◎MG MS-06R-1A シン・マツナガ専用高機動型ザクⅡ(カスタムタイプ)の完成品です。

◎1/100フィギアはもちろん塗装済み。
(造形がちょっと違うが・・・)

◎いつ見ても、ザクVer2.0のフレームは傑作です。

◎足の裏は市販パーツでディテールアップ。
バーニヤも市販パーツでディテールアップ。

◎スラスター部分も市販パーツでディテールアップ。

◎バックパックのバーニヤも市販パーツでディテールアップ。

◎膝関節の裏側も、単調にならないように、塗り分け。

◎ヒジ関節も同じく塗り分け。

◎コックピット側のフィギアも塗装済み。

◎モノアイは市販パーツでディテールアップ。
裏側にはラピーテープを張り、光を拾うようにしています。

◎指は切り離して、独立可動可能。

◎ヒートホークはグラデーションで、発熱状態を再現。

◎もちろん大型ヒートホークも製作。

◎マシンガンのドラムも、きちんと塗り分け。

◎後姿のフレーム状態。

◎足のスラスターも市販パーツでディテールアップ。

◎太ももは「ジ・オリジン」系のディテール追加・

◎後ろももちろん。

◎完成見本はなんかかっこ悪かったので、このイラストを参考に仕上げました。

◎全身(前)

◎全身(ななめ)

◎全身(後ろ)

◎フロントスカートアーマーはイラストには「凸」があるので、こちらをチョイス。

◎頭部のヒサシに0.5mmのプラ板を貼り、目つきを悪くしました。

◎スパイクはビルダーパーツを使用。
おかげで楽ちんでした。

◎上腕の合わせ目は段落ちモールドにしました。
肘の丸いとこもイラストではこうなっているので、こちらを使用。



































~製作工程~

1...パーツチェック
2...仮組み
3...捨てサフ
4...400番→600番→1000番とペーパー掛け(この時点で、エッジのだるいところなど修正します)
5...パーツ洗浄
6...サフ後、各色塗装

~カラーチャート~

☆白1・・・ニュートラルグレーⅠ
☆白2・・・ニュートラルグレーⅡ
☆灰・・・ニュートラルグレー
☆フレーム1・・・メカサフ(ヘヴィ)
☆フレーム2・・・ニュートラルグレー
☆青・・・アイスコバルトブルー
☆黒・・・GCファントムグレー
☆バズーカ・・・GCグレー13
☆バーニヤ・・・ブラック→メッキシルバー
☆銀1・・・ブラック→スーパーファインシルバー
☆銅・・・パールカッパー
☆金・・・てきとうゴールド
☆黒銀・・・ブラックシルバー

~仕上げ~

1...塗装が終わったら一度全体にスーパークリヤーⅢを吹きつけ。
2...エナメルでスミ入れ。
3...デカール貼り。水転写式デカールを使用し貼り付け。
貼り付けにはマークセッター&マークソフターを使用。
4...スーパークリヤーⅢでコート。

~あとがき~

MG MS-06R-1A シン・マツナガ専用高機動型ザクⅡ(カスタムタイプ)の完成品です。

今回も出ました。マニアックなヤツ。(ていうかまったく知らない)
代替え機?「06Rを入手するのは連邦の戦艦を沈めるより難しい」とかなんとかってありませんでしたっけ?。
どういうルートで入手したんですかね?。

キットはザクの傑作であるVer2.0ベース。
バーニヤは市販パーツでディテールアップ。
モノアイも市販パーツでディテールアップ。
スパイクはビルダーパーツを使用。
ヒートホークはグラデーションで発熱化を表現。
上記の改修のほかに、足の裏はパネルごとに塗り分け。
全身にある「凹」部分にはメタルパイプ、メタルボールを入れて、ディテールアップ。
フレームにある、シリンダーは(ほぼ見えなくなるが)金属色で塗り分け。
下地にはガイアのマルチプライマーを使用しています。

この機体の設定は最近できたものなんでしょうか?。
私もよくわからんです。
なんで足の甲は青なの?。
なんで両肩はスパイクなの?。
MSVもまだまだ分からんのがあるな~。

2017/06/18 完成