〜製作工程〜

1...パーツチェック
2...仮組み
3...捨てサフ
4...400番→600番→1000番とペーパー掛け(この時点で、エッジのだるいところなど修正します)
5...パーツ洗浄
6...サフ後、各色塗装

〜改修ポイント〜

基本的にストレート組みです。
エッジなどに気を付け、丁寧にペーパーがけをしました。
それから、リアクティブアーマーは非常にモールドが甘かったので、 ほぼ全部デザインナイフ等ですじほりをしております。
これによりより一層、立体感が強調できたと思います。
それから頭部は若干目つきが悪くなるよう、調整してあります。
そのほか、いろいろ別ページにて掲載してありますので、そちらをご覧ください。

ここから別ページにいけます。

〜塗装レシピ〜

◎白・・・ホワイト→GCホワイト5
◎黄・・・ホワイト→オリジナルイエロー
◎リアクティブアーマー・・・ホワイト→ホワイト+パープル+GCブルー12
◎青・・・GCブルー11+パープル+ホワイト
◎関節・・・てきとう
◎灰・・・サフグレー
◎武器・・・GCファントムグレー
◎カメラ・・・ブラック→スーパーチタン→クリヤーレッド
◎目・・・ブラック→スーパーチタン→クリヤーグリーン
◎銀・・・ブラック→スーパーチタン
◎赤銀・・・ブラック→スーパーチタン→クリヤーレッド
◎黒銀・・・黒鉄色
◎金・・・スーパーゴールド

〜仕上げ〜

1...塗装が終わったら一度全体にスーパークリヤー靴鮨瓩つけ。
2...エナメルでスミ入れ。
3...スーパークリヤー半光沢+つや消しを混ぜたものでコート。

〜あとがき〜

HGUCジムストライカー改造、ストライカーカスタムの完成品です。

この作品はB−CLUBから発売された、c.o.v.e.r.kit-23を使用して製作したものです。
もちろん正規品です。

この機体はコミック「機動戦士ガンダム KATANA」に登場するMSで、主人公が乗るカスタム機です。
前回のコテヅ専用フルアーマーアレックスに引き続き、今回もKATANAシリーズを製作しました。
前にも書きましたが、ほんと最近のB−CLUB製品は粗悪です。
原型は非常にいいのですが、「抜き」がね〜。
「割れ」、「欠け」、「歪み」は当たり前。
ついでに言えば、サフ色と同じ成型色はやめてほしいです。
捨てサフした時、いまいち解りづらいんですよ。
HDMは無駄にカラーレジンなのにね。
ここまでひどいと、原型製作者に対して失礼だと思うんですよ。
何とか改善してほしいものです。

それから、元になったジムストライカーなんですが、
リアクティブアーマーのモールドが甘すぎて、 手直しがとっても大変でした。
しかもストライカーカスタムはアーマー部分が機体と別色なので、塗り分けは困難を極めました。

マスキング慣れしてない人は、まず挫折すると思います。
塗装のほうは、大体設定どうりの色が出せたと思います。

カトキハジメ氏のイラストとコミックの作者で色合いが違うんですよね。
おかげで苦労しました。
今回製作することになったコミック「機動戦士ガンダム KATANA」ですが、若干絵にクセがありますが、 内容はなかなか面白いと思います。

見てない方はぜひ、一度見てみてはいかがでしょう?。

2010/9/12完成