会員紹介

  • 会員数は、2018年6月9日現在 会員数96名です。
  •   会員名簿はA-Z順で並んでいます。
  •   会員のメールアドレスはすべて●を@に変えてください。

  •     ■会員の著書紹介はこちら

  •  A-E | F-L | M-S | T-Z 

  • 松田 茶茶(まつだ ちゃちゃ)
    所属 関西保育福祉専門学校(専任講師)
    専攻分野 発達心理学、健康心理学、死生学[博士(人間文化学)、2009年、神戸学院大学]
    著書 「死の不安」の心理学 青年期の特徴と課題(ナカニシヤ出版、2012)
    現在の研究関心 「死への不安」、「精神的・身体的健康」、「宗教的意識」の連環性
    ウェブサイト
    e-mail
    趣味 買い物 散歩 料理 ジャズ鑑賞
    ひとこと まだまだ何も出来ない新参者ですが、皆様に名前だけでも覚えて頂ければ幸いです。
    松本 泰典(まつもと やすのり)
    所属 学校法人幸福の科学学園
    専攻分野 文化人類学、宗教社会学[MA Social Anthropology、1989年、University of London、School of Oriental and African Studies.]
    著書
    現在の研究関心 宗教社会学、入信研究、幸福学
    ウェブサイト
    e-mail ymatsumoto●happy-science.org
    趣味 ボルダリング
    ひとこと 回心研究・入信研究の方面で、宗教心理学に興味があります。よろしくお願いいたします。
    松島 公望(まつしま こうぼう) ◆本研究会事務局・ML担当
    所属 東京大学大学院総合文化研究科助教
    専攻分野 宗教心理学, 発達心理学, 教育心理学 [博士(教育学), 2007年, 東京学芸大学]
    著書 『ようこそ!青年心理学』(共編著,2009年,ナカニシヤ出版)
    『宗教性の発達心理学』(単著,2011年,ナカニシヤ出版)
    『宗教心理学概論』(共編著,2011年,ナカニシヤ出版)
    『宗教を心理学する』(共編著,2016年,誠信書房)
    現在の研究関心 1) キリスト教会に通う日本人の宗教性発達
    2) 日本人の宗教性と精神的健康との関連
    3) 日本人の宗教性とアイデンティティとの関連
    4) 無宗教を自認する日本人の豊かな宗教性の探究
    ウェブサイト
    e-mail psychology-religion●office.so-net.ne.jp
    趣味 散歩(いろいろと考えたい時はたくさん歩きます)
    ひとこと 研究会を通して、多くのものを学んでいきたいと思います。また、この研究会を機に、宗教心理学に関心がある方との交流を広げることができればとも思っています。
    松下 弓月(まつした ゆづき)
    所属 東京大学大学院教育学部研究科臨床心理学コース
    専攻分野 臨床心理学
    著書 共著『小さな心から抜け出す お坊さんの1日1分説法』(永岡書店)
    『お坊さんはなぜ夜お寺を抜け出すのか』(現代書館)など。
    現在の研究関心 寺院でのグリーフケア、カウンセリングのプロセス、質的研究法
    ウェブサイト http://yuzukimatsushita.net
    e-mail yuzuki.m●gmail.com
    趣味 映画鑑賞、甘味と珈琲、Jリーグ観戦
    ひとこと 臨床現場に関わることの増えてきた僧侶が、より良い形で活動できるような研究・臨床実践を目指しています。
    森 真弓(もり まゆみ)
    所属 東京臨床心理士会、東京神学大学非常勤講師
    専攻分野 発達心理学、臨床心理学
    (宗教心理学も自分のメジャーに加えられるように学びたいと思っています)
    著書
    現在の研究関心 対象関係論とキリスト教
    ウェブサイト
    e-mail mamisan●kym.biglobe.ne.jp
    趣味
    ひとこと 数個の職場をバタバタしつつ、親の介護に行き帰りもしつつ、自分の老いにもハラハラしつつ、の毎日です。研究活動からは後退してしまっていますが、心にはいつもこの会を置いて、キラキラ、アツアツの眼差しで今は皆様のご活躍に注目しています。
    森本真由美(もりもと まゆみ)
    所属 白百合女子大学大学院 博士課程 発達心理学専攻
    専攻分野 社会学修士(明治学院大学大学院) 感情労働と心理学的マネジメント
    経営学修士(法政大学大学院) 中心市街地活性化とコミュニティ感覚
    心理学修士(目白大学大学院) カトリック信者の宗教性発達過程に関する検討
    著書 ファッションVMD講座 商業界
    よくわかる色とディスプレイの本(共著) 商業界
    現在の研究関心 宗教心理学(祈りの宗教性、宗教的社会化)、宗教多元主義
    職業アイデンティティ、組織開発・人材育成
    ウェブサイト
    e-mail stmarieluc●aol.com
    趣味 犬ぞり(毎年、アラスカに滞在)、ピレネー山脈のトレッキング
    オクトーバーフェストに参加すること、古典絵画制作
    ひとこと 宗教性発達過程の中で祈りに関しての研究に取り組んでいます(祈りの類型、巡礼、受難劇などについて)
    普段はファッションビジネスのコンサルタントとして企業のコンサルティングや短大・大学でも色彩論、販売論の講義を担当しております
    森岡 正芳(もりおか まさよし)
    所属 立命館大学総合心理学部
    専攻分野 臨床心理学 [博士(教育学), 2000年, 京都大学]
    著書 『物語としての面接―ミメーシスと自己の変容』(新曜社, 2002年)
    『こころの生態学―臨床人間科学のすすめ』(朱鷺書房, 1995年)
    『宗教心理の探求』(島薗進・西平直編 東京大学出版会, 2001年)
    現在の研究関心 ナラティヴ(物語・語り)アプローチによって様々な心理療法をつなぎ、統合する。
    癒し、セラピーに関わる文化に固有の資源の掘り起こし。その実践的応用。
    ウェブサイト
    e-mail mmt21306●pl.ritsumei.ac.jp
    趣味 古本あさりに音楽鑑賞 能楽を少々 古道歩き
    ひとこと 心理学会で宗教の研究や議論ができること、時代の大きな変化を感じます。関連領域も幅広いので、心理学の様々な研究手法と実践を広げていける可能性もあります。今後楽しみです。
    森定 美也子(もりさだみやこ)
    所属 和歌山信愛女子短期大学 保育科 准教授
    専攻分野 発達心理学・臨床心理学
    著書 『移行対象の臨床的展開』(井原成男編著, 岩崎学術出版社, 2006年)共著
    現在の研究関心 老年期の慰める存在 ターミナルケア
    ウェブサイト
    e-mail
    趣味 アロマセラピー、お香
    ひとこと 哲学科出身なので、宗教心理学には以前から関心がありました。
    よろしくお願いします。
    長倉 崇宣(ながくら たかのり)
    所属 キリスト教放送局 日本FEBC
    専攻分野 都市社会学、高齢社会論 [修士, 2004年, 東京都立大学]
    著書
    現在の研究関心 下位文化集団としての宗教団体の変動、少子社会における宗教団体の婚姻戦略、「霊性」について、「生きがい」という言葉の使われ方の知識社会学的考察、等々。
    ウェブサイト
    e-mail takfebc1566●gmail.com
    趣味 古本屋めぐり、散歩、読書(宮元常一が好きです)
    ひとこと アカデミックな世界の外の人間ですが、皆様とのお交わりから多くを学べたらと思っております。宜しくお願いいたします。
    永野 将司(ながの まさし)
    所属 WCRP(世界宗教者平和会議)
    専攻分野 国際協力学 修士
    (文化人類学・イスラム学・宗教間対話)
    著書
    現在の研究関心 イスラム研究・宗教間対話 など
    ウェブサイト
    e-mail nasser_nagano●yahoo.co.jp
    趣味
    ひとこと 日本人ムスリムとして様々な研究を行いたいです。
    長岡 岳澄(ながおか がくちょう)
    所属 龍谷大学大学院文学研究科(研究生・非常勤講師)
    専攻分野 真宗学
    著書
    現在の研究関心 浄土真宗における宗教心理を中心に研究を進めています。
    ウェブサイト
    e-mail paratantra2002●ybb.ne.jp
    趣味 テニス・卓球・スカッシュ等、ラケットを使う球技
    ひとこと 浄土真宗本願寺派伝道研究センターに所属しており、浄土真宗における宗教心理・社会を中心に研究を進めています。なかなか進まないのですが、習俗と教義の関係、真宗の宗教体系を説明できる枠組みを構築できれば、と思っています。よろしくお願いします。
    中尾 将大(なかお まさひろ)
    所属 大阪大谷大学人間社会学部 人間社会学科(非常勤講師)
    専攻分野 学習心理学 生理心理学 行動科学 [博士(学術), 2007年, 広島大学]
    著書 『宗教を心理学する』(共著,2016年,誠信書房)
    『仏教と心理学の接点−浄土心理学の提唱−』(共著,2016年,法蔵館)
    現在の研究関心 マインドフルネス瞑想と精神的健康との関連
    行動分析学に基づく教育法・学習法の開発
    ウェブサイト
    e-mail munakao●ares.eonet.ne.jp
    趣味 旅行(特に温泉)  料理を作ったり食べたりすること  水泳  スキー(腕前は平均以下)
    ひとこと 現在、関西地区勉強会の世話人をさせていただいております。
    多くの先生方にご参加いただき、学ばせていただきたいと
    願っております。宜しくお願い申し上げます。
    中里 和弘(なかざと かずひろ)
    所属 大阪大学大学院人間科学研究科
    臨床死生学・老年行動学研究分野 博士後期課程
    専攻分野 心理学・臨床死生学・老年行動学
    著書
    現在の研究関心 遺族心理 〔故人との絆の継続(continuing Bonds)が遺族の適応過程に及ぶ影響〕
    死別を対象としたセルフヘルプグループの役割と可能性
    ウェブサイト
    e-mail kazuhiro.n.1981●gmail.com
    趣味 映画鑑賞・テニス・散歩・動物が関連した場所(水族館や動物園、ペットショップetc)に行くのが好きです。
    ひとこと 私は死別について研究をしています。そして特に「故人(死者)と遺族(生者)の繋がり」を研究する中で、心理学/宗教学といった両視点から論じる必要性を感じています。
    今後、先生方の研究に学ばせて頂く中で、「宗教心理学が果たす意味」を自分自身に問うと共に、研究を深めて行きたいと思っています。
    西脇 良(にしわき りょう)
    所属 南山大学人文学部心理人間学科
    専攻分野 発達心理学 [博士(心理学), 2003年, 白百合女子大学]
    著書 『日本人の宗教的自然観』(単著, 2004年, ミネルヴァ書房)
    現在の研究関心 1)日本人の宗教的自然観
    2)子どもの生育環境における宗教
    ウェブサイト http://www.seto.nanzan-u.ac.jp/~rnishiwk/index.html
    e-mail rnishiwk●ps.nanzan-u.ac.jp
    趣味 リコーダー, ユーストアで買い物をする
    ひとこと
    大石 高典(おおいしたかのり)
    所属 京都大学こころの未来研究センター
    専攻分野 生態人類学(京都大学大学院理学研究科博士後期課程研究指導認定退学、2008年)
    著書 共著、『森棲みの社会誌』2010年京都大学学術出版会
    現在の研究関心 ミスティックな自然認識における宗教性と社会性
    ウェブサイト http://kokoro.kyoto-u.ac.jp/jp/staff/2009/06/post_23.html
    e-mail takanori●educ.kyoto-u.ac.jp
    趣味 うお釣り
    ひとこと 割り切れる世界と割り切れない世界のあわいにアプローチしてゆきたいです。
    岡林 俊希(おかばやし としき)
    所属 宗教法人 西念寺 住職
    専攻分野 龍谷大学大学院文学研究科真宗学専攻修士課程修了 H18年
    著書
    現在の研究関心 真宗教学史 真宗カウンセリング
    ウェブサイト
    e-mail toshiki●sainenji.main.jp
    趣味 対話的なグループに参加すること
    ひとこと 真宗と心理学をもっと近づけたいです。
    岡田 正彦(おかだ まさひこ)
    所属 栃木県立岡本台病院医務局社会復帰科
    専攻分野 精神保健福祉学
    宗教心理学 [文学修士, 1987年, 大正大学]
    著書 「スウェーデンボルグの世界観の宗教心理学的考察」 『人体科学』第41巻第1号 2005年
    「セルフヘルプグループとのコラボレーションの試み」(『人体科学』第15巻第1号所収)2006年
    『仏教社会福祉辞典』(日本仏教社会福祉学会編、共著)法蔵館 2006年
    『スウェーデンボルグを読み解く』(日本スウェーデンボルグ協会編、共著)春風社 2007年
    現在の研究関心 @スウェーデンボルグの世界観
    A病的経験と宗教的経験の諸相とその比較研究
    Bセルフヘルプグループとのコラボレーション
    ウェブサイト
    e-mail eva-01●j-wave.net
    趣味 @ボランティア  A献血
    ひとこと 故小野泰博先生に宗教心理学を学んだことを切っ掛けに、精神科領域に興味・関心を持つようになり、臨床の道を歩んでおります。
    臨床経験のみで、知力に欠けますが、御指導御鞭撻の程、何卒、宜敷くお願い申し上げます。
    岡村 宏美(おかむら ひろみ)
    所属 関西医科大学附属滝井病院精神神経科・ちかまつクリニック 臨床心理士
    専攻分野 臨床心理学
    著書 修士論文:「女性の自然観に関する心理学的研究ー自然の中の大いなる存在との出会いを通して」
    現在の研究関心
    ウェブサイト
    e-mail
    趣味 読書・散歩・ぼーっとすること
    ひとこと 現在は臨床現場で心理面接や心理検査をすることが多く、宗教心理学的な研究には手が回っておりませんが、この会で少しずつ勉強させていただいたり、皆様のお考えをお伺いしながら考えていきたいと思っております。よろしくお願いいたします。
    岡村 直樹(おかむら なおき)
    所属 東京基督教大学大学院(教授・神学研究科)
    専攻分野 宗教性の発達、グラウンデッドセオリーを用いた宗教研究、宗教教育[Ph.D., Claremont Graduate School of Theology]
    著書 ”Silent Among the Silent: A Phenomenological Study on the Spirituality of Elderly Japanese American Christian Women.” (単 UMI Publishing: Ann Arbor, Michigan. 2004.)
    現在の研究関心 グラウンデッドセオリーを用いたユースの宗教心の発達に関する研究、ユースの死生観・宗教観が自殺防止/自傷行為防止に果たす役割に関する研究
    ウェブサイト
    e-mail okamura●tci.ac.jp
    趣味 妻との世界遺産巡り、第二次世界大戦ヨーロッパ戦線関連資料の収集
    ひとこと 日本の宗教研究におけるグラウンデッドセオリーの更なる普及を祈りつつ、刑事ではありませんが「現場100回」を信条に研究しております。
    大村 哲夫(おおむら てつお)
    所属 東北大学大学院文学研究科.専門研究員
    専攻分野 宗教心理学,臨床心理学,臨床死生学.[博士(文学)東北大学].
    著書 『どう生きどう死ぬか-現場から考える死生学』 共著 2009年 弓箭書院.
    『在宅緩和医療・ケア入門』 共著 2009年 薬ゼミ情報教育センター
    現在の研究関心 臨死期の人が見る「死者のヴィジョン」についてなど.制度としての宗教より人が事象をどのように受けとめているか,それが心理的にどのような意味をもつかに関心があります.
    ウェブサイト
    e-mail fmtohmura●gmail.com
    keitetsu●sal.tohoku.ac.jp
    趣味 拳法のほかいろいろ.何でも面白がるほうだと思います.
    ひとこと 死にゆく人に関わる仕事(臨床心理士)もしていたため,人が自他の死をどう受けとめる,あるいは棚上げするのか,について考えています.どうぞよろしくお願いします.
    太田 俊明(おおた としあき)
    所属 西山浄土宗教学研究所
    専攻分野 仏教学[龍谷大学大学院文学研究科仏教学専攻 博士前期課程修了 1997年]
    著書
    現在の研究関心 仏教と心理学、心理療法の統合・接点・焦点化の試み
    ウェブサイト
    e-mail
    趣味
    ひとこと
    齋藤 耕二(さいとう こうじ)
    所属 東京学芸大学(名誉教授) 白百合女子大学(非常勤講師)
    専攻分野 青年心理学, 性格心理学 [教育学博士, 筑波大学]
    著書 (宗教に関するものはありません)
    現在の研究関心 1)信仰と性格形成
    2)青年期における宗教的発達
    ウェブサイト
    e-mail QGB00175●nifty.com
    趣味 CDを聴くこと(受難曲とグレゴリオ聖歌だけという偏った領域だけです)
    ひとこと  「なぜ信仰を持つのか」という問題に関心を持っています。よい示唆がありましたら教えて下さい。
    酒井 克也(さかい かつや)
    所属 アライアント国際大学/カリフォルニア臨床心理大学院 臨床心理学修士課程修了
    専攻分野 東洋哲学,臨床心理学
    東海大学文学部文明学科東アジア課程 文学学士(卒論テーマ「出雲信仰に見られる陰陽五行思想の影響」・2006)
    臨床心理学
    アライアント国際大学/カリフォルニア臨床心理大学院 MA(臨床心理学修士・2009)
    著書
    現在の研究関心 いわゆる「スピリチュアル」ブームの心理分析&ナラティヴ解析
    ウェブサイト
    e-mail sakai51039●outlook.jp
    趣味 鉄道旅行と神社の祭祀めぐり
    ひとこと 出雲大社の講社を運営しております。神道のスピリチュアリティーと宗教心理学の観点から博士論文を書きたいと切望しています。いろいろな情報を戴きたく存じます。
    作道 信介(さくみち しんすけ)
    所属 弘前大学人文学部
    専攻分野 社会心理学, 医療人類学
    著書
    現在の研究関心 1)アフリカの牧畜民の病気なおし・占い
    2)津軽地域の出稼ぎ
    3)強い指導者に率いられたあるキリスト教集団の展開
    ウェブサイト
    e-mail sakumici●cc.hirosaki-u.ac.jp
    趣味 水泳
    ひとこと 20年ぶりに再調査に教会に1週間ほど泊まり込みました。当時の若者たちが幹部として活躍し、たいへん協力的でした。ほんとうにうれしかった。12月、クリスマスにもう一度2週間ほどの調査を予定しています。久しぶりの信仰の世界でした。
    佐藤 壮広(さとう たけひろ)
    所属 恵泉女学園大学ほか(非常勤)
    専攻分野 宗教人類学、宗教的人間学
    著書
    現在の研究関心 シャーマンを中心とした宗教的職能者の世界認識。宗教と芸術の交差点。
    沖縄の精神文化の可能性。
    ウェブサイト http://blue.ap.teacup.com/bluesato/
    e-mail bluesato2005●yahoo.co.jp
    趣味 音楽活動、街歩き、おしゃべり、孤独
    ひとこと 「歌の人間学」と題して、自分詞作り&シャウトのワークショップをしています。ブルースのメロディとリズムに、あなたの詞をのせ、自分と世界を眺めなおしてみませんか。どこへでも、ギター片手に参上します。
    島薗 進(しまぞの すすむ)
    所属 東京大学大学院人文社会系研究科
    専攻分野 宗教学、宗教思想、「宗教と心理学」研究、スピリチュアリティ
    著書 『〈癒す知〉の系譜』(単著、吉川弘文館、2001年)
    『精神世界のゆくえ』(単著、秋山書店、2007年)
    『宗教学の名著30』(単著、筑摩書房、2007年)
    『スピリチュアリティの興隆』(単著、岩波書店、2008年)
    現在の研究関心 死生観研究、悲しみの思想と心理、新しいスピリチュアリティ、心理療法の歴史と宗教の関係
    ウェブサイト http://shimazono.spinavi.net/
    e-mail
    趣味 水泳とサッカー観戦
    ひとこと 宗教心理学の周辺をさまよっております。とくに心理学については、確かな知識も技術も不足していますが、どうぞよろしく。
    志茂田 誠諦(しもだ じょうたい)
    所属 東京福祉大学社会福祉学部
    専攻分野 社会心理学、日本文化論
    著書 『名城巡礼 −桜の城−』ぶんか社文庫
    『真実の江戸人物史』ぶんか社文庫 (共著)など
    現在の研究関心 日本人の宗教観(仏性論)
    日本人の死生観(日本文化のなかの生と死)
    仏教カウンセリング(内観など)
    城郭研究
    ウェブサイト
    e-mail arsim●nifty.com
    趣味 城郭探訪 音楽(合唱など)
    ひとこと
    徐 有珍(ソ・ユジン)
    所属 東京基督教大学大学院 神学研究科 博士後期課程
    専攻分野 宗教教育学
    著書
    現在の研究関心 ナラティブ・メソッドを用いた宗教教育
    ウェブサイト
    e-mail d14104●st.tci.ac.jp
    趣味 散歩、ドライブ、翻訳
    ひとこと 求める「心」を大切にする研究者になりたいと思います。
    須田 恭代(すだ やすよ)
    所属 NPO Spontaneous Healing Therapy Japan(内閣府公認)理事
    専攻分野 [1]卒業論文テーマ:Comparative Study of Aesthetic Factors between Indian Classical Music and Japanese Classical Music
    [2]学問領域:Department of Art, Faculty of Hindustani Classical Music
    [3]学位名・授与年・授与大学名:Master of Art (1998 ), Master of Philosophy (2001), Ph.D. at University of Delhi, India (2005)
    著書
    現在の研究関心 ヴェーダ哲学(不二一元論)と秀真伝にみられる共通真理
    プラーナ(気)臨床的効果の不二一元論的解明
    ウェブサイト http://blog.goo.ne.jp/teruyasu2012817
    e-mail spontaneous.healing.therapy●hotmail.co.jp
    趣味 シタール演奏
    ひとこと インドに15年おりました。メンタリティーはやっとインド人から日本人に戻って きたところです。母の介護をしながら、セラピーをしたり、講義をしたり、本の編集を手伝ったりして過ごしております。
    非営利団体として公認されたのが今年の7月半ば。
    まだ、歩き始めたばかりです。よろしくお願いいたします。
    末田 啓二(すえだけいじ)
    所属 神戸親和女子大学発達教育学部
    専攻分野 教育心理学 老年心理学
    著書 『教職のための教育心理学』(共編著, 学術図書出版社, 1983年)
    現在の研究関心 高齢者の伝承行為がQOL・well-beingに及ぼす効果
    高齢者と青年との世代間交流のプログラム開発
    ウェブサイト
    e-mail s_sueda63623●ybb.ne.jp (自宅)
    sueda●kobe-shinwa.ac.jp (勤務先)
    趣味 農作業、園芸、旅行、野球、その他
    ひとこと 宗教心理学は主観性と客観性、どちらに軸を置くかで目指す方向性や方法論が大きく異なってくる研究分野の1つと思います。人間性の本質に関わるゆえ、学際的でもあり、きわめて難しい学問ですね。
  •  A-E | F-L | M-S | T-Z