日本の気功家たち

◆正式名称 

赤羽気功セラピーセンター
(あかはねきこうせらぴーせんたー)

◆代表者氏名(記入者氏名) 
赤羽重幸(あかはねしげゆき)
◆所在地
東京都府中市宮町1−34−2 サンスクエアビル703
◆電話番号/ファックス番号
電話: 042−334−7646  /Fax:042−334−7646
◆Eメール
info@akahane.net
◆URL(ホームページ)
赤羽気功セラピーセンター URL: http://www.akahane.net
◆ホームページの紹介(200字前後)
当院の施術は体内の『気』の状態を調整して、体をその本来の姿に導くことを目的とします。気功にキネシオロジーやオステオパシーなどの整体的技法を取り入れた施術は、体の細胞自体を活性化し、痛みや疲労などの症状の改善だけにとどまらず、体をより元気な状態、つまりより若い身体に戻すことができます。 当院は、病気の治療だけではなく、体が元気になるためのお手伝い、若さを保つお手伝いをしたいと考えます。

◆あなたはどのようにして気の世界に入り、気の力に目覚めたのですか(気功歴、流派、特徴など)。

幼少時より、「なんで世界はあるんだろう?」、「霊魂ってなに?」、「何で生きてるの?」とかいったことに興味をもち、15歳位より、それらの答えを求めて、功夫、仙道、神智学等を独学で研究、実践するようになったのがきっかけです。 そして22歳のときに、天啓により今生で必要な価値観や物の見方などの基本的な考え方が確立し、 同時に人生の意味や、霊界などの世界の成り立ちや霊現象の仕組みなどの知識を得て、人生における義務教育の終了を覚りました。

気功治療に関しては17歳の頃、能力者の方に「これだけ強ければ人が治せるよ」と指摘されたのがきっかけで、始めは遊び半分で捻挫や挫きなどのちょっとした怪我や、肩こり腰痛などを文字通り手を当てて治したりしていました。 根が研究熱心なのか、いろいろと試している内に自分の形ができたようです。ですから、自覚して以来、多くの臨床を通して気功術としてあみ出したものであり、全くのオリジナルです。特徴はこれといってありません。ただ手を体の患部や経絡のツボなどに軽く当てるだけです。手当てしかしないのが特徴といえば特徴でしょうか。ちなみに気功歴(手当て歴)は27年ほどになります。

◆専門・得意とする分野(研究内容、効果、病名等)
肩こり、腰痛、眼精疲労、怪我や疲労の早期回復などが慣れている分、得意な分野といえます。
◆代表的な治癒例を3例以内で挙げてください。

1.膝痛で再生不能といわれた80歳の女性の膝の軟骨を再生させました。骨密度も20代の平均値 にまで戻りました。

2.末期の胃癌で余命3ヶ月と宣告された女性を治療したところ、幽門の癒着が2週間ほどでなくなり、2ヶ月ほどで食事が出来るまでに回復しました。

◆たとえば治療に思ったような効果があがらなかったなどで、クライエントとの様々なトラブルが起こった場合の、基本的な姿勢や方針について教えてください。
治療前に、気功治療は自然治癒力を強めて自分で自分を治す治療なので、効果については個人差が大きいということをよく説明しておきます。また、体の不調からではない、純粋な精神障害などの効果があまり期待できないような障害については治療を引き受けないようにしています。
◆現場において西洋医学との関係をどのように捉えて活動なさっておられますか。
西洋医学は対処療法なので、検査目的や怪我の治療にはとても有意義な手段と考えています。 クライアントには利用すべき所は利用することを勧めています。


アンケート

アンケート中のいくつかの質問は、以下からひとつを選択して答える形式を添えています。
【a全くない】 【bほとんど無い】 【cどちらとも言えず 】 【d少しある】 【e大いにある】

【1】A 気と健康、あるいは気と病との関係についてお考えを聞かせてください。
生命は気によって生かされています。気が充実していてはじめて健康といえるでしょう。 したがって、気のバランスが崩れたり、弱くなったりした状態が病だと考えます。
【1】B 自己治癒のための各自の気功修練と、いわゆる外気功による治療との関係をどのようにお考えですか。
自分で出来るにこしたことは無いとは思いますが、要は仏教の自力本願と他力本願と同じだと考えます。
【1】C 病気は、私たちの生き方の歪みを知らせる大切なメッセージを含んでいるという考え方があります。この考え方をどう思われますか。それと、外気功で治すことの関係をどう捉えていますか。
それはその通りだと思います。後は治療のやり方だと思います。あくまでも患者自身が病気の原因を理解し、歪みを直す。だから薬や術者の気などで病気を押さえ込むような治療はまずいですが、患者の気のレベルをあげて患者自身の力で病気を治す治療は問題ないと思います。
【2】 気には質的な違いがあると思われますか。 それはどのような理由からですか。 また、あるとすれば、どのような違いですか。
【e大いにある】
気には生き物の想いが念となって付着しています。したがってここで言っているであろう気の質はその時々で常に変化しています。心の在りようの違いといっていいでしょう。しかし本来のまだ生物に入る前の太陽から出たばかりの純粋な気には質的な違いはありません。光とかと同じです。
【3】 気と精神的成長との関係をどのようにお考えですか。 その理由は。 具体例・体験例があったらそれも付け加えてください。
【e大いにある】
心の在りようが気の質に出る以上、精神的成長が即、質的変化となって現れると考えます。
【4】 気と覚り(覚醒)との関係をどのようにお考えですか。気の高まりは覚りに導き、覚りは気(生体エネルギー) の活性化を伴うとお考えですか。 具体例・体験例があったらお聞かせください。
【a全くない】
覚りは現象で、気は媒体です。気の高まりが覚りを導くのではなく、覚りの際に気が高まるのです。 当然覚りは気の活性化を伴います。
【5】 気と様々な超能力(ESP、PK等)とには何らかの関係があると思われますか。 それは、どのような理由からですか。 また、あるとすればどのような関係ですか。
【a全くない】
【6】 無生物(ある種の鉱物や金属)も気を持ち、放射すると思われま すか。 もしそうだとすれば、人間の気と無生物の気に差はありますか。 あるとすれば、どのような違いですか。
【e大いにある】
一般的に無生物が気を持ち放射するのは、生物の気によって磁化された場合に限ります。 この場合生物と違って、固定の波動を一定の期間放射しているのが特徴です。
【7】 良質の気を発する物質で推薦できるものあれば教えてください。
手近なところだと、太陽に月。水晶などの鉱物は個体差が激しいので一概には推薦できません。
【8】 すぐれた気の場(気のスポット)として推薦できるところがあれば教えてください。
最近行ったなかでは、名古屋の熱田神宮がいいです。なかなかの御神木が何本もありました。
【9】 遠隔治療についてどう思われますか。また、遠隔治療はなぜ可能なのだと思われますか。
否定はしませんが、できる人はそうは居ないと思います。 相手と場所が完全に認識できれば、その場に居るのと同じなので可能だと思います。
【10】 《日本の気功師の気および気功》と《中国の気功師の気および気功》 とを全体としてみた場合、何か違いがあると思われますか。 あるとすればどのような違いですか。その理由は何だと思われますか。
【e大いにある】
中国は国を挙げて体系化にとりくんでいて、気功師の資格もあるが、日本にはそれがない
【11】 日本の気功や気功界について何かご意見やご感想があったら、忌憚なくお 書き下さい。
気功治療というと、一部の詐欺まがいの人達のおかげで、まだまだ怪しい治療というイメージが払拭されていません。その上最近では特に気に関する知識も技術もないマッサージ師や整体師までもが、気功を名乗るようになっています。まともな気功師の皆さん、負けずにがんばりましょう。
【12】 その他、気についてご意見があれば何でもお書きください。
気功治療は副作用のない、すばらしい治療法です。一度お試しあれ!


06/12/28 追加
ご協力ありがとうございました。

 

 ☆旧・気功師へのアンケート   気の世界  ☆臨死体験研究読本  ☆かんたん相互リンク


Google