和達大樹

English version is here.

東京大学物性研究所 准教授

和達研究室

研究テーマ

(2007年3月まで)薄膜試料を用いた遷移金属酸化物の光電子分光による研究

(2007年4月より)共鳴軟X線散乱・X線吸収分光による 遷移金属酸化物薄膜の界面の電子状態の研究

学歴

2002年3月 東京大学理学部物理学科卒業

2004年3月 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 修士課程 修了 藤森研究室

修士論文 "In-situ Photoemission Study of La1-xSrxFeO3 Epitaxial Thin Films" download (4.69MB)

2007年3月 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 博士課程 修了 藤森研究室

博士論文 "Photoemission studies of perovskite-type transition-metal oxides in epitaxial thin films" download (18.5MB)

職歴

2005年4月〜2007年3月 日本学術振興会 特別研究員(DC2) 東京大学 藤森研究室

2007年4月〜2009年3月 日本学術振興会 海外特別研究員 カナダ ブリティッシュコロンビア大学  Sawatzky研究室

2009年4月〜2009年5月 Postdoctoral Fellow カナダ ブリティッシュコロンビア大学  Sawatzky研究室

2009年6月〜2010年6月 CIFAR Global Scholar カナダ ブリティッシュコロンビア大学  Sawatzky研究室

2010年7月〜2013年12月 東京大学大学院工学系研究科附属 量子相エレクトロニクス研究センター 特任講師

2014年1月〜 現職

- 客員 -

2010年2月1日〜5日 EMPA 客員研究員 (Dr. Artur Braun)

業績リスト

[原著論文]

(英文)

(全80編

Ti系:5編、V系:10編、Cr系:1編、Mn系:21編、Fe系:17編、Co系:8編、Ni系:3編、Cu系:3編、Mo系:1編、Ru系:1編、Ir系:3編、Bi系:1編、遷移金属一般:3編、DNA:1編、実験装置:2編

Photon Factory:25編、SPring-8:18編、CLS(カナダ):15編、BESSY(ドイツ):4編、SLS(スイス):3編、NSRRC(台湾):2編、Elettra(イタリア):2編、ESRF(フランス):2編、UVSOR:1編、LCLS(アメリカ):1編、ALS(アメリカ):1編、実験室系:4編、理論計算:2編

Nat. Mater.誌:1編、Phys. Rev. Lett.誌:11編、New J. Phys.誌:2編、Appl. Phys. Lett.誌:14編、Phys. Rev. B誌:32編、Europhys. Lett.誌:1編、J. Phys. Soc. Jpn.誌:5編、J. Appl. Phys.誌:3編、J. Power Sources誌:2編、J. Phys.: Condens. Matter誌:1編、AIP Advances誌:2編、Rev. Sci. Instrum.誌:2編、Solid State Commun.誌:1編、Phase Transitions誌:1編)

2017

80. Y. Yokoyama, Y. Yamasaki, M. Taguchi, Y. Hirata, K. Takubo, J. Miyawaki, Y. Harada, D. Asakura, J. Fujioka, M. Nakamura, H. Daimon, M. Kawasaki, Y. Tokura, and H. Wadati: "Tensile-Strain Dependent Spin States in Epitaxial LaCoO3 Thin Films", arXiv:1708.07529v2.

79. K. Yamamoto, Y. Hirata, M. Horio, Y. Yokoyama, K. Takubo, M. Minohara, H. Kumigashira, Y. Yamasaki, H. Nakao, Y. Murakami, A. Fujimori, and H. Wadati: "Thickness dependence and dimensionality effects of charge and magnetic orderings in La1/3Sr2/3FeO3 thin films", arXiv:1703.09995v1.

78. Y. Kubota, M. Taguchi, H. Akai, Sh. Yamamoto, T. Someya, Y. Hirata, K. Takubo, M. Araki, M. Fujisawa, K. Yamamoto, Y. Yokoyama, S. Yamamoto, M. Tsunoda, H. Wadati, S. Shin and I. Matsuda: "L-edge resonant magneto-optical Kerr effect of a buried Fe nanofilm", Phys. Rev. B 96, 134432-1-6 (2017).

77. K. Takubo, Y. Yokoyama, H. Wadati, S. Iwasaki, T. Mizokawa, T. Boyko, R. Sutarto, F. He, K. Hashizume, S. Imaizumi, T. Aoyama, Y. Imai, and K. Ohgushi: "Orbital order and fluctuations in the two-leg ladder materials BaFe2X3 (X=S and Se) and CsFe2Se3", Phys. Rev. B 96, 115157-1-7 (2017); arXiv:1704.04864v1.

76. K. Takubo, K. Yamamoto, Y. Hirata, Y. Yokoyama, Y. Kubota, S. Yamamoto, S. Yamamoto, I. Matsuda, S. Shin, T. Seki, K. Takanashi, and H. Wadati: "Capturing ultrafast magnetic dynamics by time-resolved soft x-ray magnetic circular dichroism", Appl. Phys. Lett. 110, 162401-1-5 (2017); arXiv:1701.03156v1.

2016

75. M. Minohara, M. Kitamura, H. Wadati, H. Nakao, R. Kumai, Y. Murakami, and H. Kumigashira: "Thickness-dependent physical properties of La1/3Sr2/3FeO3 thin films grown on SrTiO3 (001) and (111) substrates", J. Appl. Phys. 120, 025303-1-6 (2016).

74. T. Tsuyama, S. Chakraverty, S. Macke, N. Pontius, C. Schussler-Langeheine, H. Y. Hwang, Y. Tokura, and H. Wadati: "Photoinduced Demagnetization and Insulator-to-Metal Transition in Ferromagnetic Insulating BaFeO3 thin films", Phys. Rev. Lett. 116, 256402-1-5 (2016); arXiv:1511.03365v1.

73. D. Asakura, E. Hosono, Y. Nanba, H. Zhou, J. Okabayashi, C. Ban, P.-A. Glans, J. Guo, T. Mizokawa, G. Chen, A. J. Achkar, D. G. Hawthron, T. Z. Regier, and H. Wadati: "Material/element-dependent fluorescence-yield modes on soft X-ray absorption spectroscopy of cathode materials for Li-ion batteries", AIP Advances 6, 035105-1-8 (2016).

2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004

(和文)

H. Wadati, S. Yamamura, K. Ishii, M. Suzuki, E. Ikenaga, J. Matsuno, and H. Takagi: "Electronic Structures of SrIrO3/SrTiO3 Superlattices Revealed by Synchrotron X-Ray Diffraction and Spectroscopy", Adv. X-Ray. Chem. Anal. Japan 48, 215-223 (2017) .

[会議抄録]

2017

13. Y. Kubota, Sh. Yamamoto, T. Someya, Y. Hirata, K. Takubo, M. Araki, M. Fujisawa, K. Yamamoto, Y. Yokoyama, M. Taguchi, S. Yamamoto, M. Tsunoda, H. Wadati, S. Shin and I. Matsuda: "Polarization dependence of resonant magneto-optical Kerr effect measured by two types of figure-8 undulators", J. Electron. Spectrosc. Relat. Phenom. 220, 17-20 (2017).

2012 2011 2007 2006 2005

[総説、解説、その他]

16. 和達大樹: 時間分解X線回折・分光で見た遷移金属化合物、固体物理 52(5), 45-53 (2017).

15. H. Wadati: "Resonant Soft X-Ray Scattering Studies of Transition-Metal Oxides", Resonant X-Ray Scattering in Correlated Systems (Springer) 159-196, (2017).

14. 和達大樹: 新型スピントロニクスと悪魔の階段、パリティ Vol.31 No.5, p.48-51 (丸善出版,2016).

13. 和達大樹、田中良和: 共鳴軟X線散乱による物性研究、放射光 27, 298-306 (2014).  

12. H. Wadati and A. Fujimori: "Hard x-ray photoemission spectroscopy of transition-metal oxide thin films and interfaces", J. Electron Spectrosc. Relat. Phenom. 190, 222-227 (2013).

11. H. Wadati and A. Fujimori: "X-Ray Spectroscopic Studies of Conducting Interfaces between Two Insulating Oxides", Functional Metal Oxides (Wiley) 303-318 (2013).

10. 和達大樹: 第17回日本放射光学会奨励賞受賞研究報告、放射光 26, 118-121 (2013).

9. A. J. Achkar, T. Z. Regier, H. Wadati, E. J. Monkman, K. M. Shen, Y.-J. Kim, H. Zhang, and D. G. Hawthorn: "Developments in Inverse Partial Fluorescence Yield", CLS Research Report 2011, 28-29 (2012).

8. H. Wadati, J. Okamoto, M. Garganourakis, V. Scagnoli, U. Staub, Y. Yamasaki, H. Nakao, Y. Murakami, M. Mochizuki, M. Nakamura, M. Kawasaki, and Y. Tokura: "Origin of the Large Electric Polarization in Multiferroic Orthorhombic YMnO3 Thin Films Revealed by Soft and Hard X-Ray Diffraction", Photon Factory Activity Report 2011, PART A, Highlights and Facilty Report, 20-21 (2012).

7. 和達大樹:"Mn-O-O-Mn 経路によるMn 蜂の巣格子の磁気フラストレーション"、フラストレーションが創る新しい物性 ニュースレターVol.12, 24-25 (2011).

6. H. Wadati, D. G. Hawthorn, T. Z. Regier, G. Chen, T. Hitosugi, T. Mizokawa, A. Tanaka, and G. A. Sawatzky: "Valence evaluation of LiMnO2 and related battery materials by x-ray absorption spectroscopy", CLS Research Report 2010, 26-27 (2011).

5. 和達大樹:"共鳴軟X線散乱によるSrTiO3/LaAlO3界面の電子状態の観測"、放射光 22, 70-76 (2009).

4. H. Wadati, A. Maniwa, A. Chikamatsu, I. Ohkubo, H. Kumigashira, M. Oshima, A. Fujimori, M. Lippmaa, M. Kawasaki, and H. Koinuma: "An In Situ Photoemission Study of Pr1-xCaxMnO3 Epitaxial Thin Films with Suppressed Charge Ordering", Photon Factory Activity Report 2007, PART A, Highlights and Facilty Report, 26-27 (2008).

3. 和達大樹: 新博士紹介、放射光 20, 203-204 (2007).

2. H. Wadati, T. Yoshida and A. Fujimori: "High-Resolution Photoemission Spectroscopy of Perovskite-Type Transition-Metal Oxides", Lect. Notes Phys. 715 "High-Resolution Photoemission Spectroscopy" (Springer-Verlag), 327-347 (2007).

1. 和達大樹: "La1-xSrxFeO3エピタキシャル薄膜のin-situ光電子分光"、物性研究 82-6 (2004-9), 978-1010 (2004).

[新聞発表]

1. 日刊工業新聞(2012年1月25日)

[国際会議での発表]

2017

46. Current trends in Optical and X-Ray metrologies of key enabling nanomaterials/devices for the Ubiquitous Society, renewable energy and health: Time-resolved x-ray scattering and its application to magnetism (Okayama, November 2017).

45. BIT's 7th Annual World Congress of Nano-S&T: Ultrafast Magnetic Dynamics Studied by Time-Resolved Soft X-Ray Diffraction and Absorption (Fukuoka, October 2017).

44. EMN Meeting On Ultrafast: Ultrafast spin dynamics studied by time-resolved soft x-ray measurements (Orlando, October 2017).

43. XXVI International Materials Research Congress: Ultrafast magnetic dynamics revealed by time-resolved x-ray measurement (Cancun, August 2017).

2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003

[会議報告、体験記など]

5. 和達大樹: "物性研に着任して"、物性研だより Vol.54 No.1 1 (2014).

4. 和達大樹: "カナダでの研究生活"、表面科学 Vol. 35, No. 2, pp. 116-117, 2014.

3. 和達大樹: "CIFAR Quantum Materials Summer School & Main Meetingに参加して"、 PHOTON FACTORY NEWS Vol.26 No.2 33-35 (2008).

2. 和達大樹: "Canadian Light Sourceでのビームタイム"、 PHOTON FACTORY NEWS Vol.25 No.2 49-50 (2007).

1. 和達大樹: "VUV14に参加して"、PHOTON FACTORY NEWS Vol.22 No.3 33-34 (2004).

[研究資金]

(科研費)

1. 若手研究(B) (2016-04-01 - 2018-03-31)

(民間)

7. 平成29年度 研究者海外派遣援助 (公益財団法人 村田学術振興財団)

6. 平成28年度 科学技術研究助成 (公益財団法人 東レ科学振興会)

5. 平成28年度 研究助成 (公益財団法人 光科学技術研究振興財団)

4. 平成27年度 研究助成 (公益財団法人 旭硝子財団)

3. 平成26年度 研究助成 (公益財団法人 村田学術振興財団)

2. 2013年度 基礎科学研究助成 (公益財団法人 住友財団)

1. 平成23年度 科学技術研究助成 (公益財団法人 花王芸術・科学財団)

[担当講義]

6. 2017年度物理学ゼミナール (理学部学部3年 冬学期)

5. 2016年度光物性物理学 (理学系大学院 夏学期)

4. 2015年度光物性物理学 (理学系大学院 夏学期)

3. 2013年度数学2B (工学部学部3年 夏学期)

2. 2012年度数学2B (工学部学部3年 夏学期)

1. 2011年度数学2D演習 (工学部学部3年 夏学期)

[受賞]

9. 第10回(2016年)日本物理学会若手奨励賞 (2016年3月)

8. 2013 NIMS Conference Poster Presentation Award (2013年7月)

7. 第17回日本放射光学会奨励賞 (2013年1月)

6. 井上科学振興財団 第25回井上研究奨励賞 (2009年2月)

5. 東京大学 理学系研究科研究奨励賞 (2007年3月)

4. 第19回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム 学生会員口頭発表賞 (2006年1月)

3. 日本表面科学会 放射光表面科学部会シンポジウム "放射光表面科学の最先端" ポスター賞 (2005年11月)

2. 第17回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム 学生会員ポスター発表賞 (2004年1月)

1. PF研究会 "ナノテクノロジーと高分解能電子分光" ポスター賞 (2003年12月)

[役員など]

2.日本放射光学会 行事委員

1.日本磁気学会専門研究会 化合物新磁性材料研究会 会計幹事

所属学会

American Physical Society

日本物理学会

日本放射光学会

応用物理学会

研究外活動

バンクーバー 碁 Association

麻布バンクーバー会 (2010年4月4日) (2008年4月5日)

E-mail

連絡先

東京大学物性研究所

〒277-8581 千葉県柏市柏の葉5-1-5 東京大学物性研究所A501号室

TEL: 04-7136-3400 FAX: 04-7136-3283


和達研究室(東京大学)メンバーのページへ

東京大学物性研究所メンバーのページへ

CIFARメンバーのページへ

Sawatzky研究室(ブリティッシュコロンビア大学)メンバーのページへ

藤森研究室(東京大学)メンバーのページへ