PROTOCOL SPECIAL SCRIPT

FOR VOICE ACTOR



都内のスタジオで計4日間、声優さまとの音声収録は行われました。
その際使用された約190Pに渡る台本、ほんの一部ですがご紹介します。




〈 扉絵をクリックすると閲覧ページへ移動します 〉




  


  


  


  


  


  


& TINO BROG


  








  


台本について

容量的に部分的な抜粋となっております。そのためページごと文章がつながっていない場合があり、修正やボツになったセリフはそのまま残しています。プロモーション用の台本はおまけで、声のお願いの仕方がなんとなくわかると思います。とかく読みやすくするために個人的に日本語書体で一番美しいと思っている「本明朝小がな」で作成しているのと、これから色づいていくという願いを込めて線画で扉絵を飾りました。ちょうど声優さまを募集している最中で、応募された方の声を聴きながらウキウキ作成していてました。(こちらの台本もどんなに拡大してもクオリティは下がりません(笑))




  


収録について

印刷した台本は収録当日お渡ししました。先にプレビューデータを送っていたので、セリフ量が多くて演技を考えるの大変だったろうなと思いながらいざ収録に入ったとき、真剣に挑んでいる姿を見てとても感動したことを思い出します。写真に写っているスタッフの方にもサポートいただき、ノイズが少なく調整も行っていただけるスタジオ収録でしか得られない音質クオリティがゲームに反映されています。古い考えかもしれませんが関わっていただく方と直接お会いすることで、お互いの信頼も強くなりますし、美味しいヤツを一緒に食べることでとても楽しい時間を過ごせて良き思い出にもなります。