◎MG RX-178B ビルドガンダムマークⅡ(ティターンズ仕様)の完成品です。

◎1/100フィギアはもちろん塗装済み。

◎コックピットのパイロットも塗装済み。

◎MGお馴染の全身フレーム。

◎基本的にはVer2.0です。

◎指は切り離して、独立可動可能。
定番ですね。

◎このキットには、各所に凹部分があるので、そこをメタルレッドで塗装して、
メリハリを出しています。

◎後ろも同じ。

◎ヒザ裏の動力ケーブルはMGガンダムVer.Kaの白いのに変更。

◎バンクパックのバーニヤはメッキシルバーで塗装。
内部は市販パーツを入れて、多重構造にしています。

◎バックパックのケーブルも白に変更。

◎肩のスラスターはプラ板でディテールアップ。

◎バルカンポッドの赤い部分は、別パーツ化して、塗装を楽にしました。

◎アンテナは2mmほど延長。さらにシャープ化。

◎ビルドブースターマークⅡはストレート組み。

◎ストレート組みですが、スラスターは市販パーツでディテールアップ。

◎同じくここも市販パーツでディテールアップ。

◎さらにここも市販パーツでディテールアップ。

◎ビームサーベルはそのままだとおもちゃっぽいので、根元にホワイトを入れて、発光をイメージ。





































~製作工程~

1...パーツチェック
2...仮組み
3...捨てサフ
4...400番→600番→1000番とペーパー掛け(この時点で、エッジのだるいところなど修正します)
5...パーツ洗浄
6...サフ後、各色塗装

~カラーチャート~

☆紺・・・てきとう
☆黒・・・ブルーFS15044
☆バックパック・・・ミッドナイトブルー
☆フレーム・・・てきとう
☆赤・・・ピンク→ハーマンレッド
☆黄1・・・ホワイト→MSイエロー
☆黄2・・・ホワイト→GCイエロー2

~仕上げ~

1...塗装が終わったら一度全体にスーパークリヤーⅢを吹きつけ。
2...エナメルでスミ入れ。
3...デカール貼り。水転写式デカールを使用し貼り付け。
貼り付けにはマークセッター&マークソフターを使用。
4...スーパークリヤー半光沢+つや消しを混ぜたものでコート。

~あとがき~

MG RX-178B ビルドガンダムmarkⅡ(ティターンズ仕様)の完成品です。

アニメでは白い機体でしたが、ティターンズカラーで制作したら面白いかなと思い、製作しました。
ティターンズ技術士官 A「最近さ~、エゥーゴの(G-ディフェンサー)って良くね?」
ティターンズ技術士官 B「アレ、いいよね~。俺もそう思ってたんだよね。」
ティターンズ技術士官 A「ウチらでもパクっちゃう?」
ティターンズ技術士官 B「いいんじゃね?。元々、RX-178はウチらのだし。」
ティターンズ技術士官 A「んじゃ、やっちゃおうか!」
などという、会話があったらおもしろいな~と妄想しつつ、製作しました。(笑)
キットはVer2.0ベースとはいえ、最初期の2.0なので、けっこう合わせ目が多く、時間がかかりました。
また、股関節などはアクションベーススタンド対応ではないので、ディスプレイの際は若干ぐらつきます。
デカールは贅沢に、限定発売されたグロスインジェクションVerのものを使用。
(他にもドライデカール、テトロンシールも併用はしています)
ティターンズカラーで製作しましたが、取り説を良く観ると、
「セイの製作プランにはティターンズカラーへの変更も予定されている」と記載されたりもします。

2014/7/20 完成