香水の濃度別分類

←戻る

 よく香水について話していると聞く「オードトワレ」とか、「コロン」という言葉。
 これは香水を、香水の中に含まれている香料の量で分類した名前のものです。
 だいたい一般的に“香水”として売られているのは、「オードトワレ」や「オードパルファン」が多いのですが。実際、調香師の人が表現しようとしていた真の香りをもつものはパルファンだと言われています。
 それと香水の種類によりますが、使われている香料の含有率が少ないもののほうがお値段が安いです。


呼び方 濃度 持続時間 説明
パルファン 15〜25% 6時間〜10時間  香料の濃度が最も高い香水。
 2,3mlで○万単位で取り引きされている。
 アルコールの含有率が少ない為香りはまろやかで持続時間が長くゴージャス感がある。
 つけるときはほんの一滴で十分香る。
オードパルファン 10〜15% 4時間〜6時間  パルファンが少し薄められた感じのもの。でも限りなくパルファンに近い香りを楽しめる。
 トワレと同じ量つけるとつけすぎになってしまうので注意する。
オードトワレ 5〜10% 3時間〜5時間  普段使いにぴったりの濃度。
 お値段もかなりお手ごろで、結構気軽に使える。現在の香水市場の主役
コロン 3〜5% 1時間〜3時間  かなり安めのお値段。アルコール濃度が高いのでつけたときに爽快感がある。
 また香り立ちもそんなに強くないので、スポーツのあとや香水初心者にもオススメ。
オーデーコロン 1〜2% 1時間くらい  ほとんど水と同様な感覚でバシャバシャ使える感じ。
 香りを楽しむと言うよりは、リフレッシュ感を楽しんだりするもの。
 アルコール濃度が高いので、毛穴などを引き締め汗をかいた時などにいい。