Counter

  2016年現在、活動を停止しています。

  参考程度にご覧ください。

  記載の情報は、平成18年までの内容となります。

         

      相馬ダイビング 倶楽部



     動画を見るには、ページ下をクリックして下さい。

     リンクもページ下に追加しました。           
   

   (クラブ事務局のある場所)
    宮城県の太平洋側で、一番南端に位置する山元町に事務局があります。
    仙台市からだと一般道を使い、車で1時間くらいです。
    仙台市内各地から高速道を使い亘理インターまで来れば、短時間で着きます。
    福島県との県境に位置しており、隣町は福島県新地町です。

  (クラブ発足の趣旨)
    宮城県内や福島県内において、個人が自由に潜水できるポイントは殆どありません。
    これを正式に確保するため、「非営利組織」で、純粋に趣味人の集まりとして発足しました。
    地元(ローカルダイバー)の海が好きな人たちの集まりです。

  (クラブの会員数)    
    クラブの会員数は、多くはいませんが、ローカルクラブの為に増えもせず減りもせず
    といったところです。
    インストラクター2名、ダイブコン1名、ダイブマスター3名も所属しています。

  (普段活動している潜水ポイント)
      ダイビングポイントですが、相馬港湾内にある南防波堤の東側海域を
     「潜水海域」としています。
潜水海域付近画像へ    南防波堤付近の概略図へ
     夏場は、結構濁って透明度が落ちますが、テトラポッドがあり遊べます。
     (初めての方は怖いかも?)
     生物的には多いと思いますが、自分たちは普段潜り慣れているのであまり気にして
     見ていません。
     このページで使用している画像は、すべて相馬港湾内で撮影したものです。
      初めて来る方は、何か発見するかもしれませんね。
      宮城県の女川などから比べると、かなり南に位置していますから、
      水温なども高いと思います。

  (潜水海域の使用許可取得)
     福島県港湾建設事務所に、「港湾内海域の使用許可」を申請して、正式に福島県から
      海の使用許可を取っています。(福島県相馬港湾建設事務所所長名で許可が下ります。)
      平成16年度までは、占用許可として申請していましたので、毎月使用料を
     納付していましたが、平成
17年度より無料で使用できるようになりました。
     許可を取っている期間は、毎年違いますが大体5月〜10月(オンシーズン)の間です。
          
使用許可証画像へ
     ※ 平成18年より、一般使用に移行し、許可を申請していません。
         

  (タンクはどうしてる?)
    ローカルダイバーの集まりなので、会員がそれぞれ「マイタンク」を数本ずつ持っています。
    自分たちできちんと、耐圧検査にも出しています。
    タンクの本数ですが、クラブ全員で20本位はあると思います。

    ※ 現在、ほとんどのタンクの耐圧検査が切れています。
      近年の活動状況の低迷に伴い、クラブ各員が耐圧検査に出していない為です。



  (タンクチャージ)2008.10.03追記
    潜水海域から車で、ちょっと走った所に、タンクチャージをしてくれる店があります。
    店の名前は、「相馬マリン」 と言います。
    漁業関係者向けに、潜水機材を販売しているショップです。
    場所ですが、グーグルマップで、「福島県 相馬市 相馬マリン」で検索をかけるとヒットします。

    通常の充填は、タンク預かりでチャージ後、翌日渡しが基本です。
    使用する当日の充填など、急ぎの場合は、「親瓶からの充填だけで良いです。」と言ってください。
    親瓶からの充填だけでは、満充填にはなりませんから、それを了承される方のみです。
    充填料金は、タンクの容量により、1200円〜1500円位と思いますが、確認して下さい。
    

  (ファンダイブ時のガイドは?)
    「ショップではない」ので、基本的に「ガイド」はしません。
    倶楽部の会員は、それぞれに仕事を持っています。
    休みの日もバラバラですから、潜水ポイントの説明や、ガイドは、出来ないと思ってください。

    それぞれの会員はホームとしている海を知り尽くしているので、日時を問わず
    好きな時に勝手に潜っています。
    超ローカルなクラブと思って下さい。

  (ダイバーのレベルについて)
    こちらで潜水できる、ダイバーの技術レベルですが、ガイド無しでバディー潜水出来る方や
    シングルダイブ(単独潜水)が出来る方が望ましいです。

    潜水事故や潜水病に関して、理解のある公的な施設が潜水ポイント近くにはありません。
    このような事から、初心者同士でのバディー潜水は、ご遠慮下さい。
    
    完全に
「自己責任においての潜水」となることを、ご理解下さい。

         

  (潜水海域を利用するにあたって) 
           会員以外のゲストが潜水する場合も、潜水海域を利用できます。
     
営業目的(ダイビングショップ)などで、潜水海域を使用することは、
     お断り致します。
 

  (水深、その他について)2008.10.03追記
     水深ですが、人口磯の為、かなり浅いです。
     上げ潮の時で、4〜5メートル位です。
     近年、砂が堆積して、浅くなってきています。

     水深が浅い為、うねりなどが入ると、水中でかなり揺られます。
     荒れた海を何度か経験した方以外は、うねりがある場合は、入らない方が良いと思います。

     潜水中止の判断は、安全面を十分に考慮して下さい。
     潜水前日や、当日の天気予報や、海況情報を十分に収集して検討して下さい。


 
 (エントリー&エキジット時の注意事項)2008.10.03追記
     人口磯側の敷石を歩いて行き、エントリー&エキジットするようになります。
     水面下の敷石は、藻が生えており、ダイビングブーツで歩くと、非常に滑りやすいです。
     以前、軽い転倒事故がありました。

     また、敷石の組み合わせにより、水面下に沢山の穴があります。
     穴に、足を落として転倒すると、ひねって骨折する場合も考えられます。
     水面下の足元は、見えにくいですから、転倒に十分注意して下さい。

     上げ潮の場合で、ある程度の水深になったら、歩くよりも、レギュレーターかスノーケル&
     マスク装着で、泳いで(手で岩をつかんで進む)行ったほうが良いと思います。
     エキジット時も、水深が浅くなる、ぎりぎりまで泳いで行ってから、立ち上がった方が良いです。 


 
 (潜水時の注意事項)2008.10.03追記
      エントリーして、すぐ真下がテトラポッドになっています。
      テトラポットが組み合わされていて、中に入れる穴が沢山あります。
      しかし、特殊な潜水技術の講習を終了した上級者以外は、興味本位で、穴をくぐり抜けたり
      中に入ったりしないで下さい。
      レギュレーターの1stステージやタンクバルブが引っかかり、出られなくなる場合があります。
      また、穴の中では、本当に静かにゆっくりと行動しないと、沈殿していた細かい砂や泥が
      舞い上がり、すぐに視界不良となります。
      初心者がパニックを起こす原因となります。

      水中では、テトラポッドに、流れ着いた魚網や、釣りのテグスが絡まっています。
      ナイフを必ず携帯して下さい。
      また、このような場所には、近づかないで下さい。

   (その他について) 
      何かありましたらメールにて御連絡下さい。
      メールで宜しければ、出来る限りは、アドバイス致します。
   
        ※ 平成18年より、一般使用に移行していますから、使用に際してのご連絡は不要です。

  (縁のあるショップについて)
     岩手県盛岡市にあるダイビングショップ「リベロ」のオーナー青木さんとは、ちょっとした??
     つながりがあります。
     リベロに興味のある方は、下記のアドレスをクリックして、リベロのホームページを覗いて見て下さい。
 
     http://www.libero-dive.com
          
「リベロ」ファンonly


 
     このホームページを見た感想や、クラブへの質問などありましたら下記の
    ゲストブックにご記入下さい。

          相馬ダイビング倶楽部のゲストブックへ         ジオログ           日記ページへ

          潜水海域付近画像へ   南防波堤付近の概略図へ     使用許可証画像へ 



          沖縄県 慶良間 動画(シャコ貝、他)    沖縄県 慶良間 動画(カメ)      沖縄県 慶良間 動画(アムロ魚礁?だったと思う) 

      沖縄県 慶良間 動画(コブシメとの戯れ) 

      
相馬港 潜水ポイント付近の動画1へ   相馬港 潜水ポイント付近の動画2へ 
           


    ( リンク )

     アマチュア無線 ⇒ 宮城県 AM 28.305MHz JR7EQW

     お友達のブログ ⇒ まいった魚はでかい

        
知り合いのお店 ⇒ 居酒屋 炭火焼 炎煙 EN・EN

        
仙台市と宮城県内のホームページを集めた総合リンク集&サーチエンジン ⇒ 仙台リング

        
宮城県内の地域情報を検索するなら ⇒ 宮城の瓦版

        
divechart.com 地域別 Divechart リンクメニュー

        
山形県のスポーツ情報 ⇒ ASY スキューバダイビングROOM

      
                         相馬ダイビング倶楽部

               (事務局)〒989-2201  宮城県亘理郡山元町山寺字北頭無95−3
               (メール)
qnkpx269@yahoo.co.jp

                              
ono@h.vodafone.ne.jp (携帯からの送信のみ受付。)