今さら聞けないどんなことでも、親切丁寧にお教えします

考える力をみがく、パソコン家庭教師



何回でも聞いてください。何回でもお答えいたします。

「できた!」の喜びを、「できる。」の自信に

自主性と、独創性を尊重しています。


 小学生の習い事として人気上昇中!

「マウスで楽しくプログラミング教室」シーズン1は7月17日(日)から開催です

授業風景

生徒さんとの対話を大切にしているため、マンツーマン指導にこだわっています。

070−5564−5948 /  maekawa114@aol.com

1.       自己紹介と、講習の特徴
講師: 前川 篤志
1973
年 1月生まれ
1991
年 神奈川県立生田高等学校卒業
1998
年 電気通信大学大学院情報工学専攻卒業、富士ゼロックス(株)入社
2000
年 Webアプリケーション開発およびサービス運営に携わる
2003
年 Webサービス、テクニカルサポート担当者としてお客様からの問い合わせに対応
2007
年 ダイレクトマーケティングを実践する部署に異動、マーケティングデータ分析を担当
2008
年 サーバー管理およびセキュリティ対策を担当
2013
年 富士ゼロックス(株)退社、起業独立に向けて準備中
2015
年 平成27年度川崎市学習支援事業、高校受験対策数学サポーター就任
2016
年 スクラッチデー in TOKYO 出展

完全個別指導。考える力が身につきます「できる。」が自信になります
小中学生、高校生のプログラミング、パワーポイントはもちろん、大学のゼミ資料作成、職場の資料作成お手伝いいたします。
勉強の自信は数学から!数学のつまづき解消いたします。


■ 講習実績:
56名20160522日現在)
⇒小中高生13名、パソコン初心者(シニア含む)20名、ワーキングサポート23名

■ コース紹介:
・スマホ、パソコンの悩み相談  ⇒ セキュリティ対策が不安な方など
・ワーキングサポート      ⇒ お仕事での資料作成、ご支援します
・エクセルマクロプログラミング ⇒ データ集計もできます
・スクラッチプログラミング   ⇒ まずはプログラミングの基礎
・高校受験数学対策       ⇒ 数学のつまづき解消します

■ 料金体系
20163月末まで、予定)
A.入会金5000円+30分ごと750円(お得な11枚綴りチケットもあります)
B.入会金なし+30分ごと1000
C.お友達を誘って同じ内容を複数人で受講、お一人様30分ごと500
D.出張の場合、講師往復交通費実費(講師最寄り駅は東急田園都市線鷺沼駅です)
体験レッスン:初回のみ30分ごと500円、その場でご入会いただければ30分無料

以下にお越しいただける場合は、出張費無料です。
たまっ子学童ホール(南武線、稲田堤駅から徒歩7分、京王線、京王稲田堤駅から徒歩11分)
健康コミュニティサロンャーンスタイル(南武線、武蔵新城から徒歩9分)


まずは、お気軽にご相談ください
070−5564−5948 / maekawa114@aol.com

考える力をみがく、パソコン家庭教師の口コミをもっと見る


パソコン × ムエタイ × デザイン = パーソナルメンター

Posted by 君らしくを応援する会 on 2015年11月18日

2.       できないから自信がない
できないより、できた方が良いに決まっています。
できなかったことが、できるようになった瞬間の喜びをご存知ですか?
プログラミングで体験できます。この喜びが自信になります。人生観が変わるかも!?

3.       パソコンが、できるとは
何でも、事のやり初めは、難しく感じるものです。
そして、パソコンを完全にマスターしている人などいないと思って良いでしょう。
パソコンでやりたいことができるようになれば、それで良いのです

4.       パソコンで、できることとは
創作、仕事、勉強、コミュニケーション。
パソコンが使いこなせれば、日常生活が一変します。
できるようになって初めて知る世界観もあります

5.       パソコンで、プログラミング
年賀状は作ったことがあってもプログラミングの経験はないのでは?
ゲームもネットショッピングもプログラミングされた結果です。

まずはゲームを創作してみませんか?

自分でゲームを作れるようになってくると、ああしてみたい、こうしてみたいと自分の思うように動かしてみたくなります。
当然、簡単ではなく、問題に遭遇します。しかし、この問題は、自分で何とかしようと思うものです。

自分で何とかしようとする力が自立につながり、自分で問題を乗り越えた数だけ自信につながります。

以下の動画は、パソコンでナンプレというパズルを解くプログラムが動作しているところです。



スクラッチでプログラミングした二人用のどうぶつしょうぎは、こちら(読み込みに少し時間がかかります)。

6.       テスト対策で暗記したことは忘れる
知識を暗記することが勉強だと思っていませんか?
知識は同じ場面ではすぐに役に立ちますが、異なる場面では役に立ちません。
生きる上で同じ場面に遭遇することは少ない。その場で考え、対処する力が必要です。

7.       プログラミングで考える力を身につける
プログラミングとは簡単に言えば、目的を達するために手順を組み立てることです。
うまく組み立てられた手順はアルゴリズムと言い、知識と同じように同じ場面で役に立ちます。
恋愛成就、夫婦円満にもアルゴリズムがきっとある。手順を間違うと目的は達せられません。

8.       パソコンは幸せを形にする道具
発想と論理は幸せになるための両輪です
発想は得意でも論理は苦手という人。
考えるとは論理的なものです。パソコンは論理を鍛えるうえでも適しています。

自分の思い描いた幸せのイメージにしばられていませんか?
自分の欠点や失敗を全く否定してはいけません。できれば受け入れましょう。
長所も短所も言葉で表現することが大切です。こういうときの自分は好き。こういうときの自分は嫌い。どちらも自分です。
言葉による表現力を高めるには、広く興味を持ち、本などを読むことです。
得られた知識は、自分なりに自分の言葉で考えてみると、知識と知識がつながる瞬間の面白みに出会えます。

自分の幸せは、理想となりがちです。理想と現実のギャップにイライラ。
こんな現実は嫌。ここで悪い意味での夢追い人になってしまっては、ただの現実逃避でしかありません。
現実を無理に理想に近づけようとすると、無理が生じます。無理をすると心と体に支障が出るものです。
自分の幸せは現実に合うよう随時見直さなければならないのです。
そのためには、自分の幸せを上手に表現できることが大切になってくるのです。
幸せへの第一歩はバランスのとれた表現力を身につけることだと私は考えます。
パソコンはそれを可能にする道具の1つです。