プリンタの基礎知識

プリンタの概要

プリンタの種類は大きく分類すると個人用の小型プリンタと業務用の大型プリンタに分けられます。個人用のプリンタはインクジェット方式のプリンタが主流であり、業務用の プリンタはレーザー方式のプリンタが多く使用されています。これらのプリンタ以外にも熱転写型のプリンタ、昇華型のプリンタ等の種類があります。

プリンタには複合機と呼ばれるプリンタとスキャナがセットになった機種があります。複合機はスキャナで読み込んだ画像をプリンタで印刷することによりコピー機としての機能も備えています。

プリンタの分類

プリンタには様々な印刷方式があります。 インクジェットプリンタはヘッドのインクを噴射して紙に吹き付けることで印刷する方式です。このインクジェット方式のプリンタは安価な割に印字品質が良い為、個人向けプリンタの主流となっています。
レーザープリンタは印刷する画像をプリンタのメモリに読み込み、ページ単位で印刷を行うプリンタです。印刷品質・速度共に高いのですが、非常に高価な為、個人向けの機種は少なく業務用の機種が殆どです。
ドットインパクトプリンタはヘッド部分にある針でインクリボンを叩く事により用紙にインクを転写する印刷方式です。ドットインパクトプリンタは複写式の伝票等を印刷する場合に利用されています。印字品質は他のプリンタと比べて低いです。
熱転写プリンタはインクを熱で溶解させて紙に転写することにより印刷する方式です。また、感熱紙を用いて印刷するプリンタを感熱プリンタと呼びます。熱転写プリンタは印刷品質が良い反面、印刷コストが高くなってしまうのがデメリットです。

プリンタ購入後の注意点

プリンタは埃が故障の原因となります。プリンタを使用しない時はカバーをかけておきましょう。

プリンタを長期間使用しなかった場合、ヘッダのノズルが乾燥して使用する事が不可能になる可能性があります。長期間使用しない場合は空気を遮断出来るパック等に保存しておきましょう。

Last modified: Thu Aug 2 19:07:59 2007