Welcome!

puresoul

》ENTER《

どれだけ純粋であろうとしても、どうしたって、少しずつ泥に塗れ、
確実に汚れていくしかないこの世の中で、
自分にとっての、人々にとっての「純粋」とは何だろう?

今は…いや、もっと以前からなのだろうか。
目標も舵取りも失い、激流に翻弄されていく帆船のように、
一寸先すら読めない時代のような気がする。

いや、そうなる事を望む、そんな屈折した時代なのかもしれない。

耳を突き刺すような、目を疑う信じられない出来事、
美辞麗句の裏のうすら笑み、暴かれていく嘘や欺瞞たち…。

ユーモアを失い、「国家」のなんたるかもわからない、
知ろうともしない国家の指導者達…。

自らの歴史を喪失し、自らの過去を否定し、
目標を失い、夢を奪われ、
自分たちの足元さえ見えなくなってしまった哀れな大人と、その子供たち…。

情け容赦のない自然の猛威に対し、失意の日々を送る人々…。

そう、そしてしかしながら、
どんな状況であれ頼もしい「笑顔」を忘れない人々…。

堪えきれない苛立ちと焦り、自分の無力さ、不甲斐なさ、
無意識に逃げ場をつくり、傍観者であろうとする自己防衛本能、
なくしたモノと得たモノ、宝物のような愛すべき人々との癒されるような日々…。

遠いあの日、
「きっとできるんだ!」そう言って駆け抜けていった少年の頃…、
あの頃の自分を今は思い出せない。
けれども、あの頃からも失われていない何かが今も胸の中にあるはず。
僕だけじゃない、みんな、心の奥底で、いつもその「何か」を探し求めている。

そう…。
けれども、その答えは、どこにもない。
どこを探しても、誰に尋ねても、きっと見つけることはできない。

なぜなら、それは僕の、あなたたちの心の中に、今もずっと眠っているから。

- pure soul - from 魅哉(★みやっち★)

© Copyright 1999-2008 Masashi Miyashita. All rights reserved 宮下昌士 1 1