TOP | MEMBER | HISTORY | LIVE REPORT | BBS | LINK | CONTACT

プロデューサー * 作曲家 幸 耕平

  横浜商大卒。
  キューバ音楽に魅せられ、1971年、パーカッショニストのラリー寿永氏に師事。その後、スタジオミュージシャンを経て、トランザムに参加。
  吉田拓郎や井上陽水をはじめ当時活躍していたシンガーソング
ライターのライブや、レコーディングに参加する。吉田拓郎の「嬬恋の5万人コンサート」にも出演。
  トランザム脱退後、作曲家になる。
  デビュー曲は1976年、石野真子:ジュリーがライバル、川島なお美:シャンペンNO.5。代表曲はバーニングラブ(石野真子)、常
夏娘(小泉今日子)、今夜は離さない(橋幸夫)、乱れ花、 愛にゆれて(大月みやこ)、紫陽花(五木ひろし)星の旅びと(石川
さゆり)。

リーダー 高橋 ゲタ夫 * ベース

  1976年、ジョン山崎&スクールバンドでレコードデビュー。以来、数多くのセッション&レコーディングに参加。
  1994年ビデオアルバム、「高橋ゲタ夫 ラテン・ベース・ベーシック」を発表。
  Jazz Latinoグループ「ハバタンパ」や森村献、NORAと共に、キューバ、メキシコ他、中南米4ヵ国公演。グループ「はぽにやす」や三宅純らと、欧州8ヵ国他、熱帯ジャズ楽団NY公演など、海外公演も多く活動している。
  1999年より「ゲタイート デル ソン」をスタートさせ、寿永アリサのデビューアルバム「Son de Alisa」をプロデュース。

中島 徹 * ピアノ

  1964年 兵庫県生まれ。
  大学在学中より、関西のライブシーンで音楽活動を開始。ピアニスト及びトロンボニストとして、ジャズを基盤にラテン、ブラジル音楽等にも深く傾倒、沖縄音楽や日本の伝統大衆音楽をベースにしたバンド・セッションに至るまで幅広い分野に顔を出している。
  2001年、2002年、国際交流基金からの文化使節として派遣された自己のリーダーバンド「LatinJazz−Japonismo〜はぽにやす」でヨーロッパ各地、4カ国10都市を公演。2001年秋、シアトルでの"Earshot Jazz Festival"に 「C.U.G.Jazz Orchestra」のメンバーとして招聘される。現在多数のバンドに参加している。

斎藤 崇也 * キーボード

  1972年 東京生まれ。
  東京外国語大学フランス語科卒業。在学中より、ジャズ、ラテン音楽の様々なバンドセッションを経験し、都内ライブハウスを中心に演奏をするようになる。
  キューバのサルサや、ソンなどにも深く傾倒するようになり、在日キューバ人ミュージシャンとも多数共演。数回にわたるキューバ公演も含め全国的に活発なライブ活動を行い、TVCMの音楽製作、NHKの番組への音楽提供等、ピアニストとして、幅広い分野で展開している。

藤井 摂 * ドラムス

  1965年 東京生まれ。
  1986年、アメリカのミュージカルグループ、Up with peopleの世界ツアーに参加。プロとしてのキャリアをスタート。
   バークリー音楽院卒業後、ニューヨークに活動の拠点を移し、10年間アメリカで活動する。各アーティストのサポートを経て、高橋ゲタ夫 Guetaito Del Son、寿永アリサ、赤木りえ、マリーン…その他様々なスタイルのセッションやレコーディングで活動中。

木村 キムチ 誠* パーカッション

  1954年 熊本市出身。
  22歳の時にプロ入り、以来スタジオミュージシャンとして活躍。 久保田利伸、尾崎豊、竹内まりや、平井堅などの様々なアーティストのレコーディング、及びコンサートサポートメンバーとして活躍中。
   パーカッショニストとしてオルケスタ デル ソルの主要メンバーでもある。
  1981年、カルロス サンタナとも共演した。

コスマス カピッツァ* パーカッション

  1990年 SONYにてバンド契約(Kazziba、 Bingo Bongo)をする。
  その後、日本人サルサバンド「Orqesta De La Luz]の正式メンバーになり、1993年から1994年、ワールドツアーを行う。
   その他、「ママドゥ・ドゥンビアとMandinka」、「松岡直也」、「葉加瀬太郎」等、CD録音、ライブ等に参加。
  現在、Free Session Musicianとしてあらゆるジャンルのミュージシャンとライブ活動(演奏)を中心に、個人のプロジェクト、「Randomscape](映像&パーカッション&ベ ース)、「Planetsensorium」をスタートさせた。

小坂 武巳* トロンボーン

  1965年生まれ。
  1987年大阪音大を卒業。以後、様々なアーティストのレコーディングにも携わり、サポートメンバーとして活躍(矢井田瞳、矢沢永吉、堂本剛など)。
   バーナード・パーディ、 レイ・チャールズとの共演も行なった。 その他、ライブ、セッション、アレンジ等でも活躍している。

加塩 人嗣 * サックス

  鹿児島市出身。
  鹿児島大学在学中にジャズ研究会にて演奏活動をはじめ、その後プロに転向。
  小野満&スイングビーバーズ、松本文男&ミュージックメーカーズ等のオーケストラに所属したのち、フリーのプレーヤーとして、多くのツアーサポートやレコーディングに参加。現在多数のバンドに参加している。
  ジャズ、サルサ、ボサノヴァ、フュージョン、吹奏楽などの幅広い分野で国内外の ツアーやレコーディングなどに参加し、精力的に活躍中。

ルイス バジェ * トランペット

  1972年キューバ ハバナ出身。
  1993年「ユムリ・イ・スス・エルマーノス」を結成。デビュー曲「Crocodrid de agua sala」は10週連続1位を記録。
  1994年初来日後、97年秋、活動の拠点を日本に移す。1998年「トロピカンテ」と「アフロキューバミーゴス!」を結成。またオマーラ・ポルトゥオンド、ロベルト・フォンセカ来日公演の際、アーティスト及びミュージックサポート役として活躍。
  海外では、Maraca y Otro Vision の米欧州ツアーやレコーディングに参加。2002年全ブラス(トランペット&バルブトロンボーン)で参加したMaracaの「Tremenda Rumba」 は 2003年グラミー賞 Best Salsa Album部門でノミネートされた。現在、日本で活動中。
Copyright (C) 2005 FRIEND HOUSE. All Rights Reserved.