{天草四郎軍が激戦を展開した城}

【歴史】
 原城は、明応5年(1496年)、領主有馬貴純が築城したものといわれ、別名「日暮城」と呼ばれている。平山城で、島原湾に面して岬を利用した要害である。城構えは、本丸、二の丸、三の丸、天草丸、出丸などで構成されている。

 慶長19年(1614年)、島原藩主有馬直純(14代目)は日向国県城(宮崎県)に転封され、その後、元和2年(1616年)、大和五条(奈良県)から入部した松倉重政は、一国一条令により原城を廃城とした。島原城の築城にあたり、構築用の石材として、この城の石垣等を運んだものとみられている。松倉氏の藩政は、領民へ苛酷な賦役と重税を課し、キリシタン弾圧など厳しく行った為、寛永14年(1637年)天草四郎時貞を盟主として、「島原の乱」が起こった。キリシタンを中心とする一揆勢2万8千余人が籠城、幕府軍と果敢に戦った。原城は領民が88日間立て篭もった「島原の乱」終焉の地である。

 島原の乱後、徹底的に破壊され、ほとんどなにも残されていないとされてきたが、平成4年(1992年)から始まった発掘調査により、十字架などのキリシタン遺物のほか、巨大な虎口の遺構や石垣が確認された。島原の乱当時は城としての機能を備えていたものと考えられる。

本丸跡への案内標識
左に行くと、大手門跡。右が本丸跡。

「本丸虎口跡付近の石垣遺構」
原城の構造は大きく、石垣づくりの本丸部分と、土づくりの二の丸・三の丸地区に分けられる。本丸部分は高石垣とともに、巨大で複雑な虎口空間を有していた。石垣は、島原の乱ののち、徹底的に埋められていた。
写真の絵図は島原の乱の戦闘図で、描かれている石垣の張り出し部分はこの場所(櫓台石垣)と推定されます。幕府軍は石垣をよじのぼろうとしているが、一揆軍は上から石などを投げ落とし必死で防戦しています。
「写真と文は説明案内板より」
石垣内隅部破却状況
  (現地説明案内板より転載)
原城

所在地 長崎県南島原市南有馬町
別名 日暮城(ひぐらしじょう)
文化財指定区分 国史跡(城跡)
遺構 石垣・堀・曲輪跡・門跡
再建造物 無し

▼原城本丸跡の石垣遺構

▼築城当時の遺構〜城壁跡
島原藩主松倉重政は、一国一城令により原城・日野江城を廃城とし、島原に本拠を構え、島原城(森岳城)を築城するため、ほとんどの石を運んだ。この石垣は、取り残された築城当時の遺構である。

▼田町御門跡
一揆軍の口ノ津次郎兵衛・千々石ノ作左衛門等を中心に、小浜・千々石・天草上津浦の千四百余名で守備したところである。後方は原城本丸跡。

▼櫓台石垣上より見る田町門跡・天草丸跡
後方は、島原湾、口之津、天草方面を望む。

▼破壊され埋め込まれた石垣

原城跡碑

天草四郎像

▼本丸から北方向(二の丸跡・三の丸跡)の眺望
駐車場のすぐ右が空堀跡。右端後方は雲仙岳。
城跡はのどかな水田や畑の風景につつまれている。

▼本丸跡
中央の像は、天草四郎像。右に池尻口門跡が位置し、左手に本丸虎口跡がある。

▼本丸の裏門〜池尻口門跡
近年の発掘調査によって、地下に眠る歴史の真実が蘇りつつある。

▼空堀跡から見る本丸跡
手前は駐車場になっている。

▼二の丸より本丸を望む
畑(二の丸跡)と本丸の窪んだ間の所が蓮池跡。

史跡原城跡案内図(現地案内図より転載・加筆)

▼田町門跡辺りから望む原城本丸跡
原城は、島原湾に突き出た標高31mの高台にあり、断崖を背にした要害に築かれた。

原城三の丸と板倉重昌碑
原城跡入口から少し東に行くと「原城三の丸」の標識と、板倉重昌碑があります。
徳川家光の命で幕府軍の統師として奮戦。寛永15年(1638年)正月に戦死した板倉内膳正重昌の古碑。

本丸を囲む石垣
石垣下の道は、本丸の裏門である池尻口門跡へと続く道。

本丸の巨大虎口〜本丸虎口跡
もっとも本丸寄りの出入口で、正面の門にふさわしい格式ある櫓門が建っていたとされる。

■地域別訪問城に戻る

(左)櫓台跡
 築城当時、天守相当の重層の櫓があったと推定される。
(下)櫓台石垣
 島原の乱後の幕府による現地処理で、徹底的に破壊され埋め込まれた石垣張り出し部分。口之津、天草方面を見渡せる絶好の場所である。

原城二の丸跡
原城跡は、本丸以外は一面の畑ですが、元来の原城は、本丸を中心として二の丸・三の丸・天草丸・二の丸出丸・鳩山出丸を備えた広大な城であった。

史跡 原城跡を訪ねる

空堀跡
島原の乱で防衛用に築かれたもの。東側の蓮池と通じて本丸の孤立を図った。籠城時には竹や木で柱を立てて上部を茅で覆い、老人・女性・子供などの非戦闘員を収容したといわれる。

櫓台石垣西側部分
堅固な石積みだが、隅角部が徹底的に破壊されている。

石垣内隅部
石垣の上部分を取り壊し、その石や裏込め石を投げ込み埋められていました。
埋められていた石の他に大量の瓦も出土しました。
瓦の出土は、乱当時何らかの建物があったことを示唆するものであり、廃城であったという定説を見直す大きな資料といえます。