電磁気学 2018年度

電磁気学の講義。マクスウェル方程式の理解を目指す。

(担当) 物性研究所 准教授 和達大樹 (wadati[atmark]issp.u-tokyo.ac.jp)

(TA) M2 青木さくら (sakura[atmark]complex.c.u-tokyo.ac.jp)

(開講場所)

木曜日2限(10:25〜12:10) 駒場キャンパス 5号館3F 533教室

(開講日)

9/27

10/4, 11, 18, 25 

11/1, 15, 29

12/6, 13, 20, 27

1/10

(期末試験)

1/28(月) 3限

(レポート問題)

レポート問題第1回 (10/18配布:マックスウェル方程式とベクトル解析)

レポート問題第2回 (11/11配布:静電場)

1. 電磁気学

0. はじめに (9/27)

1. マクスウェル方程式:積分形 (9/27, 10/4)

2. ベクトル解析 (10/4, 11)

3. マクスウェル方程式:微分形 (10/11, 18)

4. 静電場 (10/18, 25)

5. 静電ポテンシャル (10/25, 11/1)

6. 静電場のエネルギー (11/1)

7. 静磁場 (11/15)

8. 磁気双極子 (11/29予定)

9. 時間的に変化する電磁場 (12/6予定)

10. 電磁波 (12/13予定)

11. 誘電体 (12/20予定)

12. 磁性体 (12/27予定)

13. 物質中のマクスウェル方程式 (12/27予定)

14. 交流回路 (1月予定)

15. その他の電磁気学の話題 (1月予定)