に環境計の制御を重点に置いています。

(M)

この部分のブレーカーは環境、燃料、電力にかかわるブレーカーが多数あります。

(L)

This part is located at the right of the LEM pilot. It is a place where the fuel cell pump is controlled. It chiefly gives priority to the control of an environmental meter.

(M)

The breaker in this part includes the breaker related to the environment, the fuel, and the electric power a lot.

Apolloに搭載されたコンピューター。Computer installed in Apollo.
Apolloのコンピューターはさまざまなデーターのインプットと、収集により解析し、情報を提供し、システムに命令を与えます。上の写真はDSKY(ディスプレイキーボード)と言い、現在のパソコンで言うモニターとキーボードの役割をしています。ApolloもMissionの違いや進化するにあたりパネルコンポーネントも変わってきました。DSKYも同じく進化を遂げた所でもあります。CMにDSKYは2つ装備されていました。メインパネルとメインパネル下側にある光学計測を行なう場所です。

The computer of Apollo analyzes by inputting and collecting various data, offers information, and single-steps the system. The photograph above calls DSKY (display keyboard), and does the role of the monitor and the keyboard said with a present personal computer. The panel component had changed, too, when Apollo differed about Mission and evolved, too. It is a place where DSKY also accomplished evolution similarly. CM was equipped with two DSKY. It is a place where optics the main panel and under the main panel are measured.

上のイメージ画像は簡単にコンポーネントの解説をしてくれています。左の画像はCMに搭載のDSKY2つとコンピューターユニットです。パソコン本体に、モニターとキーボードが2つあるようなものですね。右側の画像はさまざまな要素をコンピューターが判断し、処理している図です。詳しい説明はここではしませんが、中央の長い正方形がコンピューターです。

The image image above easily explains the component and exists. Left images two are DSKY and computer units of installing in CM. It is as if in the main body of the personal computer, there were monitor and two keyboards. A right image is figure that the computer is judged various elements, and processed. The square with a long center is a computer though a detailed explanation is not done here.

DSKYはVERBコードとNOUNコードによって入力をします。それにより、プログラムナンバーが与えられ、コンピューターは作業を実行する事になります。VERBとNOUNの下にある3つの数値は、レジスターと呼ばれ、R1.R2,R3となっており、ここにプログラムの実行結果や実行中の動作を数値で表す事になっています。ここではVerbコードとNounコードは書きませんが、CMにおけるプログラムコードを紹介します。

DSKY is input by the VERB code and the NOUN code. As a result, the program number is given, and the computer will execute work. Three numerical values that exist under VERB and NOUN are called the register, and are R1.R2, R3, and will show the operation the execution result of the program and executing it here by the numerical value. It introduces the program code in CM though neither the Verb code nor the Noun code are written here.

プログラムナンバー Program number
1, Prelaunch & Service ( 打ち上げ前、サービス)

  P00 CMC Idling CM コンピューターアイドル

(CMC=Command Module Computer)

  P01 Prelaunch Initialization 打ち上げ前の初期設定

 P02 Gyro Compassing ジャイロコンパス

  P03 Optical Verification of Azimuth 光学検証方位

  P05 GNCS Startup ガイダンスナビゲーションとコントロールシステムの立ち上げ

   (GNCS=Guidance Navigation and Control System)

  P06 GNCS Power Down ガイダンスナビゲーションとコントロールシステムのパワーオフ

  P27 CMC Update CM コンピューターの更新

2, Boost (ブースト)

 

 P11 Earth Orbit Insertion Monitor 地球軌道挿入モニター

3, Coast (コースト)

 P20 Rendezvous Navigation ランデブーナビゲーション

 P21 Grand Track Determination グランドトラック決定

 P22 Orbital Navigation 軌道ナビゲーション

 P23 Cislunar Midcourse Navigation 地球間のミッドコースのナビゲーション

4, Prethrust (噴射前)

 P30 External Delta V 外部デルタV

   (Delta V=Navigators refer to a needed speed change for a spacecraft

as delta V, where ;delta indicates change and V stands for velocity.Ch

anges in velocity refer to both the speed of the craft and the direction.)

(デルタVとは、宇宙船の加速度を表します。)

 P34 Transfer Phase Initiation (TPI) 転送フェーズ開始

 P35 Transfer Phase Initiation (Midcoures)

5, Thrust (噴射)

P40 SPS SPSの噴射

P41 RCS RCSの噴射

P47 Thrust Monitor 噴射モニター

6, Alignment (整列)

P51 IMU Orientation Determination IMUオリエンテーション決断

(IMU=Inertial Measurement Unit)

(IMUとは慣性計測装置のことです)

P52 IMU Realign IMU再編成

P53 Backup IMU Orientation Determination 予備IMUオリエンテーション決断

 P54 Backup IMU Realign 予備 IMU再編成

7, Entry (突入)

 P61 Entry Maneuver to CM/SM separation Attitude CM/SM分離高度操縦

 P62 CM/SM Separation & Pre entry maneuver CM/SM分離高度操縦準備

 P63 Entry - Initialization   突入-初期設定

P64 Post .05G .05G前 再突入前の事を意味します。

 P67 Entry Final Phase 突入最終段階

8, Abort (中止)

 P74 LM Transfer Phase Initiation (TPI) LM転送フェーズ開始

P75 LM Transfer Phase Initiation Midcouse LM転送フェーズ開始中間コース

GNC 誘導システム Guidance system
アポロは位置測定や噴射方向の設定、確認の為にGNCを使用しました。2つ目のDSKYが装備されている所です。GNCには2つの光学計測用のスコープが備えられており、それら使い測定していました。システムは複雑に思えるかもしれませんが、望遠鏡から星を見ているのと同じ事で、非常に信頼性の高い測定方式でした。

Apollo used a positional measurement and the direction of the jet, and it set, and GNC was used to confirm it. It is a place with which the second DSKY is equipped. Scope for optical measurements of two was prepared for in GNC, and those use was measured. It was the same thing as seeing the star from the telescope, and a measurement method with very high reliability though the system might seem to be complex.

GNCはアポロの空間を上手く利用するために、メインパネルの下に装備されていました。丁度パイロットが座席に座った時に、脚の下の場所です。

To use the space of Apollo well, GNC was equipped under the main panel. When the pilot just sits on the seat, it is a place under the leg.

GNCの2つのスコープは、SEXTANTとTELESCOPEです。上の画像の左側がSEXTANT、右がTELESCOPEです。スコープを覗いた時にはこのような画像が見れたはずです。スコープは両方の目を使って同時に見るのではなく、片方の目を使って見ました。

Two scopes of GNC are SEXTANT and TELESCOPE. The left side of the image above is SEXTANT, and the right is TELESCOPE. When it peeps into scope, such an image should have been able to be seen. Scope was seen by it did not see at the same time by using both eyes but using one of eyes.

SEXTANT

SEXTANTは目標ポイント(ランドマーク)を測定します。

TELESCOPE

TELESCOPEは天体観測をします。

2つの位置から、正しい軌道、もしくは正しい位置にあるかを測定出来ます。例えば、地球上で位置測定の為に天体観測をするのと同じ事です。このように、シンプルですが信頼性のある方法でアポロは位置観測をしていたと思われます。

SEXTANT

SEXTANT measures (landmark).

SCANING TELESCOPE

TELESCOPE is observed.

It can be measured whether at a right track or a correct position from two positions. For instance, it is the same thing as the celestial observation on the earth for a positional measurement. Thus, it seems that Apollo was observing the position by the method with reliability though it is simple.

最後に At the end
Apollo CMパネルの解説はいかがだったでしょうか?解説は全て行なうと膨大な量になってしまうので、今回はさわりの部分だけを紹介致しました。Apollo CMパネルの凄まじいパネル数や機能をおわかりいただけたでしょうか?此れからも少しづつ解説の内容を増やして行こうと思っています。

How about the explanation of the Apollo CM panel?It introduced only the part of touching this time because the explanation became a huge amount if everything was done. Did you understand the number of panels and the function with a terrific Apollo CM panel?It is thought that the content of the explanation is expanded from this little by little.

現在私はORBITERと言うフリーのスペースSIMでApolloを完全再現しようと思い、プロジェクトチームで働いています。Apolloパネルに興味を持った、又はApolloを操作してみたい方はAFPP(Apollo Full Panel Project)の完成を楽しみにしていてください。

I will completely reproduce Apollo in free space SIM called ORBITER, and am working in the project team now. It is necessary to look forward to the completion of AFPP(Apollo Full Panel Project) of interesting in the Apollo panel or wanting the operation of Apollo.

Apolloについての詳しい情報は、ApolloManiacsのホームページでどうぞ。ApolloManiacsのホームページは、日本語と英語の両方でApolloの詳しい情報を得れる事が出来ます。大変貴重な資料もそろっており、Apollo好きにはたまらない内容です

Detailed information on Apollo : please on the homepage of ApolloManiacs. The homepage of ApolloManiacs can be able to obtain detailed information on Apollo by both Japanese and English. Very valuable material also becomes complete, and the favorite Apollo content not collected.