◎MG MS-06K ザク・キャノン(UCVer)の完成品です。

◎1/100フィギアはもちろん塗装済み。
「立ち」の方は、倒れないように、板を制作。

◎ザクのバリエーションですが、フレームは傑作です。

◎装甲をつけると、あまり見えなくなりますが、足首のシリンダーはキチンと塗り分け。

◎太もも側のシリンダーもキチンと塗り分け。

◎膝裏は単調にならないように塗り分け。

◎指は切り離して、独立可動可能。

◎手の甲もキチンと塗り分け。

◎肘関節も単調にならないように塗り分け。

◎モノアイは市販パーツを組み合わせてディテールアップ。
レンズの方は裏側にはラピーテープを張り、光を拾うようにしています。

◎もちろん後ろも。

◎足の裏はパネルごとに塗り分け。

◎全身。今回はドット迷彩で塗装してみました。
マヂでめんどくさかったです。
それと、ザクVer2.0シリーズには全身に「凹」ディテールがあります。
そこにメタルボール、メタルパイプを入れて、ディテールアップ。

◎「ヒサシ」部分に0.5mmのプラ板を貼り、目つきが悪くなるようにしています。

◎ラピッドタイプのアンテナも制作。

◎スパイクは現在入手困難なビルダーパーツを使用。
おかげでシャープ化が楽ちんでした。

◎全身(後ろ)ドット迷彩は当分遠慮したいです。

◎ヒートホークは穴の部分を開通。
グラデーションで、発熱状態を再現。

































~製作工程~

1...パーツチェック
2...仮組み
3...捨てサフ
4...400番→600番→1000番とペーパー掛け(この時点で、エッジのだるいところなど修正します)
5...パーツ洗浄
6...サフ後、各色塗装

~カラーチャート~

☆本体イエロー・・・てきとう
☆緑・・・ダークグリーン→てきとうグリーン
☆白・・・ニュートラルグレーⅡ→ニュートラルグレーⅠ
☆武器・・・GCファントムグレー
☆バズーカ・・・メカサフ(ヘヴィ)
☆フレーム・・・てきとう
☆茶・・・艦底色+ブラック→艦底色
☆金・・・適当ゴールド
☆キャノン・・・メタルブラック

~仕上げ~

1...塗装が終わったら一度全体にスーパークリヤーⅢを吹きつけ。
2...エナメルでスミ入れ。
3...デカール貼り。水転写式デカールを使用し貼り付け。
貼り付けにはマークセッター&マークソフターを使用。
4...スーパークリヤーⅢでコート。

~あとがき~

MG MS-06Kザク・キャノン(UCVer)の完成品です。

一応、プレミアムバンダイ限定のキットです。
ザクは現在のところ、非常に傑作なので、特に改造等はしていません。
ですが、定番なところは改修してあります。
モノアイは市販パーツを組み合わせてディテールアップ。
指は切り離して独立可動可能。
ヒサシ部分に0.5mmのプラ板を貼り、目つきが悪くなるようにしてます。
スパイクはビルダーパーツを使用。
あとは塗装ですが、肘や膝は単調にならないように塗り分け。
1/100フィギアはもちろん塗装済み。
凹部分にメタルボール、メタルパイプを入れて、ディテールアップ。
今回の一番の難所「ドット迷彩」。
マスキングテープを切り刻んでペタペタと貼るだけなんですが、これが地味にめんどくさい。
そのあと、剝がすのも地味にめんどくさい。
さらにそのあと、1500番のペーパーでマスキングの段差を消すのも本当に地味にめんどくさい。
もちろんただマスキングを貼るのではなく、バランスを考えて貼るで、「ゲシュタルト崩壊」的なものを感じました。(笑)

ザクのフレームは傑作ですが、やっぱバリエーションはちょっと微妙ですね。
デザイン上、若干可動範囲は狭くなります。
ですが、「ザクの(ついでにグフも)バリエーション」に対応できるフレームは驚愕の一言です。
(カラーはランナー事追加するという力業ですが)

2017/07/15 完成