jazz 音楽

      Jazzの 起源は1910年頃で、すでにアメリカ ニューオーリンズで黒人達が集まってトランペット・トロンボーン・クラリネット等を持ち、自由に演奏を
      はじめ、シンコペーションを多用する演奏が特徴です。初期 にはデキシーランド・ジャズが全盛でした。1930〜1950代にはスイン・グジャズが盛んなりまし
      た。近代になりモダンジャズになり、ビパップ・ハードパッ プ・ハリージャズ新主流派ジャズ等々今はフュージョン、等変遷してきました

      アーティ−・ショー(クラリネット)  ベニー・グッドマン(クラリネット) チャーリー・パーカー(アルト。サックス)  オスカー・ピーターソン(ピアノ) ライオネル。ハンプトン(ビィブ ラホーン)等々一流のプレーヤー
         が多数排出しました。 かの有名な、ルイ・アームストロングはトランペット奏者でデキシー。ランドジャズのパイオニア的存在でした。  今はすでに、すべての方が亡くなっています。



昨年7月28日 七尾マリンパークMonterey Jazz Festival inNOTO での素晴らしいLiveで す。このLiveは平成元年以来もうすでに18回を数えています。
   上はデキシー・ユニオンの素晴らしい演奏です。
 このLiveのメーンである,渡辺貞夫とそのグループ2006
 With ESCORA JAFRO(太鼓チーム)/コーラスグループ景
です。 パーカッションを入れた、とても新しいサウンドを聴かせてくれました。 皆さんはご存知でしょうが昨年は叙勲を受けているジャズ界の大御所的存在 です。

森下 滋 カルテットとジャズボーカリスト伊藤君子 featの
演奏です。  ピアノ サックス ベース ドラムの編成ですが、ともにソロ演奏が素晴らしい。伊藤君子のボーカルも大変テクニシャンでアドリブ素晴らしく 自然とボデースイングし、そして手をうち、足を踏み、声を発する 興奮のルツボ!!!!



野々市町文化会館(フオルテ)で開催された、恒例の第 12回Jazz concert BIGAPPLE innonoiti 2006
出演 ニューヨーク set クインテット 応援出演 金大ジャズバンド ソサエティー ジャズボーカリスト 津荷裕(19)
彼女はニューヨークでバリー・ハリスン   ジャネット・フランクに師事する。   名の通り5人編成のジャズバンドです。 会場を圧倒する素晴らしい演奏   それに津荷裕子のアドリブの効いたボイスで魅了する一夜でした。
   グループただ一人の白人プレーヤーである ピアニスト・ベニー・ グリーンの演奏。 彼は素晴らしい テクニシャンで、 圧倒される演奏でした。


金沢オペラ祭が金沢城内で一週間にわたり開催され、その五日目に 「札 幌ー金沢」  空を翔るJazz が十日夜、矢野沙織カルテット、金沢、札幌のジュニアJazzバンドの出演で始まる。
              
                                     
                                         
                     

  JAZZ入門 T    JAZZ入門  U                      
                  トップ                               



   矢野沙織のジュニアバンドに応援出演
金沢城のライトアップにより幻 想的なシーン