画像なんてほとんどない、ぼめんね本オフレポート

― あまりにも長いので、目次w ―

ぼめんね.1  まずは我が家から、目指すは『新ぼめんねハウス』!! …の近くの集合場所

ぼめんね.2  東方サッカー監督たちとの邂逅! そして、新ぼめんねハウスへ!!

ぼめんね.3  よろしい、ならばボウリングだ…

ぼめんね.4  さぁ、いざ行かん! もんじゃ焼きの聖地(?)へ!!

ぼめんね.5  夜の帳が落ちる中、ぼめんねハウスでしばしの休息…、なんてあるわけがn(ry

ぼめんね.6  まずは朝ごはん昼ごはんを、食 べ な い か ?

ぼめんね.7  これがぼめんねオフ、最大級のイベント!? カラオケ大会の始まり、始まり〜!!

ぼめんね.8  さよな〜ら〜、す〜るの〜は〜、つ〜ら〜い〜けど〜


■まずは我が家から、目指すは『新ぼめんねハウス』!! …の近くの集合場所

この日は朝7時起き。
まずは新幹線に乗るために新潟駅へ。
お土産が買う時間があるかどうか微妙だったので、あらかじめ買っておいたのですが、どうやら外は雨模様。
お土産が濡れないか心配でしたが、私が出発するころには雨が止んでいたため、とりあえずは無・問・題!
遅刻もなく、無事に新幹線に乗ることができました。

ちなみに私は、『新幹線に乗ることなんてほとんどない!』ので、今回は奮発して、『グリーン席』なるものに乗ってみました。
乗ってみての感想は…、まぁ、確かに快適だけど、費用対効果を考えれば、普通の席で十分だなぁと思いましたw
最初は高速バスでの移動も検討していましたが、かかる時間と、停車する場所の多さに絶望したため、今回は…、というか今後もお断りですw
後に、ヤングさんからの話を聞いて、それがさらに確実なモノとなりました。
ヤングさん、お疲れ様…w


そんなこんなで、まずは東京駅に到着。
まぁ、予想はしていましたが…、とにかく広いッ!!
新幹線の改札を出ただけ(在来線の改札はまだ出ていない)なのに、この広さと、お店の充実っぷりはなんだ!?
改札内でこれほど充実しているなら、途中下車なんて全く必要ないなぁ、と感じましたw(ぇ

しかし、その広さ故の問題も。
「わたしはどこ〜? ここはだ〜れ〜?」とまでは言いませんが…、地図を探すのに一苦労、目的のホームを見つけるのに一苦労、そこにたどり着くまでに一苦労でしたw
途中で地図を見間違えて、


「ほう? 東京ほどの都会ともなると、今いる線から別の線に移動するのにも、乗車券(切符)を通す必要があるのか…、どれどれ?」

\ ピッピー ピッピー 「清算してください」 /

「…(´・ω・`)」


単に地図を見間違えていただけでしたw
なんか目的の通路は工事中っぽくなっていたので、勘違いしたんだ…。(イイワケ

しかし、そんな幾多の困難をも乗り越え、ようやく東船橋駅に到着。
改札の外を見ると、何やら人だかりができており、さらにそれに合流しようとする別の人だかりが!
も…、もしや…!?


■東方サッカー監督たちとの邂逅! そして、新ぼめんねハウスへ!!

合流早々、いきなりコケる人が一人…。
一瞬で感じとることができる、落ち着きのない行動、雰囲気、そして胸に輝くボギー札!
うん、間違いない、99%お漸ちゃんだwww
そして私は、のちにそれが間違いでなかったことを知ることになりましたw

そしてもう1人、みんなの点呼を取り始める人が。
「(引率者としての立場。そして何よりこの声…、間違いない! 閣下だ!!)」
状況判断で閣下を見つけ出しましたw
春オーラが出ていると聞いていましたが、シリアスモードの閣下は、どこかしっかりとした雰囲気をまとっていたように感じましたw


さて、こっそりとその輪に加わった私ですが…、明らかに異物が混じっているのにも関わらず、誰からもツッコミはなしw
全員が全員を把握しているわけではないので、それもやむなしな気がしますが、これは逆にどうすればいいのか分からないぞw
そして私は、なんとなく閣下(と思しきお方)の隣に移動…、当の閣下は自分の名前にチェックをつけるよう、出欠表を取りだし、それをさも当然のように私の方に差し出してきましたw
「(…閣下。あなたは私以外を知っているはずなんだから、明らかに見たことのない私に、何かしら突っ込んでくれると思ってたのに…w)」
そう思いながら、結局無言でチェックをつける私w
「(…仕方ない、強行手段か)」


たけみかづち 「閣下ですか?」

閣下 「え? …はい」

たけみかづち 「私がたけみかづちです、初めまして」

閣下 「おぉ! たけちー!!」

たけみかづち 「…(作戦…、失敗…)」(ニコッ


あぁ…、私的には誰かからのツッコミを受けた上で、正体を明かすのを楽しみにしていたのですが、結局、小悪党のように自分から名乗ることになってしまうとは…w
その後、閣下は何かリリーについて言いたい事があるとか何とか言っていた気がしましたが、私はそっと、聴覚をカットしました…w


さて、ここで『お昼を買う組』が一旦離脱し、まだ来てない人の待ち時間もあるので、それを利用しての…、みなさんの正体誘導尋問ターイム!!
始めに言っておきましょう、私は全く遠慮なんてしませんよw(ぇ
これが、引っ越しを繰り返して培った、『初対面の人でもズケズケ話しかける戦術』だぁぁぁ!!(ぉ

まず、運悪く隣にいたのはパンダさん。
正体をなかなか明かそうとしてくれませんが、押しの一手で正体を引きずり出すことに成功!
特に際立った特徴がなかった(失礼)ので、全く予想ができませんでしたw
続いて、逆隣にいたのはエリンギさん。
大量の『AZUKIペプシ』と『なんちゃってコーラ』を持っていたことと、背が高いことからとわわんと予想しましたが…、大ハズレ。
お二方、失礼しましたw
さらに、真ん中へんにいたのはリュードさん。
このお方は、某夢の国のでっかい袋を持っていたので、すぐに正体が割れましたw(ぉ
思っていたよりも落ち着きのある方で、この後のオフ会進行で、サブリーダー(?)も務めていました。
いやぁ、しっかりしてますねぇ…。

ちょっと遅れて、4thさん、さぼさん、ルージュさん、先生がそれぞれ合流。
こちらの方々は、来たときに名前が呼ばれていたので、即正体が割れましたw

そして、お昼を買う組が合流したことで、みんなで新・ぼめんねハウスへもそもそと移動を開始。
その移動中…、RBさん、だっくん、歪曲さんの正体の割り出しに成功!
なお、だっくんには『文は相棒であって、嫁ではない。よって、浮気ではない』ということを、大事なことなので2回くらい説明しておきました。

そんなこんなで、到着したぼめんねハウス!
まず何より驚いたのは…、広いッ! 圧倒的広さッ!! これなら20人超でも、楽々収容できますねッ!!
とりあえず、すぐさまボウリング場に移動するため、お土産の整列とお昼ごはんをサクサクと終わらせ、メンバーは一路、ボウリング場の近くの駅へ向かう。


■よろしい、ならばボウリングだ…

閣下の引率の元、すでにボウリング場近くの駅にいたメンバーと合流。
ここで待っていたのは、ennさん、さきょちゃん、ヤングさんのお三方…。
「(むむむ? さきょちゃんは、なにやら怪しげなバッグを持っているぞ!?)』
聞いたところ、『Nintendo64』セットが入っているとかw
重いでしょうに…、お疲れ様ですw

さぁ、突然ですが、ここでお漸ちゃんの正体当てクイズの始まり、始まり〜。
お漸ちゃん、ここで一気に正解を連発ゥ! …していたのですが、惜しくもennさんを間違えてしまう!
好成績ですが、たった1名でも間違いは間違い。
結局、みんなに「ボギィーー(´゚д゚`)ーーー」の洗礼を受けることにwww
ちなみにこの時点で、私はここにいる全員を一通り知ることができました。
「(ありがとう、お漸ちゃん。君の『ボギィーー(´゚д゚`)ーーー』は、決して無駄にはしないよw)」

さて、ここでどうやら遅刻者がいることが判明。
それは…、紳士!
というわけで、待ち時間が勿体ない組は、颯爽とゲームセンターへ!
一方の私は、お漸ちゃん、さきょちゃん、さぼさん、ジルちゃん、めるちゃん、ヤングさん、ルージュさん、先生、歪曲さん、(途中乱入含む)あたりとペチャクチャおしゃべりをして、まったりと待つことに…。


しばらくして、先行組と後続組に分かれて行こうという話になり、私はとりあえず後続組に…。
だって、紳士自体の姿と、己の遅刻に対して、どんな反応をするのかを見たかったんだものw
そうこうしているうちに、紳士が到着。
私の予想は、「無法地帯も構わず遅刻とは…、厄介の種だ。膝をついて(ry」が炸裂すると思っていたのですが、結果はまさかの『ジャンピング土下座』www
紳士は紳士的で、謙虚な方でしたw

その後、先行組と後続組が合流し、ボウリング場で受付を開始するぼめんねオフ参加者の面々。
ほとんどの方がチャットで使っている名前をそのまま、もしくは略称で入れる中、お漸ちゃんは意表をついて『ドントコイ』、そして先生はまさかの『ネオチ』w
さらに紳士は、ツッコミ満載の『サイトウ』www
しかし、ぼめんねオフ的にはおかしな名前ですが、一般の人から見れば、紳士の名前が一番まともという、何とも奇妙な状況にwww
私は『たけみかづち』では長いので、『たけち』で登録。
しかし、これが後に、とある悲しい事件(?)を招くことにw


そしていよいよ、ボウリング開始。
私と同じレーンになったのはRBさん、エリンギさん、ジルちゃん。
開幕の挨拶の後、各人、フリーダムに投球を開始。
「よし! ここで私のアレを披露せずにはいられないな!!」
記念すべき初球…、気合を入れて、いざ『アホ毛スロー』!!

説明しよう! 『アホ毛スロー』とは…、レーンの左端から右端に向かってボールを投げ、強烈なフックの回転によって、右端ガーターに落ちるのを耐えしのぎ、オイルの切れたピン手前で一気に左に曲がってピンを倒す投法のことである!!
ボール自体がアホ毛の髪飾り、そして左カーブのボール軌跡はアホ毛のしなりに似ていることから、この名がついたのである!!(ぉ
しかし、少しでも軌道がずれると、レーン中腹でガーターが確定したり、右端への寄せが足りないと、1ピンも倒さずに左ガーターに沈む諸刃の投法であるため、良い子のみんなは真似しちゃダメだぞ!!

どうやら最初の一球はクリティカルが発動したらしく、我ながら美しい軌跡でなんとストライク!!
この時が、最初にして最後の、私の最盛期でした。
その後の、スコアの荒れっぷりは、まさにオールオアナッシング! ストライクやスペアの後にガーター出したり、6番・7番ピン残しのスプリットに対して左カーブをかけてるのに、その間を華麗にすり抜け(むしろ倒さない方が難しいw)たり…と、ネタも満載で、まさに私がアホ毛自身を体現したかのようになってしまいましたw

そんな中、RBさんとエリンギさんは、堅実なボウリングで着々とスコアを伸ばしていました。
お二方の特徴を挙げるなら、RBさんはストライク比率が高めで、稼げるときにしっかりとスコアを稼ぐタイプ。
エリンギさんは非情に高いスペア率で、終始安定したスコアでした。
そしてジルちゃんは…、『狙っているはずの場所よりも、びみょ〜に右にズレる』というのを、ひたすらに…、ただひたすらに繰り返していましたwww

また、隣のレーンではめるちゃんとお漸ちゃんが色々と大暴れ!(ぇ
めるちゃんは、まさにヒノファンばりのクリティカルUFOボール(回転軸が地面に対して垂直という、恐ろしい投法w)を連発w
お漸ちゃんは、ボールを投げるのよりも、その前後の行動の時間・消費がッツの方が多いように見受けられましたw
そして、閣下もそれに負けじと、お漸ちゃんにシンクロw
「やだ、この人達はずかちい」と言われるのが、よく分かった気がしますwww


そして、みんな2ゲームを投げ切ったところで、ボウリングは終了しました。
身体を動かし、お腹が減ったところで、次はもんじゃ屋へ移動を開始することに…。
移動途中、閣下が何やら先程のボウリングのスコアシートを持ってやってきました。


閣下 「これ、さっきのたけちーのスコアシートなんだけど…」

たけみかづち 「?」

閣下 「いや、たけちーの名前がね…、『たけち』じゃなくて『たHち』になってるんだけど…w」

たけみかづち 「はいぃぃぃ!? …、なぁ〜に、コレ!?www」


他のメンバーの名前からしても、約1名を除けば明らかに本名に見えないのは明白ですが、いくらなんでも平仮名とアルファベットの組み合わせの名前なんて、そうそうないでしょう?www
確かに、丁寧な字を書かなかった私も悪いですが、あのボウリング場の店員さんは、常識に囚われないお方だったようですw


■さぁ、いざ行かん! もんじゃ焼きの聖地(?)へ!!

さて、これから幾多の駅を乗り継ぎ、目的のもんじゃ屋さんへと向かうのですが、ここで48Kさんと、ランジェロさんが途中合流するとのこと。
余談ですが、ここからもんじゃ屋まで行くのに、様々な駅というか線を乗り継いでいくのですが、その度に『乗り継ぎ清算』なるものをしていました。
これはJRやら私鉄やらが錯綜している、都心ならではのもの…。
田舎者の私には、軽いカルチャーショックでしたw

さて、まず先に合流したのはランジェロさん。
何気なく立ち寄ったトイレに入る途中、すれ違う人影にぼめんねオフメンバーの誰かが声をかけたので、何事かと思ったのですが、まさかその人がランジェロさんとはwww
私はトイレに行くのも忘れて、ランジェロさんへご挨拶に。
穏やかで、大人な雰囲気をまとっていたランジェロさんは、まさに『みんなのパパ』といった感じでしたw

そして、次に合流したのは48Kさん。
みんなが待っている場所が分かりづらかったらしく、天候が優れない中、私たちを探させてしまったようです…。
申し訳ありませんでした。


そんなこんなで、もんじゃ屋にたどり着いたぼめんねオフメンバー達。
適当に卓を囲んだ結果、私と同じ卓になったのは、とわわん、ランジェロさん、先生、…そして、お漸ちゃんが境目あたりにいたので白黒はっきりつかなかったのですが、結局、私たちと同じ卓で落ち着くことにw

ここで閣下が、しおり片手にもんじゃの作り方の説明。
さらに、「よく来たな諸君、好きな飲み物を一杯おごってやろう!」(←実際の発言とは若干異なりますw)と太っ腹発言!
この場を借りて、改めて閣下にお礼申し上げたいと思います。
ごちそうさまでしたw

さて、メニューを広げると、名前から簡単に内容を想像できるものから、名前だけ好奇心を煽るようなメニューがズラリ!!
っていうか、もんじゃって、こんなにもバリエーションが豊富なんですねw
なお、もんじゃを作る際は、ランジェロさんが『きざみ&炒め&型作り&かき混ぜ&仕上げ係』で、とわわんは『具材振り分け&汁流しこみ係』を実行。
そして、私と先生とお漸ちゃんが『食べるだけ係』でしたwww
ランジェロさん、結局全部任せっきりにしちゃってごめんなさいw
というか、『はじめてのもんじゃ』だったという話ですが、もんじゃ作りは何故かプロ級で、作る動作の一挙手一投足にも、どこか貫禄が…w
おかげさまで、ウチの卓はおいしくもんじゃをいただけましたwww


とりあえず、1人1つ好きなメニューをリクエストしようということで、まずはとわわん案の『タコ』から実食!
これは、タコの食感が良く、普通においしい『タコ焼き風もんじゃ』といった感じでした。
続いては、お漸ちゃんが頼んだ…、『ぎょうざ』www
まぁ、さすがというか何というか、見つけたからには頼むしかあるまい…、ですよね〜w
そして来たのは、プレーンのもんじゃに『解凍したてホヤホヤ』といった感じの…、ギョウザがただのっかっていただけのもんじゃが登場w

協議の結果、そのギョウザはきざまず、そのまま焼こうということにw
しかし、このギョウザは結果としてもんじゃ汁の決壊を防ぐ良い防御壁となり、まさに『餃・子・結・界!!』となりましたwww
その後、『もんじゃ』と『ギョウザ』は別々に食べられたため、普通に『もんじゃ+ギョウザ』でしたw
ちなみに、同じ『ギョウザ』を頼んだ卓が別にいましたが、そちらは潰して調理していました。
一応、「邪道だー!!」とだけ言っておきましたw(何故か、私がw


さて、ここで他の卓に目を伸ばすと、各卓、なんとも個性あふれる状況にw
まずはお隣の『アパッチ』ですが…、「っていうかアナタ達、絶対名前で決めたでしょ!?w」
なんと豪華なことに、もんじゃにサーロインステーキ(大)がついてきていましたwww
「ジュッ!」と肉の焼ける音に食欲がそそられますが、ここはもんじゃ屋です。
断じて、焼肉屋やステーキ屋ではありませんので、ご注意くださいw
ちなみにお隣さんは、この他にも『ごえもん』やら『マリオ』やら『多国籍』などの、名前が怪しすぎるもんじゃを次々と注文。
なんともチャレンジ精神に溢れていましたwww

また、別卓ではエリンギさんがスライスされて食べられそうになっていたり、あれだけ閣下が作り方を説明したのにも関わらず、『もんじゃ大決壊』を引き起こしていたり…と、なんともカオスな状況にw
ちなみに、『もんじゃ大決壊』を起こした卓に居合わせた歪曲さんに、後で話を聞いたところ…。


歪曲さん「いや、なんか、ウチの卓だけ ヽ| ∵|ノ がいなくてね。それで熱が全然足りなくて、あんなことに…(汗」


説明しよう! もんじゃ汁は、常温ではさらさらの液体だが、熱量による水分飛ばしで粘性を持たせ、さらにそれを具材による囲みで拡散防止することによって、もんじゃをもんじゃたらしめているのである!!
ここで熱という要素が欠けると…、後は分かるな…?w
ご愁傷様でした…www


さて、話は戻ってウチの卓。
次は私が頼んだ『チーズ』の出番です。
この『チーズ』は、溶けたチーズが具のスキマを埋めることで、より堅牢な壁を作り上げたため、もんじゃとしての完成度はかなり高くなり、味の方も思ったほど癖がなく、普通においしいもんじゃでした。
しかし、あまりに普通すぎたため、面白いところは何もなし…、終了w

続いては、先生が頼んだ『ツナ紅ショウガ』(…だったカナ?)
先生が再三、「もんじゃには紅ショウガが合いそうだ」としきりに言っており、メニューの中に『紅ショウガ』のキーワードがあったため、めでたく注文と相成りましたw
こちらも意外と強い癖はなく、万人が親しめる味でした。

そして最後は、満を持しての登場! ランジェロさんが注文した『ソウル納豆』に挑戦!!
ここまであまりに堅実すぎたので、最後くらいは冒険しようということになり、これを注文。
ねばねばの感じはほとんどありませんでしたが、そんなことよりも…、とにかく匂いがスゴイ!!
そして、これを食べると…、口いっぱいに広がり、それが長続きする納豆の風味…。
正直言って、普通に納豆を食べるよりも、納豆でしたwww
『ソウル』の由来である『キムチ』も入っていたのですが、その『キムチ』ですら霞んで分からなくなるくらいの、強烈な納豆の風味!
納豆が嫌いな人に、このもんじゃは地獄でしょうwww

そのころ、また別の卓では『サーモン』という名のもんじゃで、鮭の切り身が普通に焼かれていた卓があったが、気にしない、気にしない…w

もんじゃが終わったところで、最後はデザート。
私とお漸ちゃんとランジェロさんが『キウイのシャーベット』、先生が『レモンのシャーベット』を注文。
シャーベットと聞いて…、普通の器にアイスが来るのを想像していたのですが、実際に来たのは…、果実そのものwww
というのは若干誇張で、果実を半分にスライスして内側をくりぬいた後、その果実のシャーベットをモリモリ詰め込んだ豪快なシャーベットでしたw
しかもこのシャーべット、恐ろしく硬いwww
やむなく、スプーンを使わずに、全員そろって直接かじって食べるという、ちょっとシュールな光景が展開されましたw

以上でもんじゃ屋でのお食事は終了、ごちそうさまでした〜。


■夜の帳が落ちる中、ぼめんねハウスでしばしの休息…、なんてあるわけがn(ry

もんじゃを食べ終え、再びぼめんねハウスへと戻ってきたぼめんねオフメンバー達。
まずここで、改めて全員が持ってきたお土産を集合!
テーブル一杯のお土産は、何とも壮観でした…。

なお、私とヤングさんが見事に被らせた『柿の種チョコ』の計4個を土台に、さらに私が買ってきた『柿の種茶漬け』をてっぺんに乗せて、中央に『柿の種タワー』として積まれていましたw
それから、一際目を引いたのは、ヤングさんが買ってきた、『ペヤングソース焼きそば』w
何 故 買 っ て き た し www
それから、ランジェロさんが買ってきた『萌え萌え巫女大福…改め、うさいちごチョコ大福』もかなりのインパクトwww
外装が全てかと思いきや、中身の大福も普通においしく、さらには『おみくじ』まで入っており、結構作りこまれている感じでした。
さすがはランジェロさん!!(ぇ
そういえば、ぼめんねハウスに来る途中で、『巫女と2人でチェキの権利』を行使するのが恥ずかしいので、誰か一緒に行かないかとか何とか言っていた気がしましたが、それも気にしないことにしましたwww

それから、ここでジルちゃんに個人的なプレゼントを贈呈。
そのプレゼントとは…、『快盗天使ツインエンジェル2 キュンキュンDVD』です!!
ジルちゃんは泣いて喜んでいました。
…もとい、「おいバカやめろ!!www」の連発でした。


さて、ここでさらに、20さんともげらんからのお土産を開封!
お二方は、今回のぼめんねオフには参加していませんが、気を遣って贈り物してくれたようです。
この場を借りて、お二方のご厚意に、感謝申し上げますッ!!

まず、もげらんのお土産の方は、ケーキ…だったようです。
ここで歯切れの悪い書き方をしているのは、私自身がそれを食べておらず、気づいたらなくなっていたので、味も見た目も分からないためですw
なので、気持ちだけ受け取っておきましたw

続いては20さんからのお土産。
開封一番に見えたのは…、『しかし、何もみつからなかった。』の文字!!
一同…、大・爆・笑!!www
まさかの展開に、開封した閣下もガッツを一気に消費した模様w
実はスゴイ上げ底…というわけではなく、隙を生じぬ二段構えで、お土産はちゃんと入っていました。
…が、何故か『ブルーレット』(しかも、何故かサイズ違いもありw)が入っていたのがものすごく気になりましたw
それはさておき…、そのお土産の中には、なんと私個人宛にアホ毛(とユキ&マイ&SD夢子ちゃん)のイラストが掲載されている楽譜本が同梱されていました!!
さらに、別の方にも名指しで楽譜本を送ってくださっていたり、音楽CD数枚までつけてくれたり…と、ものすごい太っ腹っぷり!!
いやいや、本当に大感謝です!!
この楽譜本は、家宝にしておきますねwww

そんな中、先生がしきりにゴマ団子を勧めていましたが…、その時の私の気持ちは「お爺ちゃん、さっきもんじゃ食べたばかりでしょう?」でしたw
いや、結局1個頂きましたけどねwww
それから、暁さんが『東方サッカーデータまとめ本』を数冊持ってきてくれていたので、一冊購入させていただきました。
ちなみに私は、この本のハクレイタイプの考察を提供させていただきました。
文章は再編成されていますが、何だかんだで自分の考察がこうして一冊の本になっているというのは、感動モノです。
暁さん、お疲れさまでした!!


さて、お土産関連が落ち着いたところで、各人フリーダムに遊びを開始。
早速、さきょちゃんが持ってきたNintendo64を接続し、レッツプレイ!!(私は見てるだけでしたがw
中でも盛り上がったのは『007 ゴールデンアイ』の4人対戦モード。
各人、キャラクターを選択した後、ステージ・特殊武器・細かいルールなどを設定し、ゲーム開始後は武器と弾を探し、ひたすら撃ち合って相手を倒す、バトルロイヤル形式の対戦ゲームです。

どの対戦でも盛り上がっていましたが、特に、『単発発射しかできないが、当たれば一発KOの黄金銃』や、『グレネードランチャーで自爆合戦』、『とにかく当たらない投げナイフ合戦』に、『自分で自分を閉じ込めるモーションセンサー爆弾』あたりが、とにかくカオスでしたw
さらに『全員素手(チョップ)で一撃必殺』なんかは、各キャラのしゃがみ移動モーション(片膝をついたまま、滑るように高速移動w)がひどく、ものすごくシュールな対戦にwww
ちなみに、この対戦模様を一言で表すなら…、ただひたすらに『さきょちゃん無双』でしたw
特にレーザー銃を持った時の、さきょちゃんの無双っぷりと豹変ぶりはヒドく、今回のオフ会でさきょちゃんのイメージが90°くらい変わりましたw


と、ここで突然ですが、ベンゲルさんが颯爽と登場!
まさに『不意打ち、フジヤマヴォルケイノ』!!(ぁ
これで、初日の全員が集合したということで、改めて全員が自己紹介。
いやぁ、これだけの人数がこうして一堂に会する事が出来るとは…、本当に感激、そして閣下に感謝です。

自己紹介が終わると、また各人、好き放題遊んでいました。
引き続き007に臨む人、疲れたので眠る人、ポケモンで対戦する人、チャットで現状報告をする人、ぼめんねハウス内を探索する人、などなど…。
私は、特にどれにつくこともなく、みんなの様子をチョクチョクと様子見。

そうそう、せっかくだったので『PEPSI AZUKI』を頂きました。
前評判では散々だった『AZUKI』でしたが、いざ飲んでみると…、「風味は独特だけど、まぁ、飲めないことはないカナ?」と感じました。
少なくとも『キューカンバー』や『SISO』よりはマシかとw
にもかかわらず、めるちゃんは一本だけあった『SISO』を平気で飲み干していました…。
うそぉ!?www


またしばらくして、今度は『麻雀組』が新たに発生。
私が確認した時点では、48Kさん、エリンギさん、ルージュさん、先生が対局中でした。
誰の調子がよくて、誰の調子が悪かったかは分かりませんが、とりあえず『槍槓』が出たとのこと。
麻雀を知っている人なら分かると思いますが、この役は下手な役満よりも発生頻度が低いという、超レアな役なのです。
点数は高くないものの、こんなレア役がサクッと出てしまうとは…、ぼめんねハウスの因果律、恐るべしwww
ちなみに私は、東方幻想麻雀を600戦以上やっていますが、いまだに取れていませんw

また少しして、『カタン』というボードゲームをやらないかと誘われ、ennさん、閣下、歪曲さんの4人でその『カタン』をやることに。
このゲームの内容を簡単に説明すると、サイコロの結果で『資源』を手に入れ、その『資源』を消費して、『道』、『家』、『港』、『街』などを開拓し、さらに増やした資源で『イベントカード』を駆使したり、『盗賊の移動』を駆使するなどして、イレギュラー要素を加え、最終的に既定のポイントを最初に獲得したプレイヤーが勝利となるゲームです。
初参加でルールがよく分かりませんでしたが、いざやってみると…、これが結構面白い!
状況を説明すると、閣下は何やら盗賊にひたすら苦しめられ、歪曲さんは陣地争いからこっそりと抜け出して独立国家を建設し、ennさんは圧倒的な物量(『資源』)で、やりたい放題www
私は、やたらと『イベントカード』を使って遊んでいましたが、結果はennさんの勝利!!
なんというか、流石です…w


007が落ち着いたころ、また新たに『キャプ翼組』と『非想天則組』が発生!
キャプ翼の方は、ベンゲルさんとランジェロさんが何やら対戦している模様…。
多くは語りませんが、新田くんでミューラーくんを1vs1ドリブル突破したり、日向くんがGKでナイスセーブを連発したり、森崎くんがゴールを決めまくったり…と、レアシーンをたくさん拝ませていただきましたwww

その後、私はいつの間にかジルちゃんと非想天則を対戦することに…w
私は基本的にうにゅほしか使っていなかったので、同じような対戦が続きましたが…、いずれも終着は同じ。
単に私がボッコボコのケチョンケチョンにされただけでしたwww
とはいえ、一矢報いることができただけでも、まぁ良しとしましょう!
それから、めるちゃんとのうにゅほ対決を楽しみにしていたのですが、双方のガッツが限界ギリギリだったので、勝負はまたの機会に…w


ここで家主である閣下が、明日(というよりも当日の朝)の都合ために就寝し、それに伴って、チラホラと眠っている人が若干名でてきました…。
そして、私の方もそろそろ体力の限界…。
視界の片隅で、リュードさんがまだ元気に『メタルスラッグ』をやっていたように見えましたが、それも些細な事…。
非想天則で負けた腹いせに、ジルちゃんのカピバラさんを奪い、布団代わりにして就寝…w
しかし、圧倒的に身体を覆う面積が足りないため…、ものすごく、寒かったです…w

ちなみにジルちゃんは、仕方なく岡ちゃんを抱いて寝たそうですw
おっと、言い忘れていましたが…、エアマスター岡ちゃんは、このオフ会の最初から最後まで、常にみんなの傍にいます…よ?w


まどろむ意識の中、誰かの携帯から『天衣無縫』(東方緋想天で天子登場時のBGM)のアラームが数回なっていましたが、あのアラームの主は…、いや、詮索するのは野暮というものでしょうw
というか、十中八九予想がついてしまうのが何とも…w
そんなこんなで、激動の1日目(余裕で日が変わっていますがw)が終了しました。


■まずは朝ごはん昼ごはんを、食 べ な い か ?

そして目が覚めたら…、全ては夢でした…。
ということはなく…、何時に起きたかは分かりませんが、とにかく起床。
一度起きた後に二度寝したような気もしますが、とりあえず意識がはっきりし始めたのは、めるちゃんが何やら『世紀末スポーツアクションゲーム』をやっているのを見ていた辺りからでしょうか…?w

と、ここで、私が買ってきたもう一つのお土産『越の雪』が開封されていることに気付きました。
これは私が個人的に食べてみたかったお菓子で、『和三盆』という高級な砂糖と、新潟の諸々を混ぜて作った、落雁のような高級お菓子らしいです。
どれどれ…、いざ実食。
持ってみると、思っていたほど硬くなく、それを口に放り込んでみると…、ザラーッ


「うわっ!? …砂ッ!!」


甘さはそれほど強くなかったのですが、食感が強烈!
口の中の水分を全部持っていかれるような、圧倒的なザラザラ感!
これを食べるには、お茶などの甘くない飲み物が必須です。
とりあえず…、私的には『NG』のお菓子ですねw(ぉ
その後、お漸ちゃんがこの『越の雪』を中途半端に溶かしたオレンジジュースを先生に飲まされ、フレッシュなオレンジジュースの後に来る、ただの砂糖の甘さと不快なザラザラ感に苦悶していましたw
ご愁傷様〜w


さて、出発まではまだ時間があったため、私は何故かさぼさんとDSでぷよぷよ対決をすることにw
この時、DSを貸してくれた先生、本当にありがとうございます!
さぼさんは技巧派で、連鎖の組み方がとにかく上手い。
私は5〜6連鎖程度が限界なので、スピード重視で攻めることに…。
クラシック系のルールでは、相殺などの効果もあり、さぼさんの圧倒的な連鎖の力に、ほとんど歯が立ちませんでしたw
たまに、さぼさん側の事故(導火線の色ぷよがなかなかこない、おじゃまぷよが嫌らしいところに…、など)や、私のまぐれ連鎖が出たときなどに、棚ぼたで勝つのが関の山といったところでしたw

しかし、ここからが私の本領発揮! 最近のルールである『フィーバー』や『だいへんしん』!!
詳しい説明は省きますが、このルールは連鎖がヘタクソでも、絶え間なく消し続けることができれば、ほぼ負けないルールになっています。
しかしさぼさんは、ここでも『アルル』(ぷよ構成が常に2個なので、狙った連鎖が組みやすい)を選択し、圧倒的な連鎖で応酬!!
しかし、私は最近のキャラ(一部キャラを除き、3個ぷよや4個ぷよがあるので、連鎖ができなくても、消し続けて粘ることがたやすい)を使いまくり、『フィーバー』や『だいへんしん』を最大限利用w
速攻の特性もあり、さぼさんを追い上げ、アツい勝負を堪能することができましたwww
さぼさん、また対戦しましょうね!


そうこうしているうちに出発時間になり、メンバーは一路、カラオケ会場へ。
その前に、本日、さらに合流するメンバーがいるということなので、そのメンバーを待つことになりました。
しかし、いつ来るか分からないので、またまたゲーセン直行組が発生!
外にいても寒いだけなので、今回は結局みんなもゲームセンターに入ることにw
ここで各人、持ち前の実力を発揮しはじめます!

まずはめるちゃん。
おもむろに『頭文字D』をやり始め、峠道をあり得ないスピードと走行ラインで激走!!
話によると、何やら、ランクインしたようです。
うーん、めるちゃんって、意外と走り屋さんだったのねw

続いてルージュさん。
やるのはもちろん、このお方の代名詞ともいえる、ポップンミュージック。
まぁ…、なんとなく予想はしてましたけど…、何というか、その…、圧倒的w
その滝のような譜面は、仮に同じ場所を連打するだけでも辛くなる、ものすごい数なのですが、それをこのお方は、どんな複雑な押し順だろうが、何個同時押しだろうがお構いなし!!
いやぁ〜、いいもの見させていただきましたw

その一方…、『太鼓の達人』をやり始めたのは、お漸ちゃんと閣下。
今さらですが、この2人は本当に仲がいいですねぇ…w
なお、『太鼓の達人』の腕は、閣下の方が一枚上手だった模様。
この音ゲーは、基本的に『ドン』と『カッ』しかないのですが、コレが意外と難しいんですよね〜。
そんな中、閣下とお漸ちゃんはそんなのお構いなしに、難しい曲を連発。
まったく、無茶しやがって…w(ぇ

またその頃…、暁さんはUFOキャッチャーで、でかい缶チョコを2つもGET!
しかも、チョコが取りつくされ、店員が新しいのを補充するのを見て、さらにそれも取ろうと待ち伏せする暁さん…。
アンタ鬼や…www(ぉ

しばらくして、待っていたメンバーの一人がようやく合流。
そこに現れたのは、まったりさん!
まったりさんは、私はもちろん、他にも初見のメンバーが何人かいたので、ここでまたプチ自己紹介。
その後、昨日ぼめんねハウスを後にしていたベンゲルさんが合流し、みんなで昼食へ!


昼食会場に選ばれたのは、何やら唐揚げが売りのダイニングレストラン。
20人を超える大所帯がいきなり予約なしで突入!
ホント…、ご迷惑をおかけしましたw
もちろん、20人近くを一同に収容できる部屋などそうそうないので、やむなくメンバーは2分割されました。
そしてこれももちろん、メンバー全員分の注文が出揃うのも、恐ろしく時間がかかることにw
せっかく対面にまったりさんがいたので、今までの出来事の話や、ドMの話や、ロリの話や、ブルマの話や、眼鏡の話やらをして料理を待つことに…。
そして、待つこと数十分…、来たのは恐ろしくデカい唐揚げ!
いや、確かに衣の部分も良いボリュームでしたが、それを差し引いてもデカイ!!

さて、ここでお待ちかねの実食の前に『いただきます』の挨拶をお漸ちゃんがする事に。
不意打ちのフリに困惑するお漸ちゃん…。
さんざ悩んだ挙句、意を決して話し始めた直後…、「いただきま〜す!」のジルちゃんの声www
それに併せて、みんな一斉に「いただきま〜す!!」で食べ始めwww
お漸ちゃん、貴方は本当にいいキャラしてますねぇ〜w
ちなみに唐揚げはデカすぎて、最後の一個は唐揚げだけで食べてましたw
でもおいしかったです、ごちそうさまでした〜。

昼食後、ランジェロさんがさらに合流し、いよいよ待望(?)のカラオケへ!!


■これがぼめんねオフ、最大級のイベント!? カラオケ大会の始まり、始まり〜!!

一同が『カラオケの鉄人』に到着し、導かれた部屋は…、普通のカラオケの部屋の3倍近い広さの部屋!!
「広い、圧倒的広さッ! かつて見たこともない広さッ! まさに広大ッ!!」
とにかく…、ただただ、広かったです…w
予約してくださったリュードさん、本当にありがとうございましたッ!

テーブルは大まかに3つあり、それぞれ思い思いに座るメンバー達。
その中で、ソ帝ユテーブル(4thさん、だっくん、ランジェロさん、紳士を中心としたテーブル)が自然と出来上がっていたのは、流石というか何というかw


さて、記念すべきトップバッターが誰かで不毛な譲り合いが発生していましたが、結局、先生、閣下、そして私&ジルちゃんの順でオープニングを飾ることにw
この部屋にはちょっとしたお立ち台のようなものがあり、とりあえずはそこで歌う事になっているようです。

勇気のいるトップバッターを務めた先生、そして何よりもみんなを盛り上げようと頑張ってくれた閣下には、脱帽です。
ここで我々も負けじと、ジルちゃんと一緒にステージへ!
歌う曲は勿論、『快盗天使ツインエンジェル』より、『ラブリー☆えんじぇる!!』
この時点でジルちゃんは…、かなり恥ずかしがってましたwww
私だって…、私だってなぁ…!!www

しかしそんな2人に、さらに追い打ちをかけるような事態が発生!
BGMが…、BGMが…、聞こえないwww
何故か元のBGMの音が極端に小さく、ボリューム最大にしてもほとんど聞こえないw
さて、これは別の曲で仕切り直しカナ? …と思っていたら、ジルちゃんがお構いなしに歌い始めたぞ!?
ここはすぐさま加勢し、結局そのままデュエットへwww

ちなみにこのお立ち台、位置的にモニターが見づらいので、覚えていない2番以降は(私だけが)お立ち台から降りて歌うという、ちょっとみっともない光景にw
とにもかくにも、色々ヒドイ立ち上がりでしたw


さて、色んな人が色んな曲を歌ったため、全てをお伝えすることはできませんが、やはり全体的に東方のボーカル曲が多いと感じました。
東方のボーカル曲は、お漸ちゃん、めるちゃん、ランジェロさん、暁さん、先生の歌が特に印象に残りましたw
お漸ちゃんは閣下と同じ盛り上げ役、めるちゃんはとにかく早いテンポの曲がお好き(のように感じただけです)、ランジェロさんは東方のボーカル曲に限らず何でも上手く歌い、暁さんはカラオケを歌う的な話を聞いていなかったのでちょっとサプライズ、先生は予想通りオールマイティに何でも歌える感じでした。

次に多かったのが、ロボットアニメシリーズ。
ガンダムを筆頭に、果てはJAM系まで歌われる始末w
特にJAM系の盛り上がり方は、もはや異常でしたwww
先日の疲れで若干名がお眠の状態でしたが、この時ばかりは目を覚ました事でしょうw
ちなみに、ガンダムシリーズの歌で一番盛り上がったのは『ターンAターン』だと思ったのは、私のエゴでしょうか? …そうですか。
他にも、さきょちゃんの「キラッ☆」が炸裂した『星間飛行』も見ものでした。
私もマイクを持って加勢しようと思ったのですが、マイクが見つからなかった上に、最初の件があるので、バックコーラスで自重w
さらに私は無難に『創生のアクリオン』などを歌っておりました…、ジルちゃんと一緒にw


カラオケが中盤くらいに差しかかったところで、何やら見たことのない顔が…。
聞いたところ、「えッ!? はくどうさん!?」
知らないうちに合流されていたようですwww
テーブルも何もないところに、お立ち台を囲むようにして地べたに座っているメンバーがいつの間にかできあがっており、そこにひっそりと混じっていたはくどうさんw
早速、母(アホ毛が嫁の者)として娘(マイが嫁の者)のところへw
それにしても、はくどうさんまで歌が上手だったとは…、全く存知あげておりませんでしたw

あらかじめ上手いと聞いていためるちゃん、ランジェロさん、先生はまだしも…、はくどうさん、パンダさん、リュードさん、暁さん、紳士までもがここまで歌える方だとは…、正直予想外でしたw
特にリュードさんは、もの凄い声量!!
声が枯れる気配も全くなく、部屋全体を駆け巡る…、もとい、他の部屋まで突き抜けるような、圧倒的なボリューム!
このオフ会の補佐を務めており、しっかりした性格に加え、常に落ち着き払った言動・雰囲気をまとっていたリュードさん。
しかし、それとは裏腹に…、カラオケではものすごいはっちゃけ(失礼w)ぶり!!
このオフ会で、リュードさんのイメージが270°くらい変わりましたwww

それに感化されたというわけではありませんが、私もここで何か単独で歌おうと企むことに…。
今回はジルちゃんとアレさえ歌えればOKだったのですが、ここは一つ、行きの新幹線の中で思いついた、ネタ用のアレを歌うしかあるまい!
というわけで、歌ったのは『よっしゃあ漢唄』を改造した、その名も『よっしゃあアホ毛唄』!!(コラ
一応解説をさせてもらうと、この元の歌は『CR花の慶次・斬』のテーマソングとなっています。
まぁ、『花の慶次』を知っている方は何人かいるかもしれませんが、コレまで知っている方は、多分いないでしょう…w
そんな良く分からないであろう曲に、カオスな歌詞を無理やり変えて歌う私…。
ジルちゃんの「ネタの歌は分かる人の前で歌わないと…」の言葉の深さを、身を持って思い知ることに…www
聞いていたみなさん、本当に…、本ッ当にお粗末さまでした…www
この歌は未来永劫、黒歴史入りとさせていただきますw
次は、神話幻想のボーカル曲(あるのかどうか分かりませんが)でも習得しておきますねw


さて、ここまで色々と面倒を見たくれたリュードさんですが、諸事情により撤退することに…。
誰にも気づかれないよう、静かに撤退しようとしたハードボイルドなリュードさんでしたが、私はしっかりとお見送りさせていただきましたw
ここまで本当にお疲れさまでした…、また会いましょう!


そしてカラオケも終盤に入ったところで、一つ気づいたことが…。
野球アニメやテニスアニメの歌が歌われているにも関わらず、『東方サッカー』の発端ともなっている、あのアニメの歌が歌われていないではありませんか!?
しかし、ここで(確か)RBさんがついにあの曲を選曲!
晴れて、みんなで『燃えてヒーロー』を熱唱することができましたw

歌う曲も残り数曲となったところで、お漸ちゃんが『チルノのパーフェクト算数教室』を歌うことに。
この時、どこかの誰かさんがこっそりと採点モードのスイッチをON!w
しかしそんなことはつゆ知らず…、元気に歌うお漸ちゃんw
そして歌い終わった後、突然の採点モード起動に驚くお漸ちゃんww
加えて、その採点結果にさらに驚くお漸ちゃん&ぼめんねオフメンバーの面々www
その点数、なんと『85点』!!
いや、この採点結果に驚くことは失礼なのですが、この得点には正直ビビりましたw

そして最後は、みんなで『サライ』を合唱して、カラオケは全曲終了。
最後に自然とみんなで手を振るあたり、このぼめんねオフメンバーたちの人柄がうかがえます。
この人達と出逢えて、本当に良かったと思います。


これだけ歌いまくり、飲み放題だったのに、何とお値段1人あたり1500円!
いやぁ、リュードさん、本当にあなたはすごいお方ですよw


■さよな〜ら〜、す〜るの〜は〜、つ〜ら〜い〜けど〜

カラオケが終わった後、帰りの電車に乗る時点で、ennさんが離脱。
ennさんとはそれほどお話していませんが、カタンでの屈辱は二度と忘れませんw(ぇ
また、対戦しましょうね!

そして、実は私も時間が押していることが判明…。
思っていた以上にカラオケで盛り上がったせいか、すっかり帰りの電車の時間の事を失念していたようですw
他のメンバーはこの先もあるので、東船橋についた時点で、『夕食を食べに行く組』と、『夕食を買いに行く組』に分離。
私は『夕食を食べに行く組』と一緒にぼめんねハウスに戻り、そのままとんぼ帰りすることに…。

なんだか中途半端なお別れになったのが残念ですが、まずは『夕食を食べに行く組』の全員にお別れの挨拶…。
最後の最後に、ランジェロさんが去り際に私の○○○をいじり出したり、ここまであまり話しかけてきてくれなかった紳士が、不意に手を差し出してくれたりした姿が本当に印象的で、とても嬉しかったです…。
そしてぼめんねハウスを出た後、途中で『夕食を買いに行く組』とも会い、ここでもお別れの挨拶…。
ジルちゃんとめるちゃんが、そのまま私を引きずっていきそうだったのがアレですが、「悲しいけど…、ここでお別れなのよね」
名残惜しくも、その場を後にしました…。


余談ですが、最終的に新幹線のホームに着いたのは、発車20分前という、危なっかしさw
こればっかりは…、間に合って本当に良かった…w
そんなこんなんで、無事に我が家に辿り着き、チャットで無事到着の報告(この時、ぼめんねオフメンバーは、すでにチャットを退室した後でしたが)をした時点で、私の『ぼめんね本オフ会』の全行程が終了しました。


改めて…、

まずはこのオフ会を企画し、集合場所の提供と、他にも色々と尽力してくれた、閣下こと、りるるさん。
そして、そのりるるさんのバックアップを務め、移動中の我々をずっと後から支え、面倒をみてくれたリュードさん。
さらに、今回のオフ会に参加はしていないものの、遠い地から心温まる贈り物をしてくださった、20さん、もげらさん。
最後に、色々な思い出やネタを提供してくれ、共に楽しい時間を過ごすことができた、参加者のみなさん。
本当に…、本当にありがとうございましたッ!!!


またいつか…、みなさんと会える日を願って…。



2009年 12月7日   たけみかづち