あいち健康の森公園の直近立寄日:2007.2

あいち健康の森公園へのアクセス
【最も簡単なコース】
 知多半島道路の大府東海ICをおり、国道155号線を東進、半月町1丁目東交差点を右折して、暫く進むと左手に「あいち健康の森公園」が見えます。
【一般道から来るコース】
 名古屋方面から県道50号線を南進、大府駅を越えて、国道155号線へ右折して、大府森岡交差点を左折するとあいち健康の森公園があります。
【抜け道情報】周辺道路は渋滞が激しいです。
 末尾の地図を参照してください。(名古屋方面から県道50号線を南進し、共栄町交差点を右折、県道243号線に入り、本郷交差点を左折して、県道23号線に入ります。あとは道なりで、半月町1丁目西交差点を左折し、半月町1丁目東交差点を右折すると左手にあります。

住所 愛知県森岡町源吾1
アクセス 本文を参照
最寄駅:大府駅からバス
入場料 基本的に無料(ただし、有料施設あり)
 【主な有料施設】
  もりの湯:大人600円 小学生:200円
  健康科学館:大人500円 小中学生:200円
利用可能時間 施設により異なりますので、下記HP等で確認してください。
 【9:00-21:00の主な施設】
  もりの湯(休業日前日は17:00まで)・体育館など
 【その他は9:00-17:00】
休業日:月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場 約750台
その他 あいち健康の森HP
あいち健康プラザHP

駐車場
 「あいち健康の森公園」には、第一・第二駐車場と健康プラザ前駐車場があります。このうち、子どもの森に近い第二駐車場と健康プラザ前駐車場は早い時間帯に満車になってしまいます。第一駐車場は混雑度合いは少ないですが、真冬の1月や2月でも7割程度は埋まっている状態です。

園内へ
 アクセス関係はこれ位にして、まず第二駐車場に車をとめて、階段を登ると愛知健康の森で最もお勧めできるエリアの一つである「子どもの森」への通路があります。通路の先には道路を跨ぐ橋(宝橋)があり、ここを渡ると子どもの森です。

子どもの森1(スモールタウン)
 宝橋を渡って、少し進むと、滑り台や遊具が目に入ってきます。ここはスモールタウンと呼ばれる場所で、滑り台・ターザンロープ・ブランコなどがあり、小さい子どもが走り回っています。息子たちもいろいろな遊具でかなり楽しそうでした。
 ターザンロープは一周できる仕組みになっていて、息子たちも相当楽しそうでした。

子どもの森2(滑り台ほか)
 スモールタウンの左手には、おおきな滑り台などがあって、結構スリリングな滑りを楽しむことができます。長い銀色の滑り台はスピードが出るので、かなりの迫力です。泣いてしまう子もいたので、無理はしないようにしましょう。
 ちなみに息子たちはここで1時間以上近く遊んでいました。

子どもの森3(石の谷)
 スモールタウンから先に進み、トンネルを抜けると石に谷があります。コンビネーション遊具があり、ローラー滑り台1本と滑り台2本(いずれもかなり長い)が付いています。その他にもロッククライミング風の遊具もあって、こちらも十分に楽しめます。
 滑り台は1回下りると、当然ですが階段で上まで行く必要があるので、体力消耗には注意しましょう。
 こちらでも1時間以上過ごしました。

子どもの森4(その他)
 子どもの森には、その他に「大きな木の家」という施設もあるそうなのですが、時間がなくて行けませんでした。知人の話だとこちらも結構楽しめるとのことで、次回の楽しみにしたいと思います。
 子どもの森というだけあって、幼児から小学生まで楽しめます。ただし、やはり歩けるのが前提の遊具が多いので、ベビーカーは少し厳しい構造からもしれません。オムツ替えシートはトイレに併設されています。

大芝生広場・交流センター
 第一駐車場の正面にあるのが大芝生広場です。名前のとおり、芝生広場になっていて、凧揚げ・サッカーなどを楽しむ家族が沢山いました。ここでお弁当を食べるのもいいですね。
 この広場の端にもコンビネーション遊具があって、子どもたちの楽しそうな声が響き渡っていました。ここに初めて来たときはここで遊び疲れてしまったほどです。
 なお、第一駐車場から入って芝生広場の右側には交流センターがあって、ちょっとした売店のほか、無料休憩所があります。ここなら天候が急変してもお弁当することも可能です。また、ここにはオムツ替えコーナーがありました。

あいち健康プラザ
 大芝生広場からフォレストブリッジを渡ると「あいち健康プラザ」があります。こちらには健康について学ぶことができる「健康科学館」、実際に運動ができる「健康開発館」、そして「もりの湯」(いづれも有料)があるほか、宿泊施設もあります。
 なかなか綺麗な建物で一部には無料で遊べるコーナーもあるので、一度立寄ってみてください。
 また、ここには「もりの湯」があって、遊び疲れた後に汗を洗い流すのも気持ちよいです。それほど大きいわけではなく、露天風呂もありませんが、お値段からすると仕方がないところでしょう。もっと本格的な温泉を希望の場合は、隣接する「げんきの郷」にある温泉施設のほうがよいと思います。

いのちの池
 あいち健康プラザの前にある「いのちの池」には、水遊びが可能な場所があるので、夏場は楽しめそうでした。ただ、水に落ちることがないよう十分に注意しましょう。我が家では次男が果敢にも小川を飛び越えようとして川に落ちていきました。

さんさん広場
 いのちの池と第二駐車場の間あたりに位置する広場です。こちらにも木製のコンビネーション遊具などがあります。ここでも十分楽しめる設備です。芝生も綺麗なので、こちらでお弁当もお勧めです。

健康ロード
 第一駐車場から第二駐車場の間には「健康ロード」があり、道の脇には体力測定のできる設備が点在しています。子ども向けではありませんが、体力測定や体力作りを兼ねて試してみてください。
 この健康ロード脇にはテニスコートやベビーゴルフ場などがあるので、こちらもいつか挑戦してみようと思っています。
 また、管理棟脇には小さい子ども向けの遊具広場があって、こちらもある程度楽しむことができます。

その他
 全般的にはベビーカーもOKな作りとなっています。ただ、やはり歩けるようになってからのほうが楽しめる公園ではないでしょうか。オムツ替えについては、問題ないです。
 とにかく遊具が充実した公園で、今まで見てきた中では最上級です。ぜひ一度足を運んでみてください。
 注意点ですが、駐車場が混雑することと雨の日はちょっと厳しいというところです。

 【参考】公園に隣接する「げんきの郷」は農作物やパンなどが売られていて、なかなか楽しいです。こちらの駐車場もいつも混雑していますので、できれば公園から歩いたほうが得策だと思います。また、げんきの郷には温泉もあります。

あいち健康の森公園

「子どもと行く遊び場・公園ガイド」
トップへ

愛知県
一覧へ

文字サイズは中又は小にしてください。

あいち健康の森追加ページ