和室の名称一覧

・鴨居(かもい)= 
ふすまや障子などをはめ込むレールとして設けられた上部の横木。下部の横木を敷居と言います。
 
・違い棚= 
床の間の横の壁面に設けた飾り棚。
 
・長押(なげし)= 
床鴨居の上部などに、柱から柱へ水平に取り付けた化粧材。
 
・床の間= 
座敷正面に設けられた掛軸・置物・花瓶などを飾る場所。床の間に用いる化粧材を床柱と言います。付書院(つけしょいん)=床の間のわきの縁側に張り出した机のような台で、前方に明かり取りの障子をつけたもの。
 
・袋戸棚(ふくろとだな)= 
床の間のわきに設けられた襖のついた戸棚。上部にあるものを天袋、下部にあるものを地袋と言います。
 
・雪見障子= 
紙貼障子の下部に透明ガラスをはめて、上下にスライドする小障子をつけたもの。
 
・欄間(らんま)= 
天井と鴨居の間に、採光・通風などのために格子や透かし彫りの板などを取りつけた部分。


ヾ髪鐡薫罅´竿縁 M鶸屐´ぞ壁(下り壁) ゾ禹辧´ι媾餘 ´Ь押´┥菓據

狆潜り(ちんくぐり) 天袋 地袋 地板 廻り縁 落掛け 床柱 按貳帖´碓磴っ

寸法の色々

aテーブル 幅150×奥行45cm b座卓 幅150×奥行45cm                                   以上