秋田の連結地名、名数地名、合成地名について

藤原 國見

 明治以来、日常的に使用されている行政地名としての市町村名(大字を含む)は、地租改正期(明治6〜10年)、市制・町村制期(明治22年)および町村合併促進法施行期(昭和29年)の3期にわたり、國家的施策によって全国的規模のもとに自治体の分合が実施され、その名称も各自多様に変遷を遂げて来た。
 これにともない、地租改正期には藩政時代の税制を改革するとともに、零細にわたる郷村の併合が行われ、陸続として新たな町村が編成されそれぞれに命名されていった。やがて市制・町村制期にいたりこれらの町村名はおおかた大字名に置きかえられ、一つの大字が単独で、あるいはいくつかの大字がまとめられ、再構成された市町村が成立していった。その命名に当たっては、古来からの名称を温存しうけつぐ場合もあったが、一方で多くの市町村では過去の名称に囚われない命名が次第に増加していった。

 第二次世界大戦の終結後、世相の安定を得て施行された町村合併促進法によってさらに町村合併(一部の地域変更)が実施され、各々の行政区域が拡大し、市町村の名称もこれまでにない変容を見ることとなった。この変容ぶりには、ここ一世紀のあいだの時代相が顕著にうかがわれる。
 以上のような史的な流れの中から、もっとも特色のある連結地名、名数地名、合成地名を抽出し、具体的にそれぞれ時期区分を施し参考に給することとする。

【連結地名】は、隣接する二つの村が合併に際して、双方の村名をそのまま単純につなぎ合わせ命名された場合をいう。形成的には冗漫さは免れ得ないが、双方の村名を後世に伝承する上では確実性が強い。

【名数地名】は、二以上の村が合併に際して、合わさった村の数を付して命名された村名であるが、この場合はいくつかの村が合併したのかが明快に判別できる。ただしこのうち十文字町の<鼎><佐賀会>はいずれも三か村を併せたものとしてこの項に入れた。また男鹿市の<五里合>を(ゴリアイ)などと云うむきもあるが、これは命名の本旨ではない。

 【連結地名】【名数地名】の項目だては筆者の試案にもとずくものであるが、ほかに至当な表現法があるならば諸賢の教示をたまわりたい。

 【合成地名】は、二以上の町村が合併に際して、おおむね各自の町村名の中から、漢字(仮名の場合もある)の一字(昔)づつを寄せ集めて命名された場合をいう。ただし、東由利町の<館合>雄物川町の<会塚>の事例は、双方の村名にあるそれぞれの<館><塚>の二字を併せたものとして、この項に入れた。

 地名研究者にとって【合成地名】はいろいろと誤解を生む原因をなしている。かつて鹿角市八幡平と中仙町豊川にあった<長谷川>(ハセガワ)はまぎれもない合成地名であって、初瀬川(ハツセガワ)とも云われた古代地名とは別個のものである。また、昭和町と中仙町にある<豊川>も、それぞれ命名の経緯が異なることに留意されたい。

 五城目町の<富津内>を、金田一京助博士は『奥羽地名考』(昭和7年12月 三省堂刊)の中でアイヌ諸地名であるとしているが、合成地名には言語学者をも幻惑する要素をもっている。
 ことのついでではあるが、連結地名の項にあげた平鹿町の<上吉田間内>は、もともと<上吉田>と<深間内>との組合せで、そのうち一字省略した上での連結地名である。<深間内>の訓読を(フカマウチ)としているが、一部の刊行物に(フカマナイ)と訓じた例を見ることがあるが、琴丘町鹿渡の小字名に<深馬内後>(フカマウチシロ)<深馬内川反>(フカマウチカワバタ)の例がある。充てられた文字は一部ことなっていても、(フカマウチ)という名称が地名としては基本形そのものであろう。

 北海道や北奥羽地域に多く残存する漢字の「内」を、(ナイ)と音読するか(ウチ)と訓読するかということのほかに、アイヌ語としてのnaiの語意も併せた広い視野からの検討も必要であろう。

別表@

【連結地名】

地名 改称年月日  適要 現行市町村 (地租改正期以前)

白沢水沢 シラサワミズサワ 慶安年中(1648〜1652)合併   比内町
八田大倉 ハツタオオクラ 寛文年中(1661〜1673)合併 井川町
和田妹川 ワダイモカワ 戦国期合併 飯田川町
式田宮崎 シキダミヤザキ 藩政期合併、M6、6「和田村」と改称 河辺町
前田黒沼 マエダクロヌマ 〃 〃 「北野田高野村」と改称    〃
山谷川崎 ヤマヤカワサキ 宝永年中(1704〜1711)合併 角館町
新籐柳田 シントウヤナギタ 藩政期合併 横手町
婦気大堤 フケオウツツミ 〃 〃
源太左馬 ゲンタサマ 慶安年中(1648〜1652)合併 十文字町
住吉荒田目 スミヨシアラタメ 藩政期合併   〃
大戸野中 オウドノナカ 〃 、M9、10、4 2村分割独立 羽後町 (地租改正期)
加茂青砂 カモアオサ M9,11,6 加茂村、青砂村合併 男鹿市戸賀
末戸松本 スエドマツモト M6,6 末戸村、松本新田村合併 秋田市四ッ 小屋
上吉田間 カミヨシダマウ M9,11,16 上吉田村、深間内村合併 平鹿町 (市制、町村制期)
岩見山内   イワミサンナイ M22,4,1 岩見村、山内村合併 河辺町 (町村合併促進法施行期)
稲庭川連 イナニワカワツラ S31,9,30 稲庭町、川連町(駒形村を含む)、     稲川町 三梨村合併

 

別表A 【名数地名】

地 名 改称年月日 適要  現行市町村 (地租改正期)
三 合 ミツアイ M9 大内村、機織村、仁井田村合併 能代市 ※M10,3,30「榊村」と改称
二ツ井 フタツイ M9,11,28  比井野村、 井村合併  二ツ井町
三 川 サンカワ M9,11,16  川口村、増川村、払川村合併  大内町
三本扇 サンボンオウキ M10,2,9  今宿村、宮内村、羽見内村合併 太田町  
鼎 カナエ M9,8 興作村、住吉荒田目村、海蔵院村合併 十文字町
佐賀会 サガエ M8,1,27  新古内村、古内村、新関村合併 〃  (市制・町村制期)
五里合 イリアイ M22,4,1 箱井村、鮪川村。琴川村、神谷村、中石村合併 男鹿市 五里合
三 重 ミエ M25  十文字村より大字「十五野新田」「上鍋倉」   十文字町 「鼎」を公立、新村を編成。
三 関 ミツセキ 22,4,1 関口村、上関村、下関村合併 湯沢市 

別表B 【合成地名】

地 名        改称年月日 摘要   現行市町村(地租改正)
荒 谷  アラヤ    M9,11,28 荒川村、萬谷村合併 小坂町
松 谷 マツヤ      〃  松館村、石鳥谷村合併 鹿角市                                       八幡平 長井田  ナガイダ    〃   町内村、長牛村、夏井村、三ヶ田村、白欠村  〃   合併 長谷川  ハセガワ    〃 長嶺村、谷内村、川部村合併  〃
坂 形 サカガタ   M9,11,9 教坂村、鳥形村合併  峰浜村・                                      能代市 豊岡金田 トヨオカキンデン M9,11,28  豊岡村、金光寺村、和田村合併        山本町
神 谷 カミヤ    M9,11,6 石神村、谷地中村合併  男鹿市五                                      里合
山 町 ヤママチ     〃 山田村、町田村合併              〃 
西黒沢  ニシクロサワ    〃 黒崎村、北平沢村合併 男鹿市                                        北浦
塩 浜 シオハマ    M8,1,17 塩戸村、浜中村合併             男鹿市                                        戸賀
中 関 ナカゼキ    M9,11,6  寺中堀内村、井関沢村合併         秋田市                                        太平
福 山  フクヤマ M9,11,16 福田村、横山村、長者屋布村合併       本荘市
土 谷 ツチヤ M10,1,17 土屋村、谷地村合併  〃
山 本 ヤマモト M9,11,16 山田村、本上条村合併           由利町
館 合 タテアイ  〃   館前村、館野村合併            東由利町
中三地  ナカミチ 〃 中野村、中村、三日村、立居地村合併 仁賀保町
樋目野  ヒメノ  〃 樋口村、百目木村、三十野村合併       〃
木原田  キハラダ M10,2,9 木売沢村、江原田村合併 西仙北町
薗 田 ソノダ  〃   上花園村、下花園村、釣田新田村合併 角館町
田 川 タガワ  〃 下桜田村、桜田村、萬川村合併       中仙町                                       豊川
長谷川  ハセガワ 〃   長楽寺村、谷地乙森村合併 〃 
黒 鐙 クロアブミ 〃   黒土村。金鐙村合併             〃 清水
南 町 ミナミマチ 〃   南高野村、岩野町村合併           仙南村
田根森  タネモリ M9,11,16  田村、根田谷地村、桜森村、狐塚村合併    大雄村
会 塚 アイヅカ M9,8    大塚村、西石塚村合併           雄物川町
椿 川 ツバキガワ  〃 椿台村、手倉川原村、桧山台村合併     東成瀬村 (市制・町村制期) 柴 平 シバハラ M22,4,1  紫内村、平元村合併            鹿角市花輪
宮 川 ミヤカワ  〃   宮麗村、長谷川村合併            〃 八幡平
山 瀬 ヤマセ 〃   山田村、岩瀬村合併             田代町
種 梅 タネウメ 〃   種村、梅内村合併              二ツ井町
沢 目 サワメ 〃   水沢村、目角潟村、沼田村、田中村、     峰浜村 高野野村合併 塙 川  ハナワカワ 〃   塙村、石川村、畑谷村、坂形村、比八田村、  峰浜村、    小手萩村、内荒巻村、外荒巻村合併   能代市
扇 渕 オウギフチ 〃 扇田村。鰄渕村、合併            能代市
金 岡 カナオカ 〃 豊岡金田村、外岡村、市戸橋村合併      山本町
浜 口 ハマグチ 〃   浜田村、大口村合併 八竜町
富津内  フツナイ M22,4,1 富田村、中津又村、下山内村合併       五城目町 富津内 飯田川  イイタガワ 〃   飯塚村、和田妹川村、下虻川村、金山村合併  飯田川町 広山田  ヒロヤマダ 〃   広面村、楢山村、柳田村、虻野村合併 秋田市
豊 岩 トヨイワ 〃 豊巻村、小山村、百三段石田坂村合併     秋田豊岩
豊 島 トシマ 〃   豊成村、戸島村、北野田高屋村、松渕村、   河辺町 畑谷村合併
種 平 タネヒラ M28,11,15 川辺郡中川村より大字種沢、平尾鳥、       雄和町 左手子を分立、               新村編成
戸米川 トメガワ  〃   川辺郡中川村より大字戸賀沢、女米木、相川を分立 〃 新村編成
大川西根 オオカワニシネ M22,4,1 大曲西根村、蛭川村合併             大曲市
豊 川 トヨカワ 〃  豊受村、田川村、長谷川村、八幡林村、     中仙町豊川 東長野村合併 境 町 サカイマチ 〃 上境村、下境村、上八丁村、下八丁村合併     横手市
里 見 サトミ 〃 東里村、樽見内村、砂子田村、造山村合併    雄物川町、                                     平鹿町 (町村合併促進法施行期) 花 矢 ハナヤ S30,3,1 花岡町、矢立村合併

※S42,12,21大館市へ編入消滅  大館市
藤 里 フジサト S30,3,31 藤琴村、粕毛村合併、「藤」および「素波里」を合成  藤里村
若 美 ワカミ S45,11,1 

※S31,4,1払戸村、潟西村が合併「琴浜村」を編成。
若美町 (町制施行)町制施行と同時に「渡部」のワ、「角間崎」のカ、のミの仮名三音を合成し、漢字表記。
神 岡 カミオカ S30,3,1 神宮寺町、北楢岡村合併              神岡町
南 外 ナンガイ  〃 南楢岡村、外小友村合併              南外村
西 木 ニシキ  S31,9,30 西明寺村、桧木内村合併              西木村
千 畑 センハタ S30,3,31 千屋村、畑屋村合併「千畑村」を編成。 千畑町

※S61,3,1町制施行「千畑町」となる。
稲 川 イナカワ S41,4,1 「稲庭川連町」の名称を短縮合成。         稲川町 (町名変更)

※連結地名の項、参照。