三重スロ2002in四日市

40時間耐久三重スロ記2002




はじめに
三重スロ。これなんだかわかりますか?普通の人はわかんないはずです。わかるあなたはかなりのスロキ○ガイ。
わかんない普通の人のために詳しく説明したページがあるので、下の青いとこをクリック。
ヽ(`Д´)ノだから三重スロって何よ?ヽ(`Д´)ノ  ←説明ページにジャンプ。詳しく知りたい方、どうぞ。
三重スロ参加の手引きでもあります。チェックして損なし。
まあ、簡単にいうと、毎年12月31日〜1月1日にかけて、三重県に限り閉店しなくてもよいという、
風営法?の特例が適応され、その結果最長で40時間営業が可能になるというものです。
これを、三重スロと呼ぶのですな。ただ単純に三重に旅打ちに出るってわけではありません。
んでその閉店しない年越しスロを打ちに三重県まで行ってきた、というわけです。
このページでは三重スロ体験記を前面に押し出しつつも、スロページとして毎週更新していきたいと思っています。
三重スロ記をお楽しみいただきたい人はこのまま続きをお楽しみください。

もう三重スロ記は読んだ。日常のスロページを見たい。方は→三重スロ以外のスロトップページへ
掲示板への書き込みも上のページからお願いします↑

それでは本編です

三重スロ記〜出発〜
12月30日夕刻、京都の自宅を友人と二人で自動車で出発。名神(高速)は岐阜を通るので、三重県へは1号線をひたすら進みます。
※大阪、奈良(以西)の方は名阪国道を使えば早いです。名古屋以東の方は東名阪(高速)が便利。
年末ということもあり、道路はすっかすっか。あっという間に三重の玄関、「亀山市」に到着(通過)です。
ここのパチ屋も36時間営業していると思うのですが、四日市に友人宅があるので、今回は四日市近郊で実戦です。
津や松坂、名古屋に近い桑名でも多分36時間営業している店はあると思うので、店に確認してみてください。
しばらく1号線を走ると、四日市に到着しました。友人宅に行く前に、界隈を早速下見です。(人間的に順序が?)
京都からの道中ではいくら負けるか、という心配からテンションは最悪だったのですが、
四日市のパチ屋の明かりをみるなり、なにやら言葉では言い表せない何かがこみ上げてきました。
テンションはあがり、口数が増えます。自分でもかなりのスロキ○ガイだと思える瞬間でした。

〜下見〜
下見ですが、三重に出発する前に、某パチンコサイトでよさげな店を検索しときました。
前日下見には限界があるからです。下見に行った店の設置機種がアラジン、サバ、キンタロ、ゴッドだったら寒いでしょ?
んでまず候補地でもあり、友人宅から近い「マルハン四日市店」に向かいました。
ここの設置機種で打てそうなのは、プラネットくらいだったので、36時間営業を確認して早急に退店。

ここでちょい補足
よっぽどのブルジョアでもない限り、「全台設定1」が予想される三重スロですので、
設定1でも甘い機種を打つということが、ここでの至上命題なのです!超重要。!

さて本題に戻ります。
次は以前行ったことのある「Lプラザ」に向かいました。(時間にして10分かからない)
が、マルハンを出てすぐ、「マリオン」と書かれた看板が、、、ゲーセン?ビリヤード?第一印象はそうでした。
同伴している名古屋人の友人は一言、「これ名古屋にある、パチ屋。」、、、、よってみることにしました。
※この「マリオン」国道(旧1号線)からは建物が隠れるように建っているので、すごくわかりにくい。
入ってみると、すごい客付。ゴッドを筆頭にかなり出てます。昨今のAT機は出玉で設定を判断するのは危険なのですが、
稼動や換金率(5,5枚)を考えると、まあそこそこ、なのではないでしょうか。
この店なら、もしかすると、全台1ということはないかも?との淡い期待をもたせてくれます。
設置機種を確認すると、ありました、お目当ての「ガメラ」。しかもガメラは友人の希望台、アステカRと隣り合わせじゃないですか!
わかりやすくいうと1列のうちにガメラが半列、アステカRが半列という構成で、隣りあわせなのはちょうど真ん中だけです。
当然設定1確定の「バラエティーコーナー」や「ペアシート」ではないですよ。(重要)
この瞬間、実戦店はここ「マリオン四日市店」に決まりました。40時間営業するそうですし。(世界最長だそうです)

ここでもういっちょ。ガメラ選択の理由について。
まあわかるとは思いますが、ガメラは設定1でも甘い。というか、某雑誌の記事では設定1でも
フル攻略時の機械割りが104%だそうです。
このフル攻略時という響きが味噌ですが、ガメラはハズシミスは皆無、取りこぼしも注意していれば、
ほぼ防げる上、逆ハサミで打てば、演出の有無にかかわらず、成立ゲームを見逃すことはありません。
1枚掛けも出来ますし、成立後は素直に揃います。
と、いうことからフル攻略はほぼ可能というわけです。=ほぼ104%を期待できる。
ちなみに大花火。こちらは、保険ハズシの裏目パンク、そもそものハズシミス、成立ゲームでの見落としが、
個人差はありますが、頻発ないし多発します。ハズシについては多くを語りませんが、
成立ゲームでは、リーチ目が100%停止する制御はないという事実を忘れてはいけません。
毎ゲームバー下段ビタ、中リールは下段にドンをビタ、右リールは枠上にドンをビタ、、、
という打ち方をひたすら繰り返すならば、話は別ですが、不可能です。
成立ゲームについてうるさくいいましたが、これは現代スロにおいて最も忘れがちで重要なポイントです。
個人的にDDT、KKKと呼ばれる(死語)子役回収打法は、子役を取りこぼすコインロスを防ぐことよりも、
成立ゲームを察知しやすいというメリットの方が大きいと思います。(台にもよりますが)
ジュウオウの中押しは正にその典型ではないでしょうか?

余談が長くなってしまいました。
実戦店と実戦機種が決まったというところまで、お話しましたね。
それでは、ようやくの?実戦記をどうぞ!↓
ガメラVSアステカ 第一ラウンド

三重スロ以外のスロトップページへ

Counter
アクセスアップは相互リンクで 相互リンクDEアクセスアップ! パチスロ・パチンコ攻略!