Mic'o (みーちょ)

 

1970年代前半生まれ

AFS38期生としてチリ留学を経験した高校時代、精神保健のゼミに所属しつつ在日外国人の医療問題の卒論を執筆した何でもあり?の某福祉系大学時代を経て、98年春から1年間ユーゴ(現セルビア)に滞在。大学付属の語学コースに通う傍ら日本語教師等を務める。合間に職業訓練校のマッサージクラスにも通学し、初級クラス修了。

当時出会った彼(現・夫)との生活の為、98年9月よりボスニア・ヘルツェゴビナで生活開始。
99年3月に現地で入籍し、現在に至る。

現在は育児と並行し、オファーに応じて通訳・コーディネート、執筆等の仕事をこなす日々を過ごす。

<これまでに関わった主なお仕事>

通訳・翻訳のお仕事

<通訳>

日本メディア現地取材時の通訳・コーディネーターとして

中京テレビ「戦争と妖精」(1999年)
NHK「音楽にできること〜バイオリニスト 二村英仁・29歳の旅〜(2000年)」
毎日新聞 「フットボール熱狂の源流(2001年)」ボスニア・ヘルツェゴビナ編
福音館書店「母の友2003年3月号・恐怖からの自由〜戦場都市で暮らすということ〜」
中国新聞「広島世界平和ミッション・ボスニア・ヘルツェゴビナ編(2005年)」http://www.hiroshimapeacemedia.jp/hwpm/series/
朝日新聞「オシム氏に聞く(2011年10月18日付)」
NHK 「旅のチカラ 街は毎日が銃撃戦〜角田光代・ボスニア〜(2013年)」
朝日新聞「バハ」、内戦に翻弄されて ハリルホジッチ監督の故郷ボスニアを訪ねる(2015年3月26日朝刊)
Sportsnavi
イビチャ・オシムが見る日本代表の現状「選手は自信をもって振る舞うべきだ(2015年7月10日))」
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201507040003-spnavi
「コンパクトで本物の自信作だった」イビチャ・オシムが語る当時の日本代表(2015年7月13日)
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201507040004-spnavi
(インタビュアー 宇都宮徹壱氏)

など、数々の取材に携わる

この他に、各種アテンド通訳(学術調査通訳、数々の援助活動現地通訳等)、セミナー・イベント(観光、文化イベント等)の通訳を務めた経験有り。

<翻訳>

調査報告書、ノンフィクション作品、工業製品、研修資料、医療論文等の翻訳
(日本語・英語⇔ボスニア語、セルビア語、クロアチア語) 

・通訳・翻訳以外の単発の仕事(執筆等)

<執筆系のお仕事>

ワールドサッカーダイジェスト2004年8月20日増刊:「その時、世界は」クロアチア編
マガジンアルク 2006年4月号: 「海外子育て三種の神器」(文・画像共)
http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/sannshunojingi.htm
月刊清流 2006年8月号〜同年10月号:「世界の街角から」(ボスニアの飲酒事情、健康、ボスニア料理について)
国立民族学博物館友の会機関紙『季刊民族学』2006年夏号「もっと知りたい!世界のサッカー」内「内戦後の明と暗」
マガジンアルク 2009年8月号:「世界レシピ巡り」チェバピ編(文・画像共)
映画「ある愛へと続く旅」パンフレット(舞台となったボス二ア&クロアチアの現地事情執筆&写真提供)

2006年10月九天社より「オシムの思考・ジーコの思考」(共著)を出版

<情報提供系のお仕事>

日本のNGOが実施した社会福祉施設援助に関する評価報告書作成
ワールドサッカーダイジェストエクストラ2007年10月号「2007NOW代表名鑑」ボスニア・ヘルツェゴビナ代表選手情報提供
その他企業向けに2008年分ボスニア・ヘルツェゴビナ代表選手情報提供

・通訳・翻訳以外の定期的なお仕事(終了したものを含む)

2003年春から約2年半に渡り「ワールドサッカーダイジェストエクストラ」内「Mails from Abroad」にて
ボスニアサッカーコラム連載(みーちょ名義)
2005年末からは同誌に旧ユーゴのサッカー情報を提供(本名名義で2006年春迄) 

ラジオ出演

・2000.10 ニッポン放送「ワールド・ストリート」
・2001.11文化放送「くわまん・和歌子のサタサタ」
・200? 文化放送「吉田照美のやる気manman」内「海外カルチャーギャップ」
・2007.9 NHK「地球ラジオ」(ギネス挑戦イベント&秋の味覚で作る冬の保存食について)
・同月  文化放送 『吉井歌奈子ミュージックトリップ』(ボスニア全般について)
2008.9  MBS 「ニュースレーダー」内「ワールドトピックス」
2008.12 MBS「ニュースレーダー」内「ワールドトピックス」(年末年始のイベントについて)
2009.3 MBS 「ニュースレーダー」内「ワールドトピックス」(ボスニア・エンターテイメントについて)
2009.12 NHK「地球ラジオ」(今年のトップニュース&ボスニアの冬について)
http://www.nhk.or.jp/gr-blog/2009/12/

                                 など                               

ボスニア関連主催(共催)イベント

・2004.8  「Prirodna ljepota(プリロドナ リェポタ)」美しい自然とボスニアン・スローライフ(大阪府堺市/Mo-netの会様との共同企画)
・2007.1 ボスニア・ヘルツェゴビナ写真&パネル展 「Prirodna ljepota」(福島県いわき市) 
http://bhkakeramico.blog57.fc2.com/blog-date-200703.html

・2012・6 ボスニア・ヘルツェゴビナ、バニャルーカ市で開催された「日本文化の夕べ」にて福島の震災後の様子を紹介するパネル10数点を展示及び七夕紹介企画を実施
http://bhkakeramico.blog57.fc2.com/blog-entry-611.html#comment

・2012.8 ボスニア紹介イベント「七夕の星に願いを☆Fromボスニア・ヘルツェゴビナ」(福島県いわき市)にて、ボスニアの人々が願いを綴った短冊及び現地の写真を展示 
  http://bhkakeramico.blog57.fc2.com/blog-entry-634.html#comment

・2015.7 イベント「ゆカフェ」にてズミヤニェ刺繍作品&トルココーヒー等の紹介(福島県いわき市 古滝屋)

・2016.7 イベント「ゆカフェ」にてズミヤニェ刺繍作品&トルココーヒー等の紹介(福島県いわき市 古滝屋)

・2016.8 「葉描き屋」さんとの共催イベント「ボスニ和亭リターンズ」にてズミヤニェ刺繍作品&ボスニア文化の紹介(福島県いわき市 NPO法人TATAKIAGE Japan)
https://ameblo.jp/micobih/entry-12206225770.html

・2017.7 「かっぱちゃんです」さん&「チーム壮」さんとの共催イベント「『ボスニ和亭・リターンズ 2017』にてズミヤニェ刺繍作品の紹介(福島県いわき市 坂本紙店)

                 

サラエボで公演した日本人ミュージシャンのTV出演打ち合わせにて

現在の同居人は夫、息子、飼い犬1匹

ライフワークにしたいと思っているのは、ボスニアの伝統刺繍でユネスコの無形文化遺産にも登録されているズミヤニェ刺繍、語学(特にスペイン語・イタリア語)、マッサージ(セルビア・ベオグラードの職業訓練校マッサージクラス修了、RTAリフレクソロジー初級養成講座終了)「ネットもいいけどやっぱり活字」派。温泉LOVE。

 

contents