Lesson9

Part4

@第二次世界大戦ではIsamuにとって失望の時代だった
A彼はアメリカの日本人のための収容所に生えるために自ら希望したが、彼はそのことをすすぐに後悔した。
B彼はアメリカ人がなぜ、日系の人々に対してそんなにひどい扱いをするのかと思うようになっただけでなく彼は彼として彼らとほとんど共通することがないることに気がついた。
C彼はアメリカ人でもなく日本人でもなくまた日系人アメリカ人のどちらでもないと気付き始めた
D1950年代前半彼の2回目の日本への旅行の間彼はその国を愛するようになった
E彼は彼の話しを熱心に聞きたいと思う多くの日本人芸術家たちに会ったのはこの訪問の間でした
F彼らは現代の現代の近代の西洋の技術をコピーしたがっていたが彼は自分たち自身の芸術に誇りを持つように彼らに言った
G彼は日本芸術浮か伝統的と独自的であるというのを発見した
HIsamuにとってこのことが現代的そのものであった
I彼は日本のすべてが開花しようとしてると感じた
J実際彼自身も同様に開花しようとしている
K彼は彼の父親のまたは母親の王国を自分自身の母国として考えたことがなかった日本は彼の残りの人生にとって彼の仕事に重要な役割を果たすことになっただろう