BBS Old Contents

掲示板への入り口 アニメイレコム

たとえば何かを失うとしても
守ってゆかなきゃ・・・ひとつだけは



top/最下/ 2月


【2009年 1月】

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

/1

昨年は、日本支配系統に暗殺された、次男弟の喪中であった。ちょうど一周忌がちかい。
やはり暗殺された三男、6周忌がそろそろだ。


今年も新年あけ早々、YC腰越で元旦の新聞を待つ深夜から、激しい攻撃を受けた。
殴る蹴るが廃れた組織暴力は、殺人的プレッシャーだけで人を傷害し時に殺害する。

おい、大丈夫なのか、などと、たとえ話にしながら聞いてくるが、
その瞬間に心臓めがけてはげしいプレッシャーを撃ち込む。
もはや電気ショック、無理矢理わしづかみ、そういうレベルであり、その場で倒れそうになるのをこらえているのであり、

いわば殺人犯罪である。

宗教ゴロの一柳から、
与野党各政党代表みたいな一人一人(民主っぽいのから自民っぽいのから、なぜかコレクションみたいにひとりづついる)まで、
きょうはなんだか意気投合して、みなプレッシャーを撃ってきた。

なんだか昨日に書いた記事に、相当攻撃したくなるくだりが含まれていたようだ。
「悪党は壊滅させる」とか書いた気もするので
そのままオウム返しに「てめえを今日ここで始末してやる、きょうやっちまわねえとキリがねえ」というふうに絡んできていた。

よって、ここの社員に猫なで声されても、からかわれているとしか思えん。

http://www.geocities.jp/psyonterra/0812.html#31
このへんの言葉尻を根に持ったのだろう。
さすが、サブプライムもWeb2.0もわからんくせに、国家社会を裏から支配しようなどと不遜なことを考える低学歴の連中だ。
かれらのようはバイオレントイデオロジストのために、日本がどれだけ足引っ張られていることか。
合理と科学の見地で、国家社会がいまやらなければいけないことに、
イデオロギストの狭い狭い見地で、いちいち邪魔立てをしてくる。

ぶっちゃけ、右翼左翼宗教、あと旧態政党、これらが国を潰す勢いだ。
だが連中としては、暴力をふるってでも彼らの持論を通し、無理矢理言うことを聞かせるのが、正しいと盲信している。

しかし、やれブログや日記くらいで目くじら立てられたんでは、たまったもんではない。
たったそんなつまんないことで、兄弟を二人も殺され、おれも日々弱り病状が悪化している。薬を飲もうが運動しようが良くなるためしはない。

俺が殺されるときは、日本も道連れにしてやる。
なるべく、悪いやつと、偉いやつだけがすごく困るような、ご都合的な滅亡へと追い込んでやるとも。

家族を殺され、実家を潰され、そういう巨悪の謀略に家族みな疲れ果て疎ましくなり一家離散、

この散々な思いや、弱り果ててやつれた体の痛みを、
思い知らせてやる。


やっぱりというか、
今年もさっそくミソがついた。

今年はさすがに身投げか餓死を選択するかもしれぬ。
病苦きわまってきたし
この詐欺泥棒国家に、奴隷としてこき使われ、罪だけなすりつけられるのも嫌気がさして。

いつまで、社会底辺に閉じ込められていればいいのか。
明らかに、政府機関や与党が命じているのだ。日々ごろつきとけんか同然の政争抗争ばかりするように、
衰弱、疲弊、突然死、そういう日々であるようにと。



元旦の新聞は、辞典くらいに厚くなる。
中継スポットに、10や20の梱包が並ぶ。

問題あり。TELする。
着てない業界新聞を「いや、そこにあるよ」とうそをつく社員。
中止取り置き分の新聞まで、わざと持ってくる。20近くあるのに。

膨大な手間の増加。(TEL、余分なおもたい新聞を運ぶ)
時間を無駄に費やす。(重くて進まない、TELや二度手間配達の増加)

わざとやってんだろ。
そういう嫌がらせを毎日毎日やられている。


これ以上、犯罪者を増やす、罪人を増やす、”空気支配システム”を稼動させるわけには行かない。

それに少しでもかかわった小市民さえ、
断罪だの、殺人要求だの、物騒で、ネガティブな、ことばかりに通じていく、
明るいことをいわなくなる。

空気感染の、伝染病だ。

政府もしくは、思想ゴロ勢力が、撒き散らした。

もはや枯れている。
もはや問題ばかりである。機能していない。

ゴロがいかに稼働のみにこだわり、自分だけのワガママを実現させようとしても、
公益に反する、問題改善へ動かない、
以上は廃止するしかない。


きのうは小沢をほめたからにこにこする、
きょうは小沢を批判したから危害を加える、

そういうゴロが、
異なる勢力ごとに一名づついるような、(自公民共社など)

物騒極まりない職場で働いていくのは、さすがに無理だ。

毎日毎日、どいつもこいつも、コロコロと態度を変えやがる。

業界ゴロに服従を強いられる国政は、
つまりは日本は、沈没していくのだ。今年から。

端的には、これらイデオロギーゴロ(というか単なるオコボレ欲しさのハイエナ)
のせいだが、

結局は、捻じ曲がった繁栄の反動、
つまりは為政者も市民もひっくるめた全体責任であろう。

ここ数年を振り返るといい。
はたして、上層部だけのせいだったかを。

正しく事実を認識するには、
リテラシが要るが。
インテリジェンスも要るが。


現実を正しく知れば、
5年くらい、日本を離れているのが望ましい。
バカどもがバカどもだけで、きちんと問題解決できて、
上昇機運をつかめているのか、
たぶん無理だろうが、

海外から様子見する人間の勝ちだ。

インテリが支配や権威におらず、
アホやゴロがそういう場を占拠しているような、

おそろしい構図の国家とは、そうなる。
ボーイング747を、アホゴロツキが、好きだからって、ほしいからって、操縦するようなもんで。


むろん、素人でも、操縦できちゃうやつはいるが。
そういう人間は。頭がいい。マニアだから精通もしている。

ごろつきは、バカしかいない。
バカで、自分で論理立てた思考ができないから、
親分だのに服従して、自分は暴力をふるう係に甘んじている。

 ◇

朝日RSS
大麻所持容疑で慶応大学生を逮捕 神奈川・藤沢

またきた、住所周辺での不吉急増。
いま藤沢茅ヶ崎平塚小田原あたりで、急増中だ。
こないだも新幹線に飛び込みがあった。医療過誤も報道された。
湘南モノレールは事故ったばかり。周辺で崖崩れも起きた。

たまたまだが、たまたまじゃない。
官尊民卑な、政府筋自演魔術。
政治ゴロ的勢力の、テロ的自演魔術。

けっきょくは魔術なのだが。

魔術の乱用は、悪魔憑き。

悪魔憑きが増えると、世の中がすさむ。破壊衝動で動く、破滅因子の勢力、活動、ばかりになる。

しかも、破壊滅亡因子でも、都市中枢で多人数で大いばりしていると、その実感がない。
底辺や、辺境や、俯瞰傍観、
外側ばかりが気づいても、中枢は聞く耳を持たない。

08年、日本の人口5万1千人の自然減 減少幅最大

ほんとうに自然減か。
おれは、自然死を偽装した、「暗殺」が増えているのもあると思う。

心不全、脳溢血など、血行系が多い。魔術で体調を操っての暗殺は。
事故死や自殺などもけっこう怪しい。
ながおか衆院議員や松岡農相は自殺誘導を仕組まれた「暗殺」である。
平沼衆院議員も脳溢血誘導で倒れたがまだ健在だ。

不都合とみると、次々暗殺して済ませようとする。
英米式グローバルという親玉と、
その忠実な子分の公明創価に、ついで自民右翼系、
異常だ。すっかり政界は異常な暗殺陰謀の鬼悪魔になってしまった。

一般市民だけじゃないのだ。内側の議員や役人とて危ない。
厚生官僚暗殺もその顕著な例だろう。

YC腰越にあつまっている、各方面のゴロも、けっきょくはそうした人殺しの一部である。当人たちはどこまで深く考えないパシリでしかないが。



ああした”政治ハイエナ利ざや”しか頭にない連中の、
頭悪く、せまいせまい悪行によって。

生活も、健康も、人生も、なにもかもむしり取られ続けて6年間以上を生きてきた。

今年も正月はトーストとカップラーメンだけだ。
ちょっと生活必需品、原付くらいの買い物しただけで、蓄財は底をつく。わずかでも蓄財できるようになっただけましだが、
そのぶん職場のゴロ連中に日々向き合わされる。

日本が、ゆるせない。
にほんの許せない部分、患部を、徹底して懲らしめる年としたい。

親父の時代からずっとだ。
家族ぐるみで、ひどい目に遭わされてきた。
隠れた秘密監視暗殺社会体制。20世紀日本の汚点。悪行。悪癖。


今朝の読売でも、方々で急増中の記事が。
「0と1、ONOFF、二進数で判断する社会に、人々が疲れている」
二人の大学教授の提言だ。

バブル前くらいまでは、古来日本の、対人に寛容な風土が息づいていた。
やれ権利だのややこしくなり、簡単に味方を敵にする、すぐ訴える、

0、1社会になってしまったと。

このままいくとおれは、この0,1社会に暗殺される。

もう体はグロッキーを通り越し、過労死の際にある。
政争追い込みと、楽ではない肉体労働と、ダブルトリプルパンチ。

とはいえ、組織悪や、
排他的で誰彼問わず敵視して自分から挑みかかる、オウム的なカルトまで、
野放しに許したり寛容でいいはずもない。

悪党ほど「やんの?やっちまうぞ、文句つけんな、もちつもたれつだぜ」などと、定型句でつけこんでくるものだ。
自分や家族が、殴られた、殺された、ゆえにこちらが正当に抗議しても、そのように返答される。

確実に、たちのわるい悪行、組織悪は、社会に浸透している。
昔に戻ればいいというものでもない。

過去現在未来、良きアセンブルへ導くことが望まれる。

はっきりいって、今朝みたいに挑みかかってくる宗教ゴロや政治ゴロだらけのYC腰越に、二度と出向きたくもない。
そうやっておれを社会から追放して満足している、政治ゴロばかりがひしめく日本は終わっている。
読売グループや、もっと大きな社会悪ぐるみで、どれだけの人間を追い込み、追い出し、実質殺しているのか。

人殺し国家日本よ、

すこしは、良くなる気はあるのかと。

おればかり責めてくる、危害を加えてくるが、

いちばんたちの悪いこの、国家、社会、国家悪、組織悪よ。

おまえらは、いつ自浄作用を持つんだ。

うわ、いまTVKで創価学会のCMが。この殺人カルトが。









/2


三が日だろうが、襲いかかってくるリモート攻撃。

神経を参らせたり、
睡眠中の夢まで改変したり、
体調不良や臓器不全を仕組んだり。

もはや笑うしかないのは、
自分の手足で攻撃できないのに、
電磁波音波、念プレッシャーのたぐいには頼り切っているところ。
口でものを言えないのに、
テレパシーには頼り切っているところ。

ひきこもりが、世界をおかしくしている。

その内向自閉傾向が、
どう見ても、客観的に、実際、
陰湿で、無限連鎖の、憎しみループを形成している。

なんかこう、アニメとかで良くある、
小物の悪党がなんどもセコイ罠を張るんだけど、さっぱり成功しない、あれだ。

不快な有害な気配で、何も変わらなかった。
5,6年が経過しても、彼らは何にも帰られなかった。
お役ご免である。無能だった。

手足で殴る蹴るしようが、
サイコキネシスや電磁波で痛めつけたり殺そうが、

やはり、おなじだった。手段(ハードウェア)の違いだけで、なにも解決しなかった。

いわば小泉ブッシュ的。非常に強引で、傲慢。
他人をむち打って、家族や知人まで殺して脅しても、
同意なき、ホロコーストありきのやり方が、世の中を前進させる道理がなかった。

そういう連中に限って、自分たちのメンバーやボスまで
「取っ替えれば、なんとかなる、いいことがある」
などと、すぐ騒ぎ出す。
実際にとっかえひっかえして、むしろ悪化した事例もいくつも見た。

バカと言うより、もはやロボットみたいになっていて、
上からの制御信号で動くだけで、自立思考がなく、
何度も何度も同じことを繰り返している。機械的に。

おれみたいな人間情緒の残っている人間には、
学習能力があり「なんでこんなことを再度?」
というようなことを、何度も何度もゼロから繰り返している。

マトリックスで言えば、デジャブだ。
ゼーガペインで言えば、ループだ。

ここまで人類の支配制御系統が、阿呆になってはもはや、
現文明の維持は無理、滅亡トレンドは免れまい。

そういう悲観的予測の中で、どうマネジメントしてゆくかだけであろう。
そしてそれは、現文明にどっぷり浸かった中高年世代には無理だ。発想の転換や未来志向は若さの特権であり。


まとめるが
「方法論が、そもそも逆」

いっくら、手を変え品を変え、
追い出す、やっつける、ころす、

ワンパターンで、ネガティブをやっても、
永久ループである。

大規模加害者側には、猛省、目から鱗、を強く求めるものである。

弾圧被害者に説教される情けなさ・・・・
どこぞの国の政界と同じく、いかにオペレーションレベルが低いかを物語る。

ひたすらネガティブ心理、敵探し、暗殺、追い込み、
そこばかりに異様にこだわる政権与党に、いつまでもやらせる愚。まるでオウム、カルト宗教。
居座る方も方なら、見抜けない民も民であろう。
暗殺に加担する世帯まで出る始末。


きょうは、きょうも、
真下か、ほかの部屋の、暗殺工作員世帯は、(アパートね)
おれの部屋の、特定の位置に有害電磁波を撃ち込んだまま、出かけたり、家族そろって平和に暮らしている。
その狭いスポットを離れると、体調が激変する。
やつらが出かけているときは、その照準が追ってこない。

電気機器には違いないようだ。
停電があれば、使えないであろう。


ふつうの市民を多数、信者だか構成員だか知らないが、
暗殺や追い込みに参加させる腹黒い国家社会を、許すまじ。
廃止。
どんな長い伝統とか関係なし。


午後、外出。
近くのCOOP、創価信者の追っ手が待ち伏せ。
ぼーっとした顔つき、知的障害者連れ「あ、あいつだよあいつ」と悪態を始める、いろいろと定型パターン通り。
茅ヶ崎の河川敷工業団地の、和菓子工場直営店などと言う、誰も来ないような場所に、慌てて駆け込んでくる、
いかつい夫と、茶髪の女。これも定型パターン通り。
道中の海岸道路134も、ツッパリあがりみたいなカローラワゴンのアベックが、意味もなく後ろからあおり、強引に抜く。前でも挑発的な蛇行などを繰り返す。
これも定型以下略。

相変わらず、組織的な追っ手は多い。

外出してわかる、寮アパートの危険度。
体がすっかり参って動かなくなってる。心肝腎などの機能不全だ。
あの場所だけに照射されてる有害電磁波音波のせいなので、
外で過ごせば急激に回復する。

人殺しが住んでいる。このAとBのアパートの範囲内に。

自分は赤ん坊を育てたり妻子車財産などなにも失わず、
ゲームでもやるように他人の家に殺人電磁波を撃ち込む。
相手は人生も財産も家族も何もかも失っている。

このふざけた格差を徹底して是正しなくては。

読売新聞は何店舗か電話したりしたが、たいていは柄の悪い右系やくざ系だった。
「ああそう、来るの、そいつは好都合だへへ」などと、あからさまにやくざトークで脅してきた店もあった。
裏社会ネットワークで、情報だけ先に届いている。色眼鏡応対である。

でも朝日新聞も毛色は違えど似たもの同士、ごろつきばかりだった。東村山なんか典型だ。

いろいろと「社会ってもんは」などと言い訳しながら悪魔に飲まれ染まってきてしまったこの社会が、
救えるはずもない。崩れるときはとことんまで崩れるであろう。

心の澄んだ者
行いの清い者
ひたすら上層部に困らされている者

ごく一部だけ、救う。
個人ではそれが精一杯だし、

無反省な、恩人に矢を放つ人種まで、助けたくもない。

100兆円稼がせても「期待通りではない」などとわがままを言い、
1兆円でも不利益が出ると「この裏切り者、詐欺師、殺す」とくる。

社会上層のわがままにつきあっていたら、それはそれで世界を滅亡させてしまう。

こうした言葉尻をいちいちあら探しし、
その中からネタを作っては、明日以降もいろいろな嫌がらせが飛んでくるだろう。

元日のYC腰越なんてのはまさに典型的だった。
10月末の初日から今日まで、嫌がらせが絶えたことなどなかった。
しかし毎日、当然の顔をして、追い出そうとする。殺気プレッシャーで危害を加えてくる。

相手のそっくりまねさえすれば、殺人でもリンチでもしていいという姿勢。
相手が悪いといったん一方的に決めれば、殺人でもリンチでもしていいという姿勢。

政治宗教に限らず、カルトというのはそれだから困る。

時代が豊かに続いていくうちはいいが、今のような転換期には、残り少ない兵糧を食い尽くすネズミのようなもので。
価値を生み出すという”正業”をしない人々だ。せいぜい従業員止まりだ。虚業に寄生している。

貧困層や低学歴層の集まりで、それを上層部が利用している構図の集団だ。
その性質を、内部も、外部も、きちんと認識し、処理しないと、

今年からの「大変な日本、大変な世界経済」は、
彼らのようなゼロ産勢力によって迷走し、食い尽くされる恐れが高い。

なんでもかんでも覆いをかけて、かくして、なかったことにして、面倒は先のべ、というわけにはもはやいかないのだ。
面倒要素を含めて、きちんとマッチングをはからねば。

反論があるのだろうか。

・メガヒットゲーム、アニメ、映画、マンガ、のコンセプトを打ち出せるか(コンテンツ力)
 同様に、ヒット商品のコンセプトを打ち出せるか(プロダクト力)

まずは、そこを合理的に証明せねばならない。まだ政治とか経済とか言った上級ステージがあるのだが、まずは初歩から。

なんも生み出せないのに、
たくさん生み出している人間を、上の命令だとかいいわけをして、
自分たちは何も失わず、
すべて奪い、殺している現状は、大罪である。

そのような多数派集団に、”滅亡の尖兵”を見いだして、危惧している。

勢い任せで、相手を黙らせるだけで、
刺客ばかり送り、論客を一つもよこさない。

価値を生む人間が皆殺し、もしくはみな口をつぐんで表に出てこない、そういう事態になろうとしている。


わがままぶりが目に余るのは、
絶大な組織力や、権力や、財力などに依存している。

多数の意見を聞いて回れば「ちっとも進まないじゃないか」と怒鳴り
とりまとめ役に一任して効率化を進めれば「貴様だけで進めていいと思ってんのか」と怒鳴り

しまいには「おまえじゃダメだ、おまえを殺して次を立てる」とかんしゃくを起こし、
何度も失敗し(人選や計画立案がきちっと出来るなら、イレギュラーな人材に頼み込むわけがない)、また泣きついてくるが、しばらくすると最初へ戻る。
学習能力がない、「毎日が初日」で、同じことを怒鳴り続けている。

つまりは総会屋である。怒鳴ってる諸々のハイエナが国家を迷走させている。
勝手にしろと言いたいが、あれらに勝手をさせると本当に加速度的に国家衰退や滅亡が近づく。

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090102/biz0901021302002-n5.htm
  「次の100年に向かう新しい時代に入ったという認識を持っている」
 ホンダの福井威夫社長は“DNA”ともいえるF1レースからの撤退会見でこう語った。

カルト界と違い、産業界は合理的だし、
20世紀に比較すると、労使でもだいぶ紳士的になった。

F1即撤退も、派遣切り発表の直後だ。
たまたまだがプロパーからいいマシンも譲り受けた。
さすがエンジニアリング企業。トヨタとは微妙に違う。販社的政治的ではない。

誠実、話が通じる、未来を創れる、

そういう人々、勢力とは、どんどんネットワークを広げたい。互助を深めたい。

どのみち、そうでない頑固と無茶苦茶の勢力は、人ではなく、状況に淘汰されていくだろう。
彼らが何人を人によって殺し淘汰しても、運命的な大きな流れには勝てない。

苦しくなったからって「おまえのせいだ、殺す」などという勢力を、誰も信用しない。ついていかない。

自分がもしそうなら、神の方からおれを殺すだろう。
それはそれで結構。
だがそれまでは、弱者救済や、合理勢力の後援を、怠るまい。

/3

けさのYC腰越も、つまんないカミツキハイエナが間接的に絡んでくる。
おとといくらいまでは、むしろニコニコしてた人々が、
なんか自分とこの組織に相容れない内容をブログに書いた、くらいで豹変して、こうなる。

寮アパートは物々しいプレッシャー電磁波音波が撃ち込まれている。
配達後に寝てたら、胃がきりきりして目が覚めた。体中が微振動している。超音波だろう。

おかげで遅刻もせず箱根駅伝の見物にいったけど、やはり追っ手が散見。
バイク乗りの中に、気さくに話しかけて来つつも「んじゃ、気をつけてくださいねえ」などと物々しい気配で威嚇してくる構成員が。

争いベースで国家社会を導くのは、とりあえず現時点、おそらく今後数年から10年は、逆効果だな。

学者、技術者、経営者、知的政治家、そういったインテリ層で、理工系的に組み立ててゆかねば。
いさかいのストレスも、あんがいに理工的に解消できるものだ。
むしろ情緒的、いきあたりばったりで衝突してこじれるのがケンカ屋であろう。


午後、混雑する鎌倉市中を歩いてみる。
時折、いやーーーな気配が。周囲の雑踏の何割かの人間に、そう感じる。

そうなるよう、俺の体というか、オーラに、
加害者側が、細工をしたのだ。よくあることだ。

政治か宗教か年齢か神悪魔か、詳しいカテゴライズは不明だが、
不快な人
まったく皆無の人

きれいに分かれる。相性としか言いようがない。

不快だなと感じる相手は、磁石みたいに吸い付いてきて近寄ってきて
「縁起悪い」だの「わるいやつだ」だの、ののしって通り過ぎていく。向こうも言葉を遮れないらしい。
その気配が、こちらに反論させない。

いわば「お芝居のシナリオに逆らえない魔術」という感じ。

おれが、劣等属性とシナリオライターに決められると、このように反論すら出来ず、やたら好き放題にリンチを受けてばかりになる。
逆にこちらが上むくと、周囲が何も言えなくなる。
カルトや暴力系が好みそうな、腕相撲じみた乱暴な仕様のシステムである。

世の中に感謝されることをやって
ペテン師だの悪党みたいに根拠もなくののしられると、しかも初対面の他人に。

つかれるな。やる気失せる。







/4


追い込み工作あるところ、様々な制限を仕掛けようとする。
いつも鬱で、何もやる気が起きないように、心理誘導しようという
そこまでやる、ワガママ工作ぶりも、よくあることだ。

入居してみた物件が、やけに陰気や鬱や圧迫感で満ちて、
何もする気が起きないなら、
そういう工作員が潜んでいて、
電磁波や殺気プレッシャーなどを、常時撃ち込んできているかもしれない。
あんがいくっだらない理由で、いつのまにか付け狙われていたりするのが日本社会。


職場の読売新聞店。
時折、やめさせたいという意志をぶつけてくる。
あちらはあちらで行動に制限がかかっているらしい。

無駄にあれこれ指示や確認で煩わせるとか、色々ネチネチ仕掛けてくる。

それとはやや別に、「魔術抗争」的なものも。
4日にもなって「竹中さん」が1月配達開始に漏れていたので、入れてくれと言う。
プロの新聞屋が、「漏れていた」などと4日にもなって言い出すのは、ありえない。ウソをついている、これは仕組んでいるのだ。架空であろう。

本能的に、元大臣を思い出す。
旧態の各方面に総スカンを食らっている。情緒的に、感情的に。実はたいした根拠はなく。
加害者側は暴力や権力の専門家だから、「理論はわからん」、そういう方面には受けが悪い。

で、その指示を受けてから配達に出ると、とても頻繁に、不幸続きになる。
まめに新聞を落とす。チラシがばらばらに飛び散ってなって配れない常態になり、ハネる。
たまたま政策的なことを考えていると、「生意気な小僧」などとテレパシーヤジが飛んできて、胸部金縛り、動くのが困難になる。

「魔術抗争」である。攻撃手段としての、槍と変わらぬ、魔術が襲いかかってきている。

裏社会も、官庁系も、よく使ってくる。
竹中バッシングなどと言われるような抗争劇では、よくある事象だ。おれもどうやら、一緒くたにされている。
国政に限らず経済などでも、争いの痕跡には、

不運続きであったり、おきまりの血行不良系発作で倒れる(平沼)、急に自殺する(ながおか)、人物や現場が必ず出てくる。

とにかくYC腰越、
やめさせるという動機が不純だ。
手口が汚い。
羊の皮を被ったオオカミ、自覚ある悪。

家族は暗殺し、
実家はめちゃくちゃに荒らし一家離散の上で取り壊され、
おれの財産も職も健康も奪い、

でアルバイト先さえ追い出し工作。

この日本、
殺人国家
泥棒国家
ギャング国家

憎い。気に入らない。
できれば海外とかで日本を忘れて静かに暮らしたい。

新聞をきちんと届けてお金をもらう新聞屋が、
今や、
新聞を届けさせぬべく、配達員の妨害や追い出しばかりに腐心している。

この「逆化現象」はなんだろうか。
相手の生よりも死ばかり望み、
仕事の完遂よりも頓挫ばかり望み、

巨大な死霊に取り憑かれているのであろう。世の中全体が。仮面ライダーファイナル電王(劇場版)も、そういうストーリーであった。


こうした、つまんないレベルの「殺人追い出し工作」なんかやってるのは前述の通り、

日本国内外の政治経済をよく知らないで、上の命令とか、公共事業的惰性で、
何年も何十年も、おなじような裏工作をやってきた連中だ。
平和ぼけで、肝心なことを知ろうとしない、おめでたい連中だ、ここは間違いない。苦労人などいないのだ。組織の傘下でぬくぬくとしている。

ゆえに、こんな連中に、国家や国際社会を任せると今後は、

大変なことになる。

なにより、世のパターンが変わらない。今年までの政治や経済を見るがいい。
おそろしいまでのワンパターン、
少しでも希望が出てくると、なし崩し、妨害され鎮火。

過去の時代に多少でも機能し役立ちもした組織暴力的な弾圧、追い込みも、
いまや9割方で害でしかなくなった。これもまた時代の変遷。

新聞屋で正業に就いてるような連中に、
そいつらを子分として使うような悪の組織に、

国家を、国際社会を、邪魔させてはならない。そう作用するような無知短慮な工作を行わせるな。

目先の欲とか、惰性的利権の維持だけを念頭に、
たとえばオレオレ詐欺でまじめな中高年世帯を干上がらせたりする、

なんも考えてないのが、あいつらだから。


つまりは高度成長の礎となる技術や学術を産んで来た軍属帰りの世代と、
団塊以降の子孫世代では、
雲泥の差が、あるという悲哀。
明らかに、能力が劣る。
システムを作る、改修する、
機を見て、正しく認識、判断する、
そういう能力が劣っている。
明治政府を創った世代より、ソニーテレビや本田シビックをつくった世代より。

あきらかに、いまある社会インフラの進化に、
ヒトの側が追いついていない。
劣化した子孫世代が織りなす社会には、この文明インフラは重すぎた。

愚か者ばかり。
間違ったことばかりやる。やらせようとする勢力が多い。

賢者の時代は過ぎ、
愚者の時代なのだ。

どのみち、日本は、いや日本だけとは限らないが、
大変な落ちぶれ、苦境、を免れまい。

数えるほどの賢者がいても、
大多数が愚者では、
意味がない。

そういうときに、やれ民意だ、旧態依然だ、というのがまた最悪。
維持できないものを維持する膨大な手間とカネで、首が回らない。肝心なことに手が回らない。

2009が暗黒時代元年になる可能性は、まだまだ5割以上であろう。

組織悪にとっては、おれを職場から追い出したり、今まで通りに悪事の限りを尽くしたり、それしか頭になかろう。
民主党にとっては、政権交代しかソリューションとして提示できる材料はなかろう。
一部の民にとっては、”大本営”がテレパシー経由で思い込ませているとおり、おれが悪の権化などと滑稽な思い込みをして満足であろう。

しかし、現実は、世の中の実態は、遙かに上回るマネジメントレベルを要求している。

そんな平和ぼけで悠長な、現実を知るところまでいかない面々では。無理。

虚飾や刷り込み情報に惑わされている内に、この国は、激しく落ちぶれるであろう。愚民あっての、愚大臣、愚国家。
今まで通り、激しいリストラだの搾取や詐取を重ねて、上層部だけ持ちこたえる方式で、さらに世の中はスラム化し荒れるだろう。
それは自民&裏社会悪コンビの伝統だ。

民主党勢はそれに代わる方式を打ち出せるか。
実行に移せるか。
邪魔されないか。
うまくいくか。
これにはため息が出る。きちんとやればやるほど、対小泉竹中どころじゃない、無思慮で自動的な抵抗が出るだろうから。

やはり日本は、壊滅的打撃を受けるだろう。

国内市場だけで海外へ打って出ないバドワイザーはベルギーに買収された。GMやフォードにもはや、ブランド力が無い。
いまや米国内企業にまともな価値を生めないところが増えている。
日米は、兄弟のように、おなじようなデメリットで没落する気がしてならない。

希望はないでもない。端的には、白戸家のおとうさん。
社会の表も裏も、ソフトウエアやコンテンツなどになじんだ世代が占めてくれば、
つまりはいまの老害(感情的無思慮に追い込みや弾圧に走る元締め、元凶)がぽっくりしていけば、
また日本は変わってくる。勤労世代の7,8割を占める50代以上が、ガンなのは間違いない。

ハードウェアテクノロジーだけに没頭してきた、アキハバラ電気街世代。お坊ちゃま第一、第二世代。
基本、ハードもソフトも、なにひとつ生み出していない第一世代。生み出した世代の息子娘世代。初代箱入り。

ま、そんな先の話は、俺には関係ない。
阿呆な日本を離れて静かに暮らしているか、すでに生きてはいまい。

いっくら面倒を見ても、むこうは奴隷としか見ていないので、搾取搾取、面倒になればぜんぶおっかぶせられて暗殺未遂。
新しい取り組みは、ほぼすべて邪魔され、妨害され、頓挫、その工作員やボスには、古めかしい高齢の顔ぶればかり。
そんなリピートで5年以上が過ぎた。
あんなでは、かいがいしい人間からほど、この国は愛想を尽かされてる。
利権のうまみに取り入りたい、笑顔だけ得意なハイエナゴロツキしか、残るまい。取り巻きには。今の日本のすさみの理由はこれだろう。


 永田元民主党衆院議員、飛び降り自殺 偽メールで辞職
 インドネシア東部でM7.6 2人死亡、ホテル倒壊も

いずれも、今日の報道。

「すさみ担当」のような勢力がある。
これらが少しでも伸ばすと、かように世界中が争乱や不審死で満ちる。

争いや人殺しでしかくえない連中を、何が何でも伸ばさせない、阻止する、
理由はここにある。
だが、政権与党と言い、あのへんの中枢の連中が、正しく事情を理解認識しているとは思えない。

滅びの悪魔にかぶれた世界勢力に、世界が滅亡まで追いやられるなら、それもまた運命。


・・・余談ながら、
こう、純粋培養のぼっちゃんたちは、少々弱すぎるのではないか。ストレスに、挫折に。

永田議員は、東大卒のエリートだったと記憶する、あえて調べないけど。
くすぶってる期間があるなら、汚れてでもやれることがあったのではないか。
安倍福田にちかい属性を感じる。

昨晩の交通警察24時で、和歌山県警の追跡を受けて捕まった17歳暴走族ライダーは、
寒空のタンデムライディングに腰が抜けてへろへろ、ワッパと聞いただけで震え上がってた。長身ひょろひょろの現代っこ。
5年も前なら、ほかの地域なら、大声出してかみついたり暴れ回ったのではないか。猿顔のツッパリ風情は。

もやし

そういうイメージを想起する存在たちに、国家社会の将来不安がよぎる。

何万何十万のつばぜり合いでもくたばり損なっているおれでさえ、弱い弱いと酷評され、中途半端だというのに。

おれは戦場には出る。
あいつらはきっと戦場に出ることすらない。

親が温室で守りきってきた、その次の自立ステージも温室内防衛専従なのだろうか。

程度問題をヒエラルキー化すると、幾層もありそうだが、
かれらお坊ちゃん族の有様は、たぶん1層以上の上層にいるおれからみてもひどいひどすぎる。おそらく五十歩百歩ではない。
孤独や挫折や荒波への抵抗力や対処欲の無さと言ったら。

食い物も実家も家族もマイカーも東大もゲーム機もなにもかも、親の安定した財力や勤め先企業の卓越した技術力で提供され、
不幸らしい不幸もなく、艶々と生きてきて、

それかよ、と。

雑草が必要になってきたのか。ゲイナーを導くゲインが。まあゲインも落ちぶれ流浪した元王子なのだが。

もやしっこゲイナーどもが、ゲインになっていくプロセスが必要だと感じる。
すでにつかいものにならない中高年上層部を、蹴散らし、権限委譲を迫るために。

 ◇

「勝手なことばかり言って」

日本政府と裏社会が結託して、
暗殺工作を仕掛けてきている。
配下の子分や、一般市民まで操ったりだますことで兵隊にして。

そんなそら恐ろしい事情も知らず、
”審判兵”
は、あちこちから飛んでくる。

遊び半分、
からかい半分、
ちょっと生意気なだけの小僧を懲らしめる程度、

ふざけやがって


兄弟殺され
実家は潰され
人生も潰され
財産は消え失せ
何年間も追い込みかけられてはまともな職もつけない

それを

あそびはんぶんだ ?????

こらしめる ?????????

ぶっころすぞこのやろう ?????????????????????????

無知ならば、許されるものではない。
参加して、おれにちょっかいを出した時点で
「殺人集団の、一員」

腎臓をやられた。胃もやられた。どこか致死へつながる不全かもしれない。
吐き気も酷ければ、力も入らないし、意識も混濁している。
それくらい、やばい症状が出るほど、毎日毎日追い込まれ、危害を加えられてきた。

近くのスーパーやまか、
ここはほぼ必ず、追っ手が来ている。
やたら元気のいい、つやつやとした、自分たちは何の苦労も、死闘など、してない連中だ。
おっそろしい殺気を放ち、俺を参らせようと周辺をうろうろしている。
どうせほとんどは創価信者、右翼系、もしくはそれにかぶれたり、物見遊山な付和雷同のガキだ。

で、レジ袋辞退すると、たちまち態度をころっと変えて、気配もころっと良くして
「いいやつだ」などとほめそやす。

バカにすんな。いつからこの日本は、小学校になったんだ。

新聞でも、問題視されている。
「世間が、二元論で、ゆるす、ゆるさない、YESかNOか、ばかりになり、過剰バッシングなどに、疲れている」

その愚かな風潮を率先して普及してしまったのが、

自民公明、特に公明創価。

なにを偉そうに、ストーカーしてまで、
他人様を「採点」してんだこの野郎。こんどストーカー信者の一人や二人はったおして参らせるか。

わかる人たちには、わかっている。
まるきり低レベル化して、目も当てられない現在の日本の風潮を。きっと中枢が劣化したに違いないと言うことを。

自民と公明、
右翼系と創価、

それらの一部の愚行が、今年来年と日本にトドメをさすだろう。

茅ヶ崎の河川敷まで出向く。
こんなところまで、追っ手はやってくる。へんに散歩を装った連中が多いのだ。
しかも、いやーーーーな気配で、近づくなよきもちわるい、というオーラで、迫ってきては
「なかよくすればいいんだ」などとえらそうに講釈したり、
「病気病気 病院病院」などと意味不明につぶやいたり、

しまいには遊び半分のバカガキアベックまでやってきて
「あいつだあいつだ」などと、ケータイ片手に喜んでいる。

おれはもう、この日本を救わない。決めた。

ヌクヌクと、俺たちみたいな苦労人に実務を全部押しつけておいて、
ヌクヌクと、苦労知らずのまま、
地獄の苦しみでやつれはてたこちらを、偉そうに講釈し、危害をくわえにやってくる。

しかも、その動機はおもしろ半分だの、上層部が嘘を教えたり事実を一部伏せるなど、ちゃんとわかってないという、
しょうもないものばっかり。

豊かさのゆがみが、ここまで日本人を無自覚な悪魔にした。

もう日本は救わない。救うのは、俺が認めた一部の弱者だけ。


脳内テレパシーだけで済ませるやつ
つぶやいたり叫ぶだけで会話せずに済ませるやつ
殴るけるもせず、電磁波音波だの、殺気プレッシャーだけで済ませるやつ

どこにもキャッチボールがない。疎通無き、稚拙なファシズムが、世の中を滅ぼし尽くすがいい。

お手軽な加害などあってはならない。
お手軽に他人様を裁くなど、ただの暴力でしかない。

軽すぎるのだ。理念もない。よって愚行99%。

おれの過去の所行に間違いがあるならば、
つい最近まで日本を救ってしまっていたことだ。儲けさせてしまったことだ。

今年は鬼に戻る。

いまもこの寮アパート、マリンコーポには休み無く有害電磁波音波が降り注いでいて、衰弱や病状悪化へつながっている。
テレパシーはときに怒濤のように降り注ぎ、創価だ創価だと名乗りがうるさい。
テクノロジーにおぼれ、その陰に隠れている悪魔に憑かれてしまった悪魔教団。
それは世界や国家という人体をむしばむガンかもしれない。裏社会や権力悪ばかり、好き放題しすぎている。それもまた、時代逆行。退化。


まあ結局、公明式陰謀に依存した麻薬ジャンキーの自民、という構図。
自分たちに不都合と思う人間は、次々と消しにかかったり、嫌がらせや、中傷で、キレさせる。

またそんな組織的工作に、参加するバカ市民の多さ。いくら配下とは言え。

ながおか議員、松岡大臣、自殺誘導工作で暗殺された。
植草元教授、ちかん冤罪、もしくは誘導工作で、社会的に抹殺された。

一事が万事、これだ。

国政中枢を信用していると、今年からは特に、大変な事態が次々とやってくる。

津波も護岸すればなんてことはなかろう。しかし連中はそういう正攻法は出来ない。
陰謀だの暗殺という麻薬のジャンキーだ。それしか依存できないくらいになっている、ゴマカシ集団。

テクノロジーにおぼれ、夢中になり、過信し、あがめるくらいになると、国家社会はいつも迷走や失敗に陥ってきた。
まさに、魔術だの電磁波だの様々な陰謀手段に、おぼれている、過信し慢心している、与党や裏社会がいる。
ハード指向。ソフト的な是正がない。


ブログより転載。

 http://www.j-cast.com/2009/01/04032982.html
 新聞の中身や価格で競争していないのです。

  新聞を守るために再販制を守ったつもりなのでしょうが、
  皮肉なことにその再販制に守られた中で新聞はここまで苦境に陥ってしまいました。


 つまりは、規制主義という悪しき伝統だ。
 改革つぶし、
 若手の新機軸つぶしという「悪しき抵抗勢力」だ。

 守るとか言って、たとえ保守などとかっこうつけても、やってることは自分とこの目先の欲をまもってるだけ。
 未来を潰す保守だの伝統など、お笑いぐさだ。

 日本はコンテンツ音痴ばかりで、コンテンツを創れない連中ばかりがえらそうなポジションを確保している。
 ソフトウェアやコンテンツが得意な人間は傍流や中堅産業にいるしかない現状。

 いちど泥舟のまま沈め。

 それがアドヴァイスだ。救ってはならない。苦境を促すべきだ。

連中は機能的にガンなので、

ガンを必死で守っている。
つまりは日本社会はどんどん致死へ近づいている。

体感的に、福田よりも麻生になってからの方が、弾圧勢力が活気づいてしまっている。
なんせ私邸を警護する私服警官が異様に多い。おそらく福田邸の比ではあるまい。


弾圧のために待ち伏せやストーカーする連中も、
今のように、ニコニコと艶々と余裕たっぷりではいられなくなったら、
いやでも世の中は変化する。

逆に、そういう連中ばかりやたらと羽振りが良さそうな現状は、異常だ。
まるで、殺人工作産業にいないと、バブルを享受できないかのようだ。
偽札作る産業が一番儲かってる国みたいじゃないか。







/5


今朝も今朝から
・わざと休止世帯一軒教えず
・わざと神奈川新聞一部間違えて渡し、「本当はいくつだっけ」と謎かけ

などと、嫌がらせは毎日続いていて。書くようなことですらない馬鹿馬鹿しさだが。

夕刊前には、些細でつまんないことに
「大変なことになるぞ」
などとやくざの脅し口調で迫ってくる。べつにやくざな社員というわけではないのだが、
まあ職場としての姿勢なのだろう。

真下の住人とのイサカイは職場と大家がらみに発展して尾を引いている。
「相手のかんに障ることをしなければ、大丈夫」
などといさめられるけれど

兄弟を殺された、人生を潰された、
政府および裏社会によるホロコースト、

などと書いただけで、あれこれいきり立たれて、常に脅されたり生活妨害では、

(無理だろうな)
とは感じる。

物音を立てない、
愛想良くする、
くらいなら、できるけど、
弾圧被害を訴えるな、不正や非道を告発するな、

それは無理。

家族を殺され、既に墓碑も建っていて、(しかも家族だけでもない)
その件で実家内部は血みどろの争いに持ち込まれ、一家離散、家は取り壊され。

既に後には引けない。
なまはんかに、相手が政府や裏社会だから、おとなしくしておく、なんて言う風になはりようがない。
相手が大臣でも王様でも親分でもまして神や悪魔だろうが。

悲しき宿命。

結局また、転々としながら暮らすしかない。
それがかなわくなったら、身を投げるだけのこと。

きょうも「いつ死ぬんだ とっとと謝ってしまえ」などと、いつもの筋から脅されたけど、
もはやそういう低いレベルの問題ではない。

西郷どんじゃないが、仕方なしにでも、立場上、戦場に赴いた西郷どんじゃないが。
東郷どんも同じだな。やるべきじゃないとわかってても陸軍閥が突っ走ってしまってやむなく開戦、東郷どんの場合。


真下101の住人が年始回りだかそのへんから帰ってきた。

やはり変わらず、物騒な気配、
右翼系だか創価系だかの集合意識の
テレパシーヤジが矢継ぎ早に飛んでくる(つまりは、そのテレパシー連帯に参加している=構成員)

政治家のブログを見たりすると、そのテレパシー越しの盗聴で筒抜けとなり、

真下へやってきてドスンドスンやりはじめる。(妨害工作)

どこぞの構成員特有の現象や、行動は、変わらず。こうやって深夜いきなり暴れ出したり、散発的ゲリラ的に攻撃を絶やさないで来る。

こういうのとは、一生、小競り合いすることになるのだろう。
生活妨害、
体調不良化工作、

つまりは、人殺し工作だ。

夕方の、YC腰越のコジマの言動とも一致、連動している。「なにもかんに障ることをしなければ、むこうも何もしてこない」
つまりは、どいつもこいつもグルだ。
社会ぐるみの、追い込み、弾圧。

おれの人生や健康、家族の命を奪った連中を、決して許さない。
同量の何かを奪ってやる。
子連れでマイカーに安定した収入、殺人加害者にはぜいたくすぎる。こちらは無数に奪われているのに。
加害者になるからには、被害者が奪われるのとおなじだけ、奪われてもらわんと。

/6

結局は昨晩のプレッシャー攻撃は深夜も休み無く。
特に無意識になる睡眠間際に、はげしくこれを関知する仕掛けになっているし、
相手側も、謀略に慣れている「ロクデナシ」ゆえに、それを熟知し、駆使してくる。

なんだか眠れない、イライラがどうも人為的だ。よそから仕掛けられている。
叫びながら走り去る原付。
外へ出れば、おそらく5名以上で近くに群れているガキどもが、あれこれ叫んでいる。

このパターン。見覚えがある。昨年3月以前、蓮田在住のときに、よく見かけた。
裏社会筋が、未成年餓鬼ども「派遣」してくるパターン。ぶっちゃけ、やくざの子分みたいなガキ集団。

つまりは、それら外でアレコレやらかしてみせる「パフォーマー役」の餓鬼どもと、
このアパートでおれに危害を仕掛けてくる住人たちは、同類、連携したグルに相当する。
そこに直接の面識や密談は、あまり関係ない。

権力や暴力など、中枢側に利用される関係性の、ネオギャング的集団、という感じ。
「ビッグマウス」などという物言いからして、稚拙な小僧の語彙である。

低学歴、はみ出しもの、ツッパリや無法集団となり、反社会性をウリにして反社会組織に与する。
インテリジェンスやイノベーティブを、無知で粗野な連中が弾圧し、破壊していく。

ナチスは逆だった。国内的にはむしろ科学の粋を追求したのだから。世界一ィィィィ
(だが現代のネオナチなる不良集団はむしろ、後述に近い気もする)

このパターンはむしろ、中国革命後の紅衛兵運動である。
あらゆる伝統芸能や文化、技術などが、粗野な共産支持者集団に弾圧抹殺されていき、一部が台湾へ避難した。
今では中国国内でも、文字の簡素化などあらゆる革命運動を悔いている、そういう若手が急増している、民主化寸前とも言える。

国内劣化運動が、低学歴、はみ出しもの、反社会組織の、しのぎになるような辞退は、縮退しなくては。

これにはもうひとつ、理由がある。
日本劣化は、米などが仕掛けて、後援している可能性が高いからだ。
日本固有にしては、潤沢すぎる資金や手勢、ハイレベルすぎる技術やノウハウ。

襲いかかってくる多くの若手潜在的アウトローに、米の陰を感じる。国内の政党や裏社会組織は、ハブでしかなく。
自分の頭には何もなく、ただ人形のように襲い来る「自動的タスク」

ひいては、世界中に争乱の火をつけて、戦争へつなげたがっている、白人ならではの執念。
その一元的な流れは、全力で封じていくしかない。

 ◇

バイク屋へ配達バイクの整備へゆく。
右系のおっさんがきてて、おっかない話を混ぜてくる。
というか、血の気が失せる。この殺気プレッシャーは、素人ではない。

やれ東郷さんだの軍国だの、とっとと入院しろとか、そういう話をしてくるような人。

でも、やはりというか
・暴力的、強引、話を無理強いするタイプ
・しかし具体案、対案、には乏しい

すごすご帰って行かれました。

バッシング

当事者をこてんぱんにたたくだけでは、
・お邪魔虫

当事者がバタバタ倒れていきます。
誰も日本とか企業とか、背負わなくなってしまう。

でも、バッシング屋たちは、交代して背負ってくれるような知性、プランがない。だって粗暴だし。


こういう時代だからこそ、
イデオロジストほど、きちんと知的に、実用的、社会奉仕的に、転身してほしい。
でないと、社会のお荷物になる。

現場や実務を手がける、
多くの人々が、

非常に困っております。
現場に即戦力がほしい。なのに蹴散らされてしまい、
蹴散らす人々は代わりになってくれない。


極論、
誰が悪いかは、二の次でいい。
何が欠けていて、どう解決改善すべきか、だけが最優先事項。

誰彼を悪者にするタイプのバッシング(ヘイト)は、急速に鎮火していただきたい。

「誰それを処刑した」なんてことはなんのメリットもない。
「どんな成果や改善へつながった」という安心や喜び、これだけが急務。



/7

http://jp.youtube.com/watch?v=jl8-vMqpFp4&NR=1
こういう時代。


真下の住人と言い、たぶんその隣もだが。
きのうバイク屋に来てた内山なるひとといい(同姓を名乗るサイン的工作はよくあることだ。昨年10月の日経新聞NSN吉祥寺南での右系ごろつきが内山。)

考えてみれば、どれもこれもワンパターンだ。

ロボットみたいに自動的に、話も通じず、
人の生活を脅かし、人生や命を奪っていくだけ。
組織の、末端工作員。

パワハラ殺人犯どもには、じつに困ったものだ。

おれの家族を幾人も暗殺し、おれの人生をめちゃくちゃにし、まさにブラックホールだ。


/8

相変わらず、「ネガティブの権化」勢力の要求は、死とか退行を迫るものばかりだ。
カルト宗教や政治カルトではあっても結局、メリケンにラジコンみたいに操られた手先と言える。
どうも物言いや中身がアジアンというよりはアングロサクソンだ。

真下の猿顔住人などが、こちらを有害電磁波で攻撃し、安眠や生活妨害、健康被害などを達成するたびに声を上げて喜んでいる、
それもまた、なかばラジコン電波に制御され、個人としてのホメオスタシーを失っているからに相違ない。
ラジコン制御的な組織に埋没する危険。まして人命を奪うことすら、感覚麻痺によって、ためらわなくなっていればなおさら。

他人に無理矢理、ラキスタの歌ばかり歌わせるような、他人の心までハッキングし侵入し土足で踏みにじっては勝った勝ったと戦争ごっこの勝利者じみて喜んでいる幼稚さでは。
この性質を鑑みるに、真下の住人、およびその隣もか、20代以下ばかりのネオギャング系勢力の一味のようだ。

関連記事
http://kasumin7.web.fc2.com/m0901.html#8


けさの読売の一面、塩野寄稿に、「金融の力で世界中を遠隔操作」という一節がある。

遠隔操作、メリケンかぶれの勢力のやることは、どいつもこいつも、それだ。

他人の心の中まで侵入し、土足で上がり込んでやっつけようとして、
そのあげく操ろうとする。手下にする、自殺させる、様々な非道を行う。
毎日が、体調激変、激痛や衰弱の日々だ。リモートで拷問が行われている。

アメリカ映画「V」が詳しい。
「ビジターと、ビジターフレンド」
の関係。

つまりは、「ナチスと、ナチス学生同盟」の関係。

http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/V/
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/02/v.html
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/03/v_1.html
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/09/v_2.html
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/11/v_3.html

ナチドイツは、せめて科学技術など、高度に精通していったが、

いまの日本のエセ思想団体などを根幹とするファッショは、
思想信条など二の次で、むしろ学んでいないバカな若手を、あえて厚め、利用している。

無知が暴れ回るほど、おそろしいものはない。組織暴力の手法と一緒だし、出所まで一緒だ。
問題は、政府与党までそれを黙認や利用に走っていることだ。カルト宗教与党は、そのシステムを組み込んだりまでしている。

そういう国政機能が、まともに浄化されるわけがない。

最後には、暴力や、ごり押しで、片付けて、適当ないいわけでごまかしてしまう。


 ◇

さいきん、地元警察のパトカーやバイクをウロウロさせるようになっている。
与党か、皇室か、どのへんの差し金かは不明。
さいきんYC腰越に舞い戻ってきた板橋やらが「あまわりさんが物陰から見ているぞ」などとこけ脅してくることもある。

なんかいつも、世の中の面倒をぜんぶこっちのせいにしてたたみかけちゃう、
国家中枢が良くやりそうな手口が散発している。

彼らの一番の問題点は、
代案や、代わる人材などが一切無くても、
実は自分たちが一番悪かろうが、
たたみかけてしまうことだ。

事実関係など無視して、謝れば許すなどと言う恫喝をいつもいつもやっているばっかり。

国家社会の後先よりも、メンツだかなんだか、そういうことしか関心がないようだ。永久にファミコンを普及させようとする任天堂みたいだ。

ま、どうでもいいけどな。アンフェアな連中や社会に対して全く興味もやる気もわかない。
足を引っ張りたけりゃ、
疲弊させ参らせたけりゃ、

どんぞご勝手に。

ったく、この「難しい時期」に・・・

こうやって、方々の影響力が、あーでもない、こーだろー、横槍入れて
ますます収拾がつかなくなり、
そのたびに、責任者とか言うのを殺していくんだろうか。

古代国家かここは。

http://www.amakiblog.com/archives/2009/01/post_1094.html
 この本で告発されるまでもなく、この国の警察、検察、司法は国家権力に膝を屈して正義を放棄して久しい、

 外務省機密費事件にまで言及しているとは知らなかった。早速読んでみなくてはならない。
 なにしろあの事件は外務省が惹き起こした超ど級の一大醜聞であり、しかもその正体が隠されたまま、松尾一人に罪をかぶせて逃げ切ろうとした事件

「誰かにかぶせて済ませる=全体犯罪、国家不正犯罪」

おれに色々なことを書かせ
それで世の中が動いたように見せかけ
不都合が出ると「全部おまえのせいだから、謝罪せよ(謝罪などしてみせると、世間に冤罪の積みを認めたことになる)、そして自殺しろ」

クズの巣窟なのは間違いない。なまじ戦後に豊かになると、クズに磨きがかかったようだ。

こちらとしても、クズ相手だという前提で、生きていくしかないわけだ。物言いも含め。

 ◇

どうも、たくさんのウソを、おれにけしかけている。

自公与党系か皇室系か、両方か、
どういう勢力分布か、不明だが(そんなもん内部の人間しか知らない)

国権を行使、
組織力が充実、
新聞や雑誌にまでウソを書かせる、報道させる、

ことから、どことどこが関与しているかは明白になっている。どの程度という部分だけ不明だ。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20081219/180838/
http://business.nikkeibp.co.jp/fb/putfeedback.jsp?_PARTS_ID=FB01&VIEW=Y&REF=/article/life/20081219/180838/
 少なくとも日本では、
 カルト宗教が組織ぐるみ人海戦術で意図的にデマを流し、ある意味一番巧くネットを使ってきたように見えます。

 異説奇説に関してなら、ネット時代以前なら知るひとぞ知る使い回された古いネタが、
 ネット世代の人々に急速に広がり、信じ込んでしまう人があれよあれよという間に増えてしまったのには唖然としました。

こんな、一般市民からの投稿なら(これはマズイだろ、と)掲載されるはずがないコメントが、
一人目のコメントとして掲載される。
つまりは、国権がらみ、圧力がらみの、無理矢理の掲載であろう。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20081208/179530/
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20081212/180059/

 普通の町のおばあさんが、物質の重さ(質量)の起源や自発的対称性の破れの話を聞きに地元の教会にやってくる。

 たまたまベルリンの地下鉄の中でも、やはりキリスト教系団体が主催して、
 同じLHC(大型ハドロン加速器)の物理が取り上げられているのを見ました。

 これも、わざわざそういう告知を探そうとしたのではなく、単に駅で地下鉄を待ちながら、
 数少ない広告(日本と違って欧州の駅や電車の中は広告が極めて少ない)を眺めていたところ、パッと目についたものをご紹介しています。

どうもこの記事の、写真入りで念を押されている内容も、
ウソ記事っぽい。

東大准教授にまで、ウソ記事を書かせるような、圧力、国権、

なにより、合理ではなくウソ

個人をだますことへの異常な執着。膨大な国家的ウソで、たったひとりふたりをだます荒唐無稽。

合理を追求したい、シンプルに世の中を良くしたい、便利や幸福を増やしたい、そういうのとは、正反対なのだ。
どうも、ネガティブなことばかりやって、儲けや、隆盛に、つながる連中らしい。

カルト的な思考回路。上流階級はどこまで犯されているのか、内部にいないとわかるまい。おれは外部だからわからない。

世界中を不幸な出来事で満たし、魔術的に自演して引き起こしたりまでまでして、
世界中をウソで満たし、ごく少数の人間を困らせたり、だますためだけに、

この「ネガティブの権化、」まるで悪魔のような勢力は、何をかんがえているのか・・・・

常識的な思考回路ではないのは確かだ。

http://kasumin7.web.fc2.com/m0901.html#7-1
うちの新聞店のFIプレスカブで、8000kmと20000kmのが、あいついで、壊れた。

これも、バイク屋の報告を受けた上で書いているが、
カルト宗教や、政府与党系や、バイク屋ぐるみの、ウソかもしれない。

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/bike/1222768544/
602 :774RR:2009/01/06(火) 17:56:35 ID:RN2C4w9Q
    ちょっと気になる現場の話を聞いた。
    FIカブ、リコールかも。

FIの薄気で、白いスラッジがたまり1万や2万kmでイカれていると。
キャブ車はフツーは真っ黒に濃いのに、と。
いまんとこ丘陵部の新聞屋の話だけど。平地はどうか知らん。

しかもホンダ相談室曰く「燃焼室にカーボン除去剤吹いて様子見して」
と、

606 :774RR:2009/01/07(水) 11:22:38 ID:2m18bnDL
    角砂糖の件はマジ話。

    そうじゃなきゃそんな話自体無いでしょ。
    1件でも実際にあった話をしても作り話とはね。

    >>602
    今の新型の4ストはだいたいそんな話ばかりでしょ。
    オイルを頻繁に交換するか
    乗らないかのどちらかだね。

607 :774RR:2009/01/07(水) 11:42:37 ID:/cxhCNwx
    オイル交換サボったら白い粉が付くのか・・・そりゃぁマズイ

ここの602前後からして、グル、待ち構えていた、そういう雰囲気だ。
2ちゃんねる自体、創価系自演工作員が多いという。つまりはカルト与党の手下みたいな側面が強い。


とにかく、こちらを徹底してナメているのが、相手側の基本姿勢だ。

きょうの夕刊でも、配達先の住民までグルにされたのか、元からグルなのか、待ち構えていて、
変な対応を強いてきた。

ある住人が、車を路駐。1223,天皇誕生日のナンバー、ここでもう疑惑要因。
向かいの住人は車庫出しにあたり、クラクションだけで注意。気づかれず出てこない。

これを、おれに仲介させる、というところまで、「仕組まれている」

丁寧語を使ったり、
かいがいしく動いたり、

そんな程度で「こういうことを仕組むのが、おれのためになっている」などと思っている、
・・・・という風に臭わせておいて、
実際は小馬鹿にしているだけ、なのがミエミエ。

とことん、人を食っている。バカにしている。

こんなばかげた意味のないことを、もう6,7年も仕組まれ、つきあわされ続けてきた。
無限ループであれば、どんな学校教育も「無駄」でしかない。やらないほうがいいのだ。世に出るために、無駄な積み重ねを数年だけやるのだから。

それが、カルト宗教与党から、皇室右翼暴力団系から、どこがどれだけ関与しているかは不明ながら、
この国の支配系統はほとんどが加担しているっぽい、
「国家悪 国家犯罪 ウソをたくさん仕掛けてくるキチガイ集団」

の、おきまりのワンパターン手法である。

まともに相手にしていると、キリがない。

さっきもNHK教育で「おまえのためだけの、ウソ芝居、おまえが参るまで永久に続く」
なんて、アメリカのアニメをやっていた。こういう「におわし」が休み無く続いていく。
幻術つかい、魔法使い、そういうレベルだ。

http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/090108/mrt0901081843000-n1.htm
朝青龍、初場所“出るも地獄、休むも地獄” 

これも夕方に配信されてた記事だが、
まさにこういう状況に俺を追い込んだあげく、こういう記事を掲載させている。国権による圧力、指示で。

http://gendai.net/?td=20090108
  マジックのネタがバレちゃったようなものだ。

この一文も、国権で書かせているのだろう。

http://www.asahi.com/national/update/0108/TKY200901080219.html
公取委幹部は「信用度の高い会社の関連会社のカタログでデタラメがまかり通ることが問題だ」と会見で述べた。

こっちは、魔術的に、きょうの報道になるよう、仕組んだのだろう。

とにかく、
1日に、集中して「揶揄」が数々のマスコミを賑わせる。
無い日は、まったく皆無だ。

大型台風や震災まで起こして、俺を脅し、困らせる、
明日もいきなり雪の一日だ。非常に不自然で唐突だ。

昨年末も、そういう異常な嵐を仕組まれたばかり。
http://www.geocities.jp/psyonterra/0812.html#5
いきなりの天候荒天、これも年に10回以上で毎年あれば「ああ手段なのね」と嫌でも理解するが、

きょうはまさに「いきなりの前線通過、ゲリラ突風に視界の無くなるような豪雨」

晴天からのマックロ暗雲押し寄せ、いきなり土砂降り…映画みたいだったよ。

この日は自分は大丈夫だったが
(お客さん家のガレージで一休みし、ビニール包装を駆使し、新聞はすべて守り通し、配達終了。)

ほかの従業員が、多くの新聞をぬらしてしまい、店内で乾かす作業が大変で、

「こいつのせいだ…」なにか魔術陰謀絡みに感づいたらしい右翼系の店員が、
俺をにらむようになり、以来、店の雰囲気が悪くなった。(翌2009年4月に追い出されるまでずっと)

2006の大型台風関東直撃の時も、一日中、外でポスティング仕事するように仕組まれた。千葉市内で。
しかもその日はなんでか深夜に吉祥寺でも日雇いバイトが入ってた…劇疲労…
http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0610.html#6

魔術を使えれば、なんでもやるのか?
ウソをばらまくことに、カルト組織だけにとってだけのメリットがあれば、日本や世界中にバラマイテ知らんぷりか?

なのである。

つきあいきれない。
巨大な嘘つき身勝手組織が、世界を滅ぼす一大要因かもなあ。

こっちがよかれと真剣に、国や世界の面倒を見てやるつもりでブログや日記を書いても、
やつらはウソで煙に巻き、圧力や暴力で、心身を参らせ、病状悪化を仕掛けてくる。
いっちごっこ。砂の城をつくっては、波が押し流す。賽の河原の石積み。

それこそ、100年に一度の不況どころじゃなく、
万年に一度の巨大な悪魔でも復活し、世界を飲み込んで滅ぼそうとしていて、
善良な霊能者たちが押し返しているリピート、
そんな絶望的状況でもあるのだろうか。まあ想像の域だけど。

相手を懲らしめることだけを恒久的にロボットのように行い続ける集団
相手を罠にはめることだけを上同

そんな感じがする。なんか、プログラムで制御されてる、ロボットみたいで、単調で、人間味が無く。

習慣化した、
異常過熱のバッシングや、過剰コンプライアンスが、
世間をどう混乱させ、疲弊させ、悪化させてしまっただろうか。
ここだけは、一般庶民でも理解しやすいだろう。

滅ぼす側の属性(悪魔)、に取り憑かれた勢力は、あるのだと思う。

神仏や王を奉るけど、悪魔側、そんなものは古代よりあった。

創価公明を下野させれば、ある程度は沈静化するかもしれない。
でも、鎮火には至るまい。もはや方々に”インフラ”されてしまっている。


/9

ははあ

真下の住人と、話をする機会を持つ。
大体、人を追い込むとか、危害を加える組織というのは、ワンパターンだ。
まったくもってフツーな一般市民とは、いろいろと性質が、態度が、物言いが、違う。

どういう系統かなあと。

まず、第一印象は、「こいつ素人じゃない」奥方とて。
先だって亭主が口をきいたときも、同じ印象だった。
夫婦そろって、構成員か、信者。

・「問い詰めトーク」訓練を受けている
・やたらガードが堅く、決して表には出てこない
・壁一枚隔てたとたん、凶暴で、残忍になり、傷害行為を笑みながらこなす

・べらんめえで、茶髪だとか、やや収入は良さそうでも、怖い目をしている=裏社会判別要因
・一見はきれい身奇麗で、それほど恐怖要素もないが、気配が物々しく、他者攻撃の豊富なノウハウを駆使する=排他的カルト信者判別要因

今回は、後者だ。
それでなくても、与党カルトの信者は大いに慢心していることが多い。
かれらもまた壁一枚隔てると、声ではなくテレパシーによって大いばりだ「創価創価 広宣!広宣!広宣!」そりゃもう、やかましい。

こちらも新聞屋はじめ議員会館からSODまでめぐるテクサポなど、社会経験を15年。伊達ではないが、
一見は普通のきれいめの若い主婦が、最初から気迫とトークでこちらを「撃破」にかかるさま。
あれはねえ・・・・

繰り返すんだよね、「どうしたんですか どうしたんですか どうしたんですか どうしたんですか」
で、だんだんと相手を催眠状態のグロッキーにして、自分の思い通りに操れるようにして、追い返したり、手を出させたり。

フツーの世帯では、主婦どころか亭主も子息もそんなことはできません。 それを主婦がやり、3歳児が一緒になって、兵隊になって、大人を罵倒したりしている。

朝10時にいやな気配がして起きてみれば、早朝はキッチンや隣部屋でおとなしくしてたあいつらが、
真下で常駐し、ドッタンバッタンやり、呼吸模倣を繰り返している。
「悪魔憑き」
人間的ではない動作を繰り返す、異常集団の構成員。

壁一枚隔てると、
・こちらの真下(階下の同じ位置へ座ったり、そこで乱暴な物音を立てる)へストーカーを執拗に繰り返す
・呼吸から言動まで執拗に真似て大声でアピール、「びびった しね」などと、全国の信者と同じ陽動トークをかける。

非常に馴染み深い。

なぜなら

わが実家が、一大蹂躙工作を受け、ひどい骨肉の争いになるよう仕組まれたとき、
義母が盛んに仕掛けてきた手法と、まったく同じだったからだ。(2003年日記を参照、「呼吸を真似する」とか)
その2003の正月より派遣社員の案件として振られてきたのが、創価学会の支部でつかうルーターを設定し、納入設置する仕事だった。
すべてはつながっていて、すべてはワナの一環なのだった。

おそらくここは、創価コロニーであろう。下の住人はぜんぶっぽい。そこへあいさつがてらおすそわけとかしていた、
引っ越してしまった2F横の住人も、だろうな。大家まで絡むのかは不明。

いまも時折、恐ろしげな気配が下から襲い掛かってくる。
彼らは、組織の上層部より指示を受けて、つねに遠隔監視している。把握されている。
だからいわば刑務官のように、拷問が日常生活にオフセットされている、起きていて、暇さえあれば仕掛けてくる。

こういうことを書くと筒抜けで、またいろいろと仕掛けてきては、「報復」としている。
そういう連中が、全国津々浦々、あちこちに住んでいて、待ち構えている。

やはり、公明は下野させないとヤバイ。
俺の身の上がやばいとか言う前に、多くの人間の身の上がやばく、つまりは日本が危ない。


ああした
・強圧的態度や、
・精神的な服従を強いて、こちらを操ってこようとする傲慢な態度に、

自民党勢もおそらくはタジタジで、かなわないのだろう。

典型的な悪魔つきの性質だ。自民も早急に目を覚まし、連立解消したほうがいい。
悪魔と契約してまでの政権より、人間として目覚めよ。

 ◇

なんか、この寮アパートの住人に含まれる
「右系政府系の、追い込み組織構成員」
たちは、どうにも発想が暗く、残忍だ。

「生け捕りにした」
「がんじがらめ 頭パーにしてやる(電磁波攻撃や、組織悪独特のいやなプレッシャー気配漬けで)」

いやもうね、その発想がね。隣棟の隣部屋に当たる、YC腰越の従業員だろうか。はてまた下の住人か。
そういや臨時配達で戻ってきた板橋もあれ、おれをナメたり敵視したり、そっちけいの構成員だな。”組織悪の気配”がやや強い。ただの下っ端ではない。

こんなやつらが、政府筋と通じるような規模とコネクションなのだから、

そりゃあ国政はパワハラという麻薬を捨てられず、謙虚になれず、

つまりは日本が下落しっぱなしで、政界がサッパリ代わり映えがしない、

これつまり、こいつらの自業自得。

他人を責めてる資格がない。むしろ、責められる側だ。だから、責めてきた人間を、やっつけてしまう。
悪循環。

そういう意味で、国政だとか、大臣や王だとか言うだけで聖域に守られて、横暴でいられる時代は、

完全に終わりつつある。今年で終わるかもしれない。

終わらないようなら、日本が終わる。それはそれで、いやな混乱と無秩序の後に、新時代が来るだろうけど、
天皇制が無くなったり、他国に侵略を受けたり、そういう陰惨を極める可能性もある。

つまり、危機を危機と認識せず、キリギリス的な横暴と堕落を極めていると、
天下なんて永遠に沸いてくる温泉なんだよくらいに鼻にかけていると、
ゴモラの火的な目に遭遇しかねないと。

どっかできっちりと、身分上下問わず、みんなで謙虚になった方がいい。
弱者イジメや、批判封じだの、追い込みだの、サッパリやめて。

矢祭町に出来て、国政に出来ない時点で、病んでいる。

 ◇

大体が、いいわけとか、なすり付けというのは、
一事が万事、

俺に対して、
小泉竹中買改革路線に対しても、

文句を言うのは決まって、旧態依然側の、外見も内実も冴えない面々だ。

おれに対し、
新聞社とか、工業系企業とか、国政とかが、何億円出資しても、利益は数百万、数千万、とんとん、下手すればやや赤字。

小泉竹中路線では、旧態依然は儲からないどころか、へたすれば今までと違い、特権利権ではなくなる恐れもあったから、
連中としても死にものぐるいで抵抗し、つぶしにかかった。けっきょく、ああいう時代では、利権を賭けた抗争劇になってしまっていた。

いわば、時代とともに廃れつつある、生活になじみすぎて儲からない、
ハード体質の面々は、何をどうやっても儲からないのだ。栄光の時代の夢を追いすぎている。長島の時代は遠い昔だが。
製造も自民も、たいしてもうからない、それこそ社長や総理が過労死しようが、もうからない。

おれにたいし、1億円出資しても1億100万円しか儲からない、製造業など。
おれのアイデアだけ持って行って、アニメマンガゲームにして、つまりタダ同然のネタで数億円のメガヒット。

かける手間のコストは相応にかかるけど、利益率が違う。

実際、そういう「富の偏在 成果の明暗」が、起きている。

おれに対し、文句ばかり言ってくるのは大多数、ハード体質、古びた、そういう面々ばかりだ。

未来志向の若きイノベーターが、成果を出すのは、アカデミック、コンテンツ、そういったソフトウェア方面と相場が決まっている。
一流の職人が総当たりしようが、伝統工芸だの、昭和製造だのは、もうかるわけがない。

時代を認めたがらない頑固者たちに、未来はない。

つらい、富や機会の偏在があっても、受け入れていくしかない。
なにも日本や日本企業のみならず、世界中でそうした凋落は起きている。世界西洋文明のシフトである。


むろん、萌え米だの萌え酒なんて、バカな安直な商法は、すぐに廃れる。
そんなに甘くはない。エリマキトカゲである。最初だけ物珍しい。

でも、コンテンツなどのソフトウェアを、
ハードウェアにミキシングしていく中で、
生き残って、リモデルして、利益率を改善し、長期黒字になる、ハードウェアも、当然出てくるでしょう。


「てめえは俺たちの言うとおりに、巨人を連勝させ、原を輝かせてればいいんだよぼけ」
で、いやだから辞退したら、適当な交代要員にそれをやらせたらしい。その後のパターンががらりと変わった。

巨人奇跡の13連勝・・・・世間の反応はなし。
原は奇跡の男、こんなすばらしい男がWBC監督に・・・・世間の反応はない。おなじプロ野球チーム、選手、ボイコットの動き。

わかる人たちは、わかってる、読売とか、巨人とか、つまりは右系や暴力系、彼らの横暴さを。
選手が辞退した多くの理由は、調整と言うことだが「巨人にこき使われたくはない」
チーム側も「読売主催で、あいつらだけが得して」

つまり、おれは彼らの意を察したから、世論を読み解いたから、原だの巨人を特別視する方針を辞退したのであり、
ナベツネだの右系暴力系だけが鼻息荒く、かつての栄光時代の頭脳のまま、原巨人を輝かせたって、一部の野球オタクしか反応しなかった。

ああした連中に、世の中を仕切らせる愚。

かたや、空気読む宰相、
かたや、自分だけのジコチュー。

賢帝は独裁的なシステムだが、(ニーズをきちんと受信し、具現化し、成果を出す)

民主的な横暴勢力の集まりは、よほど恐怖暴走独裁の様相である。(ニーズをつかまず、迷走し、空振りする。)

「わしゃー地域住民じゃい」戸怒鳴るのはヤクザだと多くの人は知ってるし、
「国民の皆様が」なんて言葉を使うのが議員だけなのもまた。
暴力はおろか、政治もまた横暴だ。非常に癒着してもいる。

俺をいじめて、かつこき使っている連中は、大挙して、おそろしく、横暴だが、それだけだ。
俺より後ろにいる。
彼らがいくらキレて、やっちまおうが、暴れようが、主導権を取ろうが、未来はやってこない。

むしろ暴れただけ、やっちまっただけ、後々に問われる罪が重くなるだけだ。

なにも殺人や内乱ではなく、「未来を潰した重罪」で。

中高年とか、旧態側は、もはやあんまり暴れない方がいい。
因果応報、めぐりめぐって、凋落がさらに惨めになるだろう。

たすきを若手中堅に手渡しても、華々しい時代にはならないが、
それは彼らのせいではない。国家やビジネスのスランプ期、斜陽というのは、長く尾を引く。

「こいつらにやらせたから、数字が落ちた」
などとヒステリックにあおるバッシングも目立った時期があったが、そういうことなので、的外れだ。

うちの親父世代も「おれのほうが華々しくもうけてた成果出した」などと威張ったが、
なんのことはない、高度成長期では誰でも動けば儲かっただけの話。
あんたらも今すぐ20代に若返ってフリーターにしかなれない現実を生きてごらんよと。

年金も減る、給料も雇用期間も減る、
貧乏まっしぐらの日本。
企業だって、いくら展開し、内部留保を増やしても、大してもうけたとは言えず、うかうかできない。

英米式の、無限拡大フロンティア式、右肩上がり永遠持続、のビジネスモデルがはじけた、
何百年周期で、ついにはじけた。
根は深い。

おおくのハードは、まるで遺跡みたいに生活の一部になってしまい、食料もふくめ、
残る、目を輝かせる「感動の材料」は、ソフトウェアしか無くて、
つまり介護はソフトウェア的に成功させる人材だけが、安定し、もうかる仕組みのわけで。

片方の都合とか、かつての栄光とか、そんなもんを押しつけるようでは、ソフト的な成功は永久にやってこないと。
厚労省にしても
派遣切りをケアしたら賞賛され、(ソフトウェア指向)
医薬品ネット販売と、代引きサービスを、廃止させるってんで総スカン食らっている。(ハードウェア指向)代引きは銀行関係で、金融庁とかだったかな。

飴と鞭なんてことを考えてはいけない。
しばらくは、いかに感動の飴を編み出すか、熟成させるか、そこだけ試行錯誤しなさいよと。

/10

ブログに色々きわどいことを書いたので、
自宅へ向けての激しいリモート攻撃が。毎年、毎度こうだ。ようは”空爆”なのだ。

午前中は超音波で金属屋根が過熱されるのかビシバシとはげしくきしみが収まらず、
脳波と同じ信号で身体が操られ、きつい痙攣が定期的に体をのけぞらせる。

非常に軍事的だ。

もと国家公安委員長の白川が、自身のブログを通じて、
「おとなしくしていれば、激しい攻撃がやむのだ」
などという”サイン”記事を何度も何度も書いてみせてきたことが思い出される。

いち反社会勢力程度の、ちんまい話ではないのは確かだ。下手すると国際問題レベル。

http://www.asahi.com/international/update/0110/TKY200901100093.html
 オバマ氏「私の政権下、拷問はない」 CIA手法を否定

なのだから、
小沢政権は同じ姿勢を徹底させねばならない。

 ◇

先日、真下の住人が巧妙に暴れるので、対面に持ち込んで話をした。
いかにもプロ手法を身につけており、のらりくらり、マイペースへ持ち込むのもお手のもの、そういう世帯であった。
基本、謝りに来たはずの亭主が、にこやかに指ポキポキの自称大工、で読売を取ってる。なんというかベタではある。

きょうは以前にも増して、暴れるようになった。
刺激したのは事実だが、元々がそういう人種、勢力の一員と言うだけのこと。
きのう、こいつらの話をつけて、夕刊のために職場へ行くと、職長にこのことについて質問を受けたのだが、その脇で、
推定やくざ系のパート従業員が、「ごめんねー」などと何度もつぶやくのだ。グルを示すサインである。

いま16時台、主婦一人でなんだか暴れている。ものを落としたり足をバタバタしているようだ。なんか必死で。
午前中も、執拗に睡眠妨害を受けた。物音だけではなく、超音波電磁波のたぐいでビシバシとやられる。そういう危害用の機械を組織からもらっているのだろう。

アパートの住人だけではない。

きょうはまた、YC腰越の社員どもが、悪さをした。
配った新聞を抜いてくる、悪質な手口だ。

こちらは通りごとに、1〜5部単位で管理している。
数が合わないと先へ進まない。
まして、投函した覚えのある家を「届いてなかった」とは、お話にならぬ。

夕方にスーパーへ行けば、さらにひどい。
地域のワルどもが、群がって集まってくる。
ただ買い物をする。しかし、陰口は欠かさず「わかってんだぞ おしまいだ まだやんのか」などと、ぶつくさぶつくさ言っている。
店内に、いかつい男や夫婦連ればかりになる。

つまりは、現代風の
反社会組織の追い込みとは、囲んだり暴力をふるうのではなく、こういうものなのだろう。

つまんないことで、

それこそ、当日、何を言った、言わない、
たったそれだけで、
世間中が連動して大騒ぎする、危害を加える、

阿呆な世の中になって、何年経過しただろうか。

日本は陥落寸前だ。精神から、内側から、狂うことで、正気の判断や行動をしないことで、
全国民一致、社会をあげて、滅亡へ向かおうとしている感じ。

個人が止めても、どうもならん。
止めようと発言しただけで、上記のように世間中が狂い、大騒ぎして危害を加えるから。

ユダヤとか宇宙人とか、その辺が操っているのだろう。実際の元締めがどこかは知らん。


/11

結局昨晩も、睡眠妨害が続いた。
超音波攻撃で、興奮状態を引き起こされ、あるいは不安誘発され、寝付ける状態になれない。

で、YC腰越に早朝出勤すると「ねむれないでしょ」などとつぶやく従業員がいる。同じ寮アパートに住んでる人間。
近くのコンビニにはいかついあんちゃんたちが陣取ってる。

やってられんね。

/12

昨晩も、真下の政治カルト工作員世帯は、

安眠妨害、(裏社会工作員はまずこれをやる)
プレッシャー地獄の創出。

咳払い、
呼吸をまねする、
ものを落とす、
暴れる、

いつもやるのではなく、
不定期にいきなりやる。
よくそこらの右翼系や創価系があばれだす、そのまんまのノウハウだ。

夫妻とわず強烈な威圧プレッシャーをまとい、
やくざと共通の脅しテク、はぐらかしテク、マイペースへ持って行くテク、駆使する。

読売を購読、大工。
そういう世帯だ。かつ創価信者なのかもしれない。コーセンコーセンとうるさい。


日本は昔からバカだった。

一部の狭い工房だけが、すごい製品を作り、
山師みたいな粗野な連中が、シキリをかますことで売ってきた。
それが役人をも癒着し、「規制大国」

24時間保育も
10分床屋QBも
朝青龍も

合理的、新機軸、

見慣れない、
今までと違う、
となれば

そういう粗野で低所得な連中が次から次から飛んできて、
つぶしにかかってしまう。
毎日毎日、何年でも続けざまにつきまとい、脅し、妨害する。
「集団ストーカー」

だが、バカだから、工房が作る製品でさえもうからなくなると、大慌て。
あわてるだけで、何も出来ない。大多数はバカに過ぎないから。

浪費癖、高飛車、変化を嫌う、

気づけば、ロクデナシ大国になっていた。

貧乏や質素や謙虚を、取り戻せるのはもはや、若手までだろう。中堅でも厳しい。
十何年はかかる。真剣に取り組んでも。


結局、この鎌倉でも、
地域ぐるみで、あちこちからロクデナシ系工作員が飛んでくるのだが、
老若問わないが、ほぼ低学歴低所得ネイティブ部落系の。

そういう連中が、何も考えず、飛んでくるのだ。
変化を嫌う「旧態利権」からの指示で。

旧態依然が、利権として多数人口を抱えている、これが重病なのだ。
いまや日本を絶命させかねない。

定額減税なんて、今やるべきではない政策を
思いつきで実行しようとした公明党は、自民党からも嫌がられつつ、
「いらねえよ給付金なんて、もっと有益なことに使え」
と有権者にまで嫌われている。

時期尚早の政策を、実現させるまでに無駄な審議を重ねているし、
もっと早めにやるべきだった選挙も遅らせている。

自民も公明も、もはや国政を預かる能力手腕を有してはいない。

ひいては官庁や裏社会もふくめた、「旧態利権大国」の、滅亡がやってきたのだ、今年に。

いまやくざの肥大化が非常に問題視されている。
気づいている、害の部分で困っている、面々に。また警察庁にも。
法規制によりどんどん水面下へ潜り、1人の構成員にどんだけ水面下準構成員がいるかわからんくらいになっている。
街でみかける新聞屋や建設業者、大多数がその水面下準構成員や、そまた下のパシリ、であるようだ。
やや業態がいいかげんそうな多くの企業、店舗も、フロントであることが多い。ダイソーなんて創価だし。

いざというとき、ストーカー行為で追い込みにかかったり、
たいした面識もないのに、なじったり悪意を向けるようなのは、
政治団体とか裏社会を通じ水面下構成員であると言うことだ。

旧態利権を、破壊しなくては、無力化しなくては、
日本が壊れ、滅亡に瀕する。もはや数年先の話ではない。昨年後半にはスタートである、

それにはまず、裏社会の無力化、数の減少、資産の減少、を避けては通れない。
当然、創価などの宗教ギャングもまたしかり。
自民は右翼ヤクザを使い。
公明は自前の創価ギャングを使った。

共産みたいに、左翼を抱えつつも人道に奔走してきたのとは、まるで違う理由がここにある。

自公は、右翼と創価を飛ばしてきて暴力で黙らせるだけだったので、
問題解決能力が衰えてしまった。

何らかの理由で、それらマフィアのニーズが減り、
役人や政治家がそうした裏暴力依存しなくなればまた、

合理化を邪魔しない、迎合しやすい、風通しの良い世の中になるだろう。。


きょうも午前10時前、真下住人の大あばれが始まった。
幼稚な餓鬼どもだ。
幼子を抱え、サーフィンなんぞで遊びながら、
陰謀の一徒として他人様の生活や命を脅かす。

こういうロクデナシどもの数を減らし、影響力を減らし、猛省を促したい。

要はスーパー監視社会だ。
裏社会と与党でタブーを勝手に作り。自主ルールを押しつけまくり。

なんにもできなくなる。
あれもだめ、これもだめ、

あいつらは、
あいつらが敵と思っている、殺そう潰そうとしている相手が、悪さをしているように見えても、

実際に、客観的に、事実関係を調査すれば、
むしろあいつら自身が、社会を硬直化させ、恐怖や面倒を感じさせ、萎縮衰退を進めているのだが。

なんせ暴力。なんせ問答無用。要って通じる勢力ではないのが致命的。致命的なのが国家社会規模だから・・・・

今年の国内外は色々な変化が目白押しでも、良くない進行もすくなくないだろう。ズルズルと・・・・

そういう中では、与党や裏社会の連合軍ハイエナが、暴れれば暴れるほど、
後々になって自分たちの首を絞めると思うのだが・・・いっても聞かない。
おれの周囲には、場末の末端パシリしか姿を見せない。
彼らは縦で動き、自分では考えず、おやびんの指示に従うだけだから。教義や組織スローガンに。

おれは、取り戻しまくる年、トレンドへ向かうだろう。
彼らは逆に、殺し奪い横暴を極めてきた時代が終わりを告げ、辛酸をなめるだろう。










/13

妙な連中が、駆け込むように相次いでやってくる。

昼間のスーパー。
主に店舗や都市の雑踏が、あの「追い込み弾圧部隊」の仕事であるようだ。
なかなか閑散としたところまではこない。あくまで生活の「ついで」

きょうも、「昼間なのに、学生?」というかんじの若いのが伏し目がちにやってくる。
ややいかついおっさんもくる。
こういう、不審をかんじさせるたいていは、追っ手である。行動も言動も、居合わせる時間帯からして、変だ。

妙な気配をまとっており、
店員やほかの客が、口が止まらないという感じで、悪口をまくし立て始める。

世の中を汚して、稼いでいる阿呆弾圧利権。
さっさと廃止したいところだ。

今日の昼の尾行連中も「けいさつ けいさつ」などとトークを一致させていた。
半分はウソ、半分は本当だろう。
よくみかける制服警官は無関係に近い。暗殺や謀略などの公安系が絡んでいる可能性は高く、公安は右翼や創価とつるんでいる。


「日本は、豊かだから、大多数が平和に暮らしている」
などという一般的幻想をいいことに、

支配側が裏社会と結託し、
間引きなどを傲慢な物言いで、世帯ごと、ひそかに暗殺に走る、
それが現実だ。

日本に、不況など、ない。
あまりに、食えている、遊べている。
湘南なんて、貧民でもいまだにサーフィンで毎日遊んでいる。こういうのは不況とは言わない。

そういう、平和ぼけの連中を、救おうとは想わない。
その平和に便乗して、暗殺や謀略にひたはしる、腐りきった、ドス黒い連中もまた、許そうとは想わない。

本当の不況が、ああした悪事を嫌でも壊滅させていく。だから本当の不況を待ち望んでいる。

賢者は補正予算通過と同時に解散するだろうから、解散は9月まででも先延ばしすればいい。
愚者の国はきちんと愚者をきわめて壊滅的打撃へ向かえばいい。

YC腰越のいやがらせも、やまず、物言いも強引のままだ。
「いらねえっていってるのに、しつけえ」
暗に明に、そういう嫌がらせを欠かさない。

これらもまた、上記の謀略の一徒なのだ。





/14

近所の住人。
もの落とすなど、大きな音を立てることを、一定間隔で、執拗におこなう。
それだけでなく、裏社会(政治、宗教、暴力セクト)特有の、強烈な殺気をも撃ち込んでくる。

日によって変わるから厄介。気分屋。面と向かって話しても、おそらく元ヤンキーだろうなあという感じ。

つくづくああした組織暴力属性の人々の、
パワハラを貫徹することへの執念は、すさまじい。

だが結局は、暴力や嫌がらせに終始する一大勢力の執念が、
社会をあちこちでぶっ壊し、亀裂を入れている現状がある。
しかし、彼らは、話が通じないことをウリにするような人種であるから・・・

自分の子供さえ、将来きっと親の悪行によって苦労するのだが・・・
(お子様を抱えながら、他人に危害を加えると言うことは、法的には犯罪被告、因果的には巡り巡って因果応報に・・・・)

ま、言うだけ無駄。ため息をつきながら、つきあっている。


きょうはマキタと吉野家と苦情メールを出した。どちらも非常に灰色な企業だ。
どうやら前者から、暴力的な返答が来たようだ。

昨年末の通り、あきらかにフツーじゃない、天下りか裏社会の社員が、執拗に営業車で攻撃してきた。
これをきょうの昼だけで、おなじことをしかけてきた車が二台居た。
ヴィッツに乗ってるのに、やくざっぽい、似つかわしくない。
軽ワゴンなのにやくざっぽい、これも似つかわしくない。相模ナンバーでつまり地域外。

妙な共通点、そしてマキタ営業車とも共通。

YC腰越でも、脅しっぽいのが。
コジマが店で待っている。おれをみかけると部屋から出てきて、聞かせるように「浄化槽の工事さあ」と事務とやりはじめた。
また意味不明ぎりぎりの伝言だろう。この人物はいつもそうだ。
コロコロ店員が変わるので、客も名前を覚えるのが大変らしい。そういう店は、まずなんかある。

 ◇

きょうは
「運命を操作する、魔術テクノロジーによる犯罪行為」

の見地で、ちょっと物騒である。
治安維持の方面は、そこをマークして老いた方がいいだろう。

・大学で連続放火、教授殺害

あいついで二件、東理大と中大。

こうやって「不思議と相次ぐ」ときは、
犯行の当事者も知らぬうちに、運命がそう仕組まれているという”手口”

最近の、組織暴力や宗教カルトなどを含む「ネガティブ属性」の方面は、
悪魔と一体化でもしたかのようだ。
そこまでやるか、をはるかに貫通している。もはや人間の心を失ったかのような所業だ。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090114-OYT1T00407.htm
中央大キャンパスで教授刺され死亡、黒コートの男目撃

大体、手際の良すぎる犯人がささっと逃げてしまい、捕まらない。
栃木だかの女児殺害遺棄事件がそうだった。やれ白セダンとか、黒セダンとか、そんなくらいの情報だし、この情報でもう組織犯罪の線だ。

数十行上の、YC腰越の従業員の物言いには、同じ系統を感じる。水面下マフィアな物言い、つまりは伝言。

http://www.47news.jp/news/2009/01/post_1952.html
東京理科大で4件の連続不審火  犯行予告文も届く

こちらはまだ、職員か学生の線もある。

しかし、広義で見れば、「すべてはマフィアが魔術でしくんだ」という解釈になる。

警官の拳銃自殺が相次いでも、
おのおのが自発的にやっている。そう思っていても、実は操られている。
まさか操られているとは知らないだけだ。

変に震災が相次ぎ、
変に台風災害が多い、

しかも特定の団体がネット掲示板などで大喜びしている、

ということがここ数年でパターン化した。「災害テロ」なる言葉まで彼らは自ら定着させた。


/15


たまにはみといてねリンク集。
体験記ばかりになると初心者の理解が見込めないので。理解者が増えないとこの社会はセクト(カルト)によって終わります。

2つめと 3つめ
ぼやきと日記

BBSと画像 とウェブログ

スレッド 1
スレッド 2
サクラ(工作員)しかいないけど事情はわかる

検 索1 集団ストーカー
検 索2 組織ストーカー
検 索3 電磁波被害
検 索4 思考盗聴

私にとっては3年の付き合いで古典的なキーワード。
検索結果を見ると、相変わらず加害側工作員の胡散臭い自演サイトが散発、上位に食い込んでいる。
というより、検索上位になるには結局はカネや影響力なのだよね。本当の被害者は個人だからね。

 ◇

自称・創価、右翼
その家族含む、

・平気で他人に間接暴力をふるう(電磁波や音波、壁越しで見えない、罪の意識が希薄)
・電磁波に汚染された空間では、念プレッシャー攻撃が倍増することを知っている
 同様に、そこに洗脳信号を混ぜることで屈服させ洗脳しやすいことも知っている
 故に、これらを駆使して、悪用してくる。

今朝も朝一番から、ずっとやられっぱなしだ。
若い女だが、男ヤクザと同等の気迫や、トークテクニックなどを有して、手慣れて活用している。
そういう系統の手下世帯であろう。真下は。

こちらが室内にいないと、連中は勝てない。
前述の通り、有害電磁波が照射されてる狭い範囲でしか、連中は強くないからだ。

ゆえに、室内では強気のやつらは、部屋から出すまいとするし、
もう終わりだ、敗北だ、とんでみないことをいしてくれた、などと、
警察の密室拷問みたいな、屈服を迫る手法を駆使してくる。

創価と言うより、極右、極左のテロリストみたいな。

ちょっと部屋を出れば、しょせん小僧に若い姉ちゃん主婦。立場逆転。


こういう構図だと、右翼だの政府的弾圧だのと、おそろしげだが、
要するに
部屋の中で済ませて
TVゲームみたいに、画面の向こう、壁の向こう

内向的で、仮想的だ。

政府与党も、
右翼も創価もあるいは左翼さえ、「TVゲームばかりやってひここもってる子供」と同じ思考回路、性格、
になっている感じがする。

大丈夫かと思う。、いやダメだろうとは悟っているけれど。

手軽でゲーム感覚の人殺しや追い込みなんて、あるようで、ない。

そんな禁忌に手を染める政府や、同等の組織悪は、
元々が国家を背負うなんて重い義務を課せられているのに、

逃避傾向に走って居ることになる。
骨抜き、子供じみて、根性のねじ曲がった。

本質に手を染めず、面倒な問題は隠して、面倒な人間はTVゲームな追い込みで始末する、

いまの日本政府や、組織暴力および右翼と創価、あんな感じの連中になる。

他人の痛みがわからない。
TVゲームの画面の中の出来事のように、生々しい惨劇が伝わらず、平気で悪魔になる、人間性が完全に消えて。

そろそろ人類は気づかねばならない。
「進化 進歩」は、完璧ではない。むしろ避けるべきルートマップなんていくらでもある。
いまの発達した文明科学やテクノロジーを、盲信し過信し濫用する、
いまのバカ支配連中は、

20世紀までの科学万能や「豊かさ絶対」の思想に洗脳されており、
支配階級は無敵で何でもやりたい放題という古き欧米帝国主義にも憑かれており、

この国を骨の髄まで滅ぼしてくれることだろう。
むしろそのほうが、未来に禍根を遺さず、いいかもしれない。負債だのなんだのを。

 ◇

で、こういう「国家犯罪」をしている連中、裏社会も表官庁与党もグルなのだが
(自民は右翼だし、公明は創価だし)

相手を屈服させるからには、
隙あらば奴隷にしてただ働きさせようとするし、
それで不始末が出たら、ぜんぶなすりつけて逃げようとする。

秘書のせい
課長のせい

おきまりの手口だ。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20090113/182497/
質問1 事業会社が学校と違うのは、チャレンジすることが必ずしも評価につながるとは限らないということです。

 自分は乗せられやすい人間で、啓蒙的な話を聞いては必死にチャレンジしてきましたが、
 会社では常に潰されてきました。
 社会では、無防備にチャレンジする者は、利用されて捨てられます。
 力を尽くす前に、社内の力関係をクリアしておかなければ「燃え尽き」が待っているだけです。

 チャレンジして果実を得たとしても、
 横取りを狙う人はたくさんいます。

 利用される人ではなく、成功する人、社会を引っ張っていく人を育てるためには、まずはその点から教えるべきなのではないかと思うのですが

勝手に奴隷として編入しておいて、
儲けは全部持ち逃げ
不始末は全部なすりつけ

まさにオレオレ詐欺、同省もない連中だ。

どうしようもない連中が国家を仕切っているから
自分じゃ何も生み出せない。
アンフェアを特権や地位で正当化する。

問題解決が何一つ出来ない、無能な政治家や、
本当に自分たちの利益しか考えない、悪魔のような悪党、

ばかりになってしまった。
社会の表も裏も、義士がいなくなってしまったのだ。

ふた昔まえなら、離党した渡辺議員にはゾロゾロと賞賛や追随が出ただろう。
そういうことだ。悪魔が支配システムを牛耳り、もやしみたいな下っ端は逆らえず組み敷かれている。


とりあえず、ふたたび、身の危険が大きくなってきた。
だが、散々俺をこき使った連中は、なにひとつ養護も援護もしてはこない。

階下のくっだらない下っ端工作員ごときに、好き放題に攻撃させている。

それが、日本なのだ。政府官庁、裏社会の政治宗教ゴロ、これらの支配階級なのだ。

ふたたび、日本を見捨てたくなった。

どうでもよくなってきた。

むしろ、さっさと滅びてしまい、貨幣が紙くずとなり、都市文明は機能できなくなればいいと思う。
すべてぶっこわれれば、ナメた弾圧や暗殺などやってる場合じゃなくなる。
王も平民もなくなる。

いい気味だ。豊かさは、いい暮らしだけでなく、半端じゃない巨悪の温床ともなった。
住宅の裏側には幾多の雑菌や害虫が住んでいるように。

おれには家族も財産も人生設計も、なにひとつない。のたれ死にするだけの、それまでその日暮らしの、たったそれだけ。
それらはすべて、上記の国家巨悪どもが、奪い去っていった。

だからこそ、いつでも見捨てられる。巨悪どもの自業自得だ。
自ら、自らのための、ブービートラップを育ててしまった。
そういう人間が、派遣切りや内定取り消しされた連中を始めゴマンといる。日本裏切り見捨て要員。

日本国なんてワガママ野郎に、かまってやる義理はない。

勝手にしろ日本。


あー胃が痛い。
有害電磁波の照射や殺気プレッシャーなどをミックスして、
寝るなど心をゆるめた隙に、猛攻撃を仕掛けてくる。
胃痛を催す攻撃が何時間も続き、寝る時間も減った。

そういうことしか仕掛けてこない日本国に、用はない、門前払い、塩まき、かえったかえった。

それすら、ゲーム化しているのだ、あの上流階級は。

自分らが獲得した「奴隷」たちを、コマにして、戦わせている。
勝った陣営が、支配権を握るようなシステム。

だが、つまりは腕力や、サイコキネシスが、強ければ、いいのだ。
日本体育大学に、日本政府やヤクザをさせるのと同じ。

バカで、人員がそろって無くても、やらせるもんだから、
いま日本の政治経済は大混乱だ。

秀でた人間は潰され、邪魔され、仕事が手につかない。
愚鈍で粗暴な人間が、それを送り込んだ卑怯者の勢力が、影響力を持ってしまっている。

いいかげん、バトルロワイヤルならいい政治や支配が出来るとか、
そういうウソをいって、
実は自分たちが支配をしてみたいだけ、権力や財力をもちたいだけ、

そういう裏社会悪は、淘汰され、陳腐化しろって。

まったく同じ手法で、交代チーム同士でコンペをやったデータデンターは、どうなったか。

荒れた。すさんだ。現場がぼろぼろになった。
いわば暴力団同士の抗争劇だ。
相手をやっつけて、参らせて、仕事を奪ったり、追い出したり。
「相手チームのあのやろうを、ぶっつぶせ」
「やろうがミスしやがった、つぶしにかかれ」
プロパーはそんなことばかり熱中していた。ハケンはあきれてあまり参加しなかったり、媚びを売りまくったり。

まったく、ITデータセンタ業務には、必要のないことであった。

発注元の現場責任者は、数ヶ月で逃げ出した。

それはもう8年前のことだ。


国家の主要ブレーンを粗暴勢力がどんどんぶっつぶしまくっているいまの日本は、
白人を追放してものすごい勢いで劣化している、ジンバブエに似てきた。

某所より転載
今までずっと少数派の白人が政治の実権を握っていたが、民主的な選挙で、黒人政治家が増える

とうとう初の黒人大統領が誕生

何を思ったか「植民地時代に強奪された白人の土地資産を黒人へと無償かつ強制的に権限を委譲しなさい」法案を提出

大半の白人が安値で土地資産を売り払って外国へ。

今度は外資系企業に対して「保有株式の過半数を譲渡するように、逆らったら逮捕」法案を提出

外資系企業が国外逃亡する

別に国連もアメリカも、どこの国も経済制裁してないのに、経済制裁と同じ状態に陥る

何もかもの物資が国内で不足するので、
「市場に出回っている物資が不足するなら、物資を持つ者は絶対に市場に売らないといけない」法案を提出

物資の強制売却で、さらに物資不足が深刻化。当然需要と供給バランスが崩れて高値になる。

物資が高値に成り過ぎて買えない人が続出

「物資を絶対に安値で売らないといけない」法案を提出

調達コストよりも遥かに安値で売らないといけなくなったので、当然のごとく利益が出ないから国内企業が次々と倒産する

安定していた経済が、脅威の失業率 & ハイパーインフレ になるのを一年も経たずして達成。おめでとう。

失業者があらゆる物資を強奪し、社会不安が増大、交通機関や警察機関も機能しなくなる。政治も収拾がつかず無茶苦茶に。

自民が降りて、
民主党政権になっても、
むしろこういう傾向を強めそうなのがまた、怖い。

へたに「理想」だけの偏屈で、

インテリジェンスや、決済能力がないと・・・・・・・

まさに報道の通り、「自民も民主も・・・・」
「資本による偽楽園」で骨抜きになり平和ぼけしてきたツケ。政治という国家統制機能がこれだけ劣化しては・・・・(バブエも日本も)

今後も、「やつはなまいきだ、潰す!」「やつは今まで通りじゃない、潰す!」

などという、粗暴勢力(あたまわるい)によるブレーンつぶしが横行し続けると、
ジンバブエ化はさらに加速する。


政治(あたまわるい)場合、
粗暴(あたまわるい)との親和性が高く、こういう愚行を止めない、むしろ進めてしまう。

10年後の経済破綻は、じゅうぶんに現実味。エン紙くず。

バカなジャイアンたちが、
過去の夢ばかり見て、現実はみないで、
暴力による影響力、パワハラ影響力を持ち続けていい時代ではない。

ちっとは出来杉を登用したり、
スネ夫やしずかやのび太たちの身の上もかんがえてやれるようになれと。

ま、腕力だけの、カルト内の理想だけの、人たちに何を言っても無駄か・・・日本ジンバブエ化要員たちには・・・・

タイとジンバブエは、今後の日本を暗示している。

(朝日)
 民主党:製造業派遣を禁止へ 「3年後」で調整

こういう、現場の人たちの意見を無視した決定事項をみているとねえ・・・

 冗談じゃない?「あと20年、総理できるかな」
 茨城県連幹部が「(定額給付金などに)マスコミは批判的だが、国民の期待は麻生総理……」などと励ますと、首相は終始、にこやかだった

ノンキな、下々のことなど知らない気にもかけない、イエスマンヨイショヨイショをみているとねえ・・・

政治機能じたいが、終わっている。閉鎖的すぎて、無血開城しても、10年単位で再生に時間がかかる。

日本から逃げたい。
二度と関わらず、数年間は忘れていたい。


http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20090113mog00m200027000c.html
かんなぎ:ブランドTシャツが人気 通常の5倍の売れ行き 第3弾も発売へ

この作品も「政略」により、作者が脅迫を受けて、休載するなど、迷走してしまったが、
大人気には違いない。

くっだらない政治抗争や、暴力団代理抗争や、そういうことにアニメ漫画まで巻き込まれている時代。
やれ神道を侮辱したとか、
やれ敵の組が推すから邪魔したとか、
気にいらんやつが関わっているからつぶしたとか、
そんなんばっかりだ。

つまらん連中が暴れ、
おもしろい国を滅ぼしていっている。

寄生虫が寄生先をつぶしてどうするのかと。

そのくせ、つまらん連中が作らせたラインバレルとかいったクズ作品は、邪魔される気配がない。

街角でゴタゴタとモメてるのがせいぜいだったはずの社会悪は、
いまやすっかり国家社会をゆるがし邪魔し混乱させるような存在にまで肥大化した。
まるで腫脹し転移が進んだガンのようだ。


そんなこんなで、
弱音を吐けば、このようになってしまうし

(産経)
 4連敗の日馬富士「逃げだしたい…自殺したいよ」

強気の部分は朝青流の快進撃や
石井の

 暴言過激化…石井慧、母校・国士舘大を「腐ったみかん」呼ばわり
 「腐ったみかんと一緒にいたら、こっちも腐ってしまう。」

になってしまうし。

こういう、有無をいわさず押しつけられた責務を踏まえてでも、
どこぞの異国にでも避難するかどうか。

ある種、英断である。
国家を捨ててでも人生や愛を選ぶ、一大スペクタクルロマンであろう。

 ◇


夕刊配達の出勤。読売新聞YC腰越

きょうは、ナメた態度の従業員が多い。
つまりは、パワーゲーム的に向こう優位の、なんらかの展開であるということだ。
ノザキ、板橋など「いつまでやってんだあのやろう、こりねえなあ」などとたとえ話で馬鹿にしてくる。
新聞取ってる客を「いつまでとってんだ」なんていう言い方をする新聞屋はいない。
いかにもノザキらしい言い方だ。ある組織悪の一派。

で、別系統の組織悪の一派らしき、コジマはコジマで、殺気を向けてくる。かなり心臓がやられる。
退勤のときに待ち伏せて、そういうことをしかけてくるのが、これで二日連続。

なるほど、今日みたいにコジマに殺人未遂の仕打ちを受ければ、「いつまでやってんだ」というのは頷ける話だが。
毎日がそんなだから。

だいたいが、向こうからトラップ求人でおびきよせておいて、(昨年10月、11月参照)

むこうが困りだしたとたん、かんしゃく起こしたり、出て行けコールしたり、
どこの小学生か、という話だ。
初日から物量で追い出しをはかってきた、裏社会の一派の常套手段。

読売新聞がますます許せなくなった。

むろん、それにぶら下がってる、便乗してる、組織悪や、政党も。

誰かを殺して、追い出して、
それで何とかなると思っている安易さ。

あんな阿呆どもが、この日本をだめにした。

本当に必要な問題解決を、次々に邪魔しては、
やれ天皇だの自民だのを持ち出して、脅し、追い出し、妨害し。

上流支配階級の資産や特権を放出してでも、
国家社会を救い、某国を回避しようというつもりは、みじんも無いのらしい。

そういう、無意味で、浪費癖で、傲慢な連中、その資産や特権を温存したまま、
国家破産を故意に狙っている、という、そういうリークも見受けられる。

隣室のノザキも、当然、有害電磁波などによる殺傷攻撃を、この自室へ向けているだろう。
そこへ真下やほかの住人も、グルになっているか、巻き込まれている。

殺して追い出して済ませようとする、

派遣切りのはるかに悪質版、

絶対にゆるさん。逆にぶっつぶしてやろう。


http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090105/181859/

こんな理想的、理論的、合理的な提案は、
無数にもう出ているのだが、
これら悪党どもが、問答無用で次々と無効化していく。

そうまでして、古い利権、今までのやり方と、今までの汚いもうけを、維持している。

合理の実現より
暴力統治を最優先する日本は、

おそらくあと5年以内に経済破綻するであろう。
企業は外国へ本拠を移して逃げる。

逃げられない民はどうなるのだろうか。
何も考えていないだろう。上層部は。なんせ組織暴力を使った暴力統治で、ごまかし、隠蔽、弾圧、そんなことしか考えてないようだから。

日本に合理は高級すぎた。

あらゆる学者と識者が、言葉倒れの無用の長物のままでいることだろう。今後も何年も何十年も。
そういう世の中では、俺は長生きできない。
合理大好き、組織暴力壊滅希望、

組織暴力と自民公明は、兄弟二人のカタキだから。
俺より遙か先に、ころされてしまった。
実家は差し押さえられてつぶされた。

すべては国家犯罪の巨悪のせいで。

日本国に、存続できる権利などあるのか。この人殺し国家が。

 スウェーデンは19世紀末の大不況の時に極貧を味わいました。貧しさに耐えかねて、国民の3分の1が米国に移住してしまったほどの大不況でした。

亡国によって、旧来の巨悪支配がすべて一掃され、
数割の国民が海外移住して、
グローバル企業と下請け企業がこそって海外へ本拠移転し、

それくらいの大津波でないともう、日本は立ち直れない。
末期がんである。巨悪が増殖と転移を重ねすぎた。

これは予言だ。

 ―― スウェーデンに関して言うと、
 あの国は結構、簡単に労働者を解雇しますよね。それも、セーフティーネットがあるからこそなんでしょうか。

 神野 オランダもそうだけど、スウェーデンは労働市場が弾力的です。
 簡単に言ってしまえば、解雇がしやすい。
 もっとも、解雇はしやすいんだけど、その代わり、社会保障を企業が引き受ける。
 労働市場のフレキシビリティーは企業による社会保障とセットになっている。

 それに対して日本はどうか。
 日本企業は景気が悪くなると、雇用と社会保障の両方とも放棄してしまう。
 これが困るんだよね。

 1990年代、企業はフレキシビリティーのために非正規従業員と言われている人々を生み出してきた。
 でも、現実にはその人々は社会保障の蚊帳の外に置かれている。

ベアだの経団連だの、遠いどこかの国の話だ。ずっとフリーターで30代まできてしまった団塊ジュニアにとっては。
職場も職安も役場の福祉課も、みんな冷たく、ホームレスになって死ぬことを黙殺している。世界一冷たい国だとすぐわかった、しかも頭が悪い。

団塊以上が、旧来手法でしか対処できず、そろって無能である以上、
へたに救済や再建などするより、やつらだけで亡国になってくれるのが理想的だ。

嫌でもいまの40代以下の、しかも新しく柔軟である人材だけで、
壊れに壊れてがれきの山みたいになった日本を立て直すしかないだろう。10年後か、もっと先か後か。

 ―― 「同一労働同一賃金」は理想ですが、
 日本とスウェーデンでは組合の成り立ち1つを取っても違います。すぐには変えられないのではないでしょうか。

 神野 …というか、そもそも日本的な企業が崩壊しているんだからさ。
 これまでの重化学工業時代には、企業は熟練工を抱え込む必要があった。生活給が成立していたのはそのためでしょう。
 でも、これからは産業構造が変わる。変えなければならないわけですよ。

 「日本は無理ですよね」って簡単に言うけど、雇用関係や労働市場は変わっていくよ。それから家族も変わるよ。

 重化学工業の時代には筋肉労働する男性だけが働きに行って、
 女性が家庭内でアンペイドワークをしていた。

 でも、今後サービス産業が増えれば、女性も働きに出て行くようになるから家庭にいなくなる。
 日本のように、セーフティーネットを外してしまうと、家族が成立しなくなる。

 つまり、日本は企業頼み、家族頼みで生活保障をしていたけど、それが両方とも崩れるんだよ。

 今のようなクライシスの時代にはセーフティーネットがあり、そのネットをトランポリンにしているスウェーデンのような国の方が絶対に強い。
 この世界恐慌は1つの時代の終わり。

大久保で日本初の24時間保育を実現した女性は、さんざんに圧力、弾圧や妨害などを受けたという。10分床屋QBもそうだった。
利用者は「女だって働きに出なきゃいけないような世の中にしておいて、なんで24時間保育くらい無いのよ」
と、半分泣き顔で、かなり怒ってTV取材に答えていた。

この無能どもが>>すでに先生方になって組織暴力に守られて、無能揃いになってる者どもよ。

きょうはコジマに殺されかかったので、気が立っている。暴れたいくらいだ。

 1929年の世界恐慌を見ても、次の世界経済秩序が出来上がるまでに10年以上の歳月がかかるんです。

ゆえに、新世代だけで日本を再建し始めるまで、あと10年はかかる。
10年以内に旧世代が亡国へ導いてしまう。
そういう論理だ。

 この世界恐慌は1つの時代の終わり。米国を中心とした世界経済は最終的に崩壊する。

なのだから、日米同盟とやらの「おんぶされる子カエル」しかできない今の支配層は、無用の長物でしかないということ。
やつらは戦後すぐから今までずっと、能力など無かった。GHQなどのいいなりだから、体裁だけは立派だっただけだ。

 マネーは今度はどこに行ったか。中国とインドです。

 ここでは、ストック買いではなかったけど、あろうことか第2次大戦後に世界の国々がやった
 重化学工業と大量生産、大量消費の産業に走らせたわけでしょう。
 自然資源をなるべく使わないような産業構造を起こせばいいのに。

 確かに、経済は伸びるけど、行き詰まることは見えているわけですよ。

世界帝国がこれだから、三下の日本政治はお陀仏だ。
自分で生み出せるのは、いまは組み敷かれている若手中堅の一部、毛色の違うニューウェーブだけ。

 神野 正直なところ、今の国民が言っていることはよく分からない。メディアを含めて、
 「増税をするなら歳出を削減しろ」と言う。

 普通、公共サービスは国民の生活を支えるのに必要なものでしょう。
 そう考えると、多くの人は「必要な公共サービスを減らしてくれれば、負担増に応じる」と言っていることになる。

役所ねえ・・・・ピンボケだらけのサービス、浪費癖、だから合理だが。国民のいうことは。

 神野 それからさ、「財政再建のための増税に応じる」と言う人も多い。
 財政再建なんだから、サービスは増えませんよね。

 つまり、「サービスが減るか、同じだったら負担増に応じてもいいけど、サービスを増やすのは嫌だ」と言っていることになる。
 こういう考え方は普通あり得ない(笑)。どうなっているのか分からない。端的に言ってしまえば、民主主義が機能していない。

 スウェーデンのケースから考えられるのは、
 公共サービスが中産階級の生活を支えているかどうか、それが国民が納得できるかどうかのポイントなんだと思う。

ピンボケだらけのサービス、浪費癖、に納得できる人はなかなかいない。

政府がインテリジェンスでなくて意味不明なオペレーションばかりなので、
国民もマスコミも訳のわからんことばかり言い出す悪循環。
なんせ頭の悪い政府の言いなりで報道するTVですから。なかなか日経BPOなんて閲覧しないからww

 女性も実感として、公共サービスが何も生活を支えてくれない、と思っているのかな。

かいがいしくないし、営業かけないし、
役所のあの、無機質で、パンフだけ置いてあるような、あれをサービスとはいうまい。

北欧列国は、いかにもサービスサービスなかいがいしさに満ちている、TVリポートを見ても。

ただ日本は民業サービスと、なんだかんだ豊かさに漬け物にされてるので、
これ以上の高福祉は、記事コメント欄の指摘もあるとおり、
「もっと日本国民をふぬけにする、問題解決能力、野性、などを奪ってしまう」

可能性は高い。

むしろ過酷にも耐える過去の日本人らしさもほしい。
バラックに住んだから、必死で働いて養い、成長を支援したのだろうに。

いまの子供世代は、派遣切りで大変だし、国家社会に関わりたがらない。なるべく自分の防衛死守だけ考えてる。
老世代は、昔々の華々しいサービスを維持しろと無理難題をいう。年金を払うのはフリーターで飢え死にしそうな若者だというのに。一度も払ってない若者急増中。


/16

早朝のYC腰越。
かみついてくるイタバシ。
いきなり寒気がして心臓が締め付けられる。

ある勢力が、おれを総攻撃している。魔術的な手法で。

モリヤマがおれの配達区域をうろうろしていたようで、鉢合わせた。
嫌がらせで新聞を抜き取って盗んでいくことが散発しているので、要注意だ。(現時刻5:30)
これも追い出し工作の一環であろうか。


罠でおびきよせておいて、
面倒なやつだから出て行けとか

派遣切りにも劣ることを言う奴らを俺はゆるさん。
http://kasumin7.web.fc2.com/m0901.html#16

 ◇

昼、スーパーへ。
ここでは、一般市民の創価公明信者のストーカー部隊が待ち伏せ。

・やけに意気揚々
・悪口にひたすら熱心
・うろうろするだけで買わない、買うものを欲する様子がない
・特定の容姿(カルト信者っぽい、ごろつきっぽい)

「へんなやつがいるよ」
「こわいやつだ」

・物々しい気配
・強制的で逆らいにくく、こちらを操って従属させようとするプレッシャー(サイコキネシス)

を放ちながら、ニタニタと気持ち悪い連中が近寄ったりウロウロしたり。
「ああこわいやつだ」
などというが、おまえらの方がよほど怖いわ。

古今東西、もっとも怖いのは
監視社会における、「一般人」の中の、「密告者」である。
体制という魔物に寄り添っていれば、正義であるなどと勘違いしている単純な人種。

カルトは与党になってはいけない。
90年代には自民もここを徹底攻撃して負けた。

案の定、創価や右翼的な一部の連中は、
日本国の中に、勝手に独立国家を樹立してしまっている。

自分たちだけのルール(断罪ルールなど法律的な)
自分たちだけで勝手に断罪し、裁き、処刑する(勝手な行政力、警察軍事力)

表社会で定められている行政府や法律の下で動かない。
ウラでこそこそ、陰口や、陰湿な裏工作などで、すべて片付けてしまう。
しかも、与党がそれを利用している始末。

カルトは与党にしてはいけない。
そういう規模の影響力を与えてはならない。

なまじ政治とか宗教の連中は、自分たちが正義だという思い込みが強い。
そういうなかで、一般人である信者を「殺人 弾圧 追い込み」に徴用する組織など、もってのほか。
さすがにそこまでやる宗教団体は、ほとんどない。

殺人工作を含む巨悪に、身内のはずの会員を参加させるなど、
ペテンではないのか。
悪を、正犠などと、だまして。

 ◇

午後の夕刊配達、
きょうは小学校の早い下校。

ある小学生だけ、嫌な気配を発している。
「いいかげんにしろ」
と、苦痛の顔でつぶやいた。

空気感染、ほぼそういう感じらしい。

無作為だったり、
ある勢力は大多数だったり、

感染している人は、している。
そのひとは、変な挙動や気配を伴う。
周囲と、何もない人と、反応が全く違う。

欧米の陰謀だろうなあ、グローバルの負の遺産かなあ、
だから因果応報でハドソン湾に着水かな、
でも軍役はさすがソフトランディング得意だよね

・・・などとトンデモ予測をしながら帰る。

人をグループウェアみたいに
ひとところのサーバーから操ろうとか、
大本営発表を催眠で信じ込ませて、みんなでよってたかって国政に邪魔な人間を追い込ませようとか、

非常に陰謀機能ばかり充実している。
小学生さえ、陰湿なスパイになりはててしまう。

その現実には、悲しさをいつも覚える。

まるで占領下じゃないか。

(類似)
http://www.amakiblog.com/archives/2009/01/post_1102.html 元外交官僚のブログ
 イスラエル政府が外国報道陣のガザ立ち入りを拒否し続けていると報道している。
 これでどうして我々は今ガザで何が起きているか知ることができるだろうか。

 いままで日本のメディアが流してきた報道や映像は、嘘とは言わないまでもイスラエルの都合のいい偏った情報であるということだ。

(参考)
http://www.amakiblog.com/archives/2009/01/post_1101.html
 彼は言う。自分が知事をしていた時、
 沖縄の基地問題に関し
 日本政府や外務省に沖縄の要望を米国に伝えて欲しいと頼むと、
 決まって返って来る返事は、「米国の要望を受け入れてください」というものだった、と。

 むしろ米国の方が話を聞いてくれた。95年の沖縄少女暴行事件の時も、
 モンデール駐日大使はホットラインを設置してくれて、どんなことでも私に直接話してくださいと親切だった。

 日本政府の関係者の中からは、ついにただの一人もそのような人が現れなかった、と。

日本を日本社会を日本人を遠隔操作して、
小学生にまで追い込みの兵隊をさせている元締めがこれだったら、
「要望を受け入れてください」とか言われてしまうわけだな。

6年間、この異常事態は、放置されっぱなしだ。つまりはそういうことだろう。
むしろ与党に近い連中の一部はこの加害者側に組み込まれて暴れている。「支給」されてるのか。

 ◇

きょうも真下の主婦はゴットンガッタンと物騒な音での脅しを散発させる。フツーじゃねえよあいつらは。
部屋に物騒な気配が飛んでくる時点で、フツーじゃない工作が行われている。
つまりは壁越しとかそういう距離に工作員世帯がある。
昨年の日記、青梅や日経の顛末の通りだ。やくざの手下だらけのアパートとか。

火のないところに煙は立たない。





/17

早朝の読売新聞YC腰越

もはや枕詞、昨日と同じである。つまり毎日毎日飽きもせず追い出し工作を続けている。しかも初日から。

臨時配達のイタバシ、これが”カラミ役”で送り込まれてきた工作員だ。
髪型、しゃべり、やたら絡んでくる態度、すべてが右系構成員。

同系統と思われる元店長のコジマ。これとペアでネチネチ絡んできているのがここ数日。

・「わかってんだろ」とやくざ系のトークを隣でかましてくる
・イタバシが強烈な殺気プレッシャーを差し向けてくる
・イタバシが、すぐ隣で作業をしているが、ものを置いたり、邪魔になるよう仕向けたり、色々と挑発的な嫌がらせを散発する
・ほかのカブからは落っこちてないのに、おれのだけ新聞の束が落っこちている。コジマが「落ちてるよ」と店に入ってきて教えるが、あんたしか外にはいなかったよな。
・新聞梱包の転送を頼むと、たまに一部多くなってて、配達終了後に面食らうことになる。

結局、おれの区域を、このイタバシなる臨時配達人に配らせる気満々だ。
きょうでおわりだの、まだいんのかだの、まー調子こいてニヤニヤとしかけてくるわくるわ。

いわば殺人鬼集団。

おれは追い出してるだけ
だってあいつもわるい

通らない。そんなへりくつは。
追い出し続ければ路頭に迷う、そんなことはわかっているはず。
おなじ組織の中には、殺人的な工作を仕掛けているやつもいる、ことさえわかっているはず。

だから殺人鬼。

今朝もイタバシの殺気のおかげで血が通わず難儀した。
あいつがいなくなると場の空気がすーーっときれいさっぱり戻るのだ。
で一昨日の朝の配達後に鉢合わせると、ニヤニヤと自慢してくるわけだ
「あれえ、新聞屋の店の中の空気ってこんなに冷たかったっけ」

この殺し屋が。殺しかえしてやろうかこのクズ中年が。

最初から罠を完備して
おとり求人でおれをおびきよせ
初日から追い出し工作を執拗に続けた

読売新聞

決してゆるさん。

むこうはむこうで適当なへりくつ、正当化を主張してくるが、
初日からビデオ撮影でもしていれば、やつらがいかに陰湿で残忍だったかいやでもわかる。
誰たちのいやがらせで疲弊して意思疎通がうまくいかず職場な沈黙しているのか、

だいたい、俺を悪いとか文句があるなら、かかってくりゃいいのだ。
それをすっ飛ばして、いきなり追い出しにかかる、職場において、寮なのに。

その深刻性を熟知しながら仕掛けるというのはいわば殺人犯である。罪は非常に重い。
こちらも厳罰にて報復するしかない。

とりあえず直近は、コジマとイタバシを牽制し駆逐せねばならない。
別に俺としては、はるか上の方から読売Grぶっつぶしを仕掛けてっもいいんだがな。
かように戦争となる。話がややこしくこじれる。ロクデナシが集う、悪党が仮面をかぶり潜伏するための業界。
問題解決に疎い連中だ。

俺の人生を奪うなら、
1000兆円の1000倍とか、相応の対価を覚悟するしかない。
殺し得などありえない。

日本政府と
日本のやくざ右翼と
日本の創価カルトに

人生をめちゃくちゃにされ、兄弟を二人も殺され、
実家は取り壊され、殺人犯たちの庭にされてしまった。

日本そのものをぶっつぶしたくてうずうずしてるくらいだよ。

なるべく良識ある移民だけは温存し、
巨悪に属する上流や裏の連中だけを過酷な強制労働にでも投げ込む。

かつておれが
連中の身勝手な政治的弾圧理由だけで、おれにさせたことを、させてやる。


http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090107/122829/?P=6
 切られた派遣社員たちがその後どうなるのか、住むところはどうなるのかということに何の責任を持つこともなく、
 何も感じることもなく切ってしまうというのは、やはり一番大事な部分が抜け落ちている。

こういうことがわからんで、
いつまでも反省一つしない、
行いを一切改めない、
頂点から場末まですべてのボスや悪党を、

おれは粛正する。遙か未来に、命つきるまで。

昔からナアナアで追い出しは行われてきた。なにも近年のことでもない。
日本は昔から、おきれいな国民だけ残して、はみだしものはこっそりと始末(のたれ死に誘導で殺)してきたのだ。

イタバシもコジマも、あるいはナベツネも麻生もコレに該当するので決して許さない。
もしおれを暗殺などしたら、子孫累々まで1000年のろい続け転落三昧にしてやる。

 「自分たちは別に派遣労働者の首を切ったわけではない。
 切ったのは派遣会社だ。俺たちは関係ないんだ」と言わんばかりだ。

 こんなことがまかり通っているようでは、今に失業者はどんどん増えていき、下手をすると暴動になりかねない。

おれはすでに一人で巨大ななにかを得、
ひとりで巨大な暴動を起こしているのだ。

そこがわかっているのか、わかってないだろうな。旧来の中高年には。

すべてを飲み込む暴動であり、
頂点から場末まで、賛同者が津々浦々出てくるモノであり、
それはもう暴動ではなく、後は言わなくてもわかる人にはわかる。

一見しては弱いからって、うかつに手出しすべきではない存在、

ブービートラップ
静かなるドン
水戸黄門
匿名係長只野仁

そういう存在で、私はありたい。

まだいまは、俺一人である。
サイレンスなものだ。資本力や政治力や神通力と言ったインビジブルな脅威でしかない。

しかしそういう人間に万一、1万人の失業などに怒り狂った暴徒が加勢したらどうなるか。

消せば1000兆円の1000倍
生かせば1万人を擁する解放軍のリーダー

ま、妄想だけどね。


そんなことよりも
おれに「わかってんだろうな」と言いやがって
殺人的な卒倒を呼ぶようなプレッシャーをかけてくれた
イタバシコジマ対策が最優先だ。
イタに限っては、耳元で「ころすー」とささやいたおまけ付き。

ほほう。てめえ俺の弟2名のカタキだと自覚した上でまだそんなことを言うのか。


早朝まだくらいうちの神社。人はまず寄ってこない。
こんなところにもばあさまが派遣されてくる。
物言いでわかるようになっていた「いつしぬかわからないから」
なんというか、国家全体がCPUとHDDに操られ、ロボット化していて、
暗殺追い込み機能で1億人が動いちゃっている印象。

そういう印象を持ったのはもう8年前。


http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=YC%E8%85%B0%E8%B6%8A&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&aq=f&oq=
腰越駅の住宅地側には、お店が少なく急な雨などで濡れて帰る人をよく見かけたため小島さんは、”傘の貸し出し”ができないかと考え

基本、いいひとじゃないと新聞屋は長くつとまらないんだけど

なんだろうね、政治が絡むと別人になるタイプなのか、(やくざのフロント企業とかもみんなそうだった)
たまたまなんか社内トラブルとかを苦々しく思って、追い出しをはかったのか。
おれの身辺には政治的に物騒なのがカラスみたいに集まってくるからね。

きょうは絨毯爆撃に轟沈した。さすがにぶっ倒れた。
詳細は翌日記事へ回す。

悪党どもよ、人殺しどもよ、

次弟を肺炎誘導で殺し(おとといはこの攻撃を受けた)
末弟を心不全誘導で殺し(不定期にやられる)

俺を殺すなら今がチャンスだぞ。このクズどもが全員まとめて道連れにしてやるけどな。


今後もし生き延びねばいけないなら、農林業かな。

もう都市や中枢は見捨てる。みたくもない。思い出したくもない。
巨大な悪魔に取り憑かれたおそろしい魔窟だ。無垢な庶民をだまして住ませているが、いつ壊滅的打撃を被るかわからん恐ろしい脆弱なところだ。

ファクトリーワークは国外でも切り捨て対象だけど、
ファーマーは案外にそうでもない気はする。国によるけど。


運命を操る魔術で、悪行の限りを尽くしている国際テロリストども、(しかし政府内部にもいる模様)
(関連記事は昨日以前にも記述あり)

おれが音を上げた日に、イスラエルが停戦をにおわすように仕向けやがった。

このやろう。嫌味さえこうもマクロな出来事で実現しやがる。好戦派はおまえらだろうが、おれじゃない。

自分を徹底して正義、正当化
相手は徹底して悪人に仕立て上げる

カルト政治の常である。その手下のひとつが2ちゃんねるだ。
悪魔憑き宗教政治団体の統べる日本はもう、ながくはもつまい。


/18

絨毯爆撃は激しくなってきた。

ハイエナどもが大勢群れて、遠隔攻撃を絶やさない。

世間は、いや世界中が、「党利党略」で自民と民主がつまんない略奪戦してるのとおなじ
昨日はアマとかギャグが主流に
今日はプロとか徹底統制に道徳道徳とうるさいのが主流に

コロコロ変わりやがる。

日本の国家権力だけでなく、
世界を操って支配する権限までもが。

つまんない戦争、抗争で、奪い合いされて何年も過ぎている。

よってもう、この世界は見捨てるしかない。

きのうきょうと体へのダメージは一気にひどくなった。

YC腰越の寮アパート、マリンコーポの住人に含まれる暗殺者世帯によって
胃に穴が開くようなてひどいプレッシャー攻撃を寝ている間に仕掛けられ、
飯を無理矢理押し込んで痛みに耐えるような状態にまでなった。
おそらく犯人、つまり殺人未遂罪である、裏社会悪の一員であろう世帯の主婦は、
こちらが苦しんでいる様をケタケタ笑って喜んでやがる。

面倒見切れないというか、

なんで膨大な世界の膨大な面倒をみさせられてまで、

弟ころされたり
人生うばわれたり

こんな理不尽を続けねばならないのか。

この世界の状況は、世界をくっだらないヤクザどもが奪い合っている。

何も知らない一般市民の切実な要望はいっさい無視して、
どこぞの組が世界覇権する、たったそんなつまんない理由で、
世界が
日替わりでねじ曲げられ
混乱し
奇怪な事件事故災害が急増し

もはや世界を操る魔法合戦であるから、そうした人災は甚大だ。

繰り返す。

この世界は見捨てるしかない。

こちらとて、こうも心身のダメージが深刻になっては、他人の面倒をみるどころではない。

いつ死ぬかという時に、そういう心構えからいざというときの準備も含め


なにか遠くから飛んできたテレパシーに感化され(感染して)

なにかを知ったような気になっているかわいそうな万民よ


あなたがたの近い未来はさんざんであろう。

事情を知るボランティアの志士たちはみんな嫌になって退散してしまっただろう。斃れた人も少なくないだろう。

でもしょうがない。あなた方も悪い。第一ことが大きすぎて、人類というサイズではどうにもなるまい。


ハドソン湾にベテラン中のベテランが軟着陸させた飛行機を
右系の読売が絶賛している。「プロ中のプロ」

中央大教授殺害事件について、
自宅周辺に「殺す」というスプレーペイントが囲むようにいくつかあったという。

いつものやつらだ。魔術テロリストたちの仕業。(右系、カルト宗教系など)

気味悪いマジナイじみたことばかり仕掛ける。
台風や大地震すらテロの手段として行使する。
プロVSアマ みたいな二大対立の構図で、抗争を仕掛けようとする。

テロリストが、クーデターし始めたのだ。

これはもう、国家も国際社会もただ事ではすまない。

なのに、ラインバレルというアニメで、なんかそういう愚挙を褒め称えるようなシナリオにさせている。


まあとにかくもう、好きにするがいい。

ブログも書いてる暇がない。
内臓が深刻にダメージを食らうような自室で、
政治や経済について記事を書いただけで

真下の住人は大暴れし出すのだ。ものすごい殺気を放って。

今朝なんか、右翼と書いた瞬間にビデオカードを攻撃されて画面が消えた。OSはそのまんま動いてた。

採点して
検閲して
殴りかかって止めて

そういう右翼筋だか、与党筋だかが暴れてる日本はもう5年とは持つまい。それが世界同時進行である。

なにか、ズタズタだ。大衆の心はテレパシーウイルスに食い荒らされ、狂いまくっている。
それに気づくことすら禁じられている。

逆らえない、滅びと狂喜へのルート。
レジスタンスし、軌道修正しようとすれば、おれのように狩られる。


昨晩か今朝の夢に、桝添大臣が出てきた。
気にかけているとか頼っているとか、そういうサインとしてテレパシーを送ってくる、自民にはよくある手口だ。
過去には小泉や中曽根に野中なども枕元にたったものだが。
じっさい、彼とは大いに連携し、人のため、成果になるべく共闘してきた。

しかし

上記の通りだ。こっちを頼るだけで、ノーフォローでは、簡単に死の瀬戸際だ。

そういう虫のいい「派遣切り」、使い捨ての姿勢では、

誰もついてこない。いや、「ついてこれない」
みんな死ぬ。全滅だ。

【立ち読め〜る】 1/17
     吉田松陰門下であった高杉晋作は、師の志を継いで討幕への道を歩む
 『高杉晋作』全3巻
 山岡荘八 山岡荘八電子文庫 各525円(税込)
 黒船をひきいて1853年、ペルリが浦賀に来航した。
 開国佐幕派と倒幕勤皇攘夷派に二分された国内は混乱をきわめた。

 そのさなか、革新を叫ぶ吉田松陰の刑死は、松下村塾の塾生たちを動揺させた。
 師の志をどうしたら活かせるのか? 動乱の世を生きる若き志士高杉晋作は、日本国再興のため苦悶する。

 ◇


縦は、破壊する。

横は、結びつける。

地域で結びついていると、誤診した医師にさえ「いいよいいよ失敗はお互い様だ」となるようだ。
反面、閉鎖的にはなるが。

組織、つまり縦でつながってる連中も閉鎖的だが、
ピラニアみたいに他人攻撃がひどいケースがまま見受けられる。もはや恐怖だ。
相手に、死ねとか平気で言うだけでなく、危害まで加える。

縦のろくでもなさを解消しないと、
ほんとうに日本は縦のせいで滅びてしまう気がする。

政府機関が日本の制度や社会を壊してしまった側面もあった。
今彼らもその姿を変えようとやっと本気になってきた。
だが、裏社会(政治宗教暴力)はまだその域に達していないようだ。いまだに縦の暴力で社会をどうにかしようという、乱暴な行いが目立つ。

縦は、次々と敵をあら探しして、魔女をたてて、火あぶりにする。
社会が空洞化する。骨粗鬆症。
社会が機能しなくなる。
いざというとき頼れる人材が減っていく。
非常にまずい問題を、勇気を持って告発、提案、する人間がいなくなる。

どんな好かれている、いい人、医者とか技師とか、
縦はお構いなしだ。
「ミスしやがった、袋だたきにしろ!!!」
「謝罪が甘い、首にしろ、会社をつぶせ!!!」

いま住んでいる近辺で、
俺に対して暗殺工作を仕掛けてくる世帯もまた、そういう連中の一味のようだ。

危害しか加えないし、
あきらかに政治家宗教のカルトの一員だし、
地域にふかく関わっている風でもない若いのばかり。

後先考えていない。
いま育てている幼い子供が将来、
自分たち親の非道のせいで、社会不安や機能不全などで苦労する、ことなどみじんも考えていない。

ぶっころす
もうあきらめろ
四六時中、そんなことしかいえず、
人が寝ているときに殺気をぶち込んできて内臓疾患を誘発するような殺人未遂を犯し
しかしヘラヘラ笑っている。

えらそうだから、なんだ。
しったかだから、なんだ。

それで、殺すのか。袋だたきか。

やはり、縦は、日本を滅ぼすだろう。

特に、頭を使いたがらないタイプの若手や、ゴロツキによって。


おれは先だって、パワハラによる支配や断罪の、限界、時代と合わない、これを痛感してきた。
でも、後へ続く、もっと暴力属性として生まれてきたような連中に、いくら言ったところで通じる訳もない。

自ら過ちを重ねさせ、大罪を背負い、苦労してもらうしかない。
社会は、一般市民は、大いに巻き込まれるだろう。
でも仕方がない。大いなる脅威、魔術さえ使って世界中を荒らし回る、カルトの勢いが止まらない。止めようとしないからだ。

今までは言ってきた。
でもきょうのこっぴどい集中砲火で、こっぴどく心身にダメージをくらい、やめることにした。

たとえばユダヤ人と日蓮系はそっくりだ。
正論で、問題点を突っつかれると、火が付いたように怒って、うやむやにしてしまう。
彼らが彼らの当事者責任で、顔が青ざめるほど数々の大罪を抱え込み続けて、参らない限り、
きっと世界は救われない。カルトの暴走は止まらない。

疲れた。ボロボロ。引退でもドロップアウトでも何とでも言えばいい。
後は勝手にしろ。5〜85歳くらいまでのきかん坊のガキどもめ。

 ◇

けさの諸々の出来事から、考える。

万事にパーフェクトを求め、挫折や弱音を喜んで見つけては「やーいこの中途半端め」(スーパーハケン型ハラス)
 今や与党執行部や政権メンバーより、一般市民の若者の方がはるかに優れている時代に、言われたくはない。
 この論理がまかり通るなら、企業の社長は社員のどの職人より優れていなくてはいけない。

いちいちどっちが優れているかをアームレスリングみたいにパワハラ勝負で決めようとする。
 しかも、現場の支配権をそれで決めようとする与野党方式、つまり閉鎖的、独占的、進化がない。

 ただし、上記二点および、以下の二点に該当するパワハラ型の人間からは、影響力を剥奪していいだろう。
 パワハラはすぐ社会追放や暗殺に走るが、そうではなく、社会影響力の剥奪である。
 1 人命を顧みない
 2 自分が所属する小さな組織の利益や欲のことしか考えてない、社会公共福祉が頭にない

こうした古くさい、粗野な時代の遺物、は適宜、社会影響力から排除されないと、
時代が次へ進んでゆかない。

同時に、いまや合理と信用とコミュニケーションの時代なのに、
いつまでもデモや内乱ばかりだった昭和以前の、今現在に通用しない粗暴影響力が、縮小してくれない。下々を踏みにじる体質が。

むろん、パワハラを否定し合理を基本にするのだから、なんらかのバーターの上でもかまわない。禍根を未来に残さなければ。

・チャームの魔術で、潜伏している企業舎弟
 非常に温厚で暖かな気配を発するが、やたらとこちらを従属させ有無を言わさないことに変わりはなく
 気づけば無理矢理「いい人だ」と思い込まされ頭がボーっとなってるうちに、キッツイ嫌味とか脅しをサラっと言われている
 新聞屋なんかには多いのではないか。普段から地域住民に好かれるようなことはしている。しかし裏側、実質は、ワルであるという。


ま、とりあえず、
臨時配達(臨配)のくせにおれより仕事が遅いやつには一矢報いたかな。
むこう275部でマンションあり
こっち405部で全部一軒家
向こうが8分早く出て
こっちは3分遅く帰ってきた。

きのうは、魔術的嫌がらせ、
つまりは呪術による霊障で、体が金縛り状態に不調満載となり、ひどくてこずったが。

そういうことを仕掛けてくるひとりが、
笑顔でチャームの魔術をしかけ、魅了しつつ「てめえわかってんだろうな」
とくるコジマなわけだが。
きょうの嫌味は「きのうでいなくなるよていが、延びてしまった」だそうだ。
テレパシー領域ではほぼ「もうこなくていい はよいなくなれ」しか言わない。

彼が運んでくる転送梱包はこのところいつも、一部増えている。余りの有無で困らせるためだ。


夕方、スーパーまるか

待ち伏せらしき若いのが、雨の中立って待ってる。
意味が無く、見ている人も首をかしげる。

「雨降ってきちゃったぞ」

この手の工作員はいつも、こういう脅し、牽制、する。

まるで、「雨が降ったら誰かが怒っていて、やるなと言ってるんだ」と、そういう口調。

オカルト魔術が、科学を超えてしまうって???

いつから平安時代にまで戻ったんだ??????

というか、
どっかの悪魔か、おうさまが、
魔術を使って、自分の好き好みで、
「あれはやれ、これはやるな」

なんて、地震を起こしたり、雨を降らせたりして、脅すなんてのは

「テロリスト」「独裁者(閉鎖的、暴力依存の)」

じゃん。


・・・・色々と、

この世界の「律」

理(ことわり)が、壊れてしまっている。数年前から。

壊れたシステムの子分になってとんでくる、
おかしなおかしなことばかり言う手下達を、

まともに相手にしている暇はない。

彼らの視野は狭すぎる。
世界全体を見ていない。

自分の組織の中の、利益や、上からの指示や知識だけで、せまくせまく動いている。

これだけ世界が狂っているのに、壊れているのに、
自分とこの都合だけで、とんでくる、
妨害や嫌がらせや間接暴力ばかり、

相手にする価値がない。意味がない。よって暇がない。

狂ってる連中は、放置。
まだまともであり続けてる人々を擁護するのみ。

一種の、「テレパシー感染型の伝染病」。ワクチンがあるようには見えないから。

 ◇


オバマが大統領になり
福祉のヒラリーが五本の指に入ることで、

弟二人の敵討ちは、3割は達成された。

日本で同レベルの政治イノベーションを達成して、もう3割。

おれが堂々と街を歩き、好きなことをして、追っ手など一人もおらず、妻子までもてて、3割。

あとの諸々の何かが1割。


オバマ就任式は、日本時間で、弟の命日である。


/19

相変わらず、朝も8時になると、電磁波音波攻撃を開始する(電と音どっちか不明)

マリンコーポの住人、しかも子持ちの主婦。
家族総出で右翼や創価だとか、そういうやつだ。だから特殊な人体殺傷機器を、組織から支給されている。

だがしょせん、
自分の家族を殺されたり
何年も追い込みをかけられて方々で苦しむような
地獄を生き抜いてきたのではない

何も失わず、ヌルイくらしのままで、
調子こいて人殺しの実行犯をしている阿呆どもだ。いわばゲーム感覚、兵隊ごっこ。意識レベルは小学生。

おれとは違う。
おれのような地獄を見てきた被害者とは。家族も家庭も人生も財産もすべてうばわれてきた。

その”偏在”は
まもなく是正が始まる。


洗脳信号も含まれるので、
ほとんど毎日、見る夢はヤクザに脅されるか追いかけられる夢ばかりだ。


右かぶれのバイク屋へ。なかば重い気分で。
ここはいつも、なんか仕掛けてくる。

こないだは、NSN日経新聞吉祥寺南のゴロツキ殺し屋フリーターと同じ名字、内山なる人物が待っていて、
やれ極東だの東郷だの、極右なはなしばっかして脅して帰って行った。

まあきょうは店自体はどうと言うことはなく、
しかし、ラジオを通じた嫌味は免れなかった。

カブの修理にきたら「魔法のカブ」なる言葉が飛び出す。
「自分のことはすべて美化、他人を評するときはこき下ろす」
「言ってもわからないひとだが、周囲から愛されてはいる」

などと、ビミョーな揶揄が続き、ガマンガマンと聞き流す。

2003年もまた、そういうラジオを通じた嫌味発表が多い年だった。
派手に追い込みが開始された年だ。どこへいっても自衛隊と霊柩車すっ飛んで来た。

あれたぶん文化放送。創価に乗っ取られたとかいう揶揄もネットでは散見。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310542438
創価学会はマスコミにとって大手スポンサーです
CMをやらないとどんな仕打ちが待っているかわかりません

自公連立になってから、
一事が万事、こういう姿勢になってしまった。

だからこそ、2003年に激しく追い込まれるようになり、
家族の命は奪われたし、
職も貯金も都心での暮らしも全部、奪われてしまった。

結局、
ブッシュにせよ(基督カルト)、
小泉安倍福田麻生神崎太田にせよ(日蓮カルト)、
そのツケがいま堆積して、決壊寸前のダムみたいになっている。
下野した後に、権力の威光を失い、ひどい目に遭うのが怖い、それも解散を延ばす理由かもしれない。


こう、
神仏の力を得て、
誰でもどこまででも追い込んで、追い詰められる、
絶大な奇跡技、インフラを、得たとする。

使いに使うか、
それはいくらなんでも非道だと程々にして熟慮するか、

分かれ道なんだろう。

彼らは、やり過ぎた。

何でもかんでも「絶対に許さない」が、
食品偽装だからといって社長が自殺までするような、

あれもこれもゆるされず、2chなどで袋だたきにされる社会に、してしまった。

怖い「だけ」、
容赦なく追い込まれ謝罪させられる「だけ」

10年間が過ぎた。さすがに決壊だろう。限界は誰の目にも明白。
そういう発言を、あちらさんのトップが予言めいてしているし。


そういう、
「あれもだめこれもだめ」
「昔と違い、今時はあれもこれも完璧でないとダメ」

という、モノが言えない、気軽に提案や助言が出来ない、時代には、

 「自分のことはすべて美化、他人を評するときはこき下ろす」
 「言ってもわからないひとだが、周囲から愛されてはいる」

ぐらいの、いわばピエロが
気軽にどんどん言って見せないと、誰も言えなくて、という状態になるのかなあと思う。



/20

きょうもブログを書くなどしてておもったんだけど

「ただ子分や兵隊しているだけでは、もはや食っていけない」

じり貧を強いられるのに、
ウエからのきっつい命令ばかり聞かなくてはいけない。

ああした「加害者メンバー」の連中は、
今後の不況や”チェンジ”も手伝い、

先細りトレンドなのだろう。

トレンドは

社会奉仕、貢献
互助、救命

を前提にして、

自分自身の脳みそを使って考え、
自分で単独行動することだ。

悪いことは言わない。

もう、殺人工作、追い込みのたぐいには関わらないでくれ。

階層ヒエラルキーのどこよりウエは潤ってるのか知らんが、
おれの前に出てくるような末端どもは、使い捨てや、こき使い、ぼろぞうきんだ。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090119/183071/
強い国を作った「人を切らない」思想

 2008年4月、サムハルが受託している民間郵便会社の配送所には、
 トヨタ自動車の社員がいた。2008年5月、トヨタループスという特例子会社を作ったトヨタ自動車。

 トヨタの社員がサムハルを訪ねたのは、2万人の障害者をマネジメントするノウハウを学ぶためだった。

 トヨタループスは今春、トヨタの本社敷地内に障害者のための専用工場を造る。

そういうトレンドですよ。
たとえワルでもワルなりに、きちんとCSRを意識し、社会貢献、互助精神を考える時代。

「義」の復活ですな。

戦後呪縛からやっと解放。

格好だけ、互助とか貢献などとやっても、見透かされる。
そういう淘汰や追求はある程度、免れまい。

とはいえ互助だから、2chや報道などが袋だたきにして
潰すようなまねはもはや許されない。

バリアー。セーフティーネット。

むしろ叩く当事者は、その責任を持ってセーフティーネット整備に努めなくてはいけない。

 「セーフティーネットが幾重にも張られていれば、人々は安心して冒険できる。
 でも、最低限の安心がなければ、人は何かに挑戦し、知的能力を高めようとはしない。
 スカンジナビア諸国は1990年代後半に高成長を実現した。これは、セーフティーネットが経済成長を阻害するものではないということを示している」

あふれるボウケンスピリッツ!レディ

デンジャラスゾーンと、セーフティゾーンを、行き来できる循環構造。流動性。いわばサムハル。

ただのたらい回しが悪用されてはならない。それでは「貧困ビジネス」だ。
好循環、育成や成長へつながり、本人納得が大きいことが必須条件。

 サムハルの幹部に言われた言葉は、今も有村の耳から離れない。

 「あなたはスウェーデン語が話せませんよね。ここでは、あなたが障害者なんですよ」

 この一言は有村の心に響いた。環境が変われば、誰もが不自由な状況に置かれ、誰でも障害者になり得る。

頭がいいよねえ、やはり寒い地域の白人種は。

つまり、いま中央国政の偉いさん達もまた「障害者」なのだ。この定義では。

当たり前のことが、出来ない。

誰もが、優劣、欠格を有している。マッピングが違うだけで。

中央の政治家や官僚を、一種の知的障害、適応障害者とみなすことで、
庶民末端と、中央と、あるいは仲介に地方行政を挟み、

うまくいくのかもな。相互疎通、相互連携が。

変なやつ、障害者、考えてみれば変な定義だ。
同じ種でも、違うプロトコルで動く変種なんていくらでもいる。
たまたま思考回路が違い、メジャー(マス)に溶けないだけで、病気とか決めつけるのも変な話だ。
知的障害者に天才画家が多い。おにぎり。

スウェーデンは「愛」直江兼続の国のようだ。
日本民族は基本が織田信長、宏闊で顔に出さないとこは徳川家康なのだろう。

 この安心感を求めているのは国民である、ということを忘れてはならない。

 スウェーデンの投票率は常に80〜90%。
 過去には「高福祉の見直し」を掲げて政権を取った政党もあったが、いつも次の選挙で負ける。

まずは、こういう国家にリモデルしてみませんか。

魅力あるコミュニティには、誰でも目が向き、参加したくなる。市場イチバの基本ですね。

 この国では地方議会選挙の投票率も90%前後に達する。
 介護や教育などの行政サービスを提供しているのは市町村に当たる基礎自治体。

 日本とは違って住民税が自治体にそのまま入る。この税金の使い道を決めるのは地方議会。
 だからこそ、住民は選挙に行き、使い道を監視する。

 サムハルが効率的に運営されているのもこの投票率によるところが大きい。「障害者の就労支援」。

 そんな大義名分を持つ国営企業は、ややもすると、肥大化し、非効率な経営になりがちだ。

参加して、意見が通り、
それによってコミュニティが改善されていく
好循環をみれば、誰でも投票に行く。意見をする。

企業ではそういうところが増えてるんだけどねえ。
公の場がまだまだ遅れている。

ものづくり国家だったんだから(今は微妙に崩壊してる)

それくらいは、やれないと、ねえ。。。。。

 ニクラスだけでなく、スウェーデンの若者と話していると、日本人が思うほど負担に対する怒りがない。

 それは、自分のカネがどう使われるかよく知っているため。その使われ方に納得しているからだろう。

日本政府は逆で、
国民にはなるべく知らせず、

情報を与党と官庁で寡占することで、
ごまかしながら、有耶無耶にしながら、

今までの国政を手がけてきて、今のざまである。

国土は小さくても、巨大人口、
乱暴な荷さばきのように国民、労働者を使い捨てにする、ある意味で中央管制部も多忙な

「代わりはいくらでもいるからね」
な風土が、ここへきて完全に裏目に出ている。


 今回の金融危機によって、スウェーデン経済も減速を余儀なくされる。
 手厚い福祉は強い経済の下でしか成り立たない。
 経済成長が鈍化した時、現状の路線が続く保証はどこにもない。福祉国家スウェーデンも他の先進国と同様の課題を抱えている。

スウェーデンは、どんな苦境でも、みんなが、国家を支えるだろう。見捨てない。

日本はきっと、企業も、個人も、逃げ出す。国外逃亡。資産死蔵。
カネが社会に回らなくなり、日本経済は崩壊する。
たぶん再来年前後に。
雪崩とは突然に起きるものだ。予兆など無い。一部の蔵人しか感知できない。

同じ釜の飯。

米の元軍属機長じゃないが、(ハドソン川 2Pコンのマイクでハドソンを叫ぶバンゲリング)
いかにこのキリモミ墜落を、ソフトランディングの奇跡に変換するか、

人選で、7割が決まるだろう。
足を引っ張らない、ここで3割決まる。

足を引っ張ってばかりで、それを日本の常識だといってのけるのが、旧態である。

時間です
待ったなし
八卦よい

 ◇

さすが、早朝から、起床してから就寝するまで、

・隣室の住人を監視(テレパシー越しに、何を考えてるか、何を書いているか、監視)
・隣室の住人にめざとく暴力をふるう(右翼とか与党にとって気にくわない考えや記述をした直後に、大暴れや、物騒な音で、威嚇)

そういう人種だけのことはある。

真下、101の住人。一見は主婦だが、大工の若亭主だが。

・目線はずし が板に付いている、プロ
・器用に涼しい顔をして、尾行してくる

きょうも、近所というにはやや離れた高級パン屋にゆくと、ぴったりのタイミングでやってくるのだ。
しかも、いるのがわかってましたという風に、最初から目線をよそへ向けている。

連れの幼子まで、ろくに会話も挨拶もしたことがないのに。
事前に悪口を吹き込まれ、にらみつけてくる。2,3歳児が。

その邪悪な雰囲気に感化され、店員まで険悪にののしり出す。

邪悪な、悪魔憑き勢力がもたらす、負の連鎖、悪循環。
これでも、与党の飼い犬ハイエナどもである。
そりゃ、日本がいつまでも暗く重々しいままで、回復のめどが立たないわけだ。

出て行ってしまった隣室202のワル住人も同じ属性だった。
おそらく102も似たような人種だろう。
ワルのコロニーだ。蓮田のあづま荘と同じだ。

つまりは、よく思い出せば、あづま荘の向かいの石井家の、特にねんじゅういる専業主婦のババアと、そっくりなのだ。
行動が、言動が、
こちらをワナにはめて、
こちらを挑発してつっかからせる、

一連の手口が。

つまりは公明右翼連合である。その上層はユダヤ英米であろう。

世界中を、暗黒グローバルで、糸を引いて操り、
世界中を英米的なグローバル常識で染め上げ、裁いて、統治しようという横暴なシステムだ。


このシステムの電波に、頭脳を操られ、
一体化
つまりは「感染」すると

みんな、日本人らしさが消えていき、白人っぽくなり、
やたら悪意を振りまき、
残忍なこと、ヤジでも断罪でも、平気で行う。

人間と言うより、ロボットをみているような。

それもおれの主観とはいえ、恐ろしいものは恐ろしい。


TVスピーカーとして使っているPCスピーカーが、いきなりビューンと何度か鳴った。

有害電磁波を指向性で飛ばされるとき、たまにこうして可聴域信号を拾うことがある。
検索するといくつか実例がある。

他人を遠隔監視し
他人を殺すための電磁波を打ち込んでる暇があったら、

自分たちの暮らしを楽しんだり、
社会や人心をゆたかにする工夫をするとか、

もっと有意義なことに時間やコストをさけと。


これだから悪魔憑きは。あらゆるマイナスしかやらない。生むことはゼロで、潰したり殺すことが9割だ。


この寮アパートは通りに面している。
通行人の多く、とくに若者つまり学生集団が、ことごとく、変な反応をする。

ここは、真下の住人が、おれに向かって、洗脳信号を撃ち込んでいる。
しかしその信号は周囲も含めて広範囲で撃ち込まれている。電磁波のたぐいはそうそう絞り込めないのだ。

さっきも、真下の工作員住人が押しかけてきたパン屋の
店員が急激に、攻撃的になり、おれに陰口文句を言い始めたのと同じ作用で、(上記)
通行人もまた「妙な気配」に頭脳を操られ、惑わされ、

おれへの悪口を言うしか、できなくなってしまう。

「あもうわけわからんけど、あいつ大嫌い」
「そうそうおれも大嫌い」
「きにくわねえ」

夢中で、とにかく全否定の悪口を出してくるのだが、ポカーンとしている。

ユダヤ魔術にしか見えないし、
ユダヤのいいなりになることで与党になったカルト宗教も、似たもの同士の性格もあり、一味として加害に従事していそうである。


夕刻、外出がてら山林で休息と体調確認。
かなり、

霊障
電磁波による内臓衰弱攻撃

双方による衰弱、悪化が激しい。
どうも、攻撃する方も相当追い詰められているか。逆上しているようだ。

人の悪気、悪意からくる害のない、山林や郊外で過ごすと、一気に回復する。
重症だとストレッチなど工夫が必要になるが。とにかく、対処しないと脳梗塞とか心不全になって殺されてしまう。弟たちや、ほかに犠牲になった議員や有名人などのように。
多数のテレパシーによるDosアタックで混乱しまくった思考回路も、すっきりとする。

スーパーへ行ったときの追っ手もいつもより多かった。
悪そうな男、ゴロツキ系
陰険そうなオバハン、魔女系

だいたい、決まったタイプの人間ばかりが来る。全国どこでも。

悪そうな人間は必ず悪い。

暴力装置ばかり充実して、
頭脳はちっとも向上しないから、
他人任せにして、
不都合が起きるとぜんぶ他人のせいにして、

悪循環だけで回転しているような連中の支配も、
さすがに今年で終わり、転換期がやってくるようだ。

夜半、寮アパートへ戻るとものすごい殺気プレッシャー。心臓狙い。

そういう住人ばかりだ、ここも。悪党勢力のコロニーである。鎌倉マリンコーポ。









/21  オバマ就任式は、日本時間で、弟の命日である。

実質、暗殺されたのは、
2003年、小泉ブッシュ時代であった。

両者がどうと言うよりも
妙なビョーキ空気が世間を覆って
ホロコーストな排除排除が水面下で、報道されることなく、行われていた、妙でおそろしい時代であった。

やっと時代が転換する。
まずはオバマで。
日本も下野がまずあって、再編で混乱を来し、ルールからチームまで、新機軸が徐々に出来るであろう。

2009ミラクル。チェンジ。

 ◇

昨晩は寝るの邪魔するプレッシャーを仕掛けてくる寮アパートの住人。
今朝も朝刊準備のYC腰越ではプレッシャー攻撃。
もはやそれが日常だ。暇さえあれば追い出し圧力をかけてくる。

日本は、アメリカと違って、いつまでもいつまでも、馬鹿で、粗暴で、垢抜けないねえ。

「日本が史上初の、先進国で最初に没落し落ちぶれた国」

というレッテルが貼られてしまう日が、そう遠く無くやってくるのだろうか。
このままではな。

おれのように、優秀すぎて、
保護し奨励し登用すべき人材ばかり、
追い出され、弾圧され、隙あらば死んでしまうように陰謀を仕掛けられている、

逆ばっかりやる日本。

戦後の軍役や戦争を知らぬ世代は、馬鹿ばかりやっている。75歳以下60歳くらいまで。
(戦争は絶対反対だけどな。単に、世代設計、エリート設計、両方を失敗しただけだ。)

 ◇

スーパーへ行く。
嫌がらせの連中が今日もそろっている。

俺のことなどなにも知らず
一言も口をきいたことがなく
よって面識もない連中が、

最初からはなにかけて馬鹿にしたような態度をとり
敵とみなして、いやみをボソッと言ったり、邪険にしたりする。

日本とは昔からこういう面があり
また近年に急激に悪化したように思えるが。

こう「むら社会」を悪用したような、こういう

集団催眠術、
王とかそういう支配者が、国民を操り、催眠状態でぼけーっとさせて、知りもしない人間を寄ってタカっていじめさせるような
幻術、

そんなものに依存する割には、
ちっとも世の中は進化せず、前進せず、よくならず、

つまり、魔術が得意なだけで、無能な君主が居座ってるわけで、そいつがさ誰かは知らんけど

オバマ就任式の一体感、あふれる知性や、チャレンジ精神、

あれらを見ているところだが、録画で

「かなわないな」、と思う。何年か、何十年か、永久か。

やっぱ、日本人は馬鹿だよ。
日本庶民を馬鹿のままで操ることで、まとめてきちゃった国だから。そういう支配システムだから。

救いようがない。
栄えてるうちはいいが、没落したときにはもう、

文句ばかりわめいてなんもせん、老人ホームの中でも困り者のじいさんばあさんみたいな、
そういう集団島国に成り下がってる。

若さがない。
だから前進しない。

前進しようよというと、おれみたいに邪険にされ、阻害され、すきあらば命までとられる。
おれは生き延びたが、兄弟二人は若くして殺された。

救いようがない。

クサいことを言ってもみない、
ましてそういうレセプションで場を盛り上げない、
クサいことを言った上で、実行してみない、

ことごとく、若さがない。
教授席に座ったままの老人。
老人ホームにこもりっきりの老人。
そいつらにひれ伏して残飯をあさるだけの若手中堅は頭がパーのロボット。

「そんなもん、できるわけがあるか」
「これもだめだ、あっちがうるせえから」
「あれもだめだっつうの、やったことないから」

そういう自民節というか、もっと日本古来の皇室武家の慣習とか歴史も絡むんだろうけど、

見飽きた。聞き飽きた。

短絡的には、米国にワーキングで移住したい。それくらい、プラットフォーム的に、絶望である。

陰湿にいじめることだけの盛んな、なんも実行せん、老衰の国など。

やりようによっては滅びなどこないのに、
「いいのよ、ずっとこのままで、あと数十年でも滅びるまで貯金を食いつぶしますよ」
という老世代ばかり。

若手まで巻き込むなよ。

同じ人物が、

オバマを演出して
小泉安部福田浅生を演出して

同じ結果にならないのはつまり、そういうことだ。

だめなやつをどう飾り立てても、だめなのだ。おいしくなケーキにたっぷりクリームやかざりをつけるような。

「どうせダメなやつばっかりだ。」とみんなが思ってるから、優秀なやつが集まらない。
そもそも、優秀なやつを集めて、なにかしてみようというボスが出てこない。


/22

昨日から、
諸々の弾圧追い込みの内容が激化したようだ。


・体調不良化の電磁波攻撃を強化
・自信喪失、縮みこませる(電磁波信号による洗脳作用)
・寝ると、やくざが追ってくる夢、警察に包囲される夢、入れ替わりで見せる(電磁波信号による意識介入)

以上、寮アパートに住んでいる殺し屋世帯による、殺人工作。

以下は、読売新聞YC腰越でのこと。

・ちゃん付けで、ナメた口利きをするようになる、パート従業員ササキ(寮の真下の大工住人ともつながりがある、系統が似通っている模様)
・イタバシを再びおれの隣になるように、業務そっちのけで、仕組む

イタバシを隣にする意味などないのだ。仕事上は。
なのに、その臨時パートのイタバシの、本来の担当だった人間は、よその区域へ回されている。
アルバイトの新聞配達が、区域の移動を命じられるなど、まずありえない。必要も意味もないからだ。
理由はただひとつ、殺人工作員のイタバシを、俺の隣にすることでしかない。
こいつは、おれの思考を盗聴する、テレパシー能力を有するから、いちいち「ほほう」「ころす」などと小声で相槌を打ってくる、そういう人種だ。

正社員は戦々恐々の顔をしている、
パートは、おれが入社以降に全員摩り替わったのか、もともとなのか、みなゴロツキである。

パート同士で、業務連絡をしている、
しかも相手の区域の連絡事項を持ちかける。
これも、ありえない。
新聞屋の区域管理は、社員の仕事だ。縦割りで上から下へ伝えるのみだ。

横同士で、相手の区域のことを知っているはずがない。連絡する必要も発生しない。

みせつけている。
「うそだよ 演技だよ だましだよ」
みせつける、どの地域でも、どの場所でも、見受けられる手口だ。

こいつらは偽従業員であり、あるいはそれに等しく、
おれに危害を加えるために働いており、
働くためにいるのではない。

やつらは、おれの若い兄弟を二人も暗殺した。
そのくせ、「おまえがふざけているから」などという。イタバシがそうだ。

時系列が、わかってないのだ。さすが末端、説明不十分、理解不足、のままで攻撃してくる。

こうなるともう、「100年戦争」だ。
世代も移り変わり、情報が十分ではなく、なんのために戦争しているのか、わからない。
平時だって同じだ。
何十年も戦後で、惰性で人殺し工作を続けるようになってしまった政府と裏社会のコンビ。
もはや公共事業であり、なんのためとか、どっちが正義とか、いちいち考えている風ではない。
俺に対する受け答えも、自動的、マニュアルであり、自分で考えたり、真実を突き詰めてなどいない。

日本はすっかり悪魔に飲み込まれた。実感として。

日本は滅亡一直線だ。とてつもなく大きなもので、その一方通行にしかならないように、がんじがらめにされている、

だから、あいつらは自動的で、ロボットみたいで、しかもやってることが矛盾だらけなのだ。
自分の手足や尻尾を食う狐。自分たちを滅ぼす工作であることを、いちいち気づかない、考えない、ようにしている。
日本が自分でそんなトラップを仕掛けるはずがないから、どっかが仕掛けたんだろう。いまのところ成功してしまっているようだ。

未来の可能性、
しがらみのない若手をつぶして回る、
旧態依然の組織悪、政府筋や癒着構造の裏社会。

アメリカと違い、日本のなんと希望のないことか。
30代の俺がこうなのだ。もはや瀕死がいつでもやってきそうな、心身厳しい日々である。
20代は
10代は
今年生まれは、

不憫だ。先へ進むほど現実は過酷になるだろう。

バックトゥザヒューチャーの、ビフタネン王国である。
ギャング、悪党だけで国家が維持される、そういう地獄絵図の国家に成り果てている。

そんなこともわからず、
赤ん坊を育てている主婦が、俺に向かって電磁波を打ち込んだりしている。創価信者とか、右翼準構成員とか、それだけの理由で。
自分の子供が将来、無法状態になり飯も食えないような国で生きていくために、人殺しを毎日毎日行っている。

なんという矛盾か。


けさの配達は、
雨だったにもかかわらず、
2時〜5時だったが
外へ出てくるお客が多かった。

ふだんは一軒もいない。
でも、上記の追い込み集団が仕掛けると、こういう客がいきなり出てくるようになる。

つまりは魔術。国策や、組織マフィア規模で悪用される、魔術。

 ◇

YC腰越に夕刊出勤早々、
コジマさんにサイコキネシス殺傷攻撃を受けてしまった。傘を配って善意を示しても、こういうときに殺人未遂では、ねえ。(検索するとそういうブログ記事が出てくる)

いわば「超能力等による傷害罪」の疑い、容疑者であります。

はやいとこ、超能力や魔術も法規制の範疇になってほしいものであります。

なんか、背中の方でウロウロしていると思ったら
心臓は締め付けられるし、
意識は薄れてくるし、

ああまた誰か攻撃してきてんな、とか思ったら「へっざまあ」ってな舌打ちをしてコジマ氏が背後への肉薄をやめて外へ出て行った。

さいきんはフィリピン帰りのパートのおっさんも物々しい気配や態度になってる。
なんというか、どういう勢力図なのか知らんけど。
いろいろな勢力の兵隊が集まってるような感じなのか。
日によって、ヘラヘラするやつと、つっかかってくるやつと、違う。

だいたいがさ、
昨年春からのYC新青梅、そしてASA東村山、NSN吉祥寺南ときて、
だいたい、「ワナ求人」
最初からゴロツキ取りそろえて、追い出し工作とかいろいろするべく待ち構えている、
のはわかりきってて、
さんざんそういう脅しや臭わしが面接やその後の説明の時にあっても、あえて入社してるわけだよ。

むこうは、迷惑をかけることも、反撃されることも、知ってるわけで
それを「さんざん振り回しやがって」「迷惑だ」とイイワケしてつっかかってくるのは、いかがなものか。

雇用した責任、という以前に、ワナまで張ってたんだろう、と。
物騒に追い出そうとして、こじれるより、
もっとやることがある、きちんと手順踏んだ方がスムースに流動化する、と思うんだがなあ。

発砲したが故に泥沼、なんて世界中の紛争の基本だしな。
手打ち、なんかそういうのが、おれの周囲には見受けられないな。

店ぐるみでなー
事務のおばちゃんから社員全員から、調子づいたときはこれでもかと態度や言動で示してきてさ。

まったくそういうのがない、身綺麗な素人さんだけの職場なら、こっちから引くわ。

 ◇


いざというとき、暴力に訴える。
内部抗争ばかりで、外側の互助や救済には走らない。

そういう人々は、要らない。

今後の時代に、そういう人々が社会を仕切る内側に入ると、こじれるから。

外側の人間達をも、救う。「義が前面に出ている人々」を募りたいね。

やれ、何を言ったとか、きにいらねえとか、
そういう、つまんない政争抗争でしかかみついてこない、(どこぞの上層部の子分、手下、末端、伝言役)

そういうつまんないことで、心臓めがけて殺傷攻撃をして「殺人未遂」してしまう、
現代社会ではまだ超能力犯罪を取り締まらないからって。

そういう面々と今日も接したとき、色々と考えてしまった。

いわば日本は、荘能力犯罪が横行しすぎて、無法国家なのだ。
時に法治を司る政府筋さえ、利用している始末。

どこか、不誠実、筋目の通らない、因果応報でツキがない、

日本の世の中が、そういうムードを脱却できない、真の理由だろう。

政府のお偉いさんが
裏社会のお偉いさんが

「うちらみたいによごれないと、偉くなれないよ」
「うちらに口を出すと、よごされるよ」

と、それで鎮圧して、20世紀はうまくいったけど、
いまはそれで「邪気」が世間に充満し
えん魔くんの歌でいうと「日本は妖怪吹きだまり」になってしまい。

いわば「霊環境汚染」が深刻化してしまい、
お偉いさんから民衆まで、妖怪や悪魔みたいな性質が強くなってしまって、

そういう。

「環境対策」
のために反作用なことをしていかないと、
人間が人間でなくなり、
その邪な性質がとがめられて、ツキのない国家となってしまい、

悪いやつが一般人を汚して低いステージへ引っ張り込んで、
日本人の平均的な霊的ステージがどんどん下がっていく、

悪循環。

地獄へ引きずられていく島国。

そういう感じがしております。

 ◇

日本は不況じゃない。
まだ、数字の上のことだ。

たしょう給料が減ったとか減りそうで、ケチな買い物をしだしただけの家庭ばかり。

きょう、不況らしいおじさんを一人みた。彼だけは不況だったよ。
たぶん、味噌屋。
住宅街を、飛び込みで訪問営業かけていた。

楽天とか、いろいろ指南できそうだったが、こちらも配達中ゆえ。

おそらく日本の不況らしい不況とは、まだ1年ぐらい先だ。
バブル崩壊ほどには、一気に店に人が来なくなることもあるまい。不況慣れしてるし。

不況じゃないうちは、政争だの抗争だのいっては暴れていられるのだろう。

ほんとうに不況なら、それどころじゃない。

いやでもホンモノを据えるようニーズが高まり、
マガイモノが暴力頼みで惰性的に君臨するのは無理になるだろう。



/23

なんか全身がやばい。
ついに斃れて帰らぬ人となるのか。
もしものことがあったなら、おれよりさらに若い連中に託すだけだが。

なんかむしろ、兄弟までバタバタ殺されていって、
よくおれだけここまで生きてこれたと不思議で仕方がない。
周囲の悪党どもも舌を巻いている。やつは何で死なない、逃げない、でていかない、と。

まあ昨晩も、その前の日も、前の前も、入居からずっと、
寝るたびに、床に伏せるたびに、全身がビリビリしてな。
ねつくときはいきなり心臓が亢進し全身汗まみれになるし、
起きると腎臓がぱんぱんだったりする。

なんせ、政治的悪党どものコロニー化しているアパートは。
人さまに向かって、殺傷電磁波を撃ち込んできやがる。

殺人犯が、バレない手段と言うだけで調子に乗って
ふつうの市民のふりをして、そこら中で働き、買い物をして、夜は暗殺に精を出す。
そういう裏社会が構成されている。


日本は滅びる。
少なくとも、政府だの裏社会だの、社会支配機能の要素は粉々になるだろう。

時代に合わない、
筋目の通らない、

神が眉をひそめるようなことばかりしている、
劣化著しい国家社会は、史上でも例外なく破滅に追いやられてきた。(イースター、ローマ帝国、清朝、近代ではナチスドイツなど)

民までおっかぶることはない。機能悪、社会悪、が淘汰されていくのみでいいのだ。

 ◇

きょうはなぜだか、真下の亭主が仕事がないらしく居る。

照準が追ってくる。
「どこにいるんだ」などと小声が聞こえてくる。
急激に体調が激変する。

殺傷電磁波を、撃ち込む、殺人犯が居る。すぐ近くに。つうか真下に。

仕事を休んでまで、部屋に詰めて、監視し、殺人行為を働いているのか。(容疑)

 ◇

けっきょく、ひどく貧血だかなんだか、体が重いまま一日が過ぎた。

まあいい。

仮におれがひとり
相手が10万人だとしても

因果応報というか、天罰というやつは、
一人にひどい目に遭わせたことを、
10万人ひとりひとりに、応報するであろう。

相手の家族を二人も殺したのだ。
やつらも仮に1万世帯の家族がふたりづつ死んでしまっても、文句は言えまい。

ほれやっぱり、
いままで静寂だった真下の住人が暴れ出した。
そういう連中だ。

テレパシー越しの監視
テレパシー越しの殺傷攻撃。

かりに連中の暴力が強大をきわめて
核兵器とか、地球真っ二つくらいの威力を持ったって、

もう、パワーハラスで言うことをきかせる時代じゃない。

強い暴力をふるえばふるうほど、
むしろ立場を失っていくだろう。
後々になってこっぴどい目にあいつづけるだろう。

悪党が、ろくな目に遭うまい。しばらくはそういうトレンドだろう。


きょうも、出歩くと、
嫌な気配が満ちるときにかぎって、
車が路地から飛び込んできたり、
黒犬連れが通過したり。

西洋黒魔術で、この国は支配されているのだ。

きょうも陰の支配者は、高校生や主婦などを地域まとめて操り、

口々におれの悪口を言わせるのだ。邪険な態度をさせるのだ。

言ってる当人達だって、非常に迷惑がっている。
なんせ「強制」だからだ。

悪口を言いながら、足早に逃げている。

麻生自公政権にせよ
ユダヤ魔術を使う英米にせよ

いいかげんにしたらどうかと。

やめちまえ。
廃止だ廃止。

あやつんな、しかも軍事的に、陰謀的に。

せめて、慈善にだけ使えよ。


/24

ガマンならん。

どーーーーーーにも、ガマンならん。


ナメたガキどもを派遣された。

アレは明らかに、おれへのあてつけだった。


YC腰越のコジマも相変わらず「まだわかってねえ」などと捨て台詞を吐く。


おれに取り憑いた齢何百年か何千年か知らん神か悪魔も、嘆いている。
それこそ、みんなガキだろう。何百年だから。


チャラチャラ深夜も遊び歩いている。
苦労で老け込んだ痕跡などかけらもない。
振る舞いもダラダラとテナガザルみたいな。
「あ、空き缶すてちゃった、ごっめーん」

のやろう。

吉野家で待ち伏せてるガキ二人も
目がらんらんと光って「ああきたきた」くらいの軽薄さ
店員まで感化されて、
なかなか出てこない
面倒くさそうに出てくる
「あいつつかえねえ」と陰口をよこす

操るなっつの。現場の気配を。人々の意識を。

伝染病だ。

異常な人間を増やし、社会、世界、壊滅ルートへ持ち込む、
いわば新手の天然痘。
肉体疾病の脅威ではなく
精神疾患の脅威。

どうも、神々にも諸勢力あり、
人類淘汰後の覇権を狙うようなのが居るのかもしれない。

とにかく、チャラ若造が遊び半分で、使っていいようなもんじゃない。
まして、プロの悪党どもや宗教カルトが乱用していいものでもない。
それはつまり、「ウイルスをばらまいている」

だからこそ、阿呆どもにばかり使わせているのだから。


ま、それはおいといて

派手なスポーツカーだのミニバンで、日がなチャラチャラと遊び歩いている、
苦労のかけらも身に染みついていない、

「まだ、不況じゃねえな」

もっともっと不況は進行していい。
車なんかで遊び歩けないくらいに。

すると、
本当に困窮した人間は、公的支援やボランティアによって保護される。
チャラチャラお遊び若造だの、贅沢が出来る層だの、そういう連中は質素を余儀なくされる。

とにかく、気に入らない。

日本が、気に入らない。

豊かさがにくいとかそういう低レベルではなく、
平和ぼけにあぐらをかいて、調子づくにもほどがある団塊以降がことごとく嫌いだ。


真下の住人、おとといあたりから
「殺傷電磁波による深刻な貧血」作用を強化し、居るだけでやばいような住環境にしてくれた
サル顔のショボイ大工。レディーズあがりみたいなこえー女房とがきつくって、そのくせに他人様の命を取ろうとする
まさにナメた、人を、神を、ナメた、やろう。

こいつもまた、上記の吉野家待ち伏せ、スポーツカーで乗り付け、の連中と仲間だ。
明らかに仲間だろう。
「おれに手を出すと大変だぞ」などという物言いの後に、
こういう若いくそガキ連中ばかりが飛んでくる。

上杉のくさったボンボン連中を吐き捨てる表情で見る前田慶次の心境だ。
全員切り捨ててやりたくもなる。

吉野家のガキは言いやがった。
「てめえこそ殺してヤンぞ」

ほおおお
おれの弟を二人も暗殺しやがった一味のくせして、さらに言うか。

さぞや楽しい楽しいTVゲーム感覚だろうなあ。傍観専門は。ニヤニヤしやがって。
家族の一人も失うまい。人生も健康もなにひとつ失うまい。温室もやしが。

ここに
本当の抗争劇、暗殺劇、をくぐり抜けてきた修羅場経験者と
一度も苦境も恐ろしい目にもあったことのない、毎晩チャラチャラ遊びあるいてるだけのつやつやしたくそガキの

決定的な差がある。


とりあえず次回もああいう付和雷同態度だったら吉野家店員はボコす。

おれはなんどか吉野家店員が絡まれてるのも救ったが
何度も不手際は怒鳴りつけている。

あまり普段のおとなしさにナメてもらうと、たまには不動明王となり、地獄の火炎で成敗せねばならない。
仏も神も、だから弱者に化けて出るのだろう。


いまの日本に、豊かさなどいらん。むしろ逆効果だ。
政治や経済がどういおうが、いらん。

人を腐らせる豊かさなど
ゲーム感覚の暗殺劇とか、
デスク族の感覚的な物言いで「あいつ消しましょう」な暗殺追い込み劇とか、

前田慶次に全員の首をはねていただきたいね。

悪鬼羅刹の
懲らしめが

足りない。

今年は、鬼が暴れ回っていい。なまはげのように芯の据わった鬼が。


年下の面倒を見なくなった、世話好きが居なくなった中高年および中堅
豊かさの純粋培養で苦労知らず、何から何までナメくさっているクソガキ

どこにとりえがあるんだ、いまの日本に。

封印していたカミナリも火焔も、物置から引っ張り出すか。
伊達に焔の錬金術師のモデルはしていない。


まだ、過酷な戦争で前線で、悲惨な修練を余儀なくされないだけ、マシだろう。
そういう意味での平和に、もっともっと感謝してもらいたい。上記のくそ連中には。
大不況も大恐慌も、平和の一部だ。


いまも大貧血だ。

人の命を余りに軽んじる阿呆連中が増えてしまったから、
こういう境遇の人間が出てくる。

こういうナメた組織悪が平然と資金力をつけてのさばっている。


どのみちもう、そういうナメナメ勢力に人生の10年20年を潰されてきた。
もう失うものはなく
今後の人生を人質に取られることもない。
家族さえ殺されれば、鬼になるのは簡単だ。

覚悟しておけよ。

もし悪魔が

「おまえは今すぐ死ぬが、そのかわりにおまえが気に入らないすべての人間を、何十億でも一瞬で殺してやる」
と誘ってきたら、

間違いなく頼む。


そういう覚悟をさせたのは、
アフガンの戦場よりキツイ現場でいつまでもイジメ抜いてくれた
温室でゲームばっかりしている、ついにはホンモノの人間で殺人ゲームまでやってしまう。

きさまらだ。


弱者は、清い者は、徹底して救う。
それ以外は一切救わない。
現代の箱船だ。それだけに苦心する。


地域末端の救済に走る共産支部の会報は見ている。
公明会報は破りすててやった、この人殺し集団が。与党としても、詐欺師みたいなことばかりやっている。


YC腰越やYC新青梅にしたってそうだ。
いっくら、儲けの足しにと思って、様々な快挙を実現してやってるのに(読売RSS化やら五輪出資やら)
その読売の社員や、店員や、本社の政治力は、おれをつぶしにかかる。暗殺する方へ回る。

任天堂DSやWiiだって、おれの発案が発端だ。だが礼の一つもよこしたことはない。
一事が万事、こればかりだ。

日本人とは日本社会とはいまや「感謝の一つも出来ない」

昔とは正反対逆なのだ。クソガキしか居ない。「文句しか言わない」調子のいい連中だ。

クソガキどもが。

てめえらがそうなら、おれも掌返してやるよ。
社会を、善良な市民を、信用してやれば、この顛末。
貴様ら全体でサギにはしり、おれから何もかも奪い、奴隷労働を強制し、
すべての罪や責任だけ押しつけて葬ろうというなら、

道連れにてめえらすべてかっくらってぶっころしてあの世へ一緒に行ってもらおうか。

功罪をきちんとすべて洗い出してリストアップし、
科学的に評価する
ことが抜け落ちた阿呆社会集団など。存在の価値もない。


どこが不況か。

スポーツカーに夜遊び、
デパ地下で買い物三昧。

グリーンスパンとともに前代未聞の世界バブルを達成した人物なのだから
反動で大不況を実現したところで、文句は言えまい。

施しをしてくれた人に感謝しないと
(いか)怒られたあげく、懲らしめついでにそういうことをされる。

それは、投資家がこぞって逃げ出す日本市場と似ている。
海外投資家はああだから、悪質なのも居るけど、良質までセットで逃げる。
「外人嫌い」と公言して、ぜんぶ色眼鏡で嫌悪し迫害するからだ。
朝青龍嫌いもその一部だろう。

 むしろ、ボディブロウはこれから数年かかるということでしょうね。 だんだん。

まあ神だって追い風も吹かせれば、向かい風に転じもしますからなあ。
それも、おおいに感情的に。

日本の総保有資産なんて1/3くらいになればいい。株価など2000円台で十分だ

感謝のなさ
なすりつけっちまえ的なナメ方
弱者イジメを創出してごまかしに走る、政治とプロ暴力の情けなさ

それに見合った対価だろう。

ああ腹が立つ。


日本を捨てて渡航し
荒涼とした大陸内地で苦労して暮らすのが目標だ。日本も日本語もすべて捨てて忘れて。


 ◇

政治宗教カルトの工作員である、真下101、あるいはその付近の殺人工作員世帯は。

きょうも朝からびしばしと壁や天井がきしむような、衝撃波、電磁波、のたぐいを撃ち込んでくる。
ひまさえあれば「あんたが悪いんだから」とイイワケして、殺人未遂を犯してくる。

つまり、中国である。毒入り餃子さえ、横流ししてしまう。
法律なんて屁とも思っていない。
自己都合で、ねじまげる。無法にしてしまう。「わたしがいいっておもったしー、ころしちゃうしー」である。

イイワケしたくらいで、私刑殺人が許されるから、日本はここまでおかしくなった。

まあとにかく、衝撃波であるから、壁もきしむが、体がきしむ。

個別に各内臓を狙い撃つ、脳波型の信号であるらしく、
日によっていたぶってくる先が違う。貧血だったり心筋梗塞だったりむくみだったり。

電磁波兵器大国である。

核兵器は怖いが、
電磁波だからいいや、

そんな安直さである。

でも、核兵器ボタンを押すとか押さないように操る方が、もっとこわい。
核より電磁波信号の方が怖い。

よって日本国は、深刻な犯罪国家である。北朝鮮を抜いている。


かれら、傲慢な大規模組織は、人間では裁けまい。
無理におれ一人がやっつけようとするより、
神仏にお願いしておくのがいいだろう。

一人をいじめて殺しても、
一万人が加害者なら、そのひとりひとりが同じ罰を受けるように、と。
いちいち末端工作員を裁くより、元締めの組織のトップから裁いてほしい、と。

一人を殺して一万人が死ぬ、こんな無意味なこともあるまいから、
自然と非道の暴力は減る。

結局、罰がないと、どこまでも無法や殺人を犯すのが、低俗な人間だ。


今現在、とにかく真下の住人が暴れている。さっきは天井をぶん殴ってたようだ。

それに呼応して衝撃波電磁波の照準が移動して迫ってくる。

相手を操って、そのきもないのに
「ごめんなさい」
と、無理矢理言わせる、そういう連中だ。

ツッパリで荒れた高校みたいな、まさにそのレベルの連中でしかない。

「まだ反省してないのか、かわらねえのか」
と、自分たちの”焼き入れ”が、すべて正しいと信じ込んだ口調で、なじってくる。
こうして、告発日記を書いているだけで。
いわば”センコーにチクってる”というわけだ。

政治宗教問わず、カルトはアホだ。カルトというか、ツッパリなのだ。



きのうもきょうもこれをやられて、グロッキーだ。
YC腰越の社員はそれを知っている。暗殺工作のグルである、グルにされている。

http://asyura.com/sora/bd13/msg/606.html
>私は3年前まで、某大学(名前は言えません)で、その様な装置の基礎研究に携わっていました。
>研究費は公安や防衛庁(米軍からかも)から文部省の科研費の名目で流れてきたので、かなり贅沢に研究出来ました。
>しかしその反面、学会での発表や口外が禁じられていました。
>ここに、書き込むのは、多くの人が現実を知った方が良いのではと思うからです。

>心を読みとる装置の事ですが、正確には「ある時点での純粋な」精神状態を読み取る装置では無く、
>強制的に特殊な心理状態を作り上げ、その反応からその人の思考をモニタに写像するものです。
>私が研究に参加していた時点では、2つの衛星を使って実験を行いました。
>まず、カーナビ用衛星の使われていない周波数帯を借りて、特殊な電波を特定の人物の脳の位置で干渉するように送ります。
>被験者は電波(正確には電磁波ですが)によって、幻覚・幻聴が起きますが、被験者の意思で思考する事も出来ます。
>この時、被験者の脳波を計り、送った電波と被験者の脳波を分離することによって、被験者の心理パターンを解析するのです。
>この方法は一部では実用化されています。勿論、幻覚などが現れるので被験者には実験されている事が分かりますので、
>主にレム睡眠の間に行われることが一般的です。
>つまりは強制的に夢を見させて、その夢に対するリアクションで被験者の心理パターンを読みとるのです。
>あと、その方法はマインドコントロールにも使えそうですが、私はその方面の研究には携わっていませんので良くは分かりません。
>ただ研究しているグループも有るみたいです。

>私が知っているのはそれ位ですが、最近の研究テーマは携帯電話を使って心を読み取る事に重点が置かれてきているようです。
>携帯電話は丁度、頭に付けるようにして使用しますので微弱な電波でも
>充分に脳波と干渉させる事ができますし、電話の電波と一緒に脳波を送信する事が出来ます。
>この方法もかなり実用レベルまで行っていると聞きましたし、実際に被験者には秘密で実験が行われているみたいです。


http://asyura.com/sora/bd13/msg/5.html
なぜなら、体の疲労度が、
パソコンやったり携帯で長電話で疲れるレベルじゃないんです。


まだこういう悪癖はなかなか縮小が進まない。

いくら核兵器や戦争を無くしても
代理手段があったら、なんにもならない。

銃がダメだから
電磁波を使う、

日本政府はすでにそうなってしまったから、「軍事国家」に等しい。


おれは7年近く、この国家全体を覆う「実験」を見てきたが、どうやら
狭い支配のウエではそこそこ便利でも、
健常な人間の存続という意味では、大失敗、つまりは禁忌に触れてしまったようだ。

みんな、狂ってしまった。
なにが正常か、異常か、政府の高官から末端の庶民まで、わからないくらいに「電波洗脳」は進んでしまった。
電波で、頭がおかしくなるウイルスをまいたのと同じだ。結果としては。

放送電波でお手軽に国民を操ろうなどと、いっときのネオコンムードのなかでやってしまい、
大失敗し、
どうにも正常な人間は減って。
おかしなおかしなことばかり肯定し実行する人間が大多数となり、
社会維持が、あやしい。しかも世界各地で。
いつでも急転落しそうだ。

人為的に脳機能をいじるなど、やはり人類には過ぎた試みだったようだ。

10年後に人類壊滅の危機でないことを祈る。

そしていまおれは非常にだるい。
政府筋が仕掛けた殺傷電磁波は、容赦なく突発性貧血を引き起こした。

ハマスを空爆するイスラエル軍と、
日本政府与党官庁の仕掛ける暗殺は、

まったく同じ姿に見える。

じっさい、ガザの現地リポートをもらったが、募金したときに、
「四六時中、F16や爆撃の轟音、パニック、精神不安定」
「爆撃で重症を負うが、相手は全く容赦がない」

イスラエル軍も、日本政府も、まったくおなじだ。

もはや悪魔に魂を食われてしまい、
人間のではなく、悪魔の魂しか、心には残っていないのだろう。


真下の住人がいい例だ。政府筋のイヌ。
「植物人間にしてやんぞ」

などと平気で言うし、言うだけではなくほんとうに致命傷になるような出力の殺傷電磁波を撃ち込んでくる。
それを伝え聞いているYC腰越の小島は「まだわかってない とっとと消えろ」などと小声で脅す。

正気の顔をしたキチガイは、確実に増えている。
時間とともに、すっかり慣れて、根付いて、
気づけば社会には、悪魔の兵隊しかいない。



なんというか、
そういう異常な人々を観察し、接し
彼らが形作る世の中の様子を見ていて

はや数年

「日本はもう、さすがに、ダメだな。」いや世界中が、現文明が。

という感じがする。今年は特にひどいな。

・一線を越えた
・完全に感染してしまった

そういう感じ。

人間のようでありながら、中身は別物。

世界中に、強烈な悪意、陰湿、が蔓延する。飲まれた世界中の人々が、陰険な悪魔に豹変する。きのうときょうで、人々の様子がまるで違う。

支配が、支配に都合のいい筋書ばかり求め、
自分勝手に運命を改変し(魔術使い)、森羅万象がめちゃくちゃだ。
このフォーマットでは、誰がどうやろうと、救いはないのだ。誰がやっても結局は閉塞する。当たり前の話ではあるが。

それを戒める手段が見あたらない。
99%、魔術や、電磁波による暗殺、そういう便利すぎるツールにおぼれ、私利私欲を尽くし、悪魔にすっかり飲まれる。
滅私で抑制すると、抑制しない連中に負けて、排除される。悪魔に近い奴らばかり強い。

支配者達も「感染」がひどい。キチガイ支配である。残忍。まるで中世拷問。
特に官僚筋と一部裏社会筋がヒドイ。汚染には差があるし、懐疑の有無でもだいぶ違う。

オバマに、スケープゴート、なすりつけて悪者にする、ことしか考えてない国際政治の連中といい。

終わっている。
あまりに巨大な悪魔のトラップに、完全に屈して、心まで悪魔に明け渡した、人間界の支配者達。

まあいい、書くと長くなる。

すぐにわかるさ。

おれが死に
つまりおれごときさえ殺さないとならんような、悪魔に征服された世界は、阿鼻叫喚の地となるだろう。

核兵器は怖くて使えなかった。
正気があった人類を、悪魔は支配できなかった。

今は違う。みんなが催眠状態で、キチガイばかりだ。
一見正常でも、誰もが狂うときは徹底して狂う。
つまりはいつ悪魔に操られてもいい兵隊が60億人。

かなわない。
80年代に流行した、ゾンビ映画そのものの世界となった。


きょう日中は外はカラスと黒犬ばかりだったなあ。
世界の空気がまがまがしさで満ちる日に限って、運命連鎖的に、そういうのばかりで満ちる。やたらと目にする。


そろそろ、救えないと割り切り、おのおのが自営と備えに走るべきだ、
まだ正気が残っていて、この話が理解できる人たちは。

ほとんどは救えまい。
ごく一部、たまたま生き残ったら、手を取り合い、サバイバルするしかない。

そのときに文明生活はもうない。嫌でも助け合うしかない。
豊かさにあぐらをかいて、次々に人を殺しているような時代ではなくなっている。


もうろうとする意識の中で書くのも大変だ。きょうはこれくらいに。

さいごにひとつ「最終兵器彼女
予言のような作品。ちせでさえ、いずれかなわなくなる。


/25

きのう日中は外はカラスと黒犬ばかりだったなあ。(上述のとおり)

で、日付変わってすぐ、超過院配達のために起きて驚いた。
晴天の予報なのに、神奈川東京だけ、雪、雨。

こんな馬鹿な話があるか。あるんです。

魔術による陰謀は、ひたすら大雨や雪や、地震や火災や、そういうのばかり連続して起こす。
嫌になるくらい。だって相手がいやがるように困るように仕掛けるのが陰謀だから。

もう、あきれたね。
かように、いまこの世界は、人為でゆがめられて動いている。
しかも、好き勝手で自分のことしか考えない、組織暴力、裏社会、無法、そういう連中の悪用が目立って仕方がない。当然、水面下でうごめく政府筋官庁筋も混じる。

以下、ブログにも書いた愚痴。引用。


外敵と向き合っても精一杯なのに、
背中からも矢が飛んでくるのは、なして?

日本はすっかりワガママさんだらけ。

右も左も暴力も宗教もエライさんも庶民もガキもじじいばばあも、
自分の都合だけで、モンスタークレーマーするばかり。

そのくせ、当事者能力、担当能力はない。

もう、勝手にしろよ。おれは戦線放棄するから。
前線が無くなり、おまえらにうじゃうじゃと外敵が群がるから、あとはおまえらが当事者になって戦ってください。
引用ここまで。


きのうも書いたが、
日本もさすがに、終わるときがきた。
最終兵器、ちせ連隊長でもかなわない、最終回間近の状況がやってきた。空から無数の爪がおそってくる。

せっかくオバマ政権が誕生したのに、
マスコミをみても、
プロ自演がうずまくブログや掲示板を見ても、

得意げに、あるいは他人事みたいに、

「ひゃっはーオバマはスケープゴートなんだぜ、どうせ立て直せないアメリカ経済の責任を取らされる」

などと、愉快そうに書いている。識者の場合、他人事の口調で、むしろ責めるように書いている。

おまえら全員、他人事かよ。
しかも、もり立てるんじゃなく、矢を射るのかよ。

アメリカが終わるって、どういうことか、わかってねえだろ。

竹中元大臣まで、そういうニュアンスで早くも書いてしまってるのが、絶望感を決定的にした。
当然、ある筋の統一フォーマット、「こうこう書いてください」の指示通りに書いたのだろう。
書かせている源流が白人至上シオニスト方面かどうかは知らんが。日経BPでもそういう記事が目立つ。

なんであんなオバマ潰れろ、どうせ潰れる、そういう「ネガティブ」に染まれるのか、
唯一の希望を、いまから躍起になって全否定しにかかるのか、

自分勝手が多すぎる。
他人事とか愉快半分が多すぎる。

総力戦は無理だ。
まとまることもない。

よって現文明は壊滅する。

ごく一部だけ必死に戦ったって、戦線維持は不可能。みんな逃げ出す。おれも逃げる。

文明崩壊後を、今から備えておくべきだろう。
カネだけではなく現物も、
都市依存ではなく田舎も、
野性的な暮らしも踏まえる、

切実な「おねがいしますどうかお願い、あなたがたより」なら、素直で純朴な人々なら、身を粉にして救う。

でもいまの世の中の95%の人々はそうではない。ワガママ、自分勝手、まるで子供。
おまえらまとめて見捨てるというか、もう関わりたくない。
嫌いな連中を渋々救ってやるほど、いやなものはない。そういう連中を儲けさせるなど御免だ。

相手には王族も混じっているのか、ものすっごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい
高飛車で、尊大な態度も目立つ。

おれを奴隷扱い、つかえねえ呼ばわり、
アホ呼ばわり、壊れた部品は取っ替える呼ばわり、
田舎者は去れ呼ばわり、

王族だけでメシ食えるとでも思ってんのかねえ。


ま、文章を長々と書くより
今年来年の経過で、すべてわかるさ。


狭ーーーい我が家の庭しか見てない連中
まったく周囲を見てない連中

ばっかりの日本。井の中の蛙。しかも無数の蛙。身勝手な蛙たちの大げんか。



/26

読売YC腰越の軋轢が深まっている。
どうせまた、きのうのブログにおける政治発言への報復とか
ぶっ壊れた新聞包装機の保守呼んでくれとノートに書いておいたのをムカつかれたとか

そういうくっだらない理由だろう。

ノザキワタナベのやくざ系コンビで遠巻きに嫌な気配を出しながら騒いでいやがらせる。

地元の酒屋らしい、おっさんパートも一枚かんでくる。
こいつはモグリの右翼か公安の手下だろう。
原理極右なところがあり、「なにが小泉だこの野郎」「オバマの件だがよう」などと付近でささやくこと頻繁。

目が回って作業どころじゃない。
段々けんかっ早くなってくる。
相手はそれが狙いだ。
高潔な霊的ステージから引きずり下ろし(極楽界)、低俗な霊的ステージでの骨肉の争いに巻き込もうとする(地獄界)。

ノザキは棟をはさんですぐ隣に住んでいる。
おそらく、おれの部屋に殺傷電磁波を撃ち込んでる張本人か、グルだ。だから部屋には「明日はくるな」というテレパシーがひっきりなしに飛んでくる。
今朝おれが出勤して一番「あんたそろそろ引っ越しだな」とテレパシーで絡んできた。
入社してすぐから、いっつもこうだ。
やくざ系のネットワークの中で、たらい回しにする、苦労や混乱を狙った常套手段。

ノザキは上記のように、嫌な気配で転落させ、釣り糸たれるようにケンカに引きずり込む手法のヤクザである。
コジマはまた別系統で、殺気で相手の心臓などを狙撃して下手すれば殺してしまうタイプのヤクザである。

YC新青梅やASA東村山やNSN吉祥寺南などはフロントに過ぎず、水面下ではヤクザ系ネットでつながってる。
「上から押しつけられたが、実はいらねえんだ、迷惑なんだ」
などと、好き勝手ばかり云いやがる。さすがヤクザ系である。生粋の構成員でないことはこの際余り関係ない。

雇用責任を守らず、
本業の新聞屋よりも陰謀と殺人を優先し、

とにかく許せん。読売新聞社との関係もそろそろ終わりか。だいたい読売Gr自体がそろそろポカやらかして傾きそうだしな。
けっきょく新聞販売店側に右系ゴロツキばかり抱えてるだけあって、ワナばかり仕掛けられた。ろくな思い出がない。

けさはASAの従業員とよく鉢合わせる。
あすこは富裕の鎌倉にあっては読売に大きくリードしており、
制服はきれい、バイクは新車ばかりだ。

誘い、と取れなくもないが、勘違いだろう。
ASAは東村山でしてやられて懲りている。いい職場だったりすると、今度は政争トラブルで迷惑をかけるのが嫌になる。
なんかもうそういう意味では、行き場など無いのだ。探す気力も沸かない。べつに春にゆきだおれて夏に死んでいてもちっともかまわん。

日本には失望したし、日本国そのものへの復讐が急務だ。
人生35年、ほぼすべて、政争で潰されてきた。幼少は親父のとばっちり、それを引きずりつつ自分の思想信条でも引き続き狙われ続けた。
最初に暗殺未遂を受けたのは10歳、大病で死ぬよう仕組まれ、失敗。
だが弟たちはそれに勝てず。14歳と27歳で暗殺されてしまった。

復讐復讐復讐復讐
なるべく善良市民や優良企業へのダメージは抑え、
政治暴力問わず支配系巨悪は徹底して資本体力を失い転落没落消滅するように仕向ける、そういうマクロな復讐だ。
政治経済にとどまらない。ひじょうに津々浦々な復讐劇。

けっきょく、そうした罪の薄い人々も多少苦労を背負い込んででも、
巨悪側の資本を徹底して破壊しておいた方が、
後々の世代のためになる。変に前時代の穢れを引き継がないで済む。
裏社会をクリンナップし、新世代を選出してスイッチしないと
政治も官庁も含め、いろいろな方面がクリンナップできない。すべては遠巻きにつながっている。

おれはおれおれサギを模倣されてしまった反省からも現在は、オレオレ詐欺撲滅に追い風を吹かせている。
そうやって破壊していく。社会に組織暴力マフィアや宗教マフィアが、根付きすぎている。
建築と新聞屋と見ればやくざの準構成員だらけ。派遣会社も半数が。自民。
ダイソーは創価。新聞マスコミTVラジオ局も創価資本。公明。
つまり、両マフィアの人口が多すぎることも意味する。

カビとコレステロールだらけ。そういう日本は一度、たたきつぶすことでの再生しか道はない。
準イタリアのようでは、後の世代が困る。

本当の意味での、改革、再生、を目指すならば、
おれに賛同や同意しかしないはずだ。
悪党だから全員が、反対するわけでも無かろう。合理に通じるのもいる。
いわゆるヤクザを心底嫌っている若き悪党もいる。創価大嫌いの宗教家のようなものか。

業界に問題意識を持つ者どもで、旧態を引退させ、次世代を担うというのは合理だ。


・・・・ま、所詮、自営業もできない、独立で食えない人間の言うことだが。
干されれば終わり。それでかまわないと思うくらい、自分の無価値は熟知している。

「力士を操っておるのだ〜〜〜〜」

朝青龍もはるまふじも、はぶはぶ名人にスピルバーグまで、我が手中なるぞ〜〜〜〜


おれからすべてを奪った、肉親の命も人生も財産もなにもかも
いまだに底辺で地獄の暮らしを強要し、心身耗弱を維持させている確信犯の組織悪、

そういうこの日本国を、おれが丁寧に扱うわけがない。ゴミ箱へ投げる扱いが当たり前だが。

おれがおれとして日本で生きている限り、救いはなく、一生をヘドロの中で過ごすよう強制される。

ならばこそ、同じ扱いを仕返してやるまでのこと。
なるべく巨悪最優先で底なし沼へ引きずり込む。やるからには日本をバフがけしてやる。内燃機もフレームもすべてリストアだ。
伝統くそ食らえ、歴史なんぞぶった切ってやる。
いいものはいい、新規製作もいとわない。

 ◇


いつまで、やつらは、国家社会に、個人個人に、迷惑をかけ続けるのか。

政府与党。結託している組織や個人。いわば少数カルト

人殺し。

きょうの昼、スーパーへ行くと、カルト工作員を買って出ている「密告者、追い込み役」の市民達がゾロゾロ押しかけてくる。
それまでレジ待ちは1,2名だったのに、いきなりゾローーっと。
みんな同じ感じの、茶髪とか、やたらしわくちゃに疲弊した顔とか、カルトや悪組織の指示通りに利用されそうな。

こうやって、
平穏な社会を、
勝手に追い込んだり、脅したり、人生や命を奪い、

自分勝手な少数集団が、日本をめちゃくちゃにしているが、与党がそれを内包している。
根っこの芯まで腐ってしまっている。

だれが、次々と追い込み暗殺工作員が群がってくる、独善的な社会など望むのか。
少数カルト集団だけであろう。


つまり、アメリカの手下だ。
アメリカが言うとおりの政策だけ、なんの工夫も独自性もなく、
馬耳東風みたいに右から左へ実施するだけ。
定額給付金しかり、
社会保障番号しかり。
品質が市役所レベルだ。もっと劣るかもしれない。だからウケがよくない。効果もない。

それと引き替えに、西洋魔術的な西洋発想の、「追い込み技術、ノウハウ」を提供されているのか。

英米フロンティア式、帝国主義。
「無限に、領土も、資源も、市場も、ひろがる」
という、20世紀までしか通用しない概念だ。

暴力暴力、
中東ガザから鎌倉市に至るまで世界中で、追い詰めて、追い込めばいいと言う、乱暴な乱暴な発想だ。

アメリカの手下になって、いくら絶大な暴力支配を続けても、
国家は荒廃し、へたすれば草木一本残らず壊滅状態に陥るだけだ。

だが、いちど操られてしまい、手足だけ動かすようになってしまった、
役人も政治家も、追い込み担当の茶髪や部落の連中も、

耳に入らない。
入っても、理解すら出来ない。邪魔される。

それくらいにねちっこいリモート洗脳、リモート常時監視だ。
多くの民が、ラジコン化している。携帯電話みたいに常時見張られていて、例外動作を取り締まられている。
ラジコン人民で構成される世界帝国。

日本のことをきちんと考えるなら、
いったんはこういう「感染者与党」は、下ろすしかない。

いわば、破綻した金融バブルである。

その残り火が、あれら「英米式 暴力支配」に組み込まれてしまった、ロボットみたいな与党配下の無法集団だ。 

グローバル横暴支配にも、いろいろな落とし物があるけど、
この暴力支配、追い込み、暗殺、の他人を平気で踏みにじるシステムだけは、即刻廃止しないと、社会に未来がない。

体制にこびる連中
こびるために殺人工作まで参加してしまう連中

ゼロにしないと。


 ◇

以下、ブログに書いたのをコピペ。


「おまえは自分勝手だ」
「おまえは一人で突っ走っている」

という「みんな思想」に取り憑かれたカルト集団が、

おれを「自分勝手に」追いかけ回し、「突っ走って」追い込み、
ニヤニヤと調子に乗っているので。

しばらく断筆する。

アニメなど趣味のみしか書かない。
1週間か、
もっとか、

とにかく「ワガママ集団」が多すぎる日本国に、さすがに面倒を見きれなくなった。

勝手にしろ。


又聞きの情報で、
思い込みの激しい文句をぶつけるだけの、

観衆から、(モンスタークレーマー)

当事者へ

ガラリと立場が変化した連中が、青い顔して斃れないといいね。

7年前、ITデータセンターで同じことがあったな。
「んじゃ、おまえやってみろ」
みんな青ざめちったよ。

いっとくが、おれが政治経済などに言及しないのは初のことだ。
政治経済、報道や記事に目を通さなかったことはない。

こうやって「世間を見捨てる」人間が増えていく恐ろしさがわかってない、やはり日本は最低の平和ボケ国家だ。


またこういうことを書くと、すかさず放送番組などへ”手配”される。やつらの手配は超時空だ。時間を超える。
新規開業の精神病院で、有無言わさず治療する映像。

いつも
「自分勝手」

横暴きわまりない。
手段を選ばない。

ひとりで何もかも、手を染め、手がけざるを得ないように追い込み、誘導しておきながら
「一人で勝手にやっているぞー」
「自分勝手はダメだぞー」
などという、”叫び工作員”を手配してくる。

そういう日に限って、なぜか町中の車が増える。あぶない飛び出しをする車や人が急増する。手配と、操り。

自分たちの都合のいいように、なにもかも自作自演、すべてやつらが手配している。

結局、世の中のすべてを牛耳り、操って、支配しているから、「神気取り」
その中には役人もやくざも含まれる。国家悪だ。

幸いに、そのような悪逆非道の国家は今や、
雪崩のような崖曲線の不況で「お仕置き」を受けている。

上述のように、

「支配は、無限に続く、いつでも無敵である」

などという、グローバルの傲慢な発想に基づいているから、

こういう「破滅の予兆トレンド」にあっても、
軌道修正、
態度を改める、

ことができない。

こと日本は1500年近く存続していて、支配に関してはかなり傲慢だ。盤石意識が強い。
だから残忍さも、ときに英米ユダヤ以上である。

そうやって、ローマ帝国も
中世に現れ手が消えていった国家群も、

滅びていった。

だいたいいつも

・傲慢なので環境破壊が止められない
・傲慢なので態度やシステムを変えられず、外敵にやられる

というワンパターンで、雪崩のように、一気に滅亡していった。

ローマ帝国は前者だ。樹木伐採のしすぎで枯渇し、最後には5km四方しか維持できていなかったという。
イースター文化も同様、モアイ造営のせいで島から食料を含む緑が消えた。

「狂気」というトラップに、気づかず、あるいは負けて、消えていった国家もある。
いま具体例は出せないが、世界史を学んでいて出てきた記憶がある。


きょう午後のような、かれらカルト集団の暴走は、「滅亡のサイン」であると
6年前から警告を発してきたのだが。

やはり、多くを救うのは、無理なのだろう。

箱船方式で、理解を得られる人々に、生き延びる知恵や方法を伝授するくらいしか、ない。

きょうの異常な世間のムードの中でも、
誠実な態度で、夕刊を受け取るべく待っているお客さんもいた。

犯人がユダヤだか公明創価だかは知らないが、
「異常電波」
で人民を統一的に操ろうとしても、
何%かは、耐性があり、かように効き目がない。

デビルマンの漫画版。
魔女狩りのような市民暴動による処刑が相次ぐ、

そういうふうに、現実の時代はなってしまった、

「滅びの狂気」


・・・・むろん、私見である。絶対ではない。

何を信じるかは結局、自己責任。

世間の空気、つまり狂気のほうを信じるもよし。みんなで被害者を殺すべく追い込みをかけたらいい。殺人国家。1億総殺人。

おれのようなマイノリティは無視してかまわない。


おれは逆に、おろかなマジョリティを無視したくなった。
だから断筆し、お世話を辞めるのだ。

いずれわかる。

「牛痘されると角が生える」
などといって緒方の牛痘をののしったデマゴーグ大衆のように、ならねばいいがな。


http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20090122/183547/?P=2
甘すぎる政府の見通し

谷の急斜面のようなグラフ。

これを補完するべく政府批判や、経済指南をすると

「オカミにえらそうに意見するとは何事だ!」

と、上述のような追い込み部隊が飛んできてしまう。

平安時代には存在したであろう、
旧態依然の鎮圧部隊が。


政府に不都合な批判封じ、「火消し」だけが至上命題、最優先。

合理的な対策を、どんどん封じ込めている。

国会の与党議員を見ろ、みんな青い顔して黙っちゃってる。渡辺造反につづきたくても、出来ない。


時代は時々、いままでと逆のことを要求する。
そこで逆をやらないと、崖から落ちるような「トラップ」を。

これも何度も何度も忠告してきたことだ。まあ今の日本の大衆は、まして上層部は、聞く耳持つまいが、


きょうはYC腰越のコジマまで、(べつに悪意でもないのだが)
「そんな、一人だけで慌ててないで、ゆっくり、落ち着いて」

などと、諭すように言うのだが。

普段から1500年以上も不変で、のんびり、平和ボケ、島国根性、井の中の蛙だった面々が
現状の経済危機すら、認識せず、

慌ててみる、
急いで対処してみる、

「逆」を、やれないのは、皮肉としか。崖っぷちへ一直線だ。


グリコ二段熟カレーも、量が減ってた、10皿>8皿。
昨年はチーズもカップメンも肉類もやはり減ってたっけ。
こうやってごまかしごまかし対処してきたのも、そろそろ限界らしい。

P=3
  世の中には、最初から天下国家を大きく論じていくという議論が多く見られます。しかし、「神は細部に宿る」と言います。

ユダヤ基督だか日蓮創価だか皇室神道だか知らないが、
いきなりてっぺんを見せつけて、
細部の神々を粉砕して回っている。

センサーというのは、外側にいるからセンサーなのだ。
中枢が、センサーを無視したり、破壊してたら、土石流に飲まれるだけだ。


http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090123/183649/?P=3

 少なくとも、お互いの国が持っている価値観は認め合いましょう。
 廊下をつるつるにするのではなく、廊下はできるだけデコボコにして、
 そのデコボコにもかかわらず入ってくる理由のあるところには「どうぞ」と言い合えるシステム。

 どんな国にもその国の価値観がありますよね。それを認め合うグローバル資本主義はあり得ると思うんですよ。

 中谷 欧州はそうですよね。彼らの基本的な考え方は、「絶対に正しいことなんかない」ということなんですね。米国人は「自分たちが考えていることは絶対に正しい」という感じ。これが欧州と米国の決定的な違いでしょう。

 地続きの欧州では、「自分の考え方が絶対に正しい」と思った瞬間、戦争になってしまう。
 それが欧州の歴史ですからね。
 何百年も戦争をしてきて、さすがに学んでいるから、どんなに正しいと思っても、

 絶対にごり押ししないという大人の論理がそこにはある。

 米国もイラクで失敗しているんだけど、本土が戦争になっていないからか、十分に反省ができていないんじゃないかな。

単一島国の日本も、アメリカ的だ。
仲よしさんになれるのも、似たもの同士だからだ。

戦後の焼け野原の記憶は今や無い。またアメリカ的に傲慢になった。

アメリカ=ユダヤイスラエル=ガザ攻撃支持。
日本=天皇や日蓮を持ち出し、反分子と見なすと攻撃、抹殺。


この日記の1割も読めば(全部は読み切れまい)

政府だの天皇を持ち出す連中の、殺傷加害行為にかかると

完全悪
にされてしまうのがよくわかるだろう。

・断罪し更正すべき罪人
・入院させるべき精神病人

などと、次々に残忍な決めつけを行い、

正義という名の
「弾圧」を重ねてゆく。重ねてきた。

英米型グローバルにせよ、
日本固有型皇道or日蓮型グローバルにせよ

そろそろこれを「重大伝染疾患」と認めて、
むしろそちらを治療対象、拡大防止対象と、すべきなのではないか。

悪作用が強すぎる。

隣人さえ殺してしまって、
それでも平気な顔をしている、

そういう日本人を1000人以上、見てきた。

悪魔と同じだ。


いまも、自分だけの独占的な頭脳ではない。

公共電波か何かに、混ぜ込まれている「ラジコン電波」
人間を、国民を、
操り、自由を奪い、
国家や支配者の好きな形に制御し、制限する、

そういう作用。システム。

好きに言葉が出てこない。

支配者の嫌いな発言をすると、そっこく、
テレパシーでヤジがいっぱいとんできて、
サイコキネシスで攻撃される。

ここまで、がんじがらめにして、なんになるのか。

悪魔のような人間だらけにして、

殺伐とした陰惨とした、クレーマー社会、格差社会にして、

どこのごく少数、数名や数十名の支配者の
好き勝手に、
世界を操ることに、どれだけの意味があるのか。

狂気の沙汰だ。


みんなで助け合わないと生き抜けないような時期になってもなお、

勝ち負けだけで、相手を蹴落として、自分だけのドリームを優先させるような、連中。

時代遅れの
過去の過ちから学ばない

そういう連中。

おまえはまけた
おれは勝った
これからはおれの時代、おまえの時代は終わった

そんなことしか言ってこない、ブッシュ小泉時代の残り火のような連中。


/27

秩父駅前、追っ手がゾロゾロ。

嫌な気配をまとった、爺婆たち。
血相変えて飛んできて、わーわー騒ぎ始める。
あいつがわるいとか
あそこにいるのはとんでもないとか
悪口ばかり言っている。

雰囲気に乗じてタクシーの運転手も騒ぎ始める。
山口組だがよう、いつまで生に未練あんだよ、などと、山口組でもないくせに、なんか陰でこそこそ言ってた。

秩父神社にもやはり中高年集団の追っ手。
追っ手は必ず、血相変えて飛んでくる。
もしくは、ふてぶてしく待ち構えている。
普通の客とは、まるで異なる。

「ほれあすこ、何でも言うこと聞いてくれるやつがいるよケケケ」
などと騒いでる。

ちょっと待て。

おれが会社の社長だとして
おまえらは社員だとする。
「あの社長さんはたいそうごせいがでますのーケケケ」
「なんでもしてくれて便利な社長さんですのうククク」

などと毎日毎日言われていたら、会社はメタメタになって潰れてしまうのでは。

なんかそういう、肝心なことが、わかってなかった感じ。まるきり他人事のようであった。

永田町、日枝神社にも、当然、追っ手。
普通の参拝客と違い、
現場にやってくるや、2,3名で大声を立てるなどして、気づかせる。
すぐ隣の料理屋など、誰にでもわかる場所をわざとらしく聞いてくる。

川越の2りんかん。
ヤクザ、そのパシリの若造数名、これは待ち伏せ。
「おれら、オオカミだからよう」などと、物々しい気配を出しながら向こう向いて叫んでたみたい。
こいつらがいると、そのプレッシャーが届いてると、
簡単なライトバルブ交換すら、全然できなくなる。
奴らが去ると、あっという間に出来る。

いわば、「呪い」
思考は停止、
手足は硬直、
手に付かなくなる。

それは悪魔の配下であり、
悪魔が手を貸してくれるからと、組織がかりで呪術たよりに伸ばしていると、世の中がどんどんすさんでくる。

やはりどこかで、誠実な神と通じなくては、世の中は、存続が難しいようだ。


総じて、いつも同じ思いを抱く。

「自分勝手ばかり、ふえたなあ」


ガキの頃、青年の頃、そういうのはきちんと「おかしい」と誰もが言っていた。
なんか最近、10年くらいか、急にものが言いづらくなった。
「空気」の支配者が変わったのか、ハッキングでもされたのか。

力や人数による強さで、絶対性を勝ち誇り
『絶対に勝てないんだから、服従しろ。命令に従い、しね』
などと、よくまあ言えたもんだ。

いくら施しても助けても、感謝などされたことがない。報酬などもらえない。
しかしちょっとでも不都合、不利益が出ると、しねよしねよと大合唱。

体をこわし。人生を犠牲にしてでも、社会のために多大な貢献をしたのに
「邪魔になったから、しね」
って、なんぼヤクザでも各種マフィアでも、なかなか言えないんじゃね??

なんなんだろうか、あの集団は。看板は見せないけど。


そういうもの達が、世の中で影響力を持っている限り

日本国が、真理の意味で、救われることは、上昇機運に転じることは、ないだろうな。


同じ日本人とは思えない。

よって、日本人とは思えない連中ばかりがおれの周辺にうろつく、そいつらとしか話も出来ない
この「異国」に、なんら親近感を感じないし、尽くそうどころか、関与したくないとすら感じるようになった。

日本に帰りたい。
日本はどこだ。

人間が住んでいる、日本という国だ。

悪魔ばかり住んでいる異国じゃなくてな。


・・・まあとにかく、
体をこわしすぎたし、

ちんけな悪党どもに追いかけ回される程度の、ノーガードの、つまり無価値の人間だ。

そういう人材が、なにか管理職以上の重責を背負うわけにはゆかない。
手腕や頭脳、あるいは人脈はそろえているが、そういう問題ではなくなった。

身軽になるしかないな。なんにもしない。最低限暮らすだけ。何を頼まれても断る。

日本やこの世界など見捨てて、ぜんぶ忘れて、ぜんぶ人に任せて、世捨て人に戻るか。

誰が後釜だろうが、誰が何をどうやろうが、うまくゆかないとか、そういうことはもはやどうでもいい。

家族は殺され、遺族は方々へ逃げて、財産もなく、健康も奪われ、
何も残っていないのだから。

ホームレスではないと言うだけ。
ホームレスの多くは、病気持ちになって働けなくなった人々だ。
ホームレスになったら、すぐ自害すると決めている。

山口だの
住吉だの
創価だの
そういうささやきをしていく連中に、追いかけ回され、(どうせ差し向けているのは自民公明の執行部)
心身壊して半死半生。
そういう終わった人間として。
それなりの余生を過ごす。

孤独になりたいねえ。

テレパシーが送受信できないスタンドアロンになって、
誰も追っ手が来なくなり、加勢も全くなくなって、

「うわ、ほんとうに一人だあ」
と、何十年ぶりかで実感したい。

ほっといてくれ。いっさい、かまうな。

/28

読売新聞YC腰越。

きょうもノザキが当番だ。
「ひっこせ、でてけ」そういう態度ばかりの社員だ。
わざと、チラシ枚数を間違えて配ってあったり、ロクなことをしない。まあどの社員も似たようだが。
謀略ばかりで、本業をおろそかにする、マフィアのフロントな職場ではよくあることだが。

ワタナベなる、近所で酒屋やってるじじいがくると、空気が一変する。
酒類販売は警察の許認可、公安の手下でもやってるのか。
こいつがくると、ノザキとサワダで、悪口漫才をわーわー開始する、やかましくてしかたがない。

・ワタナベが、両者を操っているパターン
・3人とも、同じ属性のグルであるパターン

木を見て森を見ず
井の中の蛙大海を知らず

目先の小僧を、突っついて追い出せ、半殺しにしろ、
そういう”命令”には従っても

いま日本の国内外の置かれた状況が、どのようなものか、
おれがなにを担っているのか、

ちっともわかってない

いや、わかってないから、元々が低学歴の新聞屋風情だからこそ、
暴力だけに、抗争の手下だけに、専念してくるのだが。

マクロ視点の皆無な視野狭窄ではなく、
もともと、頭が空っぽ、なんも考えてない。

おれを殺しても、いままでどおりあと何年でも新聞屋が続くと、日常は変わりないと、当たり前に思い込んでいる。

日本はもう、そんな悠長な状況にはない。


夕刻、西鎌倉小の生徒だろう。男子3人組。
「先生に、なんて怒られたの?」

呪ってやる〜〜〜〜って」

小学生の、ふつうの物言いではない。

かように、
天皇家だか官僚だかハイエナ役人だか、
山口組だか創価学会だかは知らないが、
(察しは付いても、顔は見えない)

霞ヶ関だか名古屋だかの、遠方の高いチェアに座りながら、
鎌倉市内の一般庶民どもを、魔術で操り(アゴでこきつかい)

言わせるのだ。自分では言いにこない。顔を見せには来ない。

セリフ回しが、日本全国どこででも、一緒なのだ。

東北のばあさんだろうが、
東海地方のゴロツキだろうが、
イントネーションも、セリフまわしも、ぜんぶ統一されている。

「あれえ、なんていわれたっけ」
「調子こくなっていわれたよな」
なんていう風に、ヤクザやゴロツキは定型句としていうものだが、まったく同じだ。

支配と
組織暴力だけ押さえて

インテリジェンスや
必要な業務改革は、サッパリ。

かくして日本政府や、表裏支配中枢は、進化しなくなり、

黒船に、武家の木船で立ち向かうような、阿呆な取り組みをやめない。

かつて、日清戦争では、おなじように堕落した清王朝を撃破したが、
まさに今、逆にやられそうな気配である。

日本は後、2年も持つのだろうか。1年半がいいところかもしれない。

世界帝国主義資本主義は、壊れるはずがないと思い込みされていても、
昨年にとうとう壊れた。

ありえないことが連続する中で、
日本がいままでどおり安泰、になるとは思いがたい。

 ◇

肝炎かもしれんような
付随的に腎機能もやばいような
言い出すときりがないくらいあちこちの病態は悪化している

負けるというか、
こりゃ死ぬかもな、

そういう事態になっている。各内臓周辺がひりひりして、めがみえづらいとか、吐き気がするとか、日常茶飯事になった。

だがそこでむしろ、腹が据わる面もあって、

そうで死ぬなら、とことん上の連中と、とことんケンカすっか、ともなる。

最悪、命を引き替えに、巨悪全員を道連れに死なせてやればいいのだから。


http://gendai.net/?td=20090128
無責任政党、自民党 いよいよご臨終
     支持率1ケタ突入目前の死にかけた首相が、

 きょう28日の国会で施政方針演説をいたすというのだからお笑いだ。中身もたいしたことない。義父で「暗愚の帝王」といわれた鈴木善幸元首相に次ぐ短さだ。
 「新しい秩序創り」だの「安心と活力ある社会」などの文言を盛り込むというが、あのダミ声で中身カラッポな演説を聞かされてもたまらない。

 国民にまるで支持されていない首相をいつまでも辞めさせないでいる
 自公与党の国会議員は、

 この政権と心中する気か。こんな無責任政党はいよいよ
 ご臨終の身と覚悟したほうが賢明だ。

なんかねえ

こういう、おれを敵視して半殺しにしてくる総理と、
運命共同体にされ続けては、
たまったもんではない。

下野、離党、にあたる処遇をお願いしたいね。

おれ自身は野党ひいきで改革派だというのにな。へんな生き死に運命だけ、歴代総理とつながれてしまって、困っている。


http://www.zakzak.co.jp/top/200901/t2009012839_all.html
自民がウルトラC!? 民主恐れる“小池百合子総裁”
「伸晃首相」も浮上の可能性

( ゚д゚)ポカーン
(゚Д゚)ハァ?

http://netplus.nikkei.co.jp/forum/academy/t_70/e_1384.php
竹中氏とおれで勧めた「ドラマチック総裁選」すら、まともに演出も用意も実行も出来ず
「きさまらのプランのせいで、うまくいかなかったじゃないか」(ドラえもんの道具のせいで)

と、おっかない連中をよこして脅してきた


自民党だけあって、アホウですな、やりかたが。

あの件で、小池さんは懲りてしまって「もう、こういうのにはおつきあいしたくない」と報道で発言をしていた。その時点でなかば見限られている。
いまさら、三振法も無視して、4振しようと、本気で思っているのか。

与党の頭脳も、そこまで退化したのか。悲しいことだ。ドラマ総裁選前後から、あの組織のブランディング力の欠如にはあきれていたが。

どんどん、若き才能に見限られている。
頭脳流出は止まらず、イエスマン煽り団扇混成軍、組織空洞化独裁者化が止まらない。

もうしらん。勝手にやれ。

次の衆院選の前に、いかなる政党の総裁選もない。それだけは確信を持っている。

こればっかりは、頭脳の実力勝負、
いっくらやくざとハイエナ役人に圧力で攻撃させ、暗殺までさせたって、かなうわけではない。

最後は暴力、80年代のアメリカ軍国主義みたいな与党には、
民の迷惑顧みず籠城して生き残る以外に、無意味な勝ち負けにこだわる以外に、道は無かろう。

離党させてください。
下野したいです。
縁を切らせてくれ。


/29

朝刊配達の帰り際を待ち伏せていた

YC腰越の

イタバシ(臨時配達パート 裏社会系末端)
ワタナベ(近所で酒屋営業ほか 警察系か裏社会系の末端)

いずれも、ロクデナシ、小悪人、みるからに、そして中身も。

「もうちょっとだな」
「給料立替ででていきゃいいんだ」
「あのやろう、なんか物騒なことが起きるとか、おもわないのかねえ」

当然、怒りは頂点に達した。あとは閲覧者の想像に任せる。


おれは、命を軽んじるやつが大嫌いだ。

そういう奴らから最優先で、
財産を接収し、
身分を剥奪し、
路頭に放り投げる、そういう政治をするだろう。

・自分の組織の一味が、人殺しをしているとわかっていて
・どうなってもしらねえぞ、月夜ばかりじゃねえぞ、などと脅す

殺人工作に慣れてしまった連中を、おれは決して許さない。


悪党が、カネを持ちすぎた。
そこへ人数が集まり、
社会影響力を深めてしまった。

世界中からカネが干されているのは、いい機会だ。

悪党からも、カネが引いてく。
ガザに戦争しかけてるどころじゃなくなる。
人殺しのために派手に税金やガソリン代や、使ってる余裕はなくなる。

あんなろくでもない連中に、

家族ふたりが殺されれば、
おのが人生さえ潰されれば、
誰でも、
鬼になる。そうやってテロリストになる人間は後を絶たない。

おれはきょう、「殺人や傷害をにおわす脅迫」を受けたに等しい。

そういう連中を逆に、容赦しないという選択肢もまた、ある。


イタバシ、ワタナベ、ササキ、コジマ、ノザキ、
名前を挙げるよりも「大多数」というほうが適切。

YC腰越は、フロント企業に近い。
社員で固まっていると言うより、パートで群れてきている混成という形態。

そして寮になっているマリンコーポ鎌倉の、おれんとこの真下の住人もグル、
大工で、創価創価とやかましく
有害電磁波をこちらに照射し続けている、殺人未遂犯。

殺人未遂犯が、うようよしているのが、今の日本だ。

これらが、地域という規模で徒党を組んで、襲いかかってくる。
ストーカー
うろついたり阻んだり、脅したりにらんだり。


政治と経済を徹底してぶっ壊す中で、
財力を奪う中で、
特に巨悪の力を奪っていかないと、

手遅れになる。あらゆる意味で。

伸びすぎて社会を私物化、迷走させ、著しい巨悪。端的には。

  ◇

だいたい、いいかげんに、オカルトに一喜一憂するのはやめた方がいい。

王だろうが
神だろうが、

悪いやつは、悪い。

天候や地震などを脅迫の手段にしてくる、そういうのを
「テロリスト」
というが、
悪質なテロリストは、いちいちまともにつきあっていてもらちがあかない。

神や王には逆らえないなどと、タタリじゃーとひれふすからむしろ、
運命魔術テロの、乱用を招くのでは。

日々
「あんたが逆らうから、雨だね」
「ようあんちゃん、明日雨だなあニヤニヤ」

責められたり、
自慢されたり。

どのみち、人類ごときが、
神業を使って
制御しきれなければ、
律しきれなければ、

滅亡するだけだ。

過ぎたテクノロジーには違いない。封印すべき性質であろう。

今月に入っても、変に雨が降る。「空気乾燥には恵みの雨ですが、チョット降りすぎ・・・ weathernews.jp
昨年11月には台風よりヒドイ暴風雨低気圧が関東上陸。

「制御できていない」
「感情のまま、暴走させている」

危険な兆候だ。悪魔に憑かれるままに、暴走している連中がいる。

どこか、調律の取れた天候が多かった10年前以前と違い今や、不安定で、自分勝手な天候が増えた。
震災も津波も、火災も凶悪犯罪も、悪党冥利の展開、頻度、ばかり増えている。

・・・とにかく、テロルにあんまりかまってはいけないと思う。

「あんたのせいで報復テロされた」なんてのも結局は、テロリストの宣伝を引き受けてるようなもんだ。
だから、自分らが起こしたテロを自慢するような悪党が現れる。


壊れてきた、この世の中。世界。

たぶん、救う方法はない。
一気に人類滅亡、なんてことにはならんだろうけど、

過ぎたテクノロジーを過信し、乱用しているからには
あちこちをチョコチョコと壊してしまい、取り返しが付かない環境にして、

つまりは軍事や環境汚染が引き起こしてきたのと同じ経緯で、
今度はかなり深刻な事態を引き起こしていくのだろう。

神業、魔術は、人類をキチガイだらけにする。
おかしなことばかりやる。
おかしなことばかり言い、信じる。

すでに様々な面で狂い始めた人類。

正気は戦争を止める。
狂気が争いやデメリットをどんどん肯定していく。

正気は善良の神々が支える。平和維持が原則だから。
狂気は悪魔や邪神が追い風を吹かす。滅亡や荒廃が原則だから。


だがおれは、
テロにはテロで、
復讐法で、

あたる。

ただ、相手とは、やり方が違うだけだ。

連中は、追い込みと、殺しの、プロでしかない。
おれは、もっとマルチだ。しかも国家国際の最上層と通じ合える。同時に社会底辺の被迫害の人々の現場を知っている。

ただの殺人魔と
人道を含めた多彩な鬼と、

どちらが支持されるか。
どちらが、より多くの、人に誇れる、成果を出すか。

クールビズも
任天堂DSも

おれが発案したものだ。

悪党しかやれない連中には、逆立ちしてもかなわない。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20090127/184058/
人を育てない組織は必ず復讐される

もらい逃げはダメ。

口うるさい人間のおかげで支えられ、潰れなかった日本なのに
その人に感謝できない、むしろ危害を加える、だから滅亡要因が後を絶たない。因果応報す。

15年前、年寄りはかいがいしかったし、中年は世話好きだった。
苦労人の新聞屋の兄さんには、めしをおごり、のみにさそい、すしやはすしをふるまった。人生相談を受けていたのはヤクザであった。

いま、人殺しと、見捨て人しかいない。目をそらすか、命を奪うか。

ネット掲示板も、カルト政治団体とカルト宗教が占拠してしまい、
報道もそれにはりあうようになり、
やっつける、たたきのめす、ばかりが横行している。

やさしさは、消えた。
正気が消えて、狂気が蔓延した。

小説の世界でも、
現実の史実でも、

それを破滅、滅亡の兆候という。

最近だと、十二国記でも読んだらいい。


ブログから転載。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20090127/184058/?P=3

 「最近、
 会社の若い子が育っていないな、
 どうも外部の人間にまかせておけばいいと考えているんじゃないか」と思うことがあるんです。特に、大きな会社で。

 大きな会社では、社内の人間が該当部門の仕事を把握していないにもかかわらず、なんとか回っていってしまう、
 というケースがあります。

 それは、外部の人が人知れずフォローをしてしまうから。

 お互いに助け合うということであれば、
 会社同士でも、個人と会社間でも、関係として正しいと思うんですけれども、

 もし社内の人材が育っていないた めに外部の人にフォローをしてもらっていて、

 会社側がそのことを自覚してなかったとしたら……。自覚してないことは問題でしょうという。


「あんな小僧が、任天堂DSやクールビズを発案し、小泉改革やオバマ政権に参画しているはずがねえ」
「はったりだ、はったり」

としか見てない連中が、襲いかかってくることが大半であるのは承知している。

キアヌがでてる映画や、
近年のスピルバーグ映画やディズニーピクサー映画は
大半がおれのシナリオやプロットがベースなんですがな。

おれ大盤振る舞いだから。おもしろい相手には。

こないだは、FIカブの欠陥で怒鳴り込んだから、ホンダは、HMJは、気づいたよ。
すこしは気づかせないと、ナメられっぱなしになる。

   ◇


神も、疑う対象となった。

神という管理者の、オペレーションが、極端に、劣化してきた。

本当に、神と呼べるレベルなのか???

スーパーへ出かける。
大量動員で、尾行待ち伏せが居る。

よくよく、「気配を観察」すると、
敵性、殺意、つまり「相手にナイフを突きつけるような」気配を放つ、周囲と違う人間がいる。
歩行順路も、買う挙動も、不自然である。

帰る。
いかにもああいう連中が気に入らなそうな限度を繰り返すと、
タオルが何枚も落っこちてお湯がかかって、乾かす手間が増える。

配達中だと、いきなりシフトミスしてものすごい音にびびるとか、
いきなり目が回ってきて、快調でハイペースだった配達が、呪われたように鈍重になり転倒やミスが急増する。

「呪い」「制裁」だけが、ウリの、神って・・・・

よほど低レベルの、世の中をまやかす、低級霊なのでは??????

だまされているのでは。
加害者になってる連中も、世の中全体も。

高潔な、善良な、ハイクラスの、いわゆる神っぽくは、ぜんぜんないぞ???


神だからこそ、疑う。

政府や王や大臣だからこそ、という「基本」は、神とて例外では
ない、なくなった。


ああいう連中と気配を同じくすると、
自分も気づけばギスギスして、
他人を争うことばかり夢中になっている。

高潔な魂が、汚染され、低められている。

そういうのは、ともすると「悪魔」

悪魔が仏や神を名乗っても、人間には見えませんから。

でも、「成果 所業」は、イイワケがきかない。

それらを見る限り、悪魔だよな。低級霊でなかったら。

だまされてる。多数の人々が。そういう危機感が、再燃した。


きょうの読売夕刊は、案の定、
その低級霊、悪魔、のたぐいによる、嫌がらせを満載。
当然、人間側の子分がやってるのだけど。

一面には「死刑執行」
見出しには「ネコにも徳」なんのことかと記事見れば「黒猫が死んだ」とかいう縁起でもない記事。

不幸、不吉ばかり振りまく、疫病神。低級霊。地縛霊がよくやる手口。

/30

・やたら謝罪を迫る
・やたら、ひとつの信仰対象を強要する

政治と宗教カルトに目立つ。

そういうのが近寄ってきたら、スルーしている。まず、一種の悪だから。

旧態陳腐から、マフィア化まで、悪は様々だ。


どーーーーーー見たって、
今、そして今後の時代は、
そのような、神仏や王大臣を崇拝するような、マヌケな時代ではない。

農民がヘヘーと土下座し、稲育ててればいい時代じゃない。
単純じゃなく、複雑だ。
無能無知ではなく、インテリジェンスだ。とっても難しい時代で、頭をよく使う。制限がとても困る。

ひとつとところに近視眼、視野狭窄になってしまい、発想をプアにしたら、

負けるのだ。隣人に、国外ライバルに。

「グローバル時代=国際むら社会」

いわば「国際戦国時代」とも言える。

おらがむら安泰の、日本米国の方式はもう、時代遅れになった。
国境や絶海では守れない。
絶大さだけでも守れない。

事実をねじふせて
王大臣および神仏や親分などへの服従崇拝を強制するなら、
北朝鮮を笑えないような貧相な没落を転げ落ちていくだけ。

北朝鮮とイスラエルは、軍事で存在感誇示する点が似ている。
これもまた、脱軍事の時代にあっては、鼻つまみである。
オバマ政権の提唱する、ソフトパワー、スマートパワー・・・・経済外交などミックスした総合対応が、次代だ。
世界大戦など、迷惑なだけで、どこか遠くでやっててほしくて、無駄ばかりなのだ。


20世紀脳の、
旧態依然の支配や暴力の連中が

http://netplus.nikkei.co.jp/ssbiz/techno/tec090129.html
 ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)という技術をご存じだろうか。考えるだけ、思うだけで機械の操作を可能にする技術だ。

 例えば、自分がイメージする通りに動くロボット。
 それはアニメの世界で言えば、手足で操縦するモビルスーツ(機動戦士ガンダム)ではなく、
 エヴァ(新世紀エヴァンゲリオン)に近い世界だ。これをまじめに構想している研究者がいる。

 京都府南部の「けいはんな研究学園都市」にあるATR脳情報研究所の研究グループは、

こういうテクノロジーを使うと、
・一方的に操ってしまえ
・一方的に監視してしまえ

という、恐怖恐怖の蹂躙政治支配をやってしまう。

老世代に、政府筋に、裏社会に、渡してはいけないテクノロジー。

今後はそういう「人類滅亡 取り返しの付かない」
オーバーテクノロジーが、出てくることだろう。
原発どころじゃない、危ないテクノロジーが。

インテリジェンス主導でしか、守りきれない。


すでに初歩は、初動は、

政府筋、裏社会筋の、腹黒い、
軍事的
謀略的、

影でこそこそ導入して、国民を操ってしまえ、ということでスタートしている。

24日分に引用したもの。
http://asyura.com/sora/bd13/msg/606.html
>私は3年前まで、某大学(名前は言えません)で、その様な装置の基礎研究に携わっていました。
>研究費は公安や防衛庁(米軍からかも)から文部省の科研費の名目で流れてきたので、かなり贅沢に研究出来ました。
>しかしその反面、学会での発表や口外が禁じられていました。
>ここに、書き込むのは、多くの人が現実を知った方が良いのではと思うからです。

>心を読みとる装置の事ですが、正確には「ある時点での純粋な」精神状態を読み取る装置では無く、
>強制的に特殊な心理状態を作り上げ、その反応からその人の思考をモニタに写像するものです。

すでに、電波やテレパシーで国民は、操られている。

おれは、その手の謀略、追い込み活動の、長年の被害者だから。実地でよーーく知っている。
テレパシーを悪用する、頭の悪そうな末端の悪党。
組織が、「支給」している。スキル啓発によって、使えるようにしている。

それは「汚染 伝染」である。悪しき伝染病が、
大衆を狂わせ、
悪魔の手下、化身、みたいに、暴れ出したり、悪態をつきまくったりして、

右翼やくざや、与党の追っ手の代わりに、間接暴力をふるう。陰謀の徒は、影でコソコソ見物しているだけ。一般人が兵隊なのだ。かならず誰かがニヤニヤして立っている。

それは「狂人」としかいいようがない。
ふつうに、街で見かける光景なのだ。

そしてそれを、当人は自覚すら出来ない。頭がパニックしたり、思考停止するよう、加害者側に都合よい仕様になっているから。

魂が霊界と通じてしまい、悪魔によって人間社会が破壊され、壊滅する、危険性をはらむ、そういう時代になってしまった。

霊が絡む以上、オカルトが科学化したのだ。もはや霊的事象を絵空事には出来ない。


技術は、人を向上させるとは限らない。

技術は、人を狂わせ、人を困らせ、人を滅ぼす。

 ◇

読売新聞YC腰越

きょうもやってくれました。

また、
・おれが配達した新聞を、あとで盗み取って「入ってないって電話が来たぞ」と白々しく言う

嫌がらせが再開された。

・やけに急いでたたみかけるように「とにかくおまえが悪いんだ首にするぞとっととあやまれ」などとまくし立てるノザキ
・こちらに落ち度がないと、ひどく疲れさせたり、気を失わさせるなど、足を引っ張りまくってでも、ミスを誘発する「自作自演 ミスがないなら、作ればいい」
・交番に通報したことを教えると「人は表ではいい顔して網羅じゃ何をやっているかわからん」など、裏社会の概念を説くコジマ

ひどいもんだ。そしてこの真下の住人もその一味か。地域の悪党どもがつるんでいる。

ノザキ、
・「ところで、眠れてるのか」
眠れてるわけがねえ、という確信の態度。

そりゃ、毎日毎日、おれの部屋へ向けて、
神経が興奮して参るような
伴って内臓がやられるような

「有害電磁波(脳信号と同じ)」

を、しつこくしつっこく、浴びせてくる張本人の、ひとりだろうから。

おれが「いやそんなことないですよ」と言えば
怪訝な顔、残念そうな顔。

こうした小悪党が悪さをやめず
そういう連中を、与党はじめ政財界が仕掛けてくるようでは

そのみち、この日本を始め、世界中にロクな未来はやってこない。

なぜなら、オレがシラけて、見放し、世の中を関わるまいとする。
おれひとりがそうなら、もっと無数の人間がそうなる。
身構え、用心して金は使わず、社会や会社への貢献を控える。
いざというときは逃げるような用意ばかりする。

空洞化。無能化。そして雪崩。

理解しろとは言わない。
誰にも強制しない。ただ書いてるだけだ。



新聞屋が、
新聞が届くのを阻害してまで、
新聞が届いてないというTELを心待ちにする

いかに、政争がらみだとはいえ・・・・

総理が国家を滅ぼそうと躍起になるような・・・・
まだ、どこぞの親分や教祖が、ひたすら慈善と奉仕だけに尽くす方が、キモイけど、有益だが・・・・

連中が、あの姿、振る舞いこそが、

日本を、停滞させ、足を引っ張り、暗くしている張本人達だ。

「誰もおまえの言うことなんか聞かない」
「ああしろこうしろ言っても、皆が従うわけがない」

そりゃそうだけど。
でも、やはり、「ワガママさんが増えすぎた」
「まるで幼稚園児みたいなケンカや争いの中身が増えた」

それをイイワケにして、
なにひとつカイゼンしないで済まそうというのなら、

やはりこの日本国も、そして世界各国も、座して滅びを待つのだろう。

その後、新規勃興があるのか、北斗の拳みたいに荒れ果てた荒野になるのかは、わからん。




/31


YC腰越

何度も何度も、同じことを同じ人間に聞いたり(猿芝居)
何日も続けて、部数をわざと間違えて手渡してきて、間違い探しをさせたり

わざわざ交番の隣の家の、おれが配った新聞を盗んできて騒ぎにしたり、
転送の新聞の束に、わざと一部多く入れて困らせたり、

人をおちょくりつつ、深刻なダメージを与えてもくる、

最低最悪の、
悪魔に憑かれた、

連中のやること。

教育などとだまして、嫌がらせを正当化する。
昇進のためなどとだまして、何年も十何年もただ働き、奴隷同然、隙を見せると罪をかぶせられて抹殺されかねない。

マフィアにしても、悪魔憑きのやることは、ほんとうに悪魔である。

へたすると、世界を滅ぼしかねない。
簡単に国家社会さえ荒廃させる。


ブログより転載

ちゅうか
今朝の雨はひどかった。殴る横風、大雨。
まるで梅雨のようななまったかいダラダラとした、調律の感じられない因果の流れ。

「神に見放された世界」

そう思えた。
だから、いわゆる空気、霊的なそこには、邪霊、悪意の塊(権化)が渦巻いている。神側が牽制していない。

政界を見ろ、与野党の争いは相変わらずだけど、ついに自民党内部で抗争勃発だ。

おかげでいつまでも経済や社会暮らしの、未来方向性は定まらず、
あーだ、
いやこーだ、おまえらは違う、
などと
まとまらない
あらそってばかり

そこには神の統制がないのだ。追い風もこない。
だから、サルじみた頭脳レベルの低い愚者だけが、無限ループの消耗戦を繰り広げている。

 ◇

ブログより転載

高慢ちきだが仕事はたいしたことない(官僚根性)
免許保有なのに、無免許の素人に負ける(二級整備士なのにドレンボルトつけわすれ始動して焼き付かせる、とか)

「運命を操るのは、公職、免許制なのである」などと、荒唐無稽の主張を、しかも正々堂々ではなく影からコソコソしてくる連中が居る。
公式なら、堂々とすればいいのに。

転載した部分のように「免許だかなんか知らんが、だめなもんはだめ、成果重視、スキル重視でいいじゃん」
などと発言すると、翌日とかには

「フグ毒で中毒 無免許調理師」

などという報道が流れる。

・敵視した相手に、罪を犯させようとする
・敵視した相手に、罪がなければ、ねつ造してでも、挑発してでも

そういう連中であるから、

運命を操って、フグ毒に当たって大変な思いをした人々のことは、いっさい考えていないようだ。
フグ毒の事件を知って、おれが憤慨や不愉快に陥るのが、たのしいとか、せいせいしたとか、そんな程度だ。あいつらは。

運命を操る人間や組織に、ロクなやつはいない。

経験から確信している。


http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090131/acd0901311301005-n2.htm
 なぜ陰陽師としての晴明の能力が評価されたのか。

 当時は鬼神の存在が信じられ、

 天災や疫病はたたりであり、
 政敵を失脚させるために呪いの儀式が行われていた。

これ、現代でも顕在だから。

むしろオカルトとかいってキワモノになってるぶん、羽根伸ばしているから。

科学技術とミックスして、行使してくるから。電気機器とか電磁波とか無線とか。

神様だから、大丈夫だあ、絶対間違いはねえ、なんて盲信すると
悪い陰謀に加担してしまうことも、あるかも。

なまじ魔術だけに、不変で、長続き、いわば恒久的な公共事業、みたいになり。
おごっている使い手は多い。

むしろこうしたオカルトも、透明化、表面化、法制化、必要になってくるだろう。
サイレントメビウスみたいな。


夕刻、買い物へ。
711のATMに寄れば、ワルガキどもがそこを占拠して待ち伏せ
スーパーも似たような感じ。凶悪な気配で目が回る。

最近、毎日新聞のバイクと鉢合わせるように、やたらと仕組まれる。
なんの意図か。

鎌倉へ来てからだいぶ、頭脳無効化工作をやられた。冴えが鈍っている。
日々、自宅へ撃ち込まれる、プレッシャー、有害電磁波照射(洗脳効果、脳神経麻痺効果、内臓疲労など)
YC腰越の連中も、「だいぶ参ってきたねー」などと揶揄してくることがあったくらいだ。
地域ぐるみの、秘密警察的、裏社会的、暗殺、無力化工作。


救えるのか、こんな日本を。

悪魔に、妖怪に、飲まれてしまった、世の中。
人命を軽んじ平気で奪うような、しかし自分の暮らしや財産などは何一つ失わずに済ますような、
「魔化」
人間の皮を被った悪魔。魂は半ば悪魔と一体。

無理だろう、という前提で、しかし努力はしている。



疲れ切った心身
目を付けられ追い込まれ、がんじがらめの身分

救いがねえな、死ぬまでダラダラとなんの進展も向上もなく
ただ底辺のフリーターとして生きるだけ。ああつまらん。

中年以降もフリーターだ。生き抜ければの話だが。たぶんどっかで大病するか倒れるかで、自害するしか無くなる。

なんせ政権だの官庁だのヤクザ右翼だの、方々に目を付けられ、面が割れてる、
こんな狭い日本じゃ、もうどうにもならん。

ただ、殺されてないだけだ。
生ける屍、しかも段々弱らされていく。
毎日毎日、パブロフの犬みたいに定期的に、有害電磁波を浴びせられる。ゴロツキどもを相手に殺気プレッシャーのケンカをさせられる。
これが何十年でも続くんだ。

なぜ確信できるか。
ほぼ幼少より、親父が同じように目を付けられていて、家族ごと、同じ弾圧の被害に遭っていたからだ。
なんで10歳でいきなりマイナーな大病で死にそうになるのかわからなかったが、
14歳と27歳で若くして弟が暗殺され、
おれも半殺しの目に遭う日々で、

この日本がそういう国であると、よーーーーーーーくわかってしまった。

おれは1983にはもう暗殺未遂を受けたのだった。
だから親父はほぼ毎年、交通事故でクリティカルな状態になってた。

平和ボケ生活の常人には信じられまいが、
”そういう業界”の連中には納得であろう。


あと20年だか30年のフリーターか。やってらんねーな、

やっぱ日本なんて津波に押し流されて、
おれの人生を潰してくれやがった全員を押し流し、そういう巨悪の系統はぜんぶ壊滅し、

別のナントカ共和国としてリスタートしねえかな。







top/最上/】
(未完)