◎MG改造 FA−178 フルアーマーガンダムマーク兇隆粟品です。
今回で2回目の製作になります。

◎この完成品は前回同様、B−CLUBの改造(換装)パーツを使用して製作しました。

◎足の裏は単調にならないよう、塗り分け。

◎スネの横側にあるバーニヤは、
付属のレジンパーツがふにゃふにゃだったので、市販パーツで製作。

◎バーニヤの中も、キチンと塗り分け。

◎スカートアーマーの裏側もキチンと塗り分けてます。

◎シールドのジョイント部分は、
付属のボールジョイントは使用せず、ホビーベースのボールジョイントを使用。

◎手首はキットのものは使用せず、ビルダーパーツを使用。
大きすぎるかと思いましたが、マーク兇砲呂圓辰燭螢汽ぅ困任靴拭

◎ダブルビームカノンの動力パイプは市販パーツでディテールアップ。

◎ビームカノンの真ん中の部分があっさりしていたので、市販パーツでディテールアップ。

◎後ろの方も、あっさりしていたので、市販パーツでディテールアップ。

◎バックパックのバーニヤも、付属のパーツは精度が悪かったので、市販パーツを使用。

◎スネにある半球状の部分は一度切り落とし、市販パーツでディテールアップ。

◎股関節にあるマイナスモールドも市販パーツでディテールアップ。

◎アンテナは精度のいいプラを使用。
シャープに整形しています。

◎後ろのアンテナも付属のレジンパーツは使用せず、市販パーツでディテールアップ。

◎バックパックのアンテナも同じく、市販パーツでディテールアップ。

◎バックパックにある半球状の部分とマイナスモールドも同じく、
切り落として、市販パーツでディテールアップ。

























〜製作工程〜

1...パーツチェック
2...仮組み
3...捨てサフ
4...400番→600番→1000番とペーパー掛け(この時点で、エッジのだるいところなど修正します)
5...パーツ洗浄
6...サフ後、各色塗装

〜塗装工程〜

☆白・・・シルバー→キャラクターホワイト
☆白2・・・シルバー→灰色9号
☆黄・・・ホワイト→MSイエロー
☆黄2・・・ホワイト→GCイエロー2
☆赤・・・ピンク→GCレッド1
☆紺・・・GCブルー14ベースにてきとう
☆黒銀・・・ブラックシルバー
☆バーニヤ・・・ブラック→スーパーファインシルバー
☆赤銀・・・ブラック→スーパーファインシルバー→クリヤーレッド
☆目、センサー・・・シルバー→クリヤーグリーン
☆灰・・・ニュートラルグレー
☆バックパック・・・GCファントムグレー
☆フレーム・・・てきとう

〜仕上げ〜

1...塗装が終わったら一度全体にスーパークリヤー靴鮨瓩つけ
2...エナメルでスミ入れ。
3...デカール貼り。
水転写式デカールを使用し貼り付け。
デカールはてきとうに使用。
貼り付けにはマークセッター&マークソフターを使用。
4...スーパークリヤー半光沢+つや消しを混ぜたものでコート

〜あとがき〜

MGに改造パーツ使用、1/100フルアーマーガンダムマーク兇隆粟品です。

依頼品です。
今回、2回目の製作となりました。
と言っても、前回はかなり前に製作ました。

「完成見本写真と同じ感じでいい」という内容でしたが、私個人的な要望で市販パーツをふんだんに使用した製作をしました。
このころのB−CLUB製品は、精度も良く、製作しやすい方でした。
(前回のことを踏まえ、剥離剤落としは念入りにしましたが)
市販パーツで代用できるとこは可能な限り、代用しています。
また、メタルボールやメタルパイプも使用して、ディテールアップ。
デカールもウチに在ったデカールをかき集め貼りつけています。
(白地のデカールはあんまり持ってないんすよ・・・)

ベースのキットはMG初期のキットなので、可動範囲はやっぱり狭いです。
いつかまた製作したいと思っていたフルアーマーマーク兇任垢、今回以来という形で希望が叶いました。

2013/09/15 完成

原型製作 ?