超初心者のための香水のつけ方

←香水TOPへ←TOPへ

 ここでは香水の超初心者。香水どころかコロンすらも今まで一度もつけたこと無いって方の為の、香水のつけ方について書いていきます。
 とりあえずできればここを読んで欲しいのですが、「初心者なのにそんなこと急に読まされても。。。」って感じになるかもしれないので、とりあえずこのページオンリーで分かるように書いていきたいと思います。
 でもあくまで初心者向けってことで書いているので、ある程度つけるようになったらここも読んでください。
 またこのページは初心者向けってことで分かりやすさを重視するため、メンドクサイ説明を省いたり、「とりあえずまだ香水デビューだから・・・まあ、いいか。」ってことで他のページと矛盾しているところがあります。
 とりあえずここに書いてあることは、最初だけ参考にして香水に慣れてきたらあんまり参考にしないようにした方がいいです。


・まず最初に・

 香水は自分が思っている以上に人に香るものだということを覚えておいて下さい。
 よく香水つけ始めの人に、同じ香水ばっかりつかっていてその香水に対する嗅覚がマヒし、「この香水最初だけしか香りがしないんだよねー」とかいって、どんどん付け足したりする人がいたりしますが、その場合大抵はつけすぎ状態になっています。
 自分では香りを感じられなくても、他の人にはちゃんと香ってるってことを覚えておくべきです。
 香水初心者(いつもつけている人でも)の一番の香水失敗は「自分で気がつかないつけすぎ」です。
 とりあえずこのことだけは常に頭に入れておいて下さい。

 そしてあと覚えておくべきことは、「香りは温度が高ければ高いほど強く香る」「香水はできるだけ皮膚につける」「香水は日光の当たるところに置かない」ってことです。
 ほかにも覚えておいて欲しいことはあるのですが、とりあえずこの3つは覚えておいて下さい。
 (てゆうかここ見ていただけたら実は1番早いですけどね。^^;)


・初めての香水・

 初めての香水はできるだけ軽めで万人に受けると言われている香りのものを選ぶといいと思います。
 よく、「ファーストフレグランスにはプチ・サンボン(石鹸の香りもしくはレモンの香りって言われる)がいい。」と言われていますが、別に自分の好きな香りならなんでも構いません。
 ただ香水初心者の方は大抵、いわゆる「香水の香り」っていうものにまだ余り慣れていない方が多いので、お菓子系の甘い香りのものや花(薔薇やジャスミンは結構好き嫌いがあったりする)の香りのもの。もしくは石鹸やシャンプーに香りが似ているものなどから始めるといいと思います。
 濃度は、最初のうちからいきなりパルファン(超高級)を買う人は少ないと思いますが、できるだけ低いほうがいいと思います。
 私的には1番最初はオーデコロン(1番軽い香り)やコロン(いろんなところで600円くらいで売ってたりもする)などから初めてもいいと思います。(値段的に安いのでいろいろな香りを試せますし)
 まだ自分の好のみの香りがよく分からないって人は、香水売り場で売り場の方に「香水初めてつけるんですけどおすすめのものありますか?できれば〜(甘い、シトラス系など)な香りのものがいいんですけど」と聞けば大抵の場合親切に教えてくれます。でも大抵の場合プチ・サンボンを勧められることが多いですが(^^;


・つけ方・

 つけるタイミングはこれから人にあう場合は、人にあう時間の大体1時間前を見計らって。。。
 また出かけるときは、すくなくても30分前にはつけて置きましょう。
 香水のつけたての香りは結構きついので、そんなにつけたつもりが無くても相手に不快感を与えてしまいやすいです。

 そしてつける場所については、よく漫画やドラマなどで香水をつけるシーンを見ると、瓶から直接取って首筋や耳たぶにチョンチョンとつけるやり方があります。もしくはスプレータイプのをそのまま首筋にシュッシュッとやったり。。。
 これは絵的には美しいので、香水を初めてつける人がよくやるやり方なのですができるだけやめましょう。
 まず間違いなく自分で自分の香りに酔います。
 とりあえず初めてつける場所としてはつけやすい手首。まろやかに香る足首、お腹がおすすめです。
 また、香水つけたところをよく擦る人がいるのですが、あまり擦りすぎると香水が皮脂や汗と反応してものすごい香りに変わることがありますので、落ち着かせたい場合は軽くトントンと叩いてあげるだけにして下さい。

 それと私的には香水つけ始めだったらつける量はスプレー1プッシュや1,2滴で十分だと思います。
 あと香水の付け直しについてなんですけど、まだまだ香水つけるようになったばかりの方は付け直しは失敗しやすいのでしない方がいいです。
 どうしてもしたい場合は、つけてから4,5時間はたったかなと確認してから足元の方に1プッシュだけぐらいにしておいてください。


・香水の扱いについて・

 香水はそこらへんの化粧水や乳液なんかよりデリケートな液体です。
 くれぐれも瓶が光を受けて綺麗だからって日光の当たる窓際に置いたり、暖かすぎる場所に置いたりしないで下さい。
 1番いいのはせっかくの香水瓶を見れなくて残念ですが、箱に入れて戸棚に入れておくのが1番です。(私は棚の上に置いてますが^^;)
 またミニボトルを買った方で、ちょくせつ指を香水瓶の口に当ててつけている人がいますが、もしそうやって香水をとるのならできるだけ手は清潔な手で取ってあげてください。(できれば直接触れないほうがいいです)
 香水はほんのちょっとの皮脂などで簡単に品質が変わります。


 えっと、こんな感じです。
 もしここに書いてあることが分かりにくかったり、他にも書いて欲しいことがありましたらメールでお知らせください。
 香水コンテンツの中でもここのページは特にできる限り分かりやすくしていきたいと思っています。(まあ他のページもですが。。。)