風俗営業とは? 行政書士福井伸暁事務所
(風俗営業 PART1)

 風俗営業と聞くと大半の人はファッションヘルスやソープランドを想像してしまうのではないで
しょうか?しかしそのような営業形態は「性風俗特殊営業」と呼ばれ、風俗営業とは全く区別さ
れているものなのです。風俗営業は「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」
により、下記のように分類されています。

風俗営業の業態
    
1号営業
キャバレー等、設備を設けて客にダンスをさせ、そして客の接待 をして飲食をさせる営業。
2号営業
待合、料理店、カフェー等、設備を設けて客の接待をして客に遊 興又は飲食をさせる営業
3号営業
ナイトクラブ、ディスコ等設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、 客に飲食をさせる営業。客の接待はできません。
4号営業
ダンスホール等、設備を設けて客にダンスをさせる営業。客の 接待はできません。
5号営業
(低照度飲食店)
客席における照度を10ルクス以下として、喫茶店、バー等、設備 を設けて客に飲食をさせる営業。客の接待はできません。
6号営業
(区画席飲食店)
他から見通すことが困難で、広さが5u以下の客席を設けて喫 茶店、バー等、設備を設けて客に飲食をさせる営業。客の接待 はできません。
7号営業
麻雀屋、パチンコ屋等、設備を設けて客に射幸心をそそる恐れ のある遊技をさせる営業。
8号営業
ゲームセンター、ゲーム喫茶等、スロットマシンやテレビゲーム 機、その他遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心を そそる恐れのある遊技に用いることが出来るものを備える店舗 その他これに類する区画された施設において当該遊技設備に より客に遊技させる営業。


 この風俗営業の業態による分類の中で、1号営業〜6号営業を『接待飲食等営業』、7号営
業と8号営業を『遊技場営業』と区別します。ここで1号営業〜6号営業『接待飲食等営業』をま
とめてみます。

客にダンス
をさせる
客に接待行
為をする
客に飲食を
させる
1号営業
2号営業
×
3号営業
◎ 
×
4号営業
×
×
5号営業
×
×
6号営業
×
×


  このように『接待飲食等営業』は、風俗営業の中でも何号営業に該当するのかわかりにくい
場合があります。そのような際にはまず当事務所にご相談ください。

  また、風俗営業許可を受けるには、3つの要件を必ずクリアする必要があります。
これらの要件をクリアして風俗営業の許可申請ができるのです。

  風俗営業の許可を得ずに上記のような風俗営業を行ってると、もちろん処罰の対象となり
ます。処罰されると風俗営業許可が取れなくなる可能性があります。すでに営業しているが、
無許可営業に該当するかもわからないというご心配のある方は、すぐに調査する必要がありま
す。早急にご相談下さい。
  
  風俗営業許可申請の手続きは申請者ご自身でももちろん可能です。しかし専門家に頼む
のと手続きをご自身でなさるのではいろんな点で大きく異なってきます。また同じ行政書士でも
風俗営業許可業務に精通している方とそうでない方では全然違います。さてどういう違いがあ
るのでしょうか。少しでもスムーズに、また手間も費用も少なく風俗営業許可を取りたい方は、

行政書士福井伸暁事務所に依頼するメリット

をぜひごらんください。


ご相談、ご依頼、お見積もりはこちらからどうぞ

(風俗営業関連専用メールフォーム)

お電話でもお気軽に
06−6583−0776


(風俗営業 PART2へ)