日本の気功家たち

◆正式名称 
気功文珠川
◆代表者氏名(記入者氏名) 
文珠川進
◆所在地
山梨県東山梨郡勝沼町小佐手1121
◆電話番号/ファックス番号
電話:
電話: 0553-44-3353   /Fax:0553-44-3155
  /Fax:{fax}
◆Eメール
{mail}
◆URL(ホームページ)
{url}
◆ホームページの紹介(200字前後)
{shyokai}

◆あなたはどのようにして気の世界に入り、気の力に目覚めたのですか(気功歴、流派、特徴など)。
平成5年9月より、突然、人の体の悪いところが見えるようになりました。 数人に同時に気を送ることができています。 体に一切触れることなく気を送っています。
◆専門・得意とする分野(研究内容、効果、病名等)
ストレスと気、気と体、気と心のバランスを研究しています
山梨県生涯学習センターで研究発表します。 平成13年9月〜12月です。
◆代表的な治癒例を3例以内で挙げてください。
重度障害が少なくなってきています。 色々な病に効果があります
◆たとえば治療に思ったような効果があがらなかったなどで、クライエントとの様々なトラブルが起こった場合の、基本的な姿勢や方針について教えてください。
{trouble}
◆現場において西洋医学との関係をどのように捉えて活動なさっておられますか。
{kankei}


アンケート

アンケート中のいくつかの質問は、以下からひとつを選択して答える形式を添えています。
【a全くない】 【bほとんど無い】 【cどちらとも言えず 】 【d少しある】 【e大いにある】

【1】A 気と健康、あるいは気と病との関係についてお考えを聞かせてください。
気の乱れが心を乱し、心の乱れが病を作ると思います。
【1】B 自己治癒のための各自の気功修練と、いわゆる外気功による治療との関係をどのようにお考えですか。
{1b}
【1】C 病気は、私たちの生き方の歪みを知らせる大切なメッセージを含んでいるという考え方があります。この考え方をどう思われますか。それと、外気功で治すことの関係をどう捉えていますか。
{1c}
【2】 気には質的な違いがあると思われますか。 それはどのような理由からですか。 また、あるとすれば、どのような違いですか。
【e大いにある】
気の軽さと重さがあると思います。 >
【3】 気と精神的成長との関係をどのようにお考えですか。 その理由は。 具体例・体験例があったらそれも付け加えてください。
【e大いにある】
人生を送るのに、その時その時、解決、クリアして おかなければ、その部分の精神的成長がなく、同じ 問題でいつも苦しんでしまう。 気を高めると視野が広がり、精神面が成長できる。
【4】 気と覚り(覚醒)との関係をどのようにお考えですか。気の高まりは覚りに導き、覚りは気(生体エネルギー) の活性化を伴うとお考えですか。 具体例・体験例があったらお聞かせください。
 【e大いにある】
身のまわりの起こる、いろいろな現象を分析し、 精神面と気の高まりを認めることにより、新たな、 現象を待つ、すると、新たな、現象が現れる、 素直に起こる現象を認め、受け入れる事が 大切と思います。 >
【5】 気と様々な超能力(ESP、PK等)とには何らかの関係があると思われますか。 それは、どのような理由からですか。 また、あるとすればどのような関係ですか。
【e大いにある】
自分では不思議と思われる出来事が起こる、時も 関係してくると、思います。
【6】 無生物(ある種の鉱物や金属)も気を持ち、放射すると思われま すか。 もしそうだとすれば、人間の気と無生物の気に差はありますか。 あるとすれば、どのような違いですか。
【a全くない】
気を意識するとすべての良い気が伝わってきます。
【7】 良質の気を発する物質で推薦できるものあれば教えてください。
水と思われます。すべての物質に含まれています。
【8】 すぐれた気の場(気のスポット)として推薦できるところがあれば教えてください。
神社、仏閣の境内
【9】 遠隔治療についてどう思われますか。また、遠隔治療はなぜ可能なのだと思われますか。
気の不足している部分が、満たされる為
【10】 《日本の気功師の気および気功》と《中国の気功師の気および気功》 とを全体としてみた場合、何か違いがあると思われますか。 あるとすればどのような違いですか。その理由は何だと思われますか。
【a全くない】 
気に境目はないと思います。
【11】 日本の気功や気功界について何かご意見やご感想があったら、忌憚なくお 書き下さい。
.
【12】 その他、気についてご意見があれば何でもお書きください。
.


01/6/24 追加
ご協力ありがとうございました。

 

 ☆旧・気功師へのアンケート   気の世界  ☆臨死体験研究読本  ☆かんたん相互リンク


Google