Bell X-22
(ベル X-22/X-22A 実験機)


XC-142開発頓挫の後これの代案として陸海空3軍共同開発計画でX-22A 2機が製作されたティルトダクテッドファンV/STOL機
X-22A実験機に続いてX-22B多目的V/STOL機、X-22C輸送機なども計画されていた。
機体後部の主翼に4基のYT58ターボシャフトが備えられている。
1号機が1966年3月にホバリングで初飛行し6月にはSTOLで飛行もしたが8月に油圧系統のトラブルで失われた。2号機はフライ・バイ・ワイヤなどのシステムが導入されていた。
テストは1980年代前半まで続けられ様々なデータをヘリやVTOL機開発に提供した。

Sources and Resources


Top