別名「不来方城(こずかたじょう)

国指定史跡

■腰曲輪南側の石垣
右端に、樹木で見にくいですが、彦御蔵が建っている。
盛岡城

《盛岡城の概要》

▲二の丸跡。この先の朱塗りの廊下橋を渡ると本丸。

 明治維新後、盛岡城は陸軍省の所管をへて、明治39年(1906)、岩手県が城跡を中心に整備を加え、岩手公園として開園しました。昭和9年(1934)に盛岡市に移管され、同12年(1937)国史跡に指定されました。現在岩手公園は、城跡の風格ある石垣に調和した園地の修景が行われ、春には桜、秋には紅葉が美しく、四季を通した憩の場として、広く市民に親しまれている総合公園です(現地説明板より)

▲腰曲輪(淡路丸)から見る本丸南側の石段と石垣。

城址碑と後方は「盛岡城三の丸瓦門跡」の石垣

▲腰曲輪東側の石垣。

▲白御影石(花崗岩)で積み上げられた腰曲輪西側の石垣。

▲芝生の真中あたりが坂下門跡。

▲腰曲輪西側の坂下門跡方向への坂道。横(西)から見た写真が右の写真です。

▲吹上門跡。

▲本丸の東・西・南を囲む腰曲輪(淡路丸)。右が本丸、後方は吹上門跡。

▲本丸西南角の二階櫓跡櫓台。

▲本丸東南角の三重櫓跡(天守台石垣)。1842年(天保13)、本丸三重櫓を「天守」と改める。

▲本丸跡。右後方が二階櫓跡、台座の左後方が三重櫓(天守)跡。

▲本丸御末門跡。

▲本丸東側に残る築城当時の石垣。石垣後方は、御末門跡。

▲二階櫓のあった本丸西南角の石垣。平坦部は、本丸の西、南、東を囲む腰曲輪。

▲本丸石垣(右)と二の丸石垣(左)の間は、空堀跡で、空堀上の橋はかっては屋根のある「御廊下橋」であった。

▲廊下橋手前から本丸を望む。二の丸と本丸を結ぶ橋は、当時「御廊下橋」とよばれた。

▲朱塗りの廊下橋を渡ると本丸。

▲二の丸東側石垣。奥は三の丸。

▲廊下橋と二の丸東南角の石垣。この石垣上には大書院があった。

▲二の丸跡。廊下橋から三の丸方向の様子。

▲三の丸西側の石垣
石が不規則に積まれているこの石垣は、江戸初期のもの。

▲盛岡城西側の、三の丸と二の丸の石垣。中央の右側、一段高い石垣が二の丸石垣。

▲盛岡城西側の真中を境にして、三の丸と二の丸の石垣。中央の左側が三の丸石垣。

▲三の丸跡から望む二の丸東側の石垣
奥は本丸。盛岡城は、1874年(明治7)にすべて破却され、石垣のみに往時の面影を残す。石垣は、城の丘陵から切り出した花崗岩が使われている。

▲上の「盛岡城跡公園(岩手公園)案内板」の現在地の場所。後方左奥に烏帽子岩が位置し、石垣は三の丸瓦門跡。

盛岡城内に残る唯一の建造物

      彦 御 蔵

盛岡城下の旧跡を訪ね歩く

■盛岡城の歴史■

盛岡城は1597年(慶長2)に鋤初め(すきはじめ)(起工)をしたと伝えられ、翌3年に豊臣秀吉の許可を得て本格的築城が始められた。本丸・二の丸・三の丸を中心に、腰曲輪(淡路丸)や榊山曲輪などの平坦部が配置されている。

■盛岡城跡・腰曲輪(淡路丸)の石垣群■

■二の丸西側石垣
この先は本丸跡。
■盛岡城の曲輪の並べ方は、連郭式。
本丸と二の丸を一直線に、いわば串団子状に並べた縄張。
【左上】内丸に移転された時鐘。盛岡市指定文化財。藩政時代、城下に時を知らせるため、時鐘が設置された。この鐘は、外堀(現盛岡中央郵便局裏)の土塁上にあったもので、1679年(延宝7)に鋳造された鐘。

【右上】三の丸北側、桝形門そばの堀と土塁。

【左】烏帽子岩(えぼしいわ)。三の丸跡、公園の北入口にそびえたつ巨大な岩石。城地を削って三の丸を整地しているとき、烏帽子に似た岩石が出現、古くからあった八幡社の宝として崇められた。
彦御蔵(ひこおくら)は、盛岡城内に残る唯一の建造物。
■三の丸から見た二の丸西側石垣。
盛岡城の石垣を築いたのは、石積みの名手として名高い穴太(あのう)の石工たちともいわれる。
築城時に、藩の重臣内堀伊豆が、その出身地の近江から連れてきたといわれる。
■二の丸西側石垣
比較的小さな石が整然と積まれた石垣は、一六八六年(貞享3)に完成。
それ以前は、柵をめぐらせた崖状になっていた。
■盛岡城は、完成まで四十年の歳月をかけ、以後明治維新まで南部氏代々の居城として続くが、明治以降、建物はすべて破却され、現在は盛岡城跡公園(岩手公園)として整備され、石垣が残る。
写真は、本丸下、西側の石垣。右上に上がって行くと、吹上門、本丸へと至る。
盛岡城は、東北地方にはめずらしい総石垣造りの城で、会津若松城、白河小峰城とともに東北の石垣造りの三大名城のひとつ。
建築年代 江戸時代後期(推定)
建築概要 木造2階建(土蔵造り)
外壁〜漆喰塗り仕上げ
屋根〜切妻造り、瓦葺
特徴 城地内に建てられた現存する唯一の土蔵造りの蔵。参勤交代の道具蔵として使用されていたと考えられている。
移転経緯 菜園1丁目にあった彦御蔵(ひこおくら)は、平成元年3月に「下ノ橋更ノ沢線」街路事業による道路拡幅に伴い、東へ約100m寄った盛岡城跡南側石垣下の現在地に移転。移転は曳家工法で実施。その後平成4年から平成5年にかけて、瓦の葺き替えと壁の補修を行う。
■彦御蔵と腰曲輪南側(中津川より)の石垣

【所在地 岩手県盛岡市内丸】

盛岡城周辺図

盛岡城北側の市街地を望む

地域別訪問城&訪問城マップに戻る


■一五九〇年(天正十八)、藩祖南部信直(のぶなお)は、豊臣秀吉に所領を安堵されて近世大名の地位を確立し、翌年、九戸政実の反乱を平定。その後(一五九七〜九八)、新城の築城に着手し、二代利直(としなお)が引き継ぐが工事は難航。三代重直(しげなお)の時に、本格的な築城工事が完成。
しかし、一六三四年(寛永十一)、落雷で本丸を焼失。二年後、御新丸御殿が完成。新城は、はじめ不来方城と称したが、利直の時に森ヶ岡城と改称、さらに「宝の珠の盛る岡山」の意をこめて、盛岡城とよばれるようになったといわれている。
写真右は三の丸西側石垣、写真下は二の丸西側石垣。
■遺構
主な遺構は、本丸、二の丸、三の丸、淡路丸、腰曲輪、榊山曲輪、石垣、堀、彦御蔵など。
■見どころ
南側の腰曲輪(淡路丸)の石垣群や、西側の三の丸石垣、二の丸石垣と、本丸の石垣、築城当時の石垣、また野面積、打込接などの様々な石垣を見ることができる。
盛岡城図の上が南、下が北になります。
内丸・三の丸・二の丸・本丸・腰曲輪をめぐる

【左上】
三の丸瓦門の石垣

【右上】
城内側から見た瓦門。桝形を構成

【左】
三の丸跡

紅葉の盛岡城跡公園・岩手公園

■交通ガイド
JR東北本線・東北新幹線「盛岡」駅から盛岡都心循環バスで約10分「岩手公園」下車。

訪問した時はレンタサイクルを利用して、城跡および周辺を巡りました。レンタサイクルは、盛岡駅を背にして開運橋手前の左側角にある佐々木自転車さんが営業しています。

■盛岡藩(南部藩)二十万石の居城。
中津川と北上川古川が城の直下を流れ、両川が合流する三角形の丘陵不来方の地に建てられた平山城。
写真は中津川と盛岡城跡。