>◎ホビージャパン(B−CLUB)改造パーツ使用、
GNX−604Tアドヴァンスドジンクス(エイミー・ジンバリスト仕様)の完成品です。

◎今回製作にあたり参考にした、作例です。
製作は原型師でもある上原みゆき氏。

◎足の裏のバーニヤの中は、市販パーツでディテールアップ。

◎ケツのバーニヤも市販パーツでディテールアップ。

◎ディフェンスロッドの接続はネオジム磁石で接合。

◎この改造パーツはキャラホビで限定販売された物です。
もちろん正規品です。

◎プロトGNランスのビームの砲口は付属のものは使用せず、市販パーツで代用。

◎ビームサーベルはいつものように根元にホワイトを入れて、発光をイメージ。































〜製作工程〜

1...パーツチェック
2...仮組み
3...捨てサフ
4...400番→600番→1000番とペーパー掛け(この時点で、エッジのだるいところなど修正します)
5...パーツ洗浄
6...サフ後、各色塗装

〜改修ポイント〜

基本的にストレート組みです。
ですが、ちょこっとだけ手を加えました。
ディフェンスロッドは白い部分が別パーツだったのですが、強度的に不安があるので、 最初に接着してからマスキングをして塗装いたしました。
ゆういつ合わせ目が出る肩の装甲は、パネルライン風に処理。
指はGNランスを持たせる都合上、保持力を下げたくなかったので、独立可動にしてありません。
またGNランスの棒の部分はウェーブの4mmプラ棒を使用して精度を上げています。

〜塗装レシピ〜

☆青・・・GCブルー9をベースにてきとう
☆白・・・キャラクターホワイト
☆フレーム・・・てきとう
☆黒・・・GCファントムグレー
☆バーニヤ・・・ブラック→スーパーファインシルバー
☆銀・・・ブラックシルバー
☆灰・・・ニュートラルグレー
☆目・・・シルバー→クリヤーピンク

〜仕上げ〜

1...塗装が終わったら一度全体にスーパークリヤー靴鮨瓩つけ。
2...エナメルでスミ入れ。
3...デカール貼り。水転写式デカールを使用し貼り付け。
貼り付けにはマークセッター&マークソフターを使用。
4...スーパークリヤー半光沢+つや消しを混ぜたものでコート。

〜あとがき〜

MG改造、アドヴァンスドジンクス(エイミー仕様)の完成品です。

依頼品です。
この広い世の中で、アドヴァンスドジンクスを2回も製作した人は何人いるんだろう?。
依頼とはいえ、たぶんそんなにいないでしょう。(笑)

製作は前回と同じく、ほぼストレート組み。
細かい所のみ改修してます。
あとはカラーリングぐらい。
作例ではもっとダークブルーな感じですが、今回の製作はもうちょっと明るい感じに仕上げてます。
(この手の色は非常に出すのが難しく、おかげで何回も失敗して使えない塗料が大量に出来ました・・・)
デカールはHIQパーツのデカールを使用。
ホビージャパンからの発売となっていますが、実際はB−CLUBです。
物自体はいいのですが、剥離剤はハンパなく付着してました。
おかげで表面処理にだいぶ時間はかかりましたね。

それと前回の時も書きましたが、「MGジンクス」はデザインがアレかもしれませんが、非常に良くできたキットです。
製作したことがある人はよく解ると思います。
(欲を言えば、腕がもうちょっと上がればいいのですが・・・)
機会があればノーマルのジンクスもいつか製作したいですね。

原型製作 上原みゆき氏
2014/01/18 完成