Lesson9

Part5

@1970年までに、野口さんは四国の群にアトリエを立てた。
A彼の後半の作品で石は自然や地球の省都となり彼の多くの庭へ遊び場で共通して使われたテーマになった。
BIsamuにとって石は地球の骨でした。
C「医師はいつも古くてそして生き物のようであるそれは過去現在そして未来とのつながりで存在している」とその芸術家はいいました。
DIsamuの最後の仕事は彼が1988年に彼が死ぬわずか前に始めたのですが、それは2005年日本で完成された
E北海道の札幌のモエレ沼公園は 1930年初期 Isamuが持ち続けていた夢の現実でした。
Fこの公園で彼は空間の彫刻という形式で表現された古い遺跡の愛情と自然で遊ぶ機会を結合させることができたのです。その機会は特に小さい子供たちにとってことも重要だと思っていた考えでした
G彼がそれを好きだろうとなかろうとIsamuが最もくつろげるのは彼の祖先の祖国になった
Hアメリカと日本の両国が一人の人間として私の中にしている。しかし私が一方にいるときはいつももう一方はいないことを寂しく感じる
I私たちは彼のそれぞれの良いところを取り入れ、とても特別なことつまり彼の芸術や彼自身を取り出しているということがわかる