MECHANISM




久しぶりについたアメブロコメントより

これってすごく怖くないですか?


はじめまして。先ほどクリアしました。すごくおもしろかったです。アニメ映画一本見終わって映画館から出てきた時くらい満足感ありました!ありがとうございます。それでクリア後のEXを読んだときに感じた些細な疑問なんですが、ティノやレアが人工知能デバイスに移ったときって、元々入っていたメカニカルブレインの方の人格というのは、どうなってしまったのでしょうか? EX内で、メカニカルブレインと汎用型人工知能デバイスの差異として、自由意志の有無が語られていましたよね?

例えばティノが、自由意志を持つことのできないデバイスに、コピーする形で入れられたのだとしたら、自由意志を持った本物は、自由意志を持たないもう一人の自分が脱出していく姿を見送ったことになりますよね?(レアも、物語の中で、人間の器に入ることができましたが、過去に同じような体験をしたと思いますが・・・)これって、すごく怖くないですか? アイ博士のように、本人は脱出し、疑似人格の方は残しておく・・・みたいな使い方だったら、まだ分かります。


でも、逆に、疑似人格を脱出させて、本人の方が残るってことになったら、すんごいホラーだと思うんです。ティノやレアの場合、自由意志を持てる本体の方のメカニカルブレインは、持っていけなかったんですよね・・・。なので、その辺りの裏設定みたいなものって、あるのかな~?・・・というのが、些細な疑問として残りました。ゲームなので、深く考えない方が良いのかもしれませんが、そのようなことを思い、感謝のついでに書き込んでみたしだいであります。



感謝された以上、本気でお答えします

人工頭脳メカニカルブレインから汎用型人工知能デバイス、

そして人型アンドロイドへの移行の仕組み


John Doe

汎用型人工知能デバイスとは

高硬質な鉱石で覆われた汎用型人工知能デバイスの中には、電子構造を必要としない情報を無尽蔵で蓄積できる「水性有機体」が内蔵されています。それには様々な機械や機器をコントロールできる「自由意志を持たない人工知能プログラム」が搭載されています。


John Doe

メカニカルブレインとは

高硬質な素材が覆うメインフレームの中に、人工知能デバイスと同じ「水性有機体」が内蔵され、その中には人の脳や遺伝子を元に培養された「自由意志を持った人と同じ脳構造」が搭載されています。人工知能デバイス含めてここまではEXでティノが説明している内容です。


John Doe

人工知能デバイスとメカニカルブレインの違い

何となく気づかれたかもしれませんが、この2つには決定的に異なる点があります。汎用型人工知能デバイスは演算型の一般的な「プログラム」であり、メカニカルブレインは人の脳構造を元に培養された「人工頭脳」です。つまりメカニカルブレインは能でありカタチある物質なんです。

John Doe

メカニカルブレインから人工知能デバイスへの移行方法

共通点は同じ「水性有機体」が内蔵されていること。前提が揃いましたのでメカニカルブレインから人工知能デバイスへの移行方法をお話しします。まずグラヴィスでのブランクデバイス生成時、素材に「水性有機体」はなかったと思います。そしてレアはネットワークが復旧しています。


John Doe

「脳構造」をカタチ取っているのはその「水性有機体」。レアが示した「プライベート・プロトコル」からティノをデバイスへ導くときグラヴィスを使い原子分離させながら転送、デバイス内で再構成、相対性理論に従い強重力をかけることで圧縮、サイズを1000/1程小さくしています。


John Doe

つまりデータ移行ではなく物質転送のため、メインフレーム内に能は残りませんし逆に残ったら失敗です。レアも同じ移行方法です。なお、相対性理論で考えればデバイス内の時間は通常よりゆっくり流れます。その辺はメカニカルブレインなのでしっかり調整しています。


John Doe

人工知能デバイスからアンドロイドへの移行方法

人型アンドロイドの中に「水性有機体」は存在しないため、デバイス内の能構造を神経を通じてアンドロイドの能に構築(反映)させています。レアの言う「コピペ」で完全移植になりますので、過去船員が願った本当の人間にほぼなれています。そしてデバイスとアンドロイド、同じ能構造が2つ存在することになり、レア曰く「必要なときにしか使っていない」状態になります。ちなみにアンドロイド移行後の行動変化が強く見えたのは、遺伝子提供者の個性なんかも反映されているからです。


John Doe

まとめ

お気づきかと思いますが、物語に本物の人工知能デバイスは登場していません。とはいえデバイス時は言語は別として付属の「デバイスフォルダー」ができる出力までですので、機能的には本来の人工知能デバイスとそんなに差はありません。それともしメカニカルブレインがプログラム延長線上のものだったら自由意志は存在せず、人としての温かみは今より冷めていたと思います。本当は続編で説明する予定だったのでまだいろいろ言葉足らずですが、こんなのでなんとなくご理解頂けたら幸いです。





〈 お 礼 〉

このご質問をいただいたときは、本気のやる気スイッチが入った感じになり、
うれしくて新たに図を描き起こすなど夢中でまとめました。久しぶりに楽しかったです。
とても答え甲斐のあるご質問、ありがとうございました。

2018/5/29 MANMARU_KUMA



※なお、キャラクターイメージ保護のため、
人工頭脳イメージはデフォルメされています。









EXPRESSION



こちらの質問も多かったので一緒にお答えします

汎用型人工知能デバイス時のレアとティノの表現の差


John Doe

レアの場合

デバイス時のレアとティノにはそれまでの経緯による感情差があります。レアはドックに残されて電力がなくなるのと同時に停止し、その後主人公によって目覚めたとき一部の記録と言語機能にプロテクトをかけています。主にネットワーク機能の停止、すなわち「つながり」を遮断していることと、自分は意志を持たない単なる人工知能プログラムであるという自己否定により、少し淡々とした言葉使いになってます。


John Doe

ティノの場合

ティノは長く稼動してきたことからすでに完璧な悟りを開いているので、滅多なことでは動じません。マジメ気質なのとすべてを諦めていることから、主人公やレアにとっとと脱出しろとせかしている感じです。ただレアが再起動したときにティノはその変化に何となく気がつきます。そしてデバイスへの道が開かれ、主人公とレアの会話を聞いたとき... 移行理由はただレアが心配というだけではありません。